雲はかせ命の十のしつもん-第1話-
雲はかせ命の十のしつもん-第1話-

発行者:言葉配達人 あき
価格:1,026円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:雲はかせ

公開開始日:2011/01/13
最終更新日:2011/01/11 17:29

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
1,026円(税込)購入する
雲はかせ命の十のしつもん-第1話- 第1章 きみょうなうわさ
 この町に広がるきみょうなうわさ。
 この町には何でも答えてくれる“雲はかせ”っていうやつがいるらしい。

ゆうたは雲はかせのうわさが気になり、まだかたには大きなランドセルを
せおいながら空をみてキョロキョロしています。

この町のうわさでは雲はかせへのしつもんは十こまでと聞いている。
そいつは雲の上に住んでいるらしいんだけれど、

いったいどこにいるのだろう・・・。

ゆうたが歩いていると、空からこっちに向かって何かがとんできます。

ヒュ~ ボワン!

「やっほ~い!わしのなまえは雲はかせじゃ!
 どんなしつもんにでも答えてやるわい」
そう言って雲はかせはゆうたの前にとつぜんあらわれました。

「わぁ!なんでぼくがさがしているって分かったの?」
ゆうたはとつぜんあらわれた雲はかせにビックリして
思わずしりもちをついてしまいました。
 
 そんなゆうたを見て、雲はかせはじまん気に言います。
「わははは!すぐわかるわい!なかのゆうたくん。
この町の小学校にかよう三年生じゃ。
いまもわしをさがして、キョロキョロしておった」

 じまん気にはなす雲はかせにゆうたは目を丸くして言います。
「へぇ・・・やっぱり雲はかせってすごいんだね!」
「そうさっ、わしはこころの声をきくことができるのじゃ」
やっぱりじまん気な雲はかせ。
1
次へ 1 2 3 ... 25 第1章 第2章
ページへ 
ページの先頭へ