簡単両建て爆益手法■日経ハイパーオプションハンター■勝ち組投資家もご愛用
簡単両建て爆益手法■日経ハイパーオプションハンター■勝ち組投資家もご愛用
アフィリエイトOK

簡単両建て爆益手法■日経ハイパーオプションハンター■勝ち組投資家もご愛用

月見☆FX・先物OP・不動産・債券
ギャンブル  投資    お金  FX    オリジナル  先物  MT4  為替  トレーダー  日経  外為  ブログ  株式  ドル円  ユーロ円  ポンド円  サイト  amazon  YouTube  デイトレード  勝てる  日経先物  手法  MT4  プログラム  スキャルピング  システム  インジケーター  チャート  ボリンジャーバンド  システムトレード  順張り  逆張り  日銀会合  急騰  急落  暴落  FOMC  売買手法  両建て  Twitter  Facebook  Google  GDP  出来高  移動平均線  MACD  ストキャスティクス  投資手法  目からウロコ  アプリ  ソフト  ツール  まとめ  検証  専業  投資家 
42,984円(税込)購入する
お礼1
  • ジャンルツール・アプリケーション
  • ファイル形式txt
  • サイズ1,594Byte
  • 販売開始2016/04/14
  • 商品ID000820
オプション
アフィリエイトする
デビット型クレジットカードについて
デビット型クレジットカードについて
デビット型クレジットカードにてレジまぐの商品をご購入される場合、通常のクレジットカード
と異なり、月額の商品は通常の料金とは別にプラス1ヶ月分の引き落としが行われ、
数日後に返金されます。また単発課金の商品は、商品の倍額が引き落とされ、数日後に商品の
代金1つ分が返金されます。
こちらはクレジットカード側の仕様になります。
※初月無料の商品の場合も引き落としがあり、返金は数ヵ月後になります。


実際に金額を引き出し、改めて返金することによって、支払いが正常に行なわれるか
を確認する信用の調査になりますのでご了承ください。

そのため、デビット型クレジットカードでレジまぐの商品をご購入の際は、予め商品の料金の
倍額の料金を口座にご用意の上、お申し込みいただく必要があります。
口座の残高が商品の料金の倍額の料金に満たない場合、決済が行われず、商品が
購入できませんのでご注意下さい。

いよいよ本番「Sell in May」到来
この機会を最大限生かすために手法の準備を!


第一弾■限定各10■売り切り完売御礼!
第二弾■限定各10■も残り僅か!


今回はタイトル通り「超簡単プログラム要らず」の日経平均オプション手法を【特別公開】します。
※日経平均オプション専用
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
・利用環境条件は、日経平均オプションのリアルタイムチャート&出来高が見れることだけです。
マーケットスピード、ハイパーSBI、ネットストックハイスピード、カブマシーン等ツールは一切問いません。
※日経平均オプションは日経先物OP口座があれば即取引可能です。
・資金は最低80,000円以上あればOKです。

今回ご紹介する手法は、私が日経先物・オプション売買を始めてから約12年間ずっと使用しているもので一番利益率が大きく、私が主宰している投資研究倶楽部「雪だるま」の会員23名のみ限定で販売していた■特別手法公開シリーズの第四弾■日経ハイパーオプションハンターとして紹介していたものです。

日経平均オプションは理論や仕組みは難しいのですが、利用の仕方はいたって簡単。
基本的には、相場が上昇すると思えばコール買いorプット売り、相場が下落すると思えばプット買いorコール売り。

しかし、今回の手法は相場の上下を一切予想しません。
相場の「上下」ではなく、相場が「大きく動くか」「これ以上小さく動くか」に着目、つまり■ボラティリティ■狙いです。

この手法の一番の仕込み時は日経先物が低ボラティリティーでBOXを形成し長い時間もち合ってるとき。

通常、株式や先物やFXに投資してる人であれば「動かなくて暇」「これじゃあ儲けるチャンスすらない」と思ってるとき、実はこの手法では低リスク&高勝率を達成するための■最大の仕込みチャンス■なのです!

相場の特性として、「BOX圏内でもち合いの時間が長いほどエネルギーが溜まっていく」ので、上下どちらかに突き抜けたときに大きくトレンドができますが、相場が動いてからでは当然オプション価格が高くなるので利益率が低下し、その分損失リスクも増えてしまいます。

しかし、こういう低ボラティリティーのときに上下二者択一で博打をしてるようでは半人前、先物しかない昔ならいざしらず、今の時代そんな余計なリスクを取る必要はありません。

低ボラティリティーであればそれ以上値動きが小さくなるリスクはほぼありませんので、BOX突き抜けが「上下どちらか」を考えるのではなく、「どちらでも良い」から大きく動くことを狙う方が二者択一で上下を選択するより遥かにリスクが無いと思いませんか?

そこで■特別手法公開第四弾■日経ハイパーオプションハンター■の出番

相場の上下を考えて仕掛けるのは■かなりストレスが溜まり、リスクが高い■ですが、一旦仕掛けた後は■どちらでも良いから大きく動くこと待つ■だけなので■かなり気が楽■です。

バーチャルほどとは言いませんが、自分の大事なお金で実際に投資してるにしては考えられないほど気楽になり、翌日翌週に持ち越したとしても夜中や週末に大地震や何か大きな変動リスクが起こらないか心配になることも一切ありません。

なぜなら、大きく動くのであれば■上下どちらでもOK■で、大きく動くほど大きな利益になるからです!

投資をしててこの■気持ちの余裕■というアドバンテージがいかに大きいか、ご存知の方も多いはず。

ただ、この手法にもリスクは存在します。
それは相場のボラティリティーが「今以上に小さくなる」ことでオプション価格が安くなることです。
しかし、相場でボラティリティーといえば一般的に■ボラティリティーの大きさ■を指しますので、ボラティリティーが「今以上に小さくなる」ことをリスクというのは適切ではありません。
どちらかというと、上下いづれかのポジションで■逆方向に大きく動く■方が大きなリスクではないでしょうか?

■日経ハイパーオプションハンター■はリスクを抑えるために大勢の投資家が暇を持て余してる低ボラティリティーになるまでジックリ待ってリスクが少なく なってから坦々と仕掛けはじめ、大勢の投資家が損した得したと悲喜交々になる一気に大きく動いたときに■確実に利益を捥ぎ取る■手法です。

低リスク&高勝率&安全性大の合成ポジションの中でも一番簡単な手法なので、少しでも安定的に相場を続けて行きたい方には最適かと思います。
殆どの場合、仕掛けのチャンスが出現したら日経先物で50~100円以上は動くので多くの場合利益率10%以上になります。

相場は大きく動く前に必ずそのためのエネルギーを溜めるためBOX相場を形成するので、そこに相場の上下ではなく、ボラティリティの高低というオプション特有の視点を組み合わせたのが本商品です。

●商品内容●
・仕掛け条件(どこまでボラティリティが低くなったら仕掛けるか)
・建玉方法(どこの権利行使価格をいくらで売買するか、コールとプットの割り合いはどうするか)
・利食い決済条件(何を見て、どうなったら利食いすればいいか)
・ロスカット条件(余計な損失を抑え資金を守るため)
・注意事項(手法実行にあたってのオプション特有のリスクに関すること)
以上をお知らせ致します。

ご不明な点はご説明させていただきますのでお気軽にご連絡ください。
なお本品はインジケータではありませんのでご注意ください。

いよいよ本番「Sell in May」到来

この機会を最大限生かすために手法の準備を!
レジまぐストア
ページの先頭へ