競馬予想家・夏目耕四郎の「ワンコイン『ラップタイム重賞予想』」
競馬予想家・夏目耕四郎の「ワンコイン『ラップタイム重賞予想』」
アフィリエイトOK
お礼1

発行者:夏目耕四郎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬

公開開始日:2014/07/26
最終更新日:2016/12/10 14:13


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
夏目耕四郎
夏目耕四郎
競馬ライター兼コメンテーターの夏目耕四郎です。

ラップタイム分析をメインに、競馬の観戦ポイント、予想を通じて、ファンの皆さんと一緒に競馬を楽しんでいきます。


【主な出演・執筆】
フジテレビONE「競馬予想TV!」
 レギュラー予想家

サンケイスポーツ関西版
 日曜コラム「ラップで勝て!」

コンビニプリント e-shinbun
 ひと目で分かる競馬ラップ分析
 「夏目スコープ」

・他著書多数


【無料メルマガ】
夏目メルマガ「競馬学のススメ」
 週末へ向けてのレース展望・傾向と対策


【有料メルマガ】
夏目メルマガ「プレミアム」(購読者数限定)
 週末の予想解説・印・買い目+
 「夏目スコープ」1カ月無料購読権

夏目メルマガ「ゴールド」
 週末の予想解説・印・買い目


【ブログ】
夏目耕四郎BLOG「ラップ分析で楽しむ、競馬学のススメ」


【Facebook】
夏目耕四郎と競馬の話なう



?content_type=profile&content_id=375&typ
No.187【AJCC】夏目耕四郎の「ワンコイン・ラップタイム重賞予想」16年1月24日(日)中山11R
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎の「ワンコイン・ラップタイム重賞予想」

16年1月24日(日)中山11R「AJCC」です。


いつもご購読いただきありがとうございます。


※当記事は馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


【中山11R】AJCC G2(芝2200m外)
仮柵:Cコース4週目(野芝約6ー8cm、洋芝約10ー14cm)


印   馬名        騎 厩 速力順位
△01 マイネルフロスト  C S 6
 02 アップルジャック  E F 16
△03 ディサイファ    A C 1
 04 ショウナンマイティ B B 3
△05 クランモンタナ   A S 7
▲06 サトノラーゼン   S B 12
△07 ショウナンバッハ  S C 2
△08 ステラウインド   A B 5
◎09 ライズトゥフェイム C A 9
 10 ルルーシュ     C A 4
◯11 スーパームーン   S A 8
 12 フラガラッハ    C S 11
△13 ヤマニンボワラクテ D S 10
 14 スズカデヴィアス  B F 14
 15 マイネルディーン  C B 13
 16 マイネルメダリスト B E 15


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で



[AJCC レースLAP傾向]中山芝2200m外

平均勝ちタイム 2.13.44
レース1F平均 12.13(追走区間1F平均 12.14)


前半36.82ー中盤60.81ー上がり35.81(前後半差:1.37秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

―――――〓〓〓〓〓 12.63 ―――――――――― 2200m
            ↓
―――――――――― 11.50 〓〓〓〓〓〓―――― 2000m
            ↓
――――〓〓〓〓〓〓 12.69 ―――――――――― 1800m
            ↓
――――――――〓〓 12.27 ―――――――――― 1600m
            ↓
―――――――――〓 12.23 ―――――――――― 1400m
            ↓
―――――――――〓 12.17 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――――――――― 12.04 〓――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――― 12.10 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.86 〓〓――――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.59 〓〓〓〓〓―――――  400m
            ↓
―――――――〓〓〓 12.37 ――――――――――  200m



※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃4ー先12ー差10ー追1《早仕掛けロングスパート先行有利》

   1着:逃2ー先5ー差2ー追0
   2着:逃2ー先5ー差1ー追1
   3着:逃0ー先2ー差7ー追0



AJCCは中山芝2200mのレース。
自己条件などから出走してくるケースでは、このレースの好走傾向脚質通りに、先行で勝ってきている馬が好成績ですが、中山芝2000mからの臨戦となる中山金杯組に限っては差して届いていなかった馬の方が好走につながっています。
これは内回り→外回りで追走区間のラップが緩んで楽になることと、コーナー半径の大きい緩いカーブに替わるためコーナー部分でも前との差を詰めやすいからだと考えられます。

昨年は前半1000m通過が63.0秒という超スローで、クリールカイザー、ミトラの行った行った決着でしたが、中山金杯を差して6着と微妙に届いていなかったマイネルフロストがこのAJCCでは着順を上げ4着に。
おそらく超スローでなければ、3着以内には届いていた内容の走りで、やはり中山金杯からの距離延長は差し届いていなかった馬を狙うというのが有効。

そのマイネルフロストは、今年は一転し中山金杯を前半1000m通過62.3秒の超スローで逃げて2着していて、昨年とは臨戦過程が全く違います。
今年は距離延長でのアドバンテージを活かせないとみて押さえの押さえという評価。
狙いは超スローの中山金杯で脚を余したあの馬です。



◎ライズトゥフェイム
前走の中山金杯4着は、中山では極限の数字とも言える上がり32.6秒の脚を使うも、超スローで前に残られてしまうというレース。
そもそも前半1000m通過が62.3秒にも関わらず、馬群が縦長になっている時点で後方にいた騎手は何を考えているのか?勝つ気はあったのか?という騎乗ミスだと思います。
逃げ馬が不在だったとは言え、今年の中山金杯はそういった内容の凡レース。

今回はヤマニンボワラクテ、またはスズカデヴィアスと先手を奪って上がりの切れ勝負を避けたい馬が出走しているので、スローになるにしても勝負どころでラップが上がっていくロングスパート戦になる可能性が高いでしょう。
そうなると初めて2000mを超える距離を走るこの馬の新味が期待でき、前走の脚を考えると少なくともマイネルフロストには負けないだろうと考えられます。

本来であればもっと上位人気に支持されてもおかしくないはずですが、前売りでは単勝6番人気とオッズでは単穴程度の評価。
デビュー3年目で重賞未勝利の石川騎手だということで人気が今ひとつなんでしょうけど、若手の中ではかなり乗れている騎手で、しかもこの馬に関しては大凡走させていない騎手ですからね。
約2週間ほど遅れましたが、自身の成人式を初重賞制覇で飾るシーンを期待したいと思います。



◯スーパームーン
スローから上がりの切れ勝負になるとかなり不利な一方で、ロングスパート比べの持続上がりになるとしぶとく上位に食い込んでくる馬。
前述のとおり今回のレースでは前を引っ張る馬がいるので、この馬向きの持続上がり戦が期待できます。

また軽いスピード勝負ではなく、雪や霜の影響で含水率高めの馬場になるのも好都合。
レースの上がりが35秒かかるようなこのレースの過去傾向どおりのラップになれば、適性ドンピシャということになりますね。



▲サトノラーゼン
実績ならこのメンバーでも1、2を争う存在。
2000mを超える、追走区間が長い距離というのもこれまでの実績が示す通り適性十分です。

今回と同じコースのセントライト記念で人気を裏切っていますが、9月の中山開催で極端にイン有利の馬場を外々回っての0.3秒差なら7着という数字のイメージほどは負けていません。
スピードよりパワーのタイプなので、冬場の馬場、持続上がりラップとこの馬が走れる条件はひと通り揃っていると考えて良いでしょう。



==========

[推奨買い目と参考資金配分]


【馬連】《3点》
◎9 ー ◯11(10%)
◎9 ー ▲6(10%)
◯11 ー ▲6(10%)


【ワイド】《1点》
◎9 ー ◯11(24%)


【3連複】
フォーメーション《46点》
◎9,◯11,▲6 ー ◯11,▲6,△3,5 ー ▲6,△1,3,5,7,8,13(46%)


  • 01/24(日)
    中山11R
    第57回 アメリカジョッキークラブカップ(GII)
    予想内容を表示
    的中
  • ワイド 3連複 馬連
ワイド 3連複 馬連
タグ: 未設定
(この記事は2016/01/31 09:24まで500円で販売していました。)
スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ