短編小説-福の神-ばあちゃんのみかんの木-
短編小説-福の神-ばあちゃんのみかんの木-

発行者:言葉配達人 あき
価格:540円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:短編小説

公開開始日:2012/07/11
最終更新日:2012/07/01 17:39

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
540円(税込)購入する
短編小説-福の神-ばあちゃんのみかんの木- 第1章 帰って来ーい!福の神
でも、まだまだ足りないなんて言うもんだから、
ゲームを教えてくれるやくそくをして、
ぼくは、自分のおかしをぜんぶ厄の神にあげた。

「うんめぇなぁ、うんめぇなぁ」

厄の神は、そう言っておかしを食いちらしながら、
おかしをぜんぶたいらげた。


「ただいまー」

お母さんが夕食にコンビべんとうを買ってかえって来た。

「くっさ。ちょっと、ひろくん何してたの」

お母さんは、鼻をつまんでぼくに聞いてきた。

「あ、おきゃくさんが来てるんだよ。やくのかみって言うんだって」

ぼくがお母さんに厄の神さんを紹介すると、

「何言ってるの。だれもいないじゃない。
もう、こんなにちらかして。
お母さんは仕事でつかれてるんだから、早く片付けなさい!」

とつぜん、お母さんがおこり出した。
5
前へ 次へ 1 ... 3 4 5 6 7 ... 29
ページへ 
ページの先頭へ