家の守り神、ヤドゥマーブイヤ
家の守り神、ヤドゥマーブイヤ

発行者:言葉配達人 あき
価格:1,026円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション

公開開始日:2012/07/11
最終更新日:2012/07/02 18:26

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
1,026円(税込)購入する
家の守り神、ヤドゥマーブイヤ 第1章 人間になれる?ヤモリ神社への道
リーダーはピピを見つめながら、優しく微笑み答えます。
ヤンとサブのケンカの雰囲気も、いつの間にか消えてなくなっていました。
「で、どうやったら人間になれるんだよ?」
ヤンが話を戻し、サブに聞きます。
「向こうの家にいたヤモリたちが話してたんだよ」
「何て?」
タケもサブの話に集中しています。
そして、サブは聞いて来たヤモリ神社の話を話し始めました。
「どうやら、この島にはヤモリ神社っていうのがあるらしいんだ。どこの島にもなくて、この島だけらしい。だから、ヤモリたちはみんなこの島を目指してやって来るんだ。どおりで、ここにも色んなヤモリがいるわけだ」
サブはさらに誇らしげに続けます。
「この島の中央に家守(やしゅ)神社って言う人間の神社があって、ヤモリ神社ってのは、その神社の中のどこかにあるらしいだ。みんなそこを目指している」
「どこかにって、どこにあるんだよ」
ヤンが聞きます。
「そのヤモリ神社って所に行ったら、みんな人間になれるのか?」
リーダーもサブの返事を待たずに聞いてきました。
二人の問いに、サブは声を小さくして自信なさそうに答えます。
「う~ん、どこかは分からないし、本当に人間になれるのかも分からない…」
サブがそう言うと、
「なんだよ!結局、何にも分からないんじゃないか」
サブの返事にヤンはあきれています。
みんなもがっくりと肩を落としてしまいました。
「でもよ、ヤモリ神社ってのは俺たちヤモリだけが行ける神社で、他の生き物は入ることも行くことも出来ない。存在すら知らないやつが多いらしんだ。それだけでもすごいと思わないか?みんなが目指して来るんだぞ。俺たちヤモリだけなんだぞ」
サブは“ヤモリ”を強調してみんなに話します。
7
前へ 次へ 1 ... 5 6 7 8 9 ... 152
ページへ 
ページの先頭へ