競馬予想家・夏目耕四郎の「ワンコイン『ラップタイム重賞予想』」
競馬予想家・夏目耕四郎の「ワンコイン『ラップタイム重賞予想』」
アフィリエイトOK
お礼1

発行者:夏目耕四郎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬

公開開始日:2014/07/26
最終更新日:2016/12/09 21:36


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
夏目耕四郎
夏目耕四郎
競馬ライター兼コメンテーターの夏目耕四郎です。

ラップタイム分析をメインに、競馬の観戦ポイント、予想を通じて、ファンの皆さんと一緒に競馬を楽しんでいきます。


【主な出演・執筆】
フジテレビONE「競馬予想TV!」
 レギュラー予想家

サンケイスポーツ関西版
 日曜コラム「ラップで勝て!」

コンビニプリント e-shinbun
 ひと目で分かる競馬ラップ分析
 「夏目スコープ」

・他著書多数


【無料メルマガ】
夏目メルマガ「競馬学のススメ」
 週末へ向けてのレース展望・傾向と対策


【有料メルマガ】
夏目メルマガ「プレミアム」(購読者数限定)
 週末の予想解説・印・買い目+
 「夏目スコープ」1カ月無料購読権

夏目メルマガ「ゴールド」
 週末の予想解説・印・買い目


【ブログ】
夏目耕四郎BLOG「ラップ分析で楽しむ、競馬学のススメ」


【Facebook】
夏目耕四郎と競馬の話なう



?content_type=profile&content_id=375&typ
No.296【京都大賞典】夏目耕四郎の「ワンコイン・ラップタイム重賞予想」16年10月10日(月)京都11R
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎の「ワンコイン・ラップタイム重賞予想」

16年10月10日(月)京都11R「京都大賞典」です。


いつもご購読いただきありがとうございます。


※当記事は馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


【京都11R】京都大賞典 G2(芝2400m外)

仮柵:Aコース1週目(野芝約10ー12cm、洋芝12cmー16cm)

 

 

《このレースで求められる適性:速力+変速》

 

 想定ペース:スロー

 想定逃げ馬:ヤマカツライデン

 想定番手馬:キタサンブラック

 

 

印   馬名        騎 調 速力

◎01 キタサンブラック  A C 3

 02 ファタモルガーナ  S D 7

▲03 アドマイヤデウス  A F 6

△04 ラストインパクト  S B 4

 05 タマモベストプレイ B B 8

 06 ヤマカツライデン  A S 5

 07 アクションスター  B C 9

◯08 サウンズオブアース A B 2

△09 ヒットザターゲット C F 10

△10 ラブリーデイ    S S 1

 

 

※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で

 

 

+++++++++++++++

 

 

[京都大賞典 レースLAP傾向]京都芝2400m外

 

平均勝ちタイム 2.25.07

レース1F平均 12.09(追走区間1F平均 12.19)

 

 

前半35.50ー中盤74.79ー上がり34.78(前後半差:1.17秒後傾)

 

 

←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

 

―――〓〓〓〓〓〓〓 12.80 ―――――――――― 2400m

            ↓

―――――――――― 11.22 〓〓〓〓〓〓〓〓〓― 2200m

            ↓

―――――――――― 11.48 〓〓〓〓〓〓―――― 2000m

            ↓

―――――〓〓〓〓〓 12.58 ―――――――――― 1800m

            ↓

―――――〓〓〓〓〓 12.63 ――――――――― 1600m

            ↓

―――――――〓〓〓 12.41 ―――――――――― 1400m

            ↓

―――――〓〓〓〓〓 12.59 ―――――――――― 1200m

            ↓

―――――〓〓〓〓〓 12.62 ―――――――――― 1000m

            ↓

―――――――――― 11.96 ―――――――――  800m

            ↓

―――――――――― 11.49 〓〓〓〓〓〓――――  600m

            ↓

―――――――――― 11.61 〓〓〓〓〓―――――  400m

            ↓

―――――――――― 11.68 〓〓〓〓――――――  200m

 

 

 

※「〓〓」が1F平均との差を表します

 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)

 

 

3着内脚質:逃0ー先11ー差14ー追5《中盤超スロー:後半800m勝負》

 

   1着:逃0ー先2ー差6ー追2

   2着:逃0ー先4ー差3ー追3

   3着:逃0ー先5ー差5ー追0

 

 

[レースのポイント]

 →→ 中盤が超スローになり、後半800mからのロングスパート&高速上がり勝負

 →→ スローだが逃げは不利、タメて切れる脚を使える馬に向いたレース

 

 

+++++++++++++++

 

 

昨日の毎日王冠とは違って、こちらは天皇賞秋をパスして、ジャパンカップ有馬記念を目指す馬たちの前哨戦。

例年の傾向では中盤区間が1ハロン12秒台後半まで落ち込む「中だるみの超スロー」になりやすく、坂の下りがある残り800mから一気に11秒台のラップがゴールまで続くというロングスパート勝負。

ヤマカツライデンの単騎逃げを、2番手でキタサンブラックが追走という隊列がすんなり決まりそうで、スロー逃げだとしても逃げ粘るのは難しいレースでしょう。

過去傾向からもスローで脚をためるだけためて切れる脚を使えるタイプが上位好走するレースなので、その点を重視した予想を。

 

 

◎キタサンブラック

クラシック路線を走っていた3歳時から、スローの流れ、持続ラップと相反する流れそれぞれで結果を出してきた馬ですが。

古馬になったこの春も、超スローの産経大阪杯、そして持続ラップとなった宝塚記念と、中距離のレースで相反する流れでともに大崩れしない強みを発揮しました。

距離に関しては菊花賞、天皇賞春を勝ちましたので、スローになれば問題なし。

得意の中距離のカテゴリーでは、流れに左右されない強みがあるという評価です。

今回は前述のとおり、逃げるヤマカツライデンの2番手というポジショニングが濃厚。

ヤマカツに逃げ残られる危険性より、後方から上がり34秒を切る脚で伸びてくる馬に差される危険性の方を考えておきたいと思います。

 

 

◯サウンズオブアース

この春は昨年同様、日経賞で上位に来て、天皇賞春で大きく崩れるという内容。

京都の菊花賞を2着してはいますが、高速馬場の長距離がそもそも苦手なタイプだと思います。

昨年のこのレースで自身上がり32.8秒という脚を使って2着しているように、2400、2500mまでのロングスパート上がり戦ならピッタリ。

帰厩後の状態が今ひとつだったという情報もチラホラ聞こえてきますが、舞台としては中山芝2500mの次に得意舞台だと思いますので、この評価で買っておきたいですね。

 

 

▲アドマイヤデウス

この馬も2年連続して天皇賞春で大きく崩れました。

京都芝2400m外は昨年の日経新春杯で制しているように適性のある舞台。

そして昨年の日経賞で、後半1000m58.6秒という超ロングスパートラップを勝ちきっているように、スタミナのある持続上がりを使えるレースに高い適性を持った馬。

秋初戦の京都大賞典を使うのは初めてですが、かなりこのレースの傾向に合う走りができる馬なので期待したいと思います。

 

 

以下、昨年と一昨年のこのレースの勝ち馬2頭を押さえますが、ラブリーデイは本質的には2000mを超えるとパフォーマンスが落ちているように、このレースでは距離が長いと思います。

昨年のように中盤区間で13秒近いハロンが出現する超スローになりすぎると、距離適性にごまかしが効くのでなんとかなりますが、今年は強力な先行馬(キタサンブラック)がいるので、そこまで楽に(距離をごまかせるほど)脚をタメられないでしょう。

3着をキープできない可能性もある、危険な人気馬では?とみています。

 

 

==========

 

[推奨買い目と参考資金配分]

 

 

【馬連】《1点》

1 ー ▲3(20%)

 

 

【3連複】

フォーメーション《5点》

1 8,3,4 4,9(35%)

 

 

【3連単】

フォーメーション《3点》

1 8 3,4,10(21%)

 

フォーメーション《3点》

1 3 8,4,10(9%)

 

フォーメーション《3点》

8 1 3,4,10(12%)

 

フォーメーション《3点》

3 1 8,4,10(3%)

 

 

*****************************

  • 10/10(月)
    京都11R
    京都大賞典
    レース結果・払戻金を表示
    3連単 馬連
    的中
  • 3連複 3連単 馬連
    レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 1 1 キタサンブラック 2:25.5
    2 3 3 アドマイヤデウス クビ
    3 8 10 ラブリーデイ 3/4
    払戻金
    単勝 1 180円 1番人気
    複勝 1
    3
    10
    110円
    230円
    140円
    1番人気
    6番人気
    3番人気
    枠連 1-3 1,260円 6番人気
    馬単 1-3 1,970円 7番人気
    馬連 1-3 1,420円 6番人気
    ワイド 1-3
    1-10
    3-10
    400円
    190円
    820円
    6番人気
    2番人気
    11番人気
    WIN5 1,930,200円 1番人気
    3連複 1-3-10 1,520円 7番人気
    3連単 1-3-10 7,400円 24番人気

    該当記事での印・予想買い目・資金配分
    着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
    1着 1 1 キタサンブラック 2.0 1 58.0 牡4 武豊 栗東清水久詞
    7着 4 4 ラストインパクト 11.9 5 56.0 牡6 川田将雅 栗東角居勝彦
    4着 7 8 サウンズオブアース 4.7 3 56.0 牡5 M.デムーロ 栗東藤岡健一

    予想買い目の収支
    3連複
    買い方 :フォーメーション
    指定方式:馬番
    組合わせ:5点
    購入金額:3,500円
    払戻金 :0円
    収支  :-3,500円
    回収率 :0.0%
    馬/組番:5組
    3連単
    買い方 :フォーメーション
    指定方式:馬番
    組合わせ:3点
    購入金額:900円
    払戻金 :22,200円
    収支  :+21,300円
    回収率 :2,466.7%
    馬/組番:3組
    買い方 :フォーメーション
    指定方式:馬番
    組合わせ:3点
    購入金額:2,100円
    払戻金 :0円
    収支  :-2,100円
    回収率 :0.0%
    馬/組番:3組
    買い方 :フォーメーション
    指定方式:馬番
    組合わせ:3点
    購入金額:1,200円
    払戻金 :0円
    収支  :-1,200円
    回収率 :0.0%
    馬/組番:3組
    買い方 :フォーメーション
    指定方式:馬番
    組合わせ:3点
    購入金額:300円
    払戻金 :0円
    収支  :-300円
    回収率 :0.0%
    馬/組番:3組
    馬連
    買い方 :通常
    指定方式:馬番
    組合わせ:1点
    購入金額:2,000円
    払戻金 :28,400円
    収支  :+26,400円
    回収率 :1,420.0%
    馬/組番:1ー3
    合計購入金額:10,000円   払戻金:50,600円  
    収支:+40,600円   回収率:506.0%
3連複 3連単 馬連
タグ: 未設定
(この記事は2016/10/10 16:00まで500円で販売していました。)
スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ