家の守り神、ヤドゥマーブイヤ
家の守り神、ヤドゥマーブイヤ

発行者:言葉配達人 あき
価格:1,026円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション

公開開始日:2012/07/11
最終更新日:2012/07/02 18:26

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
1,026円(税込)購入する
家の守り神、ヤドゥマーブイヤ 第1章 人間になれる?ヤモリ神社への道
「ミミに会うんだ!ぼく、人間になってミミに会いたいんだ」
ピピは、ヤモじぃと話しが出来てとても嬉しそうです。
「そうか、ピピはミミを覚えていたんだな。人間になっても、ミミに会えるかは分からないぞ。ピピはそれでも良いのか?」
ヤモじぃはピピに聞きます。
「う~ん、ミミに会えないと困っちゃうけど・・」
ピピは少し考えています。
「また会えると思う!そしたら、みんな喜ぶよ!」
ピピはにっこり笑ってヤモじぃに元気に返事をしました。
「そうか」
ヤモじぃはピピに短く返事をすると、今度はタケに質問をしてきました。
「タケはだいぶ前から、色々と準備をしておったな。何故、そんなに人間になりたいんだ」
「はい。ぼくは強くなりたくて・・」
タケは言います。
「それだけか?」
ヤモじぃはもう一度聞きます。
「それだけです」
タケも正直にそう返事をしました。
「よろしい」
ヤモじぃは一言そう言うと、今度はリーダーに言います。
「セイ(リーダーの名前)、ピピを守り切れる自信はあるのか?パラもメスヤモリだ。ここに来たということは、みんなを守り切れる自信があるんだな?」
「はい。ピピがミミに会えるかは分かりませんが、みんなを守り切る覚悟でここに来ました」
リーダーは真っ直ぐヤモじぃの目を見て言います。
18
前へ 次へ 1 ... 16 17 18 19 20 ... 152
ページへ 
ページの先頭へ