短編小説-福の神-ばあちゃんのみかんの木-
短編小説-福の神-ばあちゃんのみかんの木-

発行者:言葉配達人 あき
価格:540円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:短編小説

公開開始日:2012/07/11
最終更新日:2012/07/01 17:39

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
540円(税込)購入する
短編小説-福の神-ばあちゃんのみかんの木- 第1章 帰って来ーい!福の神
時計を見たままだまっていると、厄の神が話しかけてきた。

「ひろしくん、ゲームでもしまひょか。
福の神さんは、こちらに座っていなすったんですねー。
ほら、ぽっかりきれいなゆかが」

厄の神は、きれいなゆかに座り、自分のよごれをゆかにすりつけた。

「ほら、ゲームでもしまひょ」

厄の神がほこりのゆかをたたいて、手まねきをしている。

「ま、いいっか!」

ぼくは、厄の神のさそいにすぐにのってしまった。

厄の神とぼくは、すぐにゲームにむちゅうになった
。厄の神のゲームのうではプロ級で、
ぼくは楽しくて楽しくてしかたなかった。

どんどん、時間は過ぎていく。

ゲームをしているうちに、
厄の神がおなかがすいたなんて言うもんだから、
ぼくはポテトチップスと朝にあまったココアを出した。
4
前へ 次へ 1 ... 2 3 4 5 6 ... 29
ページへ 
ページの先頭へ