的中無料公開中

※この記事は、2016/1/24 9:00 に、競馬力養成講座(メルマガ 月額3,240円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

詳細分析データ(プレミアムメニュー 競馬ゴールドメンバー限定)

【 直近30日間のデータ(2016年11月7日 〜 2016年12月6日)

予想件数 的中数 的中率 平均買い目数/R 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 全予想の通算データ 】※2016年8月〜

予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 月別のデータ 】

中央競馬 予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
2016年12月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年11月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年10月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年09月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年08月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
件名:

競馬力養成講座 2016年01月24日号

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

01/24(日)
中山3R
3歳新馬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
--------------- ◇競馬力養成講座 2016年01月24日号◇ ---------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


おはようございます。さとしです。

今回は、本日行われる新馬戦の予想と見解をお届けします。

競馬新聞や特典で配布したデータを参照しながら
各馬のポイントをチェックしてみてください。


▼新馬戦レース別成績一覧(2016年1月23日更新)
http://dokujikeiba.iza-yoi.net/seiseki/race.htm

▼新馬戦月別成績一覧(2015年12月27日更新)
http://dokujikeiba.iza-yoi.net/seiseki/month.htm

▼新馬戦的中馬券一覧(2016年1月20日更新)
http://ameblo.jp/dokujikeiba/theme-10029706335.html


■■1月24日(日)の予想■■


◆1回京都8日

京都2R 3歳新馬 ダ1800m

◎(10)ハギノスノーボール
○(08)マインシャッツ
▲(06)ケンブリッジヌーサ
△(04)リベレイション
△(07)テイエムダグラス
△(02)タガノモーサン

【見解】

波乱含み。入厩当初から上がり時計がしっかりしている◎に注目。

【各馬短評】

ハギノスノーボール
(牡、父クロフネ、母ハギノハニー、栗東・松田国英)
今シーズン新馬戦好調の松田国厩舎らしく上がり重点に乗り込まれ、
再入厩後初時計の12/24にいきなり栗坂56.7-12.9馬也、
1/13にも栗坂56.1-12.5で古馬1000万下・ナンヨーマークに併入するなど、
栗坂ラスト12秒台をコンスタントにマーク。
再入厩以来併せ馬で一度も遅れがない点も評価できる。
実戦に行ってのしぶとさに期待したい。

マインシャッツ
(牡、父ゴールドアリュール、母ザッハーマイン、栗東・西浦勝一)
母はクイーン賞(交流G3)2着馬。
西浦厩舎らしく上がり重点に乗り込まれ、
1/7にジョッキー騎乗ながら栗坂53.5-12.7、
翌週も栗坂53.7-12.8をマークするなど、
ここ数週は栗坂ラスト1F12秒台をコンスタントにマーク。
豊富な乗り込み量を生かした粘り込みに期待したい。

ケンブリッジヌーサ
(牡、父タイキシャトル、母ケンアマツカゼ、栗東・大久保龍志)
半兄・ケンブリッジベストは芝1800mで新馬勝ち。
大久保厩舎らしくビシビシ乗り込まれ、
1/7に栗坂53.1-12.4の鋭い末脚を披露、
翌週も栗赤54.4-12.8で新馬勝ち・アオイプリンスに先着するなど、
ここ数週は栗坂ラスト1F12秒台をコンスタントにマーク。
兄弟の勝ち上がり率が高い堅実な血統も魅力。

リベレイション
(牡、父シニスターミニスター、母プリンセスオーロラ、栗東・西村真幸)
今週の時計がわからず素質・仕上がりを判断するのが難しいものの、
西村厩舎らしく上がり重点に乗り込まれ、
入厩間もない12/31に早くも栗坂2F25.8-12.6馬也、
1/14にも栗坂53.5-12.5をマークするなど、
一週前までの時計はマズマズの印象。
ダートは走るシニスターミニスター産駒という点も魅力。
減量騎手起用による積極策に期待したい。

テイエムダグラス
(牡、父ディープスカイ、母テイエムオーシャン、栗東・福島信晴)
母は桜花賞(G1)勝ち馬。
12/30、1/6の平凡な上がり時計や血統・馬体重からは
一度使ってからのほうが良さそうなタイプだが、
1/14にジョッキー騎乗かつ内目を通ったとはいえCW65.1-12.3、
今週も栗坂51.4-12.4を単走でマークするなど、
ここ二週の時計は水準を大きく上回るもの。
12/24のゲート練習で12.8-12.5をマークしているあたり
初戦向きの前向きさもありそうなタイプ。
前々での粘り込みに期待したい。

タガノモーサン
(牡、父クロフネ、母スターリーヘヴン、栗東・岡田稲男)
母は福島牝馬S(G3)2着馬。
厩舎・血統・馬体重からは使ってからのほうが良さそうなタイプだが、
CW&坂路で十分に乗り込まれ、
12/24にジョッキー騎乗ながらCW6F82秒台を馬也、
翌週もCW67.8-12.3を馬也でマークするなど、
余力残しで水準級の時計を連発しているあたり、
宇治田原優駿Sでしっかり乗り込まれてきた可能性は十分。
豊富な乗り込み量を生かした粘り込みに期待したい。

【無印の人気馬】

アンナペレンナ
(牝、父Tale of Ekati、母Maria's Storm、栗東・西園正都)
今週栗坂51.7-13.1の好時計をマークしているものの、
ジョッキー騎乗かつ併せ馬でのもので過大評価は禁物。
入厩以来ラスト1F12秒台は1/14のCWラスト1F12.8の一本だけで、
ハード調教を常とする西園厩舎にしては全体的に時計が地味。
推定馬体重500kgの大型馬の初戦らしい
重苦しさが残っている可能性が否めない。

マテラリードル
(牡、父Bernardini、母Yellow Heatm、栗東・森秀行)
半姉・アールヒートライトニングは
スピナウェイS(米G1・ダ1400m)勝ち馬。
再入厩後初時計の1/11に月曜追いながらいきなり栗坂52.1-12.4、
今週栗坂50.8-12.6をマークするなど水準を上回る好時計を連発。
ただ、いつもの森厩舎のデビュー戦らしく追い不足。
推定馬体重500kgの大型馬の初戦でもあり、
一度使ってからのほうが良さそう。


◆1回中山8日

中山3R 3歳新馬 ダ1200m

◎(02)シアーライン
○(07)ティアップゼファー
▲(03)サンポーツマス
△(01)デルマブンザエモン
△(10)ガイアトウショウ

【見解】

低レベルなメンバー。◎の相手探し。

【各馬短評】

シアーライン
(牡、父キンシャサノキセキ、母ウインドヴェイン、美浦・中川公成)
母は芝1200~1400mで4勝。
半姉・ランドスパウト、ヴェイグストーリーは新馬勝ち。
中川厩舎らしく南Wでセーブ気味に丹念に乗り込まれ、
再入厩後初時計翌週の12/31に早くも南W3F39.7-12.5馬也で
古馬500万下・コンコルダンスに追走・併入、
1/7にもジョッキー騎乗ながら南W67.1-12.7を馬也でマークするなど、
時計的にも十分及第点と言える内容。
併せ馬で一度も遅れがない点も評価できる。
兄弟全て勝ち上がっている堅実な血統も魅力。

ティアップゼファー
(牝、父フレンチデピュティ、母ティアップアケヒメ、美浦・小野次郎)
坂路中心に丹念に乗り込まれ、
1/10には日曜追いながら美坂53.6-12.0の破格の末脚を披露。
併せ馬で一度も遅れがない点も評価できる。
実戦に行ってのしぶとさに期待したい。

サンポーツマス
(牡、父ベーカバド、母プライベートビーチ、美浦・蛯名利弘)
1/13の上がり時計はイマイチだったものの、
初時計の12/31にいきなり南W3F39.7-12.9、
翌週もジョッキー騎乗ながら美坂54.2-12.4など、
入厩当初から水準級の時計が出ている点は評価できる。
ディーエスシュート(13人気2着)、マホン(13人気2着)など、
兄弟新馬戦人気薄激走が多い血統でもあり要注意。

デルマブンザエモン
(牡、父キャプテントゥーレ、母ワイメア、美浦・和田正一郎)
今週美P4F52.5-12.0を馬也でマークした程度で
それほど派手な時計はないものの、
併せ馬で一度も遅れがない点は評価できる。
1/14のゲート練習1F目に12.6をマークしているあたり
初戦の短距離向きの前向きさもありそうなタイプ。
前々での粘り込みに期待したい。

ガイアトウショウ
(牝、父デュランダル、母デコトウショウ、美浦・杉浦宏昭)
今週美P4F51.7-12.0を馬也でマークした程度で
それほど派手な時計はないものの、
併せ馬で一度も遅れがない点は評価できる。
1/3のゲート練習で12.7-12.8をマークしているあたり
初戦の短距離向きの前向きさもありそうなタイプ。
推定馬体重430kgの小柄な牝馬らしい仕上がりの早さに期待したい。

【無印の人気馬】

ハヤブサレディゴー
(牝、父サウスヴィグラス、母ダッシングハニー、美浦・伊藤圭三)
全姉・ラブミーチャンは全日本2歳優駿(交流G1)勝ち馬。
半兄・ダブルスターはラジオ日本賞(OP)3着馬。
再入厩間もない12/6に日曜追いながら早くも
南W3F39.8-12.7馬也の素軽い時計が出ているものの、
北Cで強く追っている割にここ二週の時計があまりにも地味。
騎手・血統で過剰人気の感が否めない。


◆1回中京4日

中京5R 3歳新馬 芝2000m

◎(06)ショウナンタイザン
○(16)レッドエルディスト
▲(02)トレジャーハンター
△(07)ヤマニンレガリーノ
△(09)エクセレントミスズ
△(14)ナリタエイト

【見解】

ダート血統の人気馬・ベラポーサを軽視して配当妙味を追求したい。

【各馬短評】

ショウナンタイザン
(牡、父マンハッタンカフェ、母ロックオブサリサ、栗東・梅田智之)
質・量とも十分に乗り込まれ、
坂路初時計の12/23にいきなり栗坂53.5-13.5単走、
今週もジョッキー騎乗ながら栗坂52.1-12.5を単走でマークするなど、
時計的にも十分及第点と言える内容。
12/18のゲート練習で12.8をマークしているあたり
初戦向きの前向きさもありそうなタイプ。
前々での粘り込みに期待したい。

レッドエルディスト
(牡、父ゼンノロブロイ、母ショウダウン、栗東・笹田和秀)
入厩直後の12月上旬に一頓挫あって順調さを欠いたものの、
その後は質・量とも十分に乗り込まれ、
1/7にジョッキー騎乗ながら栗坂53.4-12.5で
古馬500万下・エアカーディナルに先着、
今週も栗坂53.0-12.2の鋭い末脚を披露するなど、
時計的には十分及第点と言える内容。
豊富な乗り込み量を生かした粘り込みに期待したい。

トレジャーハンター
(牡、父ステイゴールド、母ポーレン、栗東・石坂正)
坂路中心に丹念に乗り込まれ、
1/6にジョッキー騎乗ながら栗坂52.8-13.0、
翌週も栗坂52.8-13.4をマークするなど、
派手な時計を好まない石坂厩舎としては水準以上。
ただ、入厩以来一度もラスト1F13秒台を切れないのは気になる。
推定馬体重510kgの大型馬らしい重苦しさが残っていないかがカギ。

ヤマニンレガリーノ
(牝、父ブラックタイド、母ヤマニンギモーヴ、美浦・黒岩陽一)
近親にオーロC(OP)勝ち馬・ヤマニンエマイユ。
黒岩厩舎らしく坂路&南W4F追いで乗り込まれ、
初時計の12/17に大外を通っていきなり南W3F39.3-12.9馬也で
新馬2着・ハッピープリティーに先着するなど、
再入厩以来併せ馬で一度も遅れがない点は評価できる。
豊富な乗り込み量を生かした粘り込みに期待したい。

エクセレントミスズ
(牡、父ナカヤマフェスタ、母アスクレピアス、栗東・加藤敬二)
半姉・ヘイジームーンはスイートピーS(OP)3着馬。
HBAサマーセールにて1520万円で落札。
新馬戦の好走事例が少ない加藤敬厩舎ではあるが、
質・量とも十分に乗り込まれ、
12/23にCW67.8-11.8単走、1/7にCW68.0-12.4をマークするなど、
今週を除けば上がり時計も決して悪くない。
豊富な乗り込み量を生かした粘り込みに期待したい。

ナリタエイト
(牡、父キングカメハメハ、母スペシャルフロート、栗東・松永昌博)
母はデビュー勝ちを含め芝1600~2000mで4勝。
近親に阪神3歳牝馬S(G1)勝ち馬スティンガー、
ローズS(G2)勝ち馬・サイレントハピネス。
セレクトセール2013にて6200万円で落札。
1/6にジョッキー騎乗ながら栗坂53.4-12.8で
3歳500万下・メイショウミラコロに先着した以外
かなり平凡な時計が並んでいるものの、
時計の割に意外性を発揮するケースも多い松永昌厩舎。
良血馬らしい芝の実戦での変わり身に注意したい。

【無印の人気馬】

ベラポーサ
(牝、父Tapit、母Livin Lovin、美浦・堀宣行)
ファシグティプトン・フロリダセールで1F10.4をマーク。
堀厩舎らしく南Wで丹念に乗り込まれ、
1/7に南Wラスト1F12.7で
古馬500万下・コンチャフラメンカに追走・併入、
今週も南Wラスト1F12.7で
古馬1000万下・レインオーバーに併入するなど、
入厩以来格上古馬相手の併せ馬で一度も遅れがない点は評価できる。
ただ、血統的にはダートのほうが良さそうなタイプ。
芝中距離良馬場では決め手不足を露呈しそう。

▽セール騎乗供覧(No.40)
http://bit.ly/1BSpJhR


◆1回京都8日

京都6R 3歳新馬 芝1600m

◎(13)レッドディオーサ
○(15)ミッキーグッドネス
▲(10)トリデカゴン
△(12)ダイアナヘイロー
△(04)マッジョテンペスタ
△(02)リーチザハイツ

【見解】

混戦模様。人気薄素質馬をうまくピックアップしたい。

【各馬短評】

レッドディオーサ
(牝、父キングカメハメハ、母ブレンダ、栗東・庄野靖志)
半兄・レッドルグランは現準OP馬。
上がり重点で全体時計は目立たないものの、
再入厩間もない12/30に大外を通って早くも
CWラスト1F12.7で3歳500万下・ファスナハトに追走・先着、
今週もジョッキー騎乗ながら栗坂55.1-12.3の鋭い末脚を披露するなど、
入厩当初から重苦しい時計も特になし。
吉澤ステーブルWESTで既にラスト1F12.4をマークしていたように、
時計の印象以上に仕上がっている可能性が高い。
10/22のゲート練習で12.4-12.6をマークしているあたり
初戦向きの前向きさもありそうなタイプ。
前々での粘り込みに期待したい。

ミッキーグッドネス
(牝、父ディープインパクト、母マイグッドネス、栗東・安田隆行)
半兄・ダノンレジェンドはJBCスプリント(交流G1)2着馬。
安田厩舎にしては坂路時計が地味だが、
12/30にCW67.1-12.3馬也で3歳OP・ラヴアンドポップに追走・併入、
翌週もジョッキー騎乗ながらCW4F51.6-12.1で
新馬勝ち・ストリクスに追走・併入するなど、
コース追いの上がり時計は十分及第点。
JRAでデビューした兄弟全て勝ち上がっている堅実な血統も魅力。
小柄なディープインパクト産駒らしい仕上がりの早さと
芝の実戦に行っての良さに期待したい。

トリデカゴン
(牡、父シンボリクリスエス、母スターマーチ、栗東・高橋義忠)
いずれもジョッキー騎乗ながら、
再入厩間もない12/31に早くも
CW67.1-12.1で古馬1000万下・ジャコカッテに追走・先着、
翌週も金曜追いながら栗坂53.2-12.2を単走でマークするなど、
入厩当初から素軽さを感じさせる時計を連発しているあたり、
宇治田原優駿Sでしっかり乗り込まれてきた可能性が高い。
地味な騎手で人気の盲点になりそうなここは要注意。

ダイアナヘイロー
(牝、父キングヘイロー、母ヤマカツセイレーン、栗東・福島信晴)
坂路&CWでビシビシ乗り込まれ、
1/15に金曜追いかつジョッキー騎乗ながら大外を通って
CW66.5-11.6の破格の末脚を単走で披露、
今週も栗坂53.3-12.5を馬也・単走でマークするなど、
時計的にも十分及第点と言える内容。
併せ馬で常に先着している点も評価できる。
地味な騎手で人気の盲点になりそうなここは要注意。

マッジョテンペスタ
(牡、父ワークフォース、母エイジアンウインズ、栗東・藤原英昭)
母はヴィクトリアマイル(G1)勝ち馬。
藤原英厩舎らしく上がり重点に乗り込まれ、
12/16に大外を通ってCWラスト1F12.3、
翌週もCWラスト1F12.2を馬也でマークするなど、
時計的にもマズマズの印象。
12/2のゲート練習で12.4-12.1をマークしているあたり
初戦向きの前向きさもありそうなタイプ。
豊富な乗り込み量を生かした粘り込みに期待したい。

リーチザハイツ
(牝、父ディープインパクト、母ドバウィハイツ、栗東・松田博資)
母はイエローリボンS(米G1・芝2000m)勝ち馬。
12/16の初時計こそCWラスト1F13.9と終い物足りなかったものの、
松田博厩舎らしく上がり重点に乗り込まれ、
1/3にCWラスト1F12.7馬也で
古馬OP・レーヴミストラルに追走・併入、
1/14にはジョッキー騎乗ながらCWラスト1F12.6馬也で
古馬500万下・サダムダイジョウブに追走・先着するなど、
ここ数週はCWラスト1F12秒台をコンスタントにマーク。
小柄なディープインパクト産駒らしい仕上がりの早さと
芝の実戦に行っての良さに期待したい。

【無印の人気馬】

ファクター
(牡、父マンハッタンカフェ、母エンドレスドリーム2、栗東・角田晃一)
セレクトセール2013にて1500万円で落札。
質・量とも十分に乗り込まれ、
1/7に栗坂52.3-13.0で古馬500万下・ライフトップガンに先着、
今週もジョッキー騎乗ながら栗坂54.8-12.6馬也で
古馬準OP・ケイティバローズに併入。
ただ、入厩当初の終い物足りない時計は気になるところ。
推定馬体重500kgの大型馬の初戦らしい
重苦しさが残っていないかがカギ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行者:さとし
■発行周期:木・土・日:9:00~
■メールフォーム:http://form1.fc2.com/form/?id=851081
■ブログ:http://ameblo.jp/dokujikeiba/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
競馬力養成講座
※この記事は、2016/1/24 9:00 に、競馬力養成講座(メルマガ 月額3,240円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ