家の守り神、ヤドゥマーブイヤ
家の守り神、ヤドゥマーブイヤ

発行者:言葉配達人 あき
価格:1,026円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション

公開開始日:2012/07/11
最終更新日:2012/07/02 18:26

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
1,026円(税込)購入する
家の守り神、ヤドゥマーブイヤ 第1章 人間になれる?ヤモリ神社への道
「こいつぅ」
「あははははは!」
ピピが楽しそうにヤンとじゃれていると、
「ピピ」
ヤモじぃが、優しくピピに話しかけてきました。
「遊びじゃないんだ。みんなの言うことをしっかり聞きなさい。勝手な行動は許さんぞ。ヤモじぃはいつも見ておるからな。いつも言っておるだろ」
ヤモじぃがそう言うと、ピピはじゃれていた手を止め、言います。
「はい、ヤモじぃ。分かったよ」
ピピにもヤモじぃの真剣さが伝わります。
「よし。それでいい」
ヤモじぃはピピに優しく返事をしました。
「セイ・・」
ヤモじぃはもう一度リーダーに話しかけます。
「はい」
リーダーもヤモじぃの声に耳をかたむけ、聞きます。
「神社へはどうやって行くつもりだ?」
「それが、どうやって行けばいいのか、全く分からなくて・・」
リーダーは言います。
「よろしい。神社へはバスと言う人間の乗り物に乗って行きなさい。タケ、バスは知っておるな?」
ヤモじぃはタケに聞きます。
「はい。一度だけ見たことがあります。丸い足が四つついた長い乗り物です」
タケは言います。
「そうだ」
ヤモじぃは短く返事をすると、そのままヤモリ神社への行き方を教えてくれました。
20
前へ 次へ 1 ... 18 19 20 21 22 ... 152
ページへ 
ページの先頭へ