短編小説-福の神-ばあちゃんのみかんの木-
短編小説-福の神-ばあちゃんのみかんの木-

発行者:言葉配達人 あき
価格:540円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:短編小説

公開開始日:2012/07/11
最終更新日:2012/07/01 17:39

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
540円(税込)購入する
短編小説-福の神-ばあちゃんのみかんの木- 第1章 帰って来ーい!福の神
 つぎの朝、ぼくは本当に熱が出た。

四十度の熱で、お母さんがあわてて病院に運んだって言っていたけれど、
ぼくはちっともおぼえていなかった。

それから、一週間は熱が下がらなかったと、
あとからお母さんがぼくにおしえてくれた。

一週間後、ぼくは、病院のベットで、かんごふさんに聞いてみた。

「ねぇ、やくのかみってなぁに?」

すると、かんごふさんは
「やくびょうがみのこと? うーん、かんたんに言うと、
わるいことばかりおこす神様のことよ」って教えてくれた。

「じゃぁ、ふくのかみってなぁに?」
ってぼくが続けて聞くと、

「それは、良い神様のことよ。
もし、福の神がいたら、良いことがたくさんあるだろうなぁ」

かんごふさんは、かおをほころばせてそう言っていた。
9
前へ 次へ 1 ... 7 8 9 10 11 ... 29
ページへ 
ページの先頭へ