勝ち組になる為に‼
勝ち組になる為に‼
成人向
発行者:プロ馬券師w
価格:10,584円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:負けない馬券

公開開始日:2016/05/17
最終更新日:2016/05/17 22:40

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
10,584円(税込)購入する
勝ち組になる為に‼ 第1章 勝ち組になる為に‼
ギャンブル一筋40年


まあ競馬をやる上において馬柱(出走表)を用意できない方はいないと思いますので、

これだけはしっかりと手元にご用意くださいね!用意するのはそれだけ。


どういう事かというとですね、
オッズもそのほかの理論を使わないとなれば、


使うのは「データ」です。

データと、「マーク」です。


マーク?聞いて、正直はてなマークだとは思いますが、
これは追い追い説明しますのでご安心ください。


とにかく、まずはデータを使います。


ではここから説明に入らせて頂きますので、心して読むようにしてください。


=============================================


まずですね、この方程式を使う場合の条件から整理します。

この連目と一つ飛ばしの法則を使う場合、まずは芝ダ問いません。距離も関係ありません。
基本的にはどのレースでも連目と一つ飛ばしを意識するようにしてください。

ですが、小頭数のレースは避けてください。

もちろん小頭数のレースでも法則で決まる可能性は高いのですが、
配当妙味が低い場合が高いので、これはなるべく避けるように。

これはレースを絞るという意味合いもあり、なるべく14頭以上のレースで賭けるようにしてください。


で、オッズは関係ないと言いましたが、


基本的に2倍を切るようなぐりぐりの本命馬がいるレースは避け、単勝オッズが5頭以上いるレースを選択しましょう。


これはカタイレースに突っ込むのを避ける意味合いがあり、

そもそもこの理論はいい配当をとる為の商材ですから、グリグリの本命馬がいるレースは避けてください。


ただ、グリグリの本命馬がいたとしても後ほど説明する方法により法則で決まりやすいですから、

グリグリの本命馬がいたとしても大丈夫!!という方がいらっしゃいましたら、

それでも全然大丈夫ですので賭けてください。


そして、ここからが大事です!


単勝オッズ10倍を切っている馬が、「1枠~5枠に集中している場合」、これを狙いうちしてください。


これがメッチャ大事です。

いいですか、皆さん。もう一度言いますね?超大事なので。


「単勝オッズ10倍を切っている馬が、1枠~5枠に集中している場合」です。


でもどの位に集中していればいいの?という疑問が浮かぶと思います。

例えば10倍を切っている馬が6頭いたとしますね?


そのうちの5頭が1枠~5枠に集中していて、残りの1頭がそれ以外の枠だとか、

6頭中、4頭が1枠~5枠に集中していて、残りの2頭がそれ以外の枠に入っているだとか、そういう場合です。


とにかく、単勝オッズ10倍を切っている馬が1枠~5枠以内に集中しているレースを選ぶこと。


そして最後に、1枠から5枠に入っている単勝オッズ10倍を切っている馬の中で、

近走「逃げたことがある馬」がいるレースを選択すること。


いいでしょうか、もう一度いいますね!


1枠から5枠に入っている単勝オッズ10倍を切っている馬の中で、

近走逃げたことがある馬がいるレースです!


以上が、この「法則で賭ける条件」です。


さすがにここで躓く方はいないかとは思いますが、下記にて整理しておきますね。



(法則で賭けるレース基本条件)


① 芝ダ問いません。どちらでも大丈夫です。距離も関係ありません。

                 ↓

② 10頭以下のような、小頭数のレースは賭けないようにしてください。

                 ↓

③ 2倍を切るような、グリグリの本命馬がいる場合はなるべく避け、単勝オッズが10倍を切っている馬が5頭以上いるかどうかを確認。

(ただし、本命の軸で決まったとしても良い場合はこの条件は省いて賭けてOK)

                 ↓

④ 単勝オッズ10倍を切っている馬が1枠~5枠に集中しているレースを選択すること。(オッズは締め切り5分前のものを使用)

                 ↓

⑤ 1枠~5枠以内に入っている単勝オッズ10倍を切っている馬の中で、近走逃げたことがある馬がいるかどうかを確認。

逃げたことのある馬がいればレース選定決定です。そのレースに方程式を使って投資するようにしてください。


大した条件ではありませんが、以上5の条件をクリアすると、かなりの確率で連目、一つ飛ばしの馬番で決まります。

必ず守るようにしてください。


==============================================


(連目・一つ飛ばしの基本的な考えと賭け方)


それではここから重要なお話しとなりますので、集中して読む進めてください。

冒頭でも説明させて頂きましたが、


「マーク」について説明させて頂きます。

「マーク」ってなに?!と思った方が殆どだとは思いますが、

マークはマークです。それ以外何ものでもありません。


サッカーやバスケをやったことがある方はお分かりになるかもしれませんが、

相手に上手い人がいたとしますね?


監督から、「あいつにマークをつけ!」と指示された経験ないでしょうか?

まあ、あるないは別にして、競馬でもそういうことが普通にあるんです。



競馬の騎手で、マーク屋がいることに。


その名の通り、マーク屋とは「とある特定の馬をマークして、少しでも上位に来ようとする」騎手のことを言います。
つまり、この商材の場合のマーク屋とは、上位人気馬をマークして上位に来る騎手のことですね。

で、、、ここから非常に重要な話です。


連目、一つ飛ばしの馬番で決まる場合、非常に高い確率で、「特定の騎手」が絡むことが多いんです。

つまりマーク屋の騎手です。


つまり、(方程式で賭けるレース基本条件)に載せた条件にレースが合致していて法則で決まりそうな場合、

そのレースで特定の騎手がいたらさらに熱いぞ!という意味です。


で、その特定の騎手って誰なんだ?!って話になりますよね。
今からその特定の騎手を挙げていきますので、必ずメモをとるようにしてください。


(マーク屋である騎手一覧)


池添騎手→マーク屋の第一人者です。ほかの騎手から冗談で笑いものになるくらいのマーク屋。

天皇賞春2016年を思い出してください、番手につけ、鞍上武豊のキタサンブラックを完全にマーク。

結果、1-3という法則で決まり。これを覚えていたらあっさりと馬券はとれていたはずです。



武豊騎手→この騎手も池添騎手よりも若干劣りますが、マーク屋でもあります。

特にダート戦だとマーク屋に徹することが多い。



横山典騎手→この騎手もマーク屋。どちらかというと芝戦でマークに徹する。



福永騎手→この騎手は一発狙っている時に必ずマークをする。



四位騎手→この騎手もかなりのマーク屋。芝ダ問わない。


ミルコ・デムーロ騎手→この騎手は芝戦になるとロスなく回り、且つ、マークしながらレースを進めるので注意。


以上がマーク屋の騎手です。



とにかく、(方程式で賭けるレース基本条件)に合致しているレースがあった時点で熱いので賭けて欲しいのですが、


そのレースで上記の騎手が連目、一つ飛ばしの馬番にいたらさらに激アツ!!というわけ。



至極簡単に説明させて頂きました。



この方程式、一見馬鹿げたやり方だと思われるでしょうが、

マジで使ってみてください。


ではでは、以上を参考にして賭けてみてくださいね!

1
1 第1章
ページへ 
ページの先頭へ