別居のススメ
別居のススメ

発行者:朱乃
価格:324円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2011/04/29
最終更新日:2011/04/21 16:07

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
324円(税込)購入する
別居のススメ 第1章 ★なぜ別居をしたいと思った
わたしがなぜ別居をしたいと思ったのか?
夫からの言葉の暴力=モラルハラスメントに苦しめられていました
最初はモラルハラスメントに気づきませんでした
モラルハラスメントという言葉も知りませんでした
「彼ってこんな性格の人なんだ」とか「言葉遣いの悪い人だなあ」くらいにしか思っていませんでした
しかし「なんだかおかしい…..」と思い始め調べていくとモラルハラスメントに行き着いたのでした
今まで言われ続けていた言葉の数々がモラルハラスメントであったと知りモヤモヤとした気持ちがスッキリしました
また脱出しない限りこの地獄のような苦しみからは逃れられないと気づきました

一番の別居の理由は浮気です
彼は結婚してから何度も浮気をしていました
なぜ浮気がわかったのかと言うと夫から浮気報告があったからです

「浮気報告!?」 なんと夫が妻に自分の浮気を伝えるのです
自分の浮気は99.9%どの男性も隠します
なぜなら別れの原因になりますし相手の女性とも修羅場になりかねません
大抵の浮気している男性は自分が浮気している時(進行形)家庭をいつもより大切にします
いつもはしないごみ出しをしたり、妻のご機嫌をとるようです
しかしこの浮気夫は逆で妻をいつもより言葉でなじるのです
「くそばばあ」
「ダボハゼ」
「お前みたいなアホはなんにも知らないのか」
次から次に出てくる汚い言葉に見下した言動
妻の笑い声さえも「うるさい!」とどなりちらす
妻が笑うことさえ許せないのでしょう
わたしは夫が家にいるときは蝋人形のように黙っているようになりました

夫は浮気して帰宅するとなんと浮気報告
不倫相手とのエッチの感想まで言っていました
また不倫相手とわたしとのカラダの比較もされていました


4
前へ 次へ 1 ... 2 3 4 5 6 ... 25
ページへ 
ページの先頭へ