レジまぐストア
的中無料公開中

※この記事は、2016/6/12 10:00 に、夏目メルマガ「プレミアム」購読者限定のラップ予想コンテンツ完全パック(メルマガ 月額7,980円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

件名:

夏目メルマガ「プレミアム」 6月12日(日)の予想と買い目

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

06/12(日)
東京11R
第33回 エプソムカップ(GIII)
3連複
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 8 18 ルージュバック 1:46.2
2 8 16 フルーキー 2 1/2
3 7 13 マイネルミラノ クビ
払戻金
単勝 18 280円 1番人気
複勝 18
16
13
140円
170円
370円
1番人気
3番人気
6番人気
枠連 8-8 620円 2番人気
馬単 18-16 1,170円 1番人気
馬連 16-18 750円 1番人気
ワイド 16-18
13-18
13-16
330円
1,020円
1,420円
1番人気
11番人気
14番人気
WIN5 62,800円 1番人気
3連複 13-16-18 4,550円 11番人気
3連単 18-16-13 15,090円 34番人気
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎です。

いつもご購読いただきありがとうございます。

※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************


【阪神11R】マーメイドS G3(牝・芝2000m)
仮柵:Aコース2週目(野芝約10ー12cm、洋芝約12ー16cm)


印   馬名        騎 調 速力
◯01 ココロノアイ    A B 5
△02 ナムラアン     A C 2
△03 アカネイロ     C C 9
▲04 レッドオリヴィア  C A 3
◎05 ハピネスダンサー  S C 4
 06 ショウナンバーキン C D 13
△07 ヒルノマテーラ   A S 6
△08 タガノエトワール  B C 8
 09 メイショウマンボ  C C 12
 10 ゴールドテーラー  C S 7
△11 ウインリバティ   A F 11
 12 リラヴァティ    C C 10
△13 シュンドルボン   A S 1
△14 シャイニーガール  C E 14


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で


+++++++++++++++


[マーメイドS レースLAP傾向]阪神芝2000m

平均勝ちタイム 1.59.71
レース1F平均 11.97(追走区間1F平均 11.97)


前半35.84ー中盤48.39ー上がり35.48(前後半差:0.66秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

――――――〓〓〓〓 12.40 ―――――――――― 2000m
            ↓
―――――――――― 10.98 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 1800m
            ↓
―――――〓〓〓〓〓 12.46 ―――――――――― 1600m
            ↓
――――――〓〓〓〓 12.35 ―――――――――― 1400m
            ↓
―――――――――― 12.00 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――――――――〓 12.11 ―――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――― 11.94 〓―――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.75 〓〓――――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.65 〓〓〓―――――――  400m
            ↓
―――――――――〓 12.08 ――――――――――  200m



※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃3ー先4ー差10ー追7《前後半イーブン:後半ロングスパート勝負》

   1着:逃1ー先1ー差4ー追2
   2着:逃2ー先2ー差3ー追1
   3着:逃0ー先1ー差3ー追4


+++++++++++++++


日曜阪神は降雨の可能性が高いものの、降り始めは当初の予定よりずれ込んで15時から夕方あたりとなる模様。
このレースの時間には降り始めているかもしれませんが、今週は平日も雨が少なかった週なので馬場への影響は小さいと見て、土曜日までのイン有利の高速馬場想定で大丈夫でしょう。



◎ハピネスダンサー
近3走はコーナー4つの中距離重賞を走って、5、5、6着。
着差も0.2秒差から0.4秒差という範囲で、展開や馬場などちょっとしたアシストがあれば3着以内突入、重賞制覇が目の前という走りを続けています。
条件戦時代には外回りコースのキレ勝負で勝ったこともありますが、本質的にこの馬は長く速いラップを刻むロングスパート上がりに適性があるタイプ。
血統を見れば明らかですが、実績からも道悪馬場やパワー馬場に強いので、ひと雨降ればさらに盤石だと思っていましたが、この枠なら今の高速馬場の恩恵を活かしたレースが出来そうです。
ハンデも2走前からの据え置きとなる53kgですが、他馬との比較から有利(例えばオープン実績がほぼ無いタガノエトワールより1kg軽い)と言っていいでしょうね。



◯ココロノアイ
昨年は桜花賞以降のG1戦線で順調さを欠き、いいところがありませんでしたが、休養を挟んで前走は超スローの流れのなかG1級の馬を相手に善戦。
状態は戻ってきたように感じました。
この馬は雨降り馬場で3戦3連対しているように、他馬が苦にするような馬場が大得意。
いわゆる持続力のあるパワータイプで、距離の守備範囲が違いますがフェノーメノに似たタイプというイメージです。
桜花賞馬のレッツゴードンキと度々接戦していたように能力はハンデG3のレベルでは断然上位の馬。
インの馬場状態が絶好ということもあり、この枠なら上位入線してくる可能性は高いとみています。



▲レッドオリヴィア
直近2戦は外回りの1800mでともに2着と悪くはないのですが、キレ勝負になると少し足りないという弱点も露呈したレースでした。
1600万下クラスでの2、3着が8レース中5回、5着以内だと7回もあるというのがこの馬の「キレがない」という特性を物語っているように思いますが、その弱点が逆にプラスになるのが今回の舞台。
キレよりも持続力やコーナリングの適性が決め手となるレースですから、一気に3kg軽くなるハンデの後押しを受ければ一発が狙えると思います。



==========

[推奨買い目と参考資金配分]


【馬連】《3点》
◎5 ー ◯1(10%)
◎5 ー ▲4(5%)
◯1 ー ▲4(5%)


【ワイド】《8点》
◎5 ー ◯1(15%)
◎5 ー ▲4(15%)
◯1 ー ▲4(15%)
◎5 ー △3(10%)
◎5 ー △7(10%)
◎5 ー △8(5%)
◎5 ー △11(5%)
◎5 ー △14(5%)


*****************************


【東京11R】エプソムC G3(芝1800m)
仮柵:Cコース3週目(野芝約10ー12cm、洋芝約12ー16cm)


印   馬名        騎 調 速力
△01 ラングレー     B B 12
 02 ステラウインド   B B 13
▲03 マイネルホウオウ  C F 18
 04 サトノギャラント  D S 8
△05 ヒストリカル    C A 5
 06 アルバートドック  C B 10
◎07 ロジチャリス    S A 3
△08 エキストラエンド  A S 4
 09 アルマディヴァン  A E 16
 10 エックスマーク   C S 14
 11 メイショウヤタロウ C C 15
 12 レコンダイト    C A 11
△13 マイネルミラノ   B C 9
 14 ナカヤマナイト   C F 17
△15 ショウナンバッハ  B C 7
△16 フルーキー     S S 1
 17 ダービーフィズ   A C 6
◯18 ルージュバック   S C 2


+++++++++++++++


[エプソムC レースLAP傾向]東京芝1800m

平均勝ちタイム 1.46.10
レース1F平均 11.79(追走区間1F平均 11.69)


前半35.30ー中盤35.85ー上がり34.95(前後半差:0.40秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

―〓〓〓〓〓〓〓〓〓 12.71 ―――――――――― 1800m
            ↓
―――――――――― 11.01 〓〓〓〓〓〓〓〓―― 1600m
            ↓
―――――――――― 11.58 〓〓―――――――― 1400m
            ↓
――――――――〓〓 11.98 ―――――――――― 1200m
            ↓
――――――――〓〓 11.95 ―――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――〓 11.93 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.41 〓〓〓〓――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.35 〓〓〓〓――――――  400m
            ↓
――――――〓〓〓〓 12.19 ――――――――――  200m



※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃2ー先10ー差9ー追3《後傾上がり失速型:持続末脚勝負》

   1着:逃1ー先3ー差4ー追0
   2着:逃1ー先4ー差1ー追2
   3着:逃0ー先3ー差4ー追1


+++++++++++++++


エプソムCは東京芝1800mという上がり重視のコースで行われるため、過去のレースラップ傾向も前半より後半が速い後傾ラップで上がり勝負のバランスになっています。
ただひとつ違う点は、ラスト200mでのラップの失速幅が、普通の東京芝1800m戦よりも大きいということ。
これは梅雨時でパワーを要する馬場になりやすいという季節的なものと、もうひとつはここに出走してくる馬が安田記念を除外された(今年はフルゲートじゃなかったので該当しませんが)馬たちが多く、1800mよりも短い距離に適性のピークがあり、案外道中のラップが緩まないということが影響しています。
そうなると注目すべきは、似たラップで好走している馬…ということになるわけで、この時期の同じコースでの実績か、コースは違いますが新潟の外回りコースで実績のある馬が上がりのラップの出方が似ているので、狙い目ということになります。



◎ロジチャリス
前走でこのコースのオープン特別を勝利。
そのレースの上がり3ハロンラップは(11.2ー11.3ー12.0)で、ほぼこのレースの過去ラップ傾向と一致。
マイル戦で3勝を挙げているように、1800mより短い距離側に適性がある馬で、道中のラップが大きく緩まない流れでも追走に苦しまないと考えられます。
あとは今現在の東京芝コースの偏り具合。
開催がどんどん進んで、向正面あたりはボコボコしているようですが、直線に関しては踏み固められてイン有利、前有利という状況が続いています。
馬なりで2番手グループにつけられるスピードがある馬ですから、その点でも有利ですね。



◯ルージュバック
牝馬限定戦のマーメイドSではなく、左回りで直線の長い1800mという自らの適性を重視して、敢えて牡馬混合戦出走というレース選択が伺えます。
前走のヴィクトリアマイルは高速決着のマイルの流れが忙しかった印象で、じっくり構えて上がり勝負に持ち込める今回は必勝体制でしょう。
ラスト200mが失速するタイプの上がりラップの新潟好走歴があるのもプラス。



▲マイネルホウオウ
G1を勝ったNHKマイルC時の馬場と現在の馬場の状況が似ているうえに、混戦内枠向きの馬が3番枠という絶好枠を引いた以上は人気薄でも狙いたいところ。
好走と凡走を繰り返しているのですが、短期放牧に出たあとの2戦目以内に内枠という時に激走しているので、該当する今回(中5週・短期放牧明け初戦)は一発大駆けが狙えるのではないでしょうか。



==========

[推奨買い目と参考資金配分]


【馬連】《3点》
◎7 ー ◯18(20%)
◎7 ー △1(13%)
◯18 ー △1(10%)


【ワイド】《2点》
◎7 ー ▲3(5%)
◯18 ー ▲3(5%)


【3連複】《1点》
◎7 ー ◯18 ー △1(10%)

フォーメーション《37点》
◎7,◯18 ー ◯18,▲3,△1,13 ー ▲3,△1,5,8,13,15,16(37%)


*****************************


【東京9R】小金井特別(ダ1400m)


印   馬名        騎 調 速力
△01 プリサイスエース  S C 2
 02 ロンドンタウン   C C 10
◎03 タッチシタイ    S A 3
 04 サニーデイズ    D C 11
 05 ショウリノウタゲ  A C 12
 06 パッシングブリーズ A C 7
△07 アドマイヤシェル  A D 13
 08 カネコメオスター  C A 15
 09 オーガンディー   B E 16
△10 ウェイトアンドシー C A 8
 11 カネノイロ     C F 14
△12 ナンヨーカノン   S C 4
 13 エストゥペンド   A C 6
▲14 ダウトレス     D C 5
 15 マーティンオート  C B 9
◯16 エイシンバランサー C C 1


+++++++++++++++


◎タッチシタイ
前走この条件を1.24.0で圧勝したエイシンバランサーが再度降級でこのクラスに出走というレース。
今回も1.24.0で走れれば、1000万下から1600万下クラスの間くらいのレベルのタイムなので、楽に勝ち上がっていく可能性は十分にあります。
相手探しのレースかもしれません、ということで単穴狙いでこの馬を。

1200m専門ということで人気になっていませんが、近走では1200mの速いペースにやや置かれ気味。
それでいてレース後半で全く差を詰めてこないのかというとそうでもなく、着差は僅かというところまで詰めてきているように、道中の追走ラップが変われば勝ち負けに持ち込めるだけの走りはしています。
今回はほとんど実績のない1400mへの距離延長で、まず間違いなく道中の追走は楽に。
それに加えて逃げ2頭を、断然人気のエイシンバランサーが競り潰しに行く展開が濃厚で、好位から差を詰めるタイプの馬が馬券圏内に突入する可能性が高いレース。
この枠からなら絶好位のインをキープしたまま4コーナーを回ってこられそうで、かなりチャンスがあるとみています。



◯エイシンバランサー
前述のとおり、前走と同じタイムだけ走れば連勝の可能性十分。
あとはこの鞍上で断然人気の外枠という、いかにもやらかしそうな点だけが気がかり。



▲ダウトレス
前走は2着とはいえ前出エイシンバランサーと0.7秒差。
強力な先行馬が前を掃除する形になると、遅れて伸びてくる追い込みが間に合うという典型例でした。
その前走はこの馬自身出遅れが響いたということもあったので、得意コースでゲートをもう少しまともに出れば、勝ち負けに近いところまで届く脚は使える馬です。



==========

[推奨買い目と参考資金配分]


【単勝】《1点》
◎3(5%)


【複勝】《1点》
◎3(30%)


【ワイド】《3点》
◎3 ー ◯16(17%)
◎3 ー ▲14(5%)
◎3 ー △10(5%)


【3連複】
フォーメーション《19点》
◎3,◯16 ー ◯16,▲14,△10 ー ▲14,△1,7,10,12(38%)


*****************************
【読者の皆様へのお願い】
当メルマガの複製、転載、内容の二次使用は法律により堅く禁じられています
webへの転載や内容の公開などは、ご遠慮いただくようお願い申し上げます
皆様のご理解のほどよろしくお願いいたします
*****************************
夏目メルマガ「プレミアム」購読者限定のラップ予想コンテンツ完全パック
※この記事は、2016/6/12 10:00 に、夏目メルマガ「プレミアム」購読者限定のラップ予想コンテンツ完全パック(メルマガ 月額7,980円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
ページの先頭へ