競馬予想家・夏目耕四郎の「ワンコイン『ラップタイム重賞予想』」
競馬予想家・夏目耕四郎の「ワンコイン『ラップタイム重賞予想』」
アフィリエイトOK
お礼1

発行者:夏目耕四郎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬

公開開始日:2014/07/26
最終更新日:2016/12/10 14:13


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
夏目耕四郎
夏目耕四郎
競馬ライター兼コメンテーターの夏目耕四郎です。

ラップタイム分析をメインに、競馬の観戦ポイント、予想を通じて、ファンの皆さんと一緒に競馬を楽しんでいきます。


【主な出演・執筆】
フジテレビONE「競馬予想TV!」
 レギュラー予想家

サンケイスポーツ関西版
 日曜コラム「ラップで勝て!」

コンビニプリント e-shinbun
 ひと目で分かる競馬ラップ分析
 「夏目スコープ」

・他著書多数


【無料メルマガ】
夏目メルマガ「競馬学のススメ」
 週末へ向けてのレース展望・傾向と対策


【有料メルマガ】
夏目メルマガ「プレミアム」(購読者数限定)
 週末の予想解説・印・買い目+
 「夏目スコープ」1カ月無料購読権

夏目メルマガ「ゴールド」
 週末の予想解説・印・買い目


【ブログ】
夏目耕四郎BLOG「ラップ分析で楽しむ、競馬学のススメ」


【Facebook】
夏目耕四郎と競馬の話なう



?content_type=profile&content_id=375&typ
No.179【京都金杯】夏目耕四郎の「ワンコイン・ラップタイム重賞予想」16年1月5日(火)京都11R
2016/01/05 04:11:18
カテゴリー: 中央競馬・ワンコイン重賞予想
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎の「ワンコイン・ラップタイム重賞予想」

16年1月5日(火)京都11R「京都金杯」です。


いつもご購読いただきありがとうございます。


※当記事は馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


【京都11R】京都金杯 G3(芝1600m外)
仮柵:Aコース1週目(野芝約6ー8cm、洋芝約10ー14cm)


印   馬名        騎 厩 速力順位
 01 ニンジャ      E D 14
 02 バッドボーイ    C B 12
 03 シベリアンスパーブ B B 7
△04 ケイティープライド B C 10
 05 メイショウマンボ  C E 15
 06 ミッキーラブソング B B 9
◎07 ウインプリメーラ  S A 2
 08 エイシンブルズアイ C B 8
◯09 オメガヴェンデッタ S B 4
 10 マジェスティハーツ E C 13
△11 ダイワマッジョーレ C B 5
△12 エキストラエンド  B S 1
△13 マーティンボロ   C S 3
 14 テイエムタイホー  A E 11
★15 タガノエスプレッソ C C 16
▲16 トーセンスターダム A B 6
 17 ドリームバスケット C D 17


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で



[京都金杯 レースLAP傾向]
平均勝ちタイム 1.33.36
レース1F平均 11.67(追走区間1F平均 11.55)


前半34.91ー中盤23.64ー上がり34.81(前後半差:0.56秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

―――〓〓〓〓〓〓〓 12.36 ―――――――――― 1600m
            ↓
―――――――――― 11.03 〓〓〓〓〓〓〓――― 1400m
            ↓
―――――――――― 11.52 〓〓―――――――― 1200m
            ↓
――――――〓〓〓〓 12.05 ―――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――― 11.59 〓―――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.48 〓〓――――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.35 〓〓〓―――――――  400m
            ↓
―――――――〓〓〓 11.98 ――――――――――  200m



※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃5ー先8ー差8ー追9《展開・脚質有利不利なし》

   1着:逃4ー先2ー差3ー追1
   2着:逃0ー先3ー差2ー追5
   3着:逃1ー先3ー差3ー追3



さて2016年の中央競馬が開幕します。
みなさん想いは同じでしょうけど、金杯をきっちり的中して気持ちのよいスタートを切りたいと思います。

昨年の結果も露骨なイン有利(1−3着が1枠と2枠で独占)な結果になり、さすがもうみなさんもご存知でしょうけど、前年秋がCコース→京都金杯がAコースという仮柵移動になった2010年から、とにかく内枠(ひと桁馬番)の馬ばかりが上位に来る偏ったレースとなってしまいました。
(そもそも競馬は一部の特殊コースを除いて内枠有利が基本ですけどね)
今年も仮柵がC→Aと移動しての開幕週で、内枠有利は続くものと考えられます。

京都競馬場は昨年末からかれこれ2週間近くまともに雨が降っていないので、散水による馬場管理がなされているとはいえ、かなり乾いた馬場でスタートすると思います。
昨年の決着タイムが1.32.8、一昨年が1.32.5。
今年もまず1分32秒台の決着だと想定すると、やはり外を通っての差しは届いて3着争いまで、というレースになりそうです。



◎ウインプリメーラ
1200mタイプのニンジャ、エイシンブルズアイ、そして1400mタイプのテイエムタイホーと、マイルより短い距離に適性のある逃げ先行型の馬が揃ったので、今年はスローでの前残りという形は考えにくいレース。
しかし馬場は前有利、イン有利だと想定されるので、狙い目になるのはインの2番手グループで脚を温存できるタイプということになります。

となると、枠順から見てもインの2番手グループにいる可能性が最も高いこの馬を狙うという、面白くともなんともない普通の予想ですが…。

この馬の特性としては、まず京都の外回り1800m、1600mを過去7回走ってそのうち5回が3着以内と得意にしています。
また京都芝1600m外での持ち時計も1.32.0で、高速決着への対応力も十分。

母系がダート色の強い配合なのでパワーもあるとは思うのですが、実際に勝ち切っているのは坂がある阪神より平坦の京都の方が多い馬。
おそらくパワーと言っても、坂を上るようなパワーではなく、アメリカのダートのような厳しいラップの脱落戦をなだれ込むようなパワーなのだと思います。
「ガソリンが切れてからも惰性で多少ならまだエンジンを回せる」と表現すれば伝わるでしょうか…。



◯オメガヴェンデッタ
穴馬はこれだ、と楽しみにしていたのですが、前売りオッズでは普通に人気になっていますね。
最近のオッズのシビアさには正直困っています。

この馬は1600mというより、1200m、1400mでオープンまで出世してきた馬ですが、前走(スワンS)の内容を見ると、本来の適性はマイルか1800mあたりにあるのでは?とみています。
というのも、前走は1400mという距離ながらかなり遅いペースで、マイル以上の距離で切れる脚が使える馬が上位に走ったレースでした。
1着アルビアーノ、2着フィエロともにスローの1600m以上の重賞を連対している馬ですね。
逆に1400mタイプの馬が4−8着(着差は0.4秒差以内で僅か)と、微妙に足りずに負けたのは「距離は1400mだったが流れが1600m寄り過ぎて切れ負けした」レースだったからです。

そんなレースで追い込んで3着したこの馬は、さすがにG1連対歴のあった(前走の)上位2頭には及びませんが、今回のハンデG3というメンバーなら勝ち負けに持ち込めると思います。
本来は先行するスピードのあるタイプなので、前で引っ張る馬がいるというメンバー構成もプラスになることでしょう。



▲トーセンスターダム
3番手評価という印ですが、まぁ届かないだろうという消極的な印です。

これまでの実績が示す通り、今回のコースのようなワンターン(コーナーが1つだけ)のコースは得意です。
ただ助走距離の区間で脚をタメたいタイプでもあるので、距離は1800mの方が良いはずです。
マイルだと前走のように切れる脚のある馬に追いつかれてしまうので、先行しすぎてもレースとしては難しい。

そうなると必然的に少し下げてタメていくしかないと思うのですが、そうなると今度はイン有利の馬場を外から差すという矛盾が生じてしまうため、どう乗っても今回は勝つというところまでは無いように思います。
ユタカさんは、どう乗るんでしょうかね。



人気のないところでは★タガノエスプレッソに注目しています。
皐月賞以降のクラシック戦線は明らかに距離が長すぎて、位置取りを下げて競馬をしてみたり色々工夫していましたが、結果は全然ダメ。
1800m以下では大崩れがなく、このコースでの重賞勝ちもあり、クラリティスカイとも0.3秒差くらいで走っていた馬ですから今回のマイル替わりは要注目でしょう。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]


【馬連】《1点》
◎7 ー ◯9(10%)


【ワイド】《3点》
◎7 ー ◯9(26%)
◎7 ー ★15(8%)
◯9 ー ★15(8%)


【3連複】
フォーメーション《16点》
◎7,◯9 ー ◯9,▲16 ー ▲16,★15,△4,11,12,13(48%)


  • 01/05(火)
    京都11R
    第54回 スポーツニッポン賞 京都金杯(GIII)
    予想内容を表示
    的中
  • ワイド 3連複 馬連
ワイド 3連複 馬連
タグ: 未設定
(この記事は2016/01/31 09:26まで500円で販売していました。)
スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ