家の守り神、ヤドゥマーブイヤ
家の守り神、ヤドゥマーブイヤ

発行者:言葉配達人 あき
価格:1,026円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション

公開開始日:2012/07/11
最終更新日:2012/07/02 18:26

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
1,026円(税込)購入する
家の守り神、ヤドゥマーブイヤ 第1章 人間になれる?ヤモリ神社への道
「ヤモじぃはいつから、ここにいるんだろう・・」
タケもヤモじぃの存在が不思議に思えてきました。
「神社のことも知っていて、文字のことも知っているんだろ。でも、人間じゃなくて、ヤモリのまんまだ。船に乗って来たなら、目指しただけで、諦めちまったのか?」
ヤンもヤモじぃのことを黙々と考えています。
「ねぇ、お母さん、あっちのトイレの部屋に行こうよ」
ピピはお母さんの腕をつかみ、引っ張ります。
「トイレの部屋?今、行かなきゃダメなの?」
ピピの急なお願いに、お母さんのパラは困ったように聞きます。
「今じゃなきゃダメなの!」
ピピは言います。
「みんなも来て。早く」
ピピは、嫌がるみんなを無理矢理トイレの部屋に引き連れて行きます。

「ここだよ、ここ!」
ピピはトイレの部屋の壁に貼り付けられた大きな紙の上で、片手をポンポン叩きながらみんなに言います。
「ただの紙じゃないか。ここに何があるんだよ」
ヤンはだるそうにピピに言います。
「ただの紙じゃないよ!これだよ、これ。
ここの島の地図!」
ピピはそう言うと、
「おい!本当か?」
さっきの態度がうそのように、ヤンは目を輝かせながらピピに言います。
「うん。だってヤモじぃが言ってた地図の形と同じだもん。これだよ、これ」
ピピもみんなのおどろく様子を楽しそうにながめながら、嬉しそうにヤンに返事をしています。
11
前へ 次へ 1 ... 9 10 11 12 13 ... 152
ページへ 
ページの先頭へ