家の守り神、ヤドゥマーブイヤ
家の守り神、ヤドゥマーブイヤ

発行者:言葉配達人 あき
価格:1,026円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション

公開開始日:2012/07/11
最終更新日:2012/07/02 18:26

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
1,026円(税込)購入する
家の守り神、ヤドゥマーブイヤ 第1章 人間になれる?ヤモリ神社への道
「またまたぁ。それも知ってるんだろ?ヤモじぃは」
「ヤン、口が悪いぞ。ヤモじぃの前で失礼だ。すみません、ヤモじぃ」
今度はリーダーがヤンを注意し、ヤモじぃに謝ります。
「そうだ、そうだ」
サブも調子にのってヤンに言います。
“うるせぇ”
ヤンは声に出さずにサブに言い返します。
「あぁ、知っておる。で、何をしに来たんだ」
ヤモじぃはケンカする二人には目もくれずに言います。
「みんなでヤモリ神社に行ってみようと思います」
リーダーが言います。
「それで」
ヤモじぃは軽く返事をし、椅子の上でリーダーの話しを聞いています。
「それで:。ヤモリ神社に行く方法を色々探ってはみたのですが、結局ぼくたちにはどんな所なのか、本当に人間になれるのか、どうやったら行けるのか、何にも分かりません。どうやったら、ヤモリ神社に行けるのかと::」
リーダーはそれだけ言うと、言葉に詰まってしまいました。
「それで」
ヤモじぃは、姿勢も表情も何一つ変えず、リーダーに同じ言葉を返してきました。
「それで::」
リーダーは、なかなか返す言葉が出てきません。
横に並んで聞いているみんなも、ヤモじぃの迫力に何も言うことが出来ません。
「・・・」
「・・・」
「・・・」
しばらく沈黙が続きました。
「お前たちは何故ヤモリ神社に行くんだ?」
みんなの沈黙を破って、ヤモじぃがみんなに聞きます。
「・・・」
「・・・」
大人ヤモリたちは、ヤモじぃの問いに下を向いて黙り込んでしまいました。
また沈黙が続くのかと思っていると、ピピだけが元気にヤモじぃの質問に答えてきました。
17
前へ 次へ 1 ... 15 16 17 18 19 ... 152
ページへ 
ページの先頭へ