レジまぐストア
的中無料公開中

※この記事は、2016/4/9 10:15 に、夏目メルマガ「プレミアム」購読者限定のラップ予想コンテンツ完全パック(メルマガ 月額7,980円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

件名:

夏目メルマガ「プレミアム」#183

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

みなさんおはようございます。
夏目メルマガ『プレミアム』です。

いつもご購読いただきありがとうございます。

※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************


【中山11R】ニュージーランドトロフィー G2(芝1600m)
仮柵:Bコース2週目(野芝約6ー8cm、洋芝約12ー16cm)


印   馬名        騎 厩 速力順位
▲01 マディディ     C S 5
◯02 レインボーライン  A C 1
◎03 アストラエンブレム A B 4
△04 エクラミレネール  A C 8
★05 ダンツプリウス   C B 3
 06 モンスターキング  C B 14
△07 キャプテンペリー  B C 10
 08 ストーミーシー   C A 13
 09 サーブルオール   B S 6
△10 ショウナンライズ  S C 7
 11 ハレルヤボーイ   C C 9
 12 カープストリーマー A D 11
 13 ジュンザワールド  D E 15
 14 ボールライトニング B A 2
 15 マテラアリオン   C C 16
 16 ダノンスパーク   C S 12


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で




[ニュージーランドトロフィー レースLAP傾向]中山芝1600m

平均勝ちタイム 1.33.91
レース1F平均 11.74(追走区間1F平均 11.47)


前半34.68ー中盤23.59ー上がり35.64(前後半差:1.20秒前傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

―――〓〓〓〓〓〓〓 12.38 ―――――――――― 1600m
            ↓
―――――――――― 10.93 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 1400m
            ↓
―――――――――― 11.37 〓〓〓――――――― 1200m
            ↓
―――――――――― 11.68 ―――――――――― 1000m
            ↓
――――――――〓〓 11.91 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――〓 11.82 ――――――――――  600m
            ↓
―――――――――〓 11.82 ――――――――――  400m
            ↓
―――――――〓〓〓 12.00 ――――――――――  200m



※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃1ー先12ー差10ー追4《前傾ハイペース:好位中団優勢》

   1着:逃0ー先5ー差5ー追0
   2着:逃1ー先3ー差3ー追2
   3着:逃0ー先4ー差3ー追2



NHKマイルC(東京芝1600m)へのトライアル戦で、上位3着までに優先出走権が付与されるレースです。
とはいっても、このレースの勝ち馬で本番も勝ち負けした馬が2012年のカレンブラックヒルくらいしかいないように、基本的には両レースで求められる適性は別のものですね。
このニュージーランドトロフィーでは、上記レースラップ傾向図にもよく表れていると思いますが「前半が速く、後半が失速する」というラップバランスが基本形。
…というのが例年の傾向で、1400mに適性のある馬や後々ダートも走ってしまう(近年ではエーシントップ、ブライトラインらが好走)ようなタイプが合うレースなのですが、昨年同様に先週仮柵がBコースへと移動して明らかに馬場に異変が起こっています。

これは昨年もBコースになった途端に起こった現象なのですが、とにかく上がりが中山とは思えないほど速い。
今週は木曜日に雨が降りましたが、中山芝コースは路盤から排水性を高める改修工事を施したため、多少の雨では昔のように重馬場や不良まで悪化しません。
そんなわけで、今年のニュージーランドトロフィーは昨年同様速い上がりが決め手となるレースを想定しています。



◎アストラエンブレム
今年のマイル路線は速い流れのレースが例年より多かったのですが、そのなかでも最も流れが速くレベルが高かったのがシンザン記念。
2着のジュエラー(明日の桜花賞出走)以下、7着ノーブルマーズまでがその後の重賞やオープン特別で結果を出していることからも、ハイレベルレースだったと断定して良いと思います。

そのハイレベル決着の要因となったのが、前半800m通過46.3秒、1000m通過58.1秒という速い流れ。
過去10年でも例を見ないほどの厳しいラップで流れたことで、後方追走から差した馬も高いレベルの追走スピードを要求されたというわけです。

そんな流れのなか、この馬は勝ったロジクライと並んで上がり3位タイの脚で4着。
続く自己条件は逃げて楽勝しましたが、それだけシンザン記念で厳しい流れを経験したということでしょう。
今回は枠もいいところを引きましたし、従来の中山特有の持続ラップになっても対応可能。
デビューから上がり3位以内の脚を常にマークしているように、昨年来の速い上がりが要求される中山Bコースの馬場も合うと思います。



◯レインボーライン
前走はミルコ・デムーロ騎手の好騎乗でギリギリ重賞を獲ったわけですが。
2走前のシンザン記念で◎を打っていたように、マイル路線では早い時期から高評価していた馬です。

特に直近3走のマイル戦はいずれもタイム・ラップ面からも高評価出来る内容のレースで、今回も勝ちきれるかどうかは上がりの速さが若干劣るので微妙だとは思いますが、上位好走の可能性は限りなく高いという評価をしています。
前走で顕著に特徴が表れていましたが、競り合いに強いというのもこの馬の持ち味で、内枠を引いたというのもプラス材料でしょうね。



▲マディディ
8番人気ながら◎を打った前走は惜しくも4着で、やはり1400mでは距離が少し短いか…という結果。
中京芝1600mとしては異例の厳しい流れだったこうやまき賞を勝っているように、速い流れのマイル戦はかなり得意のタイプです。

ハイレベル混戦決着だったアーリントンCも、着順こそ11着ながら着差は0.4秒差で、中盤+上がりともに3位のラップは2着したダンツプリウスを上回っていたように、流れ次第では逆転が可能。
血統だけを見るとダートでも走れそうな血統構成で、春の中山マイルはピッタリの可能性も。



★ダンツプリウス
前出のこうやまき賞、アーリントンCで上位入線の実績に加えて、平均持続ラップ戦になったジュニアCを1分34秒台で勝っているというコース実績付き。
そのジュニアCは、アーバンキッド、ショウナンアンセムと、タイムの速かった中山芝1600m実績馬を下したことからも、このコースの適性はかなり高いと判断できます。

コース適性の高さ+タイム・ラップの速さの対応と双方から狙える1頭です。



==========

[推奨買い目と参考資金配分]


【馬連】《2点》
◎3 ー ◯2(15%)
◎3 ー ★5(20%)


【ワイド】《2点》
▲1 ー ◎3(10%)
▲1 ー ◯2(9%)


【3連複】
フォーメーション《22点》
◎3,◯2,★5 ー ◯2,▲1,★5 ー ▲1,★5,△4,7,10(22%)


【3連単】
ボックス《24点》
◎3,◯2,▲1,★5(24%)


*****************************


【阪神11R】阪神牝馬S G2(牝・芝1600m外)
仮柵:Bコース2週目(野芝約6ー8cm、洋芝約12ー16cm)


印   馬名        騎 厩 速力順位
 01 ダンツキャンサー  B D 11
△02 ココロノアイ    A B 12
 03 レッドリヴェール  C B 6
△04 アンドリエッテ   A B 7
 05 アイライン     B C 8
◯06 ミッキークイーン  S B 5
△07 スマートレイアー  S S 1
△08 カフェブリリアント S S 3
◎09 ウインプリメーラ  S S 4
 10 ペルフィカ     A C 10
 11 メイショウマンボ  C D 13
 12 ダンスアミーガ   A C 9
▲13 ストレイトガール  S S 2


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で



今年より古馬牝馬重賞路線が再整備され、ヴィクトリアマイルへ向けてのステップレースであるこのレースは、内回りの芝1400mから外回りの芝1600mへと条件が大幅変更されました。
これまではスプリンター寄りの持続力が要求される度合いが強かったレースで、あまりヴィクトリアマイルにはつながらない結果が多かったのですが、今年からは末脚の速さや前半で脚をタメるレース運びなどが要求されることとなり、本番にもつながる前哨戦という位置づけになっていくだろうと思います。

というわけで事実上「第1回・阪神牝馬S」と言っていいレースなので、外回りで前半はゆったりと脚をタメ、上がりで速い脚を繰り出すというこのコースの傾向に沿った馬を買ってみたいと思います。



◎ウインプリメーラ
今年に入って京都金杯を1着、芝1400mへ新装となった京都牝馬Sを3着と、京都芝外回りの重賞を連続好走中。
ですが元々は同じ外回りでもゴール前に坂のある阪神芝1600m外が得意で、これまでの通算成績が(0−2−3−3)で1着こそ無いものの複勝率は62.5%。

この馬の特徴はスローに流れる前半で前目の位置取りを取るスピードがあり、そこでタメを効かせてレース後半の速い上がりにつなげるというレーススタイル。
今回の出走メンバーはG1級の馬も顔を揃えた楽ではない相手関係なのですが、ダンツキャンサーが単騎逃げするくらいで、あとは前へ行ける馬が少ないという組み合わせ。
それならば位置取りの優位さで一歩先んじる可能性は高く、G1馬とは斤量差が2kgある今回は逆転の可能性も考えていいとみています。



◯ミッキークイーン
兼ねてから昨年のクラシック戦線を通じてずっと高評価してきた馬。
思い起こせば、昨年の桜花賞でも◎候補と断言していたのに、除外になってしまい…忘れな草賞、オークスで立て続けに◎を打って的中させたという思い出の馬でもあります。

今回は久々のマイル戦ということで、中長距離戦からの追走区間ラップの速さの違いが問題になってきますが。
この馬は距離適性外の1400mでも流れを無視したような追い込みを決めたり、流れの速い1600m(クイーンC)で上がり最速で追い込んできたりと、ポテンシャルの高さだけで1400mから1600mに対応してきたという実績があります。

都合よく(?)今回はスローに流れそうなので、スローのマイル戦と考えれば当然対応できる範疇。
末脚の破壊力は現役No.1牝馬という評価に異論はないでしょうから、ここは2番手評価としてしっかり狙いたいと思います。



▲ストレイトガール
1600mという距離はおそらく対応できる範囲のギリギリ上限の距離。
スローよりは持続ラップになったほうが距離はこなせるタイプで、そういう意味では1400m時代のこのレースのほうがチャンスがあった馬でしょう。

平坦巧者というキャラが強かった馬ですが、昨年秋のセントウルSと、スプリンターズSを見る限り、現在では坂で伸びが鈍るという可能性はほぼ無いでしょう。
今回はスローが見込めるぶん、物理的には距離が持つとは思いますが、この馬の適性的には速い流れのほうがいいという微妙なところ。

ポテンシャルの高さからこの評価としましたが、斤量と流れが合わない可能性ありというマイナス面も考慮して馬券は買いたいと思います。



人気のスマートレイアーは△で押さえの押さえという低評価にしました。
東京新聞杯後にお送りした回顧レポートに詳細は書きましたが、スローを逃げ切るという伝家の宝刀を抜いてしまった今、どれだけ楽な展開に持ち込もうとも馬自身が楽な競馬を一度経験してしまった以上、間違いなくパフォーマンスは落ちるとみています。
というのも、元々折り合いに苦慮して最後方から競馬をしたりと試行錯誤を繰り返されてきた馬。
逆に言うと、最初から逃げる競馬を選択していれば、普通に逃げ馬としてもっと早い時期から結果を出せた可能性のあった馬だということです。
前走は確かに逃げ馬不在で思い切った戦法がハマったわけですが、この馬のタイプとしてはああいう楽な流れの逃げで勝ってしまったというのは今後を考えるとかなりマズかった。
今回はラッキーなことにフルゲートではないので、馬が感じる苦しさは軽減される可能性があるぶん△で押さえましたが、相手強化、流れも前走よりは楽じゃないという二重苦から、ほぼ消しという評価に近い押さえです。



==========

[推奨買い目と参考資金配分]


【馬連】《3点》
◎9 ー ◯6(30%)
◎9 ー ▲13(15%)


【3連複】
フォーメーション《12点》
◎9 ー ◯6,▲13,△2 ー ▲13,△2,4,7,8(60%)


*****************************


【福島10R】ひめさゆり賞(芝2000m)
仮柵:Aコース1週目(野芝約6ー8cm、洋芝約12ー16cm)


印   馬名        騎 厩 速力順位
△01 ギャラントグリフ  C C 6
△02 スクエアフォールド C C 9
 03 モーゼス      C F 5
★04 ペイシャマリヤ   D F 10
▲05 シャインレッド   B B 3
 06 イチダイ      C ― 2
 07 シベリウス     E D 11
◎08 メイショウカクオビ C C 8
 09 グランドサッチャー B C 4
 10 アシュワガンダ   C C 7
◯11 ステイパーシスト  C B 1


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で



今週開幕した春の福島開催。
初日ということで本日は組まれている芝のレースも少ないですし、速いタイムの出る馬場だと想定して予想しました。



◎メイショウカクオビ
今年の小倉は総じてタイムが速かったのですが、それを差し引いてもこの馬が2走前にマークした芝1800mの未勝利戦は、中盤から11秒台ラップが続く厳しい持続ラップ戦で並の未勝利戦とは一線を画するハイレベルレース。
その厳しいラップを作った原因がこの馬自身で、前半のペースがやや遅いと見るや向正面でマクって出てそのまま後続を突き放して押し切るという、能力が二枚も三枚も上じゃないと出来ないレースでした。

続く若葉Sでは、皐月賞でも上位が期待できる馬2頭には大差をつけられましたが、ゼンノタチガラオ、ノガロといった500万下クラスでは断然上位の実力馬とは僅差で、中盤+上がりはともに3位という類まれなる持続力を披露。
今回は条件戦としてはやや強いメンバーが揃いましたが、直近2走のパフォーマンスから考えるとこの馬はオープン特別くらいは普通に勝てるという評価なので、案外人気がないこともありこの馬から狙いたいと思います。



◯ステイパーシスト
3走前に下したミライヘノツバサが既に500万下勝ちで皐月賞に出走登録。
2走前の寒竹賞4着は、前出ノガロと0.2秒差で、今回の相手関係なら能力上位です。
前走負けたアジュールローズも、次走予定のダービートライアルで上位人気必至の馬ですし、ローカルの自己条件では負けていられないといったところです。



▲シャインレッド
★ペイシャマリヤ
▲は前売りで1番人気になっていますが、これまでにさほど高評価できるレースを走っていないだけにやや疑問。
それならば、超人気薄でも福島芝1800m未勝利勝ちが、息の入らない流れで持続力が問われたレースだった★の一発大駆けに期待。



==========

[推奨買い目と参考資金配分]


【単勝】《1点》
◎8(18%)


【馬連】《3点》
◎8 ー ◯11(16%)
◎8 ー ▲5(6%)
◯11 ー ▲5(18%)


【ワイド】《2点》
★4 ー ◎8(6%)
★4 ー ◯11(9%)


【3連複】
フォーメーション《9点》
◎8 ー ◯11,▲5,★4 ー ▲5,★4,△1,2(27%)


*****************************
【読者の皆様へのお願い】
当メルマガの複製、転載、内容の二次使用は法律により堅く禁じられています
webへの転載や内容の公開などは、ご遠慮いただくようお願い申し上げます
皆様のご理解のほどよろしくお願いいたします
*****************************
夏目メルマガ「プレミアム」購読者限定のラップ予想コンテンツ完全パック
※この記事は、2016/4/9 10:15 に、夏目メルマガ「プレミアム」購読者限定のラップ予想コンテンツ完全パック(メルマガ 月額7,980円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
ページの先頭へ