家の守り神、ヤドゥマーブイヤ
家の守り神、ヤドゥマーブイヤ

発行者:言葉配達人 あき
価格:1,026円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション

公開開始日:2012/07/11
最終更新日:2012/07/02 18:26

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
1,026円(税込)購入する
家の守り神、ヤドゥマーブイヤ 第1章 人間になれる?ヤモリ神社への道
「・・すまん」
ヤンはリーダーの一言で黙り込んみ、静かになりました。
「こんな時間に行って大丈夫かしら」
パラがリーダーに聞きます。
「大丈夫だろ」
リーダーは言います。
時刻は人間の時間で、午後十時を回っていました。
「うん、うん。大丈夫だよ!だって、ヤモじぃは、ぼくが行くときはいつも起きて待っててくれるもん」
ピピは嬉しそうにお母さんに言います。
「そうなの?ピピとヤモじぃは仲が良いのねぇ」
パラは、ピピに優しく答えます。
みんなは、静かに屋根裏にあるヤモじぃの部屋へと向かいます。

トン、トン
「ヤモじぃ、起きていますか?」
リーダーがドアの向こう側にいるヤモじぃに話しかけます。
「あぁ。入りなさい」
ヤモじぃの声です。
「ほらね!ヤモじぃはいつも起きて待っていてくれるんだ」
ピピが嬉しそうに言うと、
「シーーッ。ピピ、静かにしなさい」
パラがピピを黙らせます。
「は~い・・」
ピピは少し、いじけてしまいました。
「ふぅ・・」
リーダーは大きく息を吐くと、ヤモじぃの部屋のドアを握り、静かに言います。
「失礼します」(リーダーの声)
ガチャッ
15
前へ 次へ 1 ... 13 14 15 16 17 ... 152
ページへ 
ページの先頭へ