家の守り神、ヤドゥマーブイヤ
家の守り神、ヤドゥマーブイヤ

発行者:言葉配達人 あき
価格:1,026円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション

公開開始日:2012/07/11
最終更新日:2012/07/02 18:26

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
1,026円(税込)購入する
家の守り神、ヤドゥマーブイヤ 第1章 人間になれる?ヤモリ神社への道
ヤモじぃの部屋の小さなドアが開きます。
「失礼します」(ヤン)
「失礼します」(サブ)
「失礼致します」(パラ)
「ヤモじぃ、こんばんは!」(ピピ)
ピピは嬉しそうにあいさつをします。
「ヤモじぃ、失礼致します」(タケ)
タケもピピに続けて、いつものようにあいさつをしました。
「みんなそろったな」
ヤモじぃが言います。
ヤモじぃは、奥の大きな椅子の上に座り、みんなが来るのを待っていた様子です。
「ヤモじぃ、ヤモリ神社にはどうやって行くの?」
ピピはみんなの緊張も気にせず、ヤモじぃに聞きます。
「ピピ!」
何にも気にせずに聞くピピの口を、パラがあわてて押さえて言います。
「すいません、ヤモじぃ」
「いや、いい。そろそろ来る頃だと思っとった」
ヤモじぃは言います。
「えっ、ヤモじぃもヤモリ神社の話を知っているのですか?」
ヤンがヤモじぃに聞きます。
「あぁ。タケがずっと人間になりたがっているのも知っておる」
ヤモじぃの言葉に、タケは恥ずかしそうに下を向いています。
みんなの様子を見ながら、ヤモじぃはみんなに聞きます。
「で、今日はわしの所に何をしに来たんじゃ」
すると、ヤンがいつもの調子でヤモじぃに言い寄ってきました。
16
前へ 次へ 1 ... 14 15 16 17 18 ... 152
ページへ 
ページの先頭へ