家の守り神、ヤドゥマーブイヤ
家の守り神、ヤドゥマーブイヤ

発行者:言葉配達人 あき
価格:1,026円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション

公開開始日:2012/07/11
最終更新日:2012/07/02 18:26

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
1,026円(税込)購入する
家の守り神、ヤドゥマーブイヤ 第1章 人間になれる?ヤモリ神社への道
ピピの声とほぼ同時にヤンは言います。
「なにぃ!本当か?その噂は本当なのか?な、今の話、リーダーも聞いただろ?」
「うーん」
リーダーはあいまいに返事をします。
「この、地獄耳野郎…」
サブはリーダーの後ろから、ヤンに向かって言います。
「うるせぇ」
ヤンもサブに言い返します。
またケンカが始まるのかと思った、その時です。
体の小さいなピピが、サブに近寄り聞いてきました。
「ねぇ、サブ兄ちゃん、本当?僕も人間になれるの?ねぇ、さっきの話本当なの?」
「なにっ、ピピも人間になりたいのか?」
「うん!」
サブの問いに、ピピは嬉しそうに返事をしました。
嬉しそうなピピの様子に、サブはヤンとのケンカをすっかり忘れてしまいました。
「お前はかしこいな、ピピ」
サブがピピの頭をなでていると、リーダーがピピに聞いてきました。
「ピピは何で人間になりたいんだ?お父さんは初めて聞いたぞ」
お父さんのリーダーの問いに、ピピは申し訳なさそうに答えます。
「タケ兄ちゃんが言ってたんだ…」
「タケ兄ちゃんは何て言ってたんだ?」
リーダーはピピが怖がらないように、優しく聞きます。
「うーん…」
ピピが口をつぐんでいると、奥の方からタケが出て来ました。
「リーダー、すいません。ピピを責めないでくれよ」
タケが出て来ると、ピピはお父さんに言います。
3
前へ 次へ 1 ... 2 3 4 5 ... 152 第1章
ページへ 
ページの先頭へ