ショートホラーストーリー
ショートホラーストーリー
アフィリエイトOK
発行者:眸恒平
価格:864円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ホラー・オカルト

公開開始日:2010/11/30
最終更新日:2010/11/22 10:26

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
864円(税込)購入する
ショートホラーストーリー 第1章 「雨」
今日。

 長い間とりかかっていた企画がやっと一段落したところだった。
 気がつくと、すでに翌日になっていた。
 深夜の2時。
 駐車場の車には、まるで雨が降った後のように、びっしりと夜露がかかっていた。
 ワイパーを何回か作動させ、フロントガラスの視界を確保した。
 よくなった視界に、たったひとつしかない駐車場を照らすライトが目に入った。
 さらに、目に入ってはいけないものまで目の端に入ってしまった。
 女がいた。
 ライトから少し離れたところに、白いコートを着て、立っていた。
 ライトの明るさから逃れて、その顔ははっきりとは見えなかったが、それが彼女だとぼくには判った。
 彼女の目は、真直ぐにこの車に注がれていた。
 もっと詳しく言えば、車の運転席に座っているぼくに、注がれていた。
 彼女――中畑佳子だ。
 つい最近まで付き合っていた。詳しく言うと、一ヶ月前まで。
 いや、婚約までしていた。
 しかし、今そこにいることはあり得ない。
1
次へ 1 2 3 ... 43 第1章 第2章
ページへ 
ページの先頭へ