家の守り神、ヤドゥマーブイヤ
家の守り神、ヤドゥマーブイヤ

発行者:言葉配達人 あき
価格:1,026円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション

公開開始日:2012/07/11
最終更新日:2012/07/02 18:26

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
1,026円(税込)購入する
家の守り神、ヤドゥマーブイヤ 第1章 人間になれる?ヤモリ神社への道
「はい。ごめんなさい、お父さん」
ピピはびっくりして落ち込んでいます。
「まぁ、良かったわ。無事で。ありがたいわね」
パラもピピが無事に戻ってきて、一安心です。
 「ふぅ。とにかくここは危ない。どこかへ移ろう」
リーダーは言います。
リーダーの言葉に反論するヤモリは一匹もいません。
みんなは、静かにトイレの部屋を後にしました。
移動しながら、ヤンがリーダーに聞きます。
「なぁ、リーダー。どこに行くんだよ。いつもの窓に戻るのか?」
リーダーは静かに言います。
「ヤモじぃの所さ」
「ヤモじぃの所!?」
タケはびっくりして、思わず大きな声を出してしまいました。
「ヤヤヤ、ヤモじぃの所って、い、い、今から行くのか?」
サブもみんなもびっくりしています。
「そう。今から行く」
リーダーはみんなの先頭を歩きながら、冷静に答えます。
「やったぁ!行こう、行こう」
ピピは、ヤモじぃに会えると大喜びです。
「おいおい、おっかねぇなぁ。今から行くのかよ」
ヤンはあまり乗り気ではありません。
「寝てるかもしれねぇぜ。もう年寄りだからよぉ」
ヤンは続けて言います。
すると、歩きながらヤンの言葉にピピが言い返してきました。
「ヤモじぃは年寄りじゃないよ!と~ってもすごいヤモリ主なんだ!」
「いやいや、分からないぞ。最近はずっと眠っているだろ?あれはもう、相当、年寄りで体がきついんだぜ」
「ヤン、口が悪いぞ。そういうことを言うもんじゃない」
リーダーがヤンに言います。
14
前へ 次へ 1 ... 12 13 14 15 16 ... 152
ページへ 
ページの先頭へ