家の守り神、ヤドゥマーブイヤ
家の守り神、ヤドゥマーブイヤ

発行者:言葉配達人 あき
価格:1,026円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション

公開開始日:2012/07/11
最終更新日:2012/07/02 18:26

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
1,026円(税込)購入する
家の守り神、ヤドゥマーブイヤ 第1章 人間になれる?ヤモリ神社への道
そんなサブに、タケも嬉しそうに返事をして、また話し始めました。
「うん!人間ってのは本当に、とにかくすごいんだ。何てたって、楽しそうで幸せそうだ!
僕は一度でいいから、あの、ご飯のときにいつも決まって出てくる、白いつやつやしたご飯を食べてみたい…」
タケは、本当に嬉しそうに羨ましそうに言います。
「食べてみればいいじゃねぇか」
ヤンが話の空気を崩すように、横ヤリを入れてきました。
「そういう問題じゃないんだよ。全く。お前の頭にはロマンってもんがないのか」
サブは、いつものようにケンカごしにヤンに言います。
「知らねぇな、そんな言葉」
ヤンはわざとふざけて返事をします。
みんながまたケンカが始まるのかと思っていると、
「僕も食べてみたいな。あの白いつやつやご飯」
ピピがサブとヤンの会話の中に割って入ってきました。
「家族みんなで食べるんだよね」
ピピは、ニコッと笑ってお母さんに言います。
「そうね、みんなで食べているご飯は美味しそうね」
お母さんのパラもピピを見て言います。
「うん!」
ピピはおかあさんに返事をすると、すぐにサブの方に顔を向け直して、改めて聞いてみました。
「ねぇ、サブ兄ちゃん、どうやったら人間になれるの?みんな一緒に人間になれるの?」
「お父さんも聞いてみたいな」
リーダーも言います。
「お父さんも人間になる?」
ピピはお父さんに聞きます。
「そうだな、お母さんもピピも一緒なら、考えてみてもいいかな」
6
前へ 次へ 1 ... 4 5 6 7 8 ... 152
ページへ 
ページの先頭へ