競馬予想家・夏目耕四郎の「ワンコイン『ラップタイム重賞予想』」
競馬予想家・夏目耕四郎の「ワンコイン『ラップタイム重賞予想』」
アフィリエイトOK
お礼1

発行者:夏目耕四郎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬

公開開始日:2014/07/26
最終更新日:2016/12/04 01:06


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
夏目耕四郎
夏目耕四郎
競馬ライター兼コメンテーターの夏目耕四郎です。

ラップタイム分析をメインに、競馬の観戦ポイント、予想を通じて、ファンの皆さんと一緒に競馬を楽しんでいきます。


【主な出演・執筆】
フジテレビONE「競馬予想TV!」
 レギュラー予想家

サンケイスポーツ関西版
 日曜コラム「ラップで勝て!」

コンビニプリント e-shinbun
 ひと目で分かる競馬ラップ分析
 「夏目スコープ」

・他著書多数


【無料メルマガ】
夏目メルマガ「競馬学のススメ」
 週末へ向けてのレース展望・傾向と対策


【有料メルマガ】
夏目メルマガ「プレミアム」(購読者数限定)
 週末の予想解説・印・買い目+
 「夏目スコープ」1カ月無料購読権

夏目メルマガ「ゴールド」
 週末の予想解説・印・買い目


【ブログ】
夏目耕四郎BLOG「ラップ分析で楽しむ、競馬学のススメ」


【Facebook】
夏目耕四郎と競馬の話なう



?content_type=profile&content_id=375&typ
No.184【日経新春杯】夏目耕四郎の「ワンコイン・ラップタイム重賞予想」16年1月17日(日)京都11R
2016/01/17 07:41:14
カテゴリー: 中央競馬・ワンコイン重賞予想
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎の「ワンコイン・ラップタイム重賞予想」

16年1月17日(日)京都11R「日経新春杯」です。


いつもご購読いただきありがとうございます。


※当記事は馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


【京都11R】日経新春杯 G2(芝2400m外)
仮柵:Aコース3週目(野芝約6ー8cm、洋芝約10ー14cm)


印   馬名        騎 厩 速力順位
◯01 レーヴミストラル  S C 4
 02 コスモロビン    D E 11
▲03 アドマイヤフライト S F 12
△04 シャドウダンサー  B S 7
 05 ダービーフィズ   A C 3
△06 プロモントーリオ  S B 5
◎07 シュヴァルグラン  S S 2
 08 ダコール      B B 6
 09 ベルーフ      E B 9
△10 サトノノブレス   A B 1
 11 メイショウウズシオ B D 10
 12 メイショウカンパク C C 8


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で



[日経新春杯 レースLAP傾向]京都芝2400m外

平均勝ちタイム 2.24.48
レース1F平均 12.04(追走区間1F平均 12.11)


前半35.05ー中盤74.48ー上がり34.95(前後半差:0.22秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

―――〓〓〓〓〓〓〓 12.67 ―――――――――― 2400m
            ↓
―――――――――― 11.08 〓〓〓〓〓〓〓〓〓― 2200m
            ↓
―――――――――― 11.30 〓〓〓〓〓〓〓――― 2000m
            ↓
――――――〓〓〓〓 12.37 ―――――――――― 1800m
            ↓
―――――〓〓〓〓〓 12.45 ―――――――――― 1600m
            ↓
―――――〓〓〓〓〓 12.48 ―――――――――― 1400m
            ↓
―――――〓〓〓〓〓 12.48 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――〓〓〓〓〓〓〓 12.67 ―――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――― 12.03 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.65 〓〓〓―――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.55 〓〓〓〓――――――  400m
            ↓
―――――――――― 11.75 〓〓――――――――  200m



※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃1ー先5ー差11ー追1《スローからのロングスパート上がり勝負》

   1着:逃1ー先1ー差4ー追0
   2着:逃0ー先2ー差4ー追0
   3着:逃0ー先2ー差3ー追1



上記レースラップ傾向にもある通り、このレースは「スローからのロングスパート上がり勝負」。
京都実績がある馬の巻き返しや、過去すでにこのレースで好走した実績のある馬が再度好走するというパターンがよく見られるのも、このコース独特のラップ傾向があるからなんですね。

昨年もその前年に2、3、4着だった馬が、そのまま再度3、2、4着とほぼ同じ結果に。
近走の成績で人気を落としていたフーラブライド、アドマイヤフライトが馬券になり20万馬券の波乱になりましたが、シンプルに考えればこのレースの傾向をなぞっただけという分かりやすい結果でした。

今年の出走馬で、すでにこのレースの実績がある馬は、▲アドマイヤフライト(14年2着、15年3着)と△サトノノブレス(14年1着)。
しかしこの2頭は、アドマイヤフライト(56kgで据え置き)、サトノノブレス(55→58→58kg)と過去の出走時からハンデの軽減がない状況です。

ならば若い馬や軽ハンデの馬に勝つチャンスありということで、京都実績やロングスパート上がりに強いタイプを◎◯で狙いたいと思います。



◎シュヴァルグラン
昨年秋に500万下を勝ち上がってから3連勝でオープンへ。
古馬重賞初挑戦で1番人気と、過剰人気も甚だしいのですが、3連勝全てが2400mで京都での勝利を含むすべてが完勝と、ハンデ重賞というこの条件ならいきなり勝ってしまう可能性は十分という状況です。

2歳暮れの時点で、2000mでもまだ距離が短いという内容で惜敗を続けていたように、ようやくこの馬に適した舞台を走れるところまで出世してきたといったところでしょう。
無理に菊花賞を目指して使わなかったというのも、成長を促す意味では良かったのでしょう。
まぁ、この馬が昨年の菊花賞に出ていたら果たしてキタサンブラック、リアルスティールで決着したかどうかは微妙ですけどね(ちょっと見てみたかったですね)。



◯レーヴミストラル
同じ明け4歳馬ですがこちらはすでに3歳重賞勝ちと古馬重賞3着の実績があるので、ハンデは56kgです。
戦績を見れば明らかですが、この馬は長距離向きのロングスパート屋さん。
京都は未勝利時代に1800mと2000mを走っていますが、外回りの2400mという条件はドンピシャでしょう。

名伯楽マツパクさんもいよいよ定年解散まで残り6週。
主戦の川田騎手で毎週のように重賞を使ってきていますが、チャンスがあるところで確実に勝っておきたいでしょうね。
今回はそのチャンスだと思いますが…。



==========

[推奨買い目と参考資金配分]


【馬連】《2点》
◎7 ー ◯1(35%)
◎7 ー ▲3(15%)


【3連複】
1頭軸流し《10点》
◎7(軸)ー ◯1,▲3,△4,6,10(40%)


【3連単】
1着1頭軸流し《2点》
◎7(軸)→ ◯1,▲3(10%)



  • 01/17(日)
    京都11R
    第63回 日経新春杯(GII)
    予想内容を表示
    的中
  • 3連複 3連単 馬連
3連複 3連単 馬連
タグ: 未設定
(この記事は2016/01/31 09:25まで500円で販売していました。)
スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ