奪われた従姉の体
奪われた従姉の体
成人向アフィリエイトOK
発行者:Tira
価格:324円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2012/12/07
最終更新日:2012/11/25 15:30

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
324円(税込)購入する
奪われた従姉の体 第1章 憧れの存在
「ただいまっ!」
「お帰り。先にお風呂に入りなさい」
「分かってるよ。今日のご飯は?」
「焼き魚だけど」
「え~、肉が良かったな。育ち盛りの俺には肉が必要なんだ」
「何言ってるの。昨日、焼肉したじゃないの」
「毎日でも構わないのに」
「そんなにお肉ばかりじゃ栄養が偏るじゃないの。それよりも我が家の家計が破綻するわよ」
 何時に無く軽い口調で母親と話し、二階の部屋で汗臭い制服を脱いだ敬雄は「う~ん」と背伸びをした。明日から自分の目標である華奈美と二人きりで練習が出来る。そう思うと、自然に頬が緩んだ。
 頬が緩む理由はそれだけではない。
 実は敬雄、中学三年生の頃から華奈美に対して密かな恋心を抱いていたのだ。次第に女性らしく変化する従姉の体。小学生の頃は二人で風呂に入ったこともあったが、そのスタイルは明らかに違っていた。
 スパイクを打つたびに大きく揺れる胸。時折見える、体操服からこぼれたウェストの細さ。そして、赤い短パンから伸びるほっそりとした長い足。
 自分を置いて大人びてゆく華奈美を、女性として――異性として意識せざるを得なかった。しかし、その気持ちは絶対に華奈美に知られてはならない。
 二人はいつまでも従姉の関係であり、間違っても恋人にはなれない。そして、今の関係を壊したくない。
 それが敬雄の本心だった――。
3
前へ 次へ 1 ... 2 3 4 5 ... 41 第1章 第2章
ページへ 
ページの先頭へ