【1/31販売終了決定】馬券職人川本匡の令和で使いたい昭和馬券法①
アフィリエイトOK

【1/31販売終了決定】馬券職人川本匡の令和で使いたい昭和馬券法①

川本匡
販売終了
この商品は販売終了しているため、購入できません。
いいね3
  • ジャンル電子書籍・ドキュメント
  • ファイル形式pdf
  • サイズ6,010,575Byte
  • 販売開始2019/04/30
  • 商品ID004117
馬券職人川本匡の令和で使いたい昭和馬券法①は、予定数量に達したため
1月31日をもって販売終了させていただきます。
なお、再販の予定はありません。


【1月の的中馬券】
2日 川崎1R ワイド5-7 130円
3日 川崎1R ワイド2-5 110円
5日 中山7R 枠連1-4 410円
6日 中山2R 枠連1-7 2390円
6日 中山6R 枠連1-4 360円
7日 京都3R 枠連2-4 390円
7日 京都10R 枠連2-8 2280円
8日 船橋10R ワイド6-7 160円
9日 船橋8R ワイド6-8 140円
11日 船橋2R ワイド5-6 150円
11日 中山1R 枠連2-8 1420円
11日 京都9R 枠連3-8 910円
11日 京都12R 枠連3-5 290円
12日 中山5R 枠連4-5 300円
13日 中山1R 枠連2-8 1420円
13日 中山6R 枠連3-5 1720円
13日 中山9R 枠連4-5 2360円
13日 京都12R 枠連5-6 380円
15日 浦和11R ワイド2-3 150円
16日 浦和1R ワイド5-6 190円
17日 浦和1R ワイド2-7 160円
18日 中山2R 枠連3-5 220円
18日 京都2R 枠連3-5 150円
18日 小倉1R 枠連2-8 150円
19日 小倉3R 枠連2-8 500円
19日 小倉4R 枠連2-3 2940円
19日 小倉5R 枠連2-8 640円
20日 大井3R 枠連7-8 150円
24日 大井2R 枠連3-6 230円
25日 中山1R 枠連3-7 200円
25日 小倉1R 枠連4-7 310円
25日 小倉4R 枠連1-5 320円
25日 小倉5R 枠連1-8 880円
26日 中山10R 枠連2-5 1440円
26日 京都2R 枠連7-8 230円
26日 京都3R 枠連6-7 200円
26日 京都5R 枠連2-7 11570円
26日 小倉10R 枠連1-6 870円
26日 小倉11R 枠連1-2 800円

※ワイドはすべて1点買い、枠連はレースによって異なります。
※枠連は購入点数が裁量によって異なるため、軸枠が的中のレースはすべて的中として掲載しています。
-----------------------------------
川本です。



川本が初めて競馬場に行ったのは1983年。

昭和58年のこと。



当時の馬券種は単勝複勝枠連しかなく、

地方競馬場は今よりも多い時代でした。



競馬を始めた理由は、ただの興味本位だったのですが

翌59年にシンボリルドルフが皐月賞、ダービー、菊花賞を制し、

競馬の魅力に取りつかれてしまいました。



なぁんて自伝を聞きたい人は、おそらく競馬ファンの中にはほとんどいないと思います。

なんせ商品名が昭和の馬券法ですからね。



シンボリルドルフが・・・



よそで書けよそで!!



と突っ込まれそうなので本題に入ります。



昭和の競馬は枠連が主体、



それに対して平成は馬連から始まり

馬単、ワイド、三連複、三連単、Win5。

次々と新馬券種が登場しました。



勝つためにはどの馬券がいいか。

よりよい利益を得るにはどういう買い方をすればいいのか。

昭和のころには万馬券を当てた!というだけで自慢できたわけですが、

平成になってからは万馬券は全く珍しくなくなってしまいました。

三連単6頭ボックス120点購入で105倍の万馬券を的中してトリガミ。

昭和では考えられない買い方ですね。



でも・・・

今もまだ枠連は存在します。

単勝も複勝も存在します。



売上は減ったのに、なぜその馬券種を残しているのか。



そこに着目しないと競馬で勝つことはできません。



馬券職人川本匡の令和で使いたい昭和馬券法では、

昭和のころから使っている当たり前の馬券作戦をここに披露します。



昔っからの競馬ファンから見たら

ひょっとしたら

「何当たり前の方法書いてるんだよ」

「誰でも知ってるよ。そんな方法」

と呆れるかもしれません。



しかし・・・誰でも知ってると思った古臭い方法。

実は馬連世代、三連複三連単世代は知らないようです。



この前も30代の男性3人と競馬に行ったのですが、

川本の古臭いある買い方を

「斬新だ」

と驚いていました。



もう一度書きます。

古臭い買い方を斬新・・・。



マジですか???



川本も今年56歳。

医者からは

「このペースでお酒飲み続けると長生きできないよ」

と脅され続けています。



死ぬのは怖くないけど、馬券を買えなくなるのは嫌だ(苦笑)。



そして古臭い方法でも使える方法は、世に残しておきたい。



川本の遺書・・・ってほどカッコいいものではありませんが、

川本が昭和から使い続け、そして今でも使える馬券法をご紹介します。 


************************************ 

馬券職人川本匡の令和で使いたい昭和馬券法①

★昭和から使え、令和でも実践可能な馬券法が2つ掲載されています

★1つはJRA専用。枠連勝負の馬券術
・対象レースは1日2-6レース程度
・購入点数は2~6点程度
・的中率30%回収率120%程度

★もう1つは地方競馬専用。ワイドの馬券術
・対象レースは1競馬場につき1レース
・購入点数は1点
・的中率は50%回収率130%程度

※的中率回収率は昭和から平成と川本匡が実践したおおよその数値です。



************************************

作者profile
川本匡
川崎市在住。
これまで競馬新聞記者やラジオの競馬実況スタッフ、
スポーツ誌、書籍での競馬ライターや牧場勤務など
競馬にかかわる多種多彩な仕事を経験。
今も競馬業界に足を踏み入れながら、
レジまぐやインフォトップなどで競馬予想や馬券マニュアル、
コラムや法則などを発表する馬券職人。
独身。
酒と女と馬には目がない55歳。



レジまぐストア
TOP