独学で行書合格シリーズ!民法基礎完成講座Ⅰ
独学で行書合格シリーズ!民法基礎完成講座Ⅰ
アフィリエイトOK
発行者:椎名一成
価格:3,240円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定
シリーズ:独学で行書合格シリーズ

公開開始日:2009/07/07
最終更新日:2009/07/07 17:38

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
3,240円(税込)購入する
独学で行書合格シリーズ!民法基礎完成講座Ⅰ 第1章 1章 行政書士試験の概略
試験運営団体
財団法人 行政書士試験研究センター
http://gyosei-shiken.or.jp/index.html
※内容については必ず主催者発表のものを参照すること。
例年の受験タイムテーブルは以下の通りです。
1 受験申し込み
受付8月初頭から9月初頭まで。
2 試験日
11月の第一日曜日
3 合格発表
翌年1月最終日曜日。
試験内容。
1形式
択一、多選択肢式、40文字程度の記述。
なお記述試験については選択肢試験で一定の得点のあった者のみ採点。
さらに一般科目で一定の得点のない者は法令科目の採点がされない。
2試験科目
①法令科目=46問 244点
憲法、行政法、民法、商法及び基礎法学の中から出題。
法令については、本年4月1日現在施行されている法令に関して出題。
法令
・択一=40問 160点 1問4点
・多肢選択式=3問 24点 1問8点
・記述式=3問 60点 1問20点
②一般科目=14問 56点
政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解
・択一式=14問 56点 1問4点

3 合格基準点
合格基準をクリアすれば「全員合格」する。
次の要件のいずれも満たした者を合格とする。
(1)法令科目の得点が、122点以上である者。
(2)一般科目の得点が、24点以上である者。
(3)試験全体の得点が、180点以上である者。

合格するための条件は。
①アシキリラインである一般科目で6問正解する。
②法令科目で122点以上得点する。
③トータル180点以上の得点をする。

この基準をクリアすれば合格を手にすることができる。


1
次へ 1 2 3 ... 166 第1章 第2章
ページへ 
ページの先頭へ