家の守り神、ヤドゥマーブイヤ
家の守り神、ヤドゥマーブイヤ

発行者:言葉配達人 あき
価格:1,026円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション

公開開始日:2012/07/11
最終更新日:2012/07/02 18:26

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
1,026円(税込)購入する
家の守り神、ヤドゥマーブイヤ 第1章 人間になれる?ヤモリ神社への道

「やったなぁ、リーダー!」
部屋を出ると、ヤンがすぐに言います。
「あぁ」
リーダーは意外に冷静です。
「なんだよ、リーダー。冷めてるなぁ。行きたくないのか?」
リーダーの冷めた様子にサブも言います。
「いや、行きたくなくはないが・・」
「なんだよ」
リーダーのはっきりしない様子にヤンはヤキモキしながら言います。
「ヤモじぃは知っていたんだな。ヤモリ神社のことも、ぼくらが出発することも。最後の言葉も気になるな」
リーダーは言います。
すると、ピピが話しに入ってきました。
「ヤモじぃは、みんなが辿り着くと、お役目が終わるんだって。前に言ってたよ」
ピピは、ヤモじぃの言葉の状況も分からず明るくお父さんに言います。
「何?ぼくらが辿り着くと、お役目が終わる・・・?」
リーダーはそれだけ言うと、黙って考え込んでしまいました。
「ヤモじぃは何を知っているのかしら」
パラも言います。
「うん・・。ヤモじぃは、ずっとここにいるのに、何故か何でも知っているんだ。
不思議だ」
タケもパラの言葉につけたし、言います。
考え込む三匹の様子もお構いなしに、サブとヤンとピピはヤモリ神社へ行けると、大はしゃぎです。
「な、リーダー。そろそろ出発しようぜ!」
「そうだな。早く出発しようぜ」
ヤンに続けてサブも言います。
「やったぁ!もう行くの?行こう、行こう」
ピピも大喜びです。
22
前へ 次へ 1 ... 20 21 22 23 24 ... 152 第2章
ページへ 
ページの先頭へ