家の守り神、ヤドゥマーブイヤ
家の守り神、ヤドゥマーブイヤ

発行者:言葉配達人 あき
価格:1,026円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション

公開開始日:2012/07/11
最終更新日:2012/07/02 18:26

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
1,026円(税込)購入する
家の守り神、ヤドゥマーブイヤ 第1章 人間になれる?ヤモリ神社への道
「タケも知ってたのか?この紙がここの島の地図だって」
サブはタケに聞きます。
「うん、何となく…」
「何だよ、早く教えろよ」
ヤンははき捨てるようにタケに言います。
「だって、はっきりとは分からないし:。人間になりたいなんて、そんなに簡単に言えないよ」
タケがモゴモゴと口ごもっていると、タケを押しのいてリーダーがピピに聞いてきました。
「ピピ、この地図はどうやって見るんだ?ヤモじぃは、神社と学校の他に何か言っていたか?」
「うん」
ピピは返事をしながら、ヤモリの形をした地図の上で、右手に当たる所に移動すると、地図をポンポンと叩きながら言います。
「ここがね、今ぼくたちがいる所なんだって。それでね、」
ピピはそう言うと、今度は少し移動して“学校”と書かれている場所へ移動していきます。
「それで、ここが、学校。この島にはね、三つの学校があるんだ」
ピピがそう言うと、タケが思い出したように話しに入ってきました。
「そうそう!ここの島には三つ学校があるんだよ!その周りにはスーパーってやつが所々にいっぱいあるんだ」
「何で、タケがそんなこと知ってるんだよ」
ヤンがタケに言います。
「えっ、だって、ヤモじぃが言ってたから・・」
「早く教えろよぉ」
ヤンはさっきと同じ様にタケに言います。
「えへへ」
タケは今度は笑ってごまかしました。
12
前へ 次へ 1 ... 10 11 12 13 14 ... 152
ページへ 
ページの先頭へ