競馬予想家・夏目耕四郎の「ワンコイン『ラップタイム重賞予想』」
競馬予想家・夏目耕四郎の「ワンコイン『ラップタイム重賞予想』」
アフィリエイトOK
お礼1

発行者:夏目耕四郎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬

公開開始日:2014/07/26
最終更新日:2016/12/10 14:13


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


プロフィール
夏目耕四郎
夏目耕四郎
競馬ライター兼コメンテーターの夏目耕四郎です。

ラップタイム分析をメインに、競馬の観戦ポイント、予想を通じて、ファンの皆さんと一緒に競馬を楽しんでいきます。


【主な出演・執筆】
フジテレビONE「競馬予想TV!」
 レギュラー予想家

サンケイスポーツ関西版
 日曜コラム「ラップで勝て!」

コンビニプリント e-shinbun
 ひと目で分かる競馬ラップ分析
 「夏目スコープ」

・他著書多数


【無料メルマガ】
夏目メルマガ「競馬学のススメ」
 週末へ向けてのレース展望・傾向と対策


【有料メルマガ】
夏目メルマガ「プレミアム」(購読者数限定)
 週末の予想解説・印・買い目+
 「夏目スコープ」1カ月無料購読権

夏目メルマガ「ゴールド」
 週末の予想解説・印・買い目


【ブログ】
夏目耕四郎BLOG「ラップ分析で楽しむ、競馬学のススメ」


【Facebook】
夏目耕四郎と競馬の話なう



?content_type=profile&content_id=375&typ
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
No.216【高松宮記念】夏目耕四郎の「ワンコイン・ラップタイム重賞予想」16年3月27日(日)中京11R
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎の「ワンコイン・ラップタイム重賞予想」

16年3月27日(日)中京11R「高松宮記念」です。


いつもご購読いただきありがとうございます。


※当記事は馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


【中京11R】高松宮記念 G1(芝1200m)
仮柵:Bコース1週目(野芝約6ー8cm、洋芝約12ー16cm)


印   馬名        騎 調 速力
△01 ブラヴィッシモ   A B 11
 02 ウキヨノカゼ    C C 9
 03 サクラゴスペル   C B 13
◎04 ビッグアーサー   S B 1
 05 スノードラゴン   B B 7
◯06 ミッキーアイル   B S 3
 07 サトノルパン    B D 10
★08 アルビアーノ    S A 2
△09 ティーハーフ    B C 14
 10 アクティブミノル  A E 18
 11 レッツゴードンキ  A B 8
▲12 ウリウリ      S S 4
 13 エイシンブルズアイ C B 5
 14 アースソニック   A C 16
 15 ローレルベローチェ C D 15
 16 スギノエンデバー  A C 12
 17 ヒルノデイバロー  C A 17
 18 ハクサンムーン   C C 6


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で



[高松宮記念 レースLAP傾向]中京芝1200m

平均勝ちタイム 1.08.30
レース1F平均 11.38(追走区間1F平均 11.22)


前半34.15ー上がり34.15(前後半差:0.00秒)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

―――――〓〓〓〓〓 11.90 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――――――――― 10.85 〓〓〓〓〓――――― 1000m
            ↓
―――――――――― 11.40 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.40 ――――――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.15 〓〓――――――――  400m
            ↓
――――――――〓〓 11.60 ――――――――――  200m



※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃1ー先3ー差2ー追0《前後半イーブンペース:先行持続力勝負》

   1着:逃0ー先1ー差1ー追0
   2着:逃0ー先1ー差1ー追0
   3着:逃1ー先1ー差0ー追0



今年の高松宮記念は「(例年と違い)仮柵Bコース替わりがポイント!」と大々的に書こうと思っていたのですが、土曜日に条件戦でコースレコードが出てしまい、さすがに誰でも気づくという結果に。
というわけで、かなりトーンダウンしてしまいましたが、雨の影響が大きかったり、馬場が傷みすぎて外差しだったりといったこれまでの高松宮記念と今年のレースは別モノだと考えたほうが良いと思います。
簡単に言うと「高速イン決着」。
そして、脚質や位置取りを問わず、かなり速い上がりが要求されるレースになるでしょう。

ちなみに余談なのですが、なぜ今年だけ高松宮記念の週(しかも開催最終週)に仮柵を動かしたのか推測してみたのですが、新コースになってからとにかくキレイな馬場でG1を行えていないので、仮にレース週に雨が降ったとしても仮柵を動かせば多少はキレイな馬場でG1が行えるだろうと、JRAと馬場造園課が考えたのではないでしょうか。
じゃなければ、力の要る馬場で安易に香港勢に勝たせたくないという意図が働いたとか?

まぁとにかく、1分7秒台決着はほぼ確実。
前半33.5秒ー上がり34秒、このくらいのレースラップで勝ち負け出来る馬じゃないと厳しい、といった高松宮記念になると思います。



◎ビッグアーサー
重賞未勝利でこの人気というのは正直言って◎を打つのにふさわしいのかどうか、配当妙味を考えると微妙ではあるのですが。
すでにいろんな方が言ってることなので、改めて言うまでもないですが、昨年の高松宮記念当日の1000万下特別戦で1分08秒6とG1の2着争いに相当するタイムで走っていて能力は当然G1級。

僕はラップ分析が本業なので、もうちょっと突っ込んだ話をしておきますと、昨年の高松宮記念上位2頭(ハクサンムーン、ミッキーアイル)とこのビッグアーサーをそれぞれの個別通過ラップで比較してみると面白いことが分かります。


2015年高松宮記念
ハクサンムーン  12.1ー10.6ー11.3ー11.6ー11.3ー11.7
ミッキーアイル  12.5ー10.3ー11.5ー11.5ー11.4ー11.4

2015年岡崎特別
ビッグアーサー  12.8ー10.9ー11.2ー11.0ー11.2ー11.5


前半がスローだった昨年の高松宮記念、2番手から競馬をしたハクサンムーンは粘って当然のラップを踏んでいたのですが、ラスト1ハロンで失速してしまいミッキーアイルにほとんど差されていたというギリギリの2着。
逆にミッキーアイルは、中団からゴールへ向かって全くバテていない持続ラップを刻み続け、惜しい3着。
着順こそ3着でしたが、どう見ても強い内容なのはミッキーアイルの方で、この持続力があればもっと前で競馬をしても大きくはバテないだろうという仮説を立てることが出来ます。

そして岡崎特別のビッグアーサー。
こちらは前半からレースラップが速めに推移したため、ビッグアーサー自身も残り800mの地点から11秒台前半のラップのまま前を追いかけるという展開に。
条件クラスでこれだけのラップを踏めば、普通はラスト1ハロンで大きく失速してしまうものですが、11.5秒とさほど失速せずにフィニッシュ。
2着ティーハーフはおろか3着以下を大きく引き離す楽勝劇だったのは、この卓越した持続力性能を垣間見せたためです。

昨年の高松宮記念の時点での比較では、ミッキーアイル>ビッグアーサーなのですが、当時のビッグアーサーはまあキャリア3戦目の条件馬。
逆に言うとキャリア3戦の身で、G1級の持続力を見せつけたミッキーアイルに僅か足りないという走りをしていたわけで、1年経ち重賞でもキャリアを積んだ今年なら堂々G1を勝ってしまうだけのパフォーマンスを期待しても良さそうというのが結論です。



◯ミッキーアイル
昨年最も強い内容でこのレースを走っていたのがこの馬ですから、高速イン決着濃厚な今年は再度チャンス十分でしょう。
前走の1.19.9というレコードが余計だったんじゃないかという気はしますが、卓越したスピードとその持続力を評価したいと思います。

その持続力を生かし切るには1200mより1400m以上の距離のほうがいい可能性は残るのですが、速い流れの1600mでもかかっていた馬ですから1200mでもOKという方に今回は賭けます。



▲ウリウリ
追走区間のラップは不安ですが、高速決着で速い上がりが要求される馬場となれば、この馬がおそらく最速上がりをマークする可能性が高いので、やはりこれくらいの印で買っておきたいところです。
中京での実績は道悪だったCBC賞1着しかないのですが、牡馬相手に55.5kgを背負っていたことと自身の前後半ラップがほぼイーブンの持続ラップだったことを考えると、かなりコースの適性も高いと考えて良さそう。

高速決着に強いというのは、京都芝1400m外でレコードをマークしたこともあるように、すでに実証済み。
近2走、重い馬場の1400mで5着に負けているだけと考えれば、昨年からスプリント路線ではほぼ崩れていないという安定味も評価しておきたいところです。

開幕週でスロー前残りだったセントウルSで上がり32.8秒を使って追い込んで来るくらいですからね。
高速決着ならかなりチャンスのあるタイプだと思いますね。



★アルビアーノ
前走不利があっての5着&ルメール騎手ということで、かなり過剰人気になっています。
高速決着の1200mでついていける保証は全く無く、消してもいいかなぁと少し考えましたが…。
結果的に能力の高さが怖いので押さえることにしました。

その能力の高さとは、昨年のマイルCSでの5着。
詳しくは当時のメルマガをご覧頂きたいのですが、3歳馬にとって秋の古馬混合G1は、エリザベス女王杯やジャパンカップでは古馬と斤量差が2kgあるのに、マイルCSは1kg差しかなくそれが理由で3歳馬が苦戦するという実態が続いています。
なので僕も3歳馬であったアルビアーノをマイルCSでは買わなかったのですが、想像を上回る内容で5着に好走され「この馬はかなり強いな」と再認識させられました。
それが今回の1200mと関係があるわけではないのでさすがに◎◯という印は打てませんけど、能力の高さだけで今回も上位に食い込んでくる可能性はあると思います。

本質的には1400mから1800mくらいが適性のピークのタイプだとは思いますが。



穴で1頭かなり人気が無いですが△ティーハーフをオススメしておきます。
展開待ちのタイプですが、前出の岡崎特別でハンデ57.5kgを背負って1.08.9のタイムはなかなかの高評価。
速い上がりが活きるレース向きのタイプというのも、今年の馬場に合っていますし、池添騎手というのも馬のタイプを考えるとかなり不気味ですね。
前売りで15番人気とほぼ無視されているような人気ですが、穴では押さえておきたい馬です。



==========

[推奨買い目と参考資金配分]


【馬連】《4点》
◎4 ー ◯6(4000円)
◎4 ー ▲12(1200円)
◎4 ー ★8(1600円)
◎4 ー △1(500円)


【ワイド】《1点》
◎4 ー △9(500円)


【3連単】
フォーメーション《12点》
◎4,◯6 → ◎4,◯6,▲12,★8 → ◎4,◯6,▲12,★8(500円×12点=6000円)

フォーメーション《12点》
◎4,◯6 → ◎4,◯6,▲12,★8 → △1,9(100円×12点=1200円)


※今週出演した競馬予想TV!で実際に馬券を買っていますので、買い目、金額は番組でオンエアされたとおりのものです
 実際に番組内で自己資金で買っている買い目と資金配分です(詳しくは番組HPで)


*****************************
  • 03/27(日)
    中京11R
    第46回 高松宮記念(GI)(グローバルスプリントチャレンジ)
    予想内容を表示
    3連単 馬連
    的中
  • ワイド 3連単 馬連
ワイド 3連単 馬連
タグ: 未設定
(この記事は2016/04/03 04:28まで500円で販売していました。)
スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ