競馬予想家・夏目耕四郎の「ワンコイン『ラップタイム重賞予想』」
競馬予想家・夏目耕四郎の「ワンコイン『ラップタイム重賞予想』」
アフィリエイトOK
お礼1

発行者:夏目耕四郎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬

公開開始日:2014/07/26
最終更新日:2016/12/04 01:06


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
夏目耕四郎
夏目耕四郎
競馬ライター兼コメンテーターの夏目耕四郎です。

ラップタイム分析をメインに、競馬の観戦ポイント、予想を通じて、ファンの皆さんと一緒に競馬を楽しんでいきます。


【主な出演・執筆】
フジテレビONE「競馬予想TV!」
 レギュラー予想家

サンケイスポーツ関西版
 日曜コラム「ラップで勝て!」

コンビニプリント e-shinbun
 ひと目で分かる競馬ラップ分析
 「夏目スコープ」

・他著書多数


【無料メルマガ】
夏目メルマガ「競馬学のススメ」
 週末へ向けてのレース展望・傾向と対策


【有料メルマガ】
夏目メルマガ「プレミアム」(購読者数限定)
 週末の予想解説・印・買い目+
 「夏目スコープ」1カ月無料購読権

夏目メルマガ「ゴールド」
 週末の予想解説・印・買い目


【ブログ】
夏目耕四郎BLOG「ラップ分析で楽しむ、競馬学のススメ」


【Facebook】
夏目耕四郎と競馬の話なう



?content_type=profile&content_id=375&typ
No.207【中山牝馬S】夏目耕四郎の「ワンコイン・ラップタイム重賞予想」16年3月13日(日)中山11R
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎の「ワンコイン・ラップタイム重賞予想」

16年3月13日(日)中山11R「中山牝馬S」です。


いつもご購読いただきありがとうございます。


※当記事は馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


【中山11R】中山牝馬S G3(牝・芝1800m)
仮柵:Aコース3週目(野芝約6ー8cm、洋芝約12ー16cm)


印   馬名        騎 厩 速力順位
 01 クインズミラーグロ B F 14
▲02 レイヌドネージュ  C D 13
 03 ウインリバティ   C D 15
◎04 アースライズ    C B 5
 05 リーサルウェポン  A C 7
△06 メイショウスザンナ B C 8
 07 フレイムコード   C D 10
 08 ノボリディアーナ  D B 9
△09 ハピネスダンサー  B S 2
 10 アルマディヴァン  A C 4
 11 リメインサイレント C C 6
 12 シングウィズジョイ A S 12
 13 ヴィルジニア    B B 11
 14 キャットコイン   B D 16
◯15 ルージュバック   S E 3
△16 シュンドルボン   B C 1


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で



[中山牝馬S レースLAP傾向]中山芝1800m

平均勝ちタイム 1.48.20
レース1F平均 12.02(追走区間1F平均 11.95)


前半36.04ー中盤36.22ー上がり35.94(前後半差:0.01秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

―――――〓〓〓〓〓 12.53 ―――――――――― 1800m
            ↓
―――――――――― 11.57 〓〓〓〓―――――― 1600m
            ↓
―――――――――― 11.94 〓――――――――― 1400m
            ↓
―――――――――― 12.04 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――――――――― 12.04 ―――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――〓 12.13 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――〓 12.07 ――――――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.66 〓〓〓―――――――  400m
            ↓
――――――――〓〓 12.21 ――――――――――  200m



※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃1ー先5ー差10ー追5《平均持続ペース:持続上がり有利》

   1着:逃0ー先2ー差5ー追0
   2着:逃1ー先2ー差2ー追2
   3着:逃0ー先1ー差3ー追3



先々週くらいにも書いたと思いますが、年明けからの古馬重賞では明け4歳世代が大躍進。
元を正せば昨年後半から3歳勢(すなわち明け4歳世代)は活躍していたわけで、これはそのまま世代レベルの高さだと考えるべきです。

このレースにも明け4歳のトップクラスの馬が出走してきました。
ハンデ戦なので波乱を期待したいところですが、素直に強い4歳世代から狙いたいと思います。



◎アースライズ
強い4歳=ルージュバックかと思わせておいて、コッチという…。
しかしこの馬は、オークス4着、秋華賞5着ですからね、十分に4歳トップクラスの1頭です。

3歳春には今回と同じコースのフラワーCでアルビアーノの2着とコース実績も十分。
そしてハイレベル決着だったオークスでの4着と、前走の愛知杯で昨年のこのレースの勝ち馬バウンスシャッセに0.3秒差という内容から、十分本命視に値するという評価です。

前走を見て改めて思ったのですが、この馬はやはり直線が短いコースのほうが勝ちきれるという意味ではプラスなんじゃないでしょうか。
切れより持続力タイプなので、レースラップの前後半がほぼイーブンになる持続ラップのこのレースが初重賞制覇という可能性は高いと思います。



◯ルージュバック
同馬主のバウンスシャッセがこのレースにも登録(出走は土曜の中日新聞杯)したおかげでハンデも56kg止まり。
今年の春はヴィクトリアマイルへ向かうとのことですが、東京の芝1600mよりは、内回りコースが合わないにしても1800mの持続力勝負の今回のほうが走りやすいと思います。

スローの切れ勝負になると桜花賞のようになる可能性もあるわけで、それなら早め先頭からほぼ勝っていたオークスや、外々回ってロングスパートのエリザベス女王杯のレース内容に勝ちを見出したほうが良いはず。
今回はオークス時同様に、外厩で仕上げて直前ギリギリの入厩という「not大竹厩舎仕上げ」。
オークスはそれで結果が出たのでいいんでしょうけど、こうなってくると厩舎の存在って一体…。



▲レイヌドネージュ
前走は得意とはいえない外枠からの競馬で0.3秒差5着。
牝馬限定G3では2回走っていずれも0.3秒差と、通用するだけの実績を積み重ねています。

馬群や周囲を馬に囲われるような位置取りのほうが集中するタイプで、そういう意味では内枠替わりがプラスなのですが、後方からという脚質を考えるとこのコースだと前が詰まる可能性も。
サンデーレーシング所属の6歳牝馬なので、社台グループの規定でこれが引退レースのはず。

展開がハマったわけでもないのに、最後方から大外ぶんまわしで勝った2走前だけ走れれば、今回も3着あたりには届くはずですが…。



=========

[推奨買い目と参考資金配分]


【馬連】《3点》
◎4 ー ◯15(25%)
◎4 ー △16(10%)
◯15 ー △16(15%)


【馬単】《1点》
◎4 → ◯15(7%)


【ワイド】《1点》
◎4 ー ▲2(15%)


【3連複】《14点》
◎4,◯15 ー ◯15,▲2,△16 ー ▲2,△6,9,16(28%)


  • 03/13(日)
    中山11R
    第34回 ローレル競馬場賞 中山牝馬ステークス(GIII)
    予想内容を表示
    3連複 馬連
    的中
  • 馬単 ワイド 3連複 馬連
馬単 ワイド 3連複 馬連
タグ: 未設定
(この記事は2016/03/13 16:58まで500円で販売していました。)
スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ