家の守り神、ヤドゥマーブイヤ
家の守り神、ヤドゥマーブイヤ

発行者:言葉配達人 あき
価格:1,026円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション

公開開始日:2012/07/11
最終更新日:2012/07/02 18:26

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
1,026円(税込)購入する
家の守り神、ヤドゥマーブイヤ 第1章 人間になれる?ヤモリ神社への道
「そうだなぁ…」
リーダーも返事はしますが、真剣には聞いていません。
さっきまでの盛り上がりも、すっかり消え去ってしまいました。
それでも、サブは一人で興奮しながら話してきます。
「しかも、しかもだぞ。その神社にたどり着いたヤモリは今までにたった一匹しかいないんだ。しかも」
「お前はさっきから“しかも”が多いんだよ」
ヤンが言います。
「いいじゃねぇか」
サブはそう返事をすると、目をギョロギョロさせ、そのまま興奮しながら話しを続けます。
「しかも、そのヤモリは直前で人間になるのをやめちまったらしい。何故だか気にならないか?何で人間になるのをやめちまったのか…」
「それもまた分からないんだろ。結局、ただのお前のいつもの噂話じゃねぇか!あぁ~ぁ、真剣に聞いて損したよ」
ヤンは、またいつものようにサブを馬鹿にしたように言います。
すると、サブは予想に反して素直に返事をしました。
「そうだよな。これじゃ、ただの噂だよな…」
「……」
みんなは、サブの予想外の返事に返す言葉がありません。
サブは、そんなみんなの様子には全く気付いていない様子で、一人で考えて込んで何やらぶつぶつと独り言を言い始めました。
「何で人間にならなかったんだ…。俺だったら直ぐにでも人間にさせてくれってたのむのになぁ。何故だ…。ヤモリ神社には何があるんだ…」
サブがぶつぶつと独り言を言っていると、ピピが突然とんでもない案を切り出してきました。
「ヤモじぃに聞いてみようよ!」
ピピがにっこり笑ってそう言うと、
「ヤモじぃ?」
みんなびっくりして、思わず声がそろってしまいました。
「いやいや、ヤモじぃは無理だろ」
ヤンはみんなと顔を合わせると、思わずそう言ってしまいました。
「何で?」
ピピは言います。
8
前へ 次へ 1 ... 6 7 8 9 10 ... 152
ページへ 
ページの先頭へ