的中無料公開中

※この記事は、2016/3/20 9:48 に、MAX馬連5点買いで高回収率を掴みたいあなたへ ~偶然を必然に近づける馬連5点予想~ (メルマガ 月額324円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

このコンテンツはすでに廃刊済みです
  • MAX馬連5点買いで高回収率を掴みたいあなたへ ~偶然を必然に近づける馬連5点予想~ 

    MAX馬連5点買いで高回収率を掴みたいあなたへ ~偶然を必然に近づける馬連5点予想~ 

件名:

3/20(日)中山11R スプリングS

お礼1 コメント1

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

◎1マウントロブソン
〇10ロードクエスト
▲4マイネルハニー

馬連(計2点)
◎→〇▲

スタートしてすぐ1コーナーがあり最初の3Fは36秒前後のスロー。それでも上がりが35秒台決着になるのは向こう正面辺りの中盤3Fが速くなるため。そこで置かれると速い脚があっても差し届かないことがあり、機動力が重要なレースです。

本命はマウントロブソン。ここ2戦、中盤で使っている脚が他のメンバーとは明らかに違うことで機動力の高さを証明済み。

メンバーのこれまでの戦績から、2000m戦で中盤4F、1800m戦なら中盤3F、1600m戦なら2Fで使った脚(時計)を比較。

例えば中山2000m戦の今年の代表格レースでの中盤4F比較なら
・ホープフルS49.9秒
・京成杯49.1秒
・弥生賞50.5秒

それに対して各馬のレースラップはこんな感じ。

京成杯4着アドマイヤモラールは4F49.5秒で上がり35.4秒。ロードクエストはホープフルS2着で4F49.3秒で上がり34.1秒。

マウントロブソンは未勝利の中山2000m戦で中盤4F48.8秒という京成杯より流れたレースで自身4F48.3秒で上がり最速35.6秒で完勝。前走の小倉2000m戦は4F48.9秒を47.3秒という破格のラップっで捲っての勝利。ここは自信を持って本命にしたいと思います。

相手はアドマイヤモラールとの比較からも中盤のラップが詰まっても対応できるロードクエストと東京1600m戦ベゴニア賞で中盤2F23.6秒で3着しているマイネルハニー。

トレッドノータスはこの2戦からもペースに対応できない可能性があり消します。
MAX馬連5点買いで高回収率を掴みたいあなたへ ~偶然を必然に近づける馬連5点予想~ 
※この記事は、2016/3/20 9:48 に、MAX馬連5点買いで高回収率を掴みたいあなたへ ~偶然を必然に近づける馬連5点予想~ (メルマガ 月額324円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ