短編小説-福の神-ばあちゃんのみかんの木-
短編小説-福の神-ばあちゃんのみかんの木-

発行者:言葉配達人 あき
価格:540円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:短編小説

公開開始日:2012/07/11
最終更新日:2012/07/01 17:39

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
540円(税込)購入する
短編小説-福の神-ばあちゃんのみかんの木- 第1章 帰って来ーい!福の神
「あぁ、かまいはしませんよ。
先ほど福の神さんがこちらからおひっこしされたんでね。
あたしゃが変わりにこちらに住もうかと思いまして」

厄の神は帰ろうともせずにそう言った。

「じゃぁ、ちょっくら失礼しますよ」

厄の神は、くさいにおいをただよわせて家の中に入ってきた。

ズカズカと家の中にどろやほこりをおとしながら歩いていく。

ぼくは、とりあえず鼻をつまんで、
お母さんのまねをして厄の神にお茶を入れた。

「あぁ、いいねぇ。この茶しぶの残りぐあい、よごれてますな」

厄の神は、お茶をひと口のむと、家中を見て回った。

厄の神が歩くたびにホコリが舞い上がり、
ボロボロとすなやどろが落ちてきた。

あっという間に家中がきたなくなった。

ぼくはお母さんにおこられないかとヒヤヒヤしながら、
厄の神の後を着いて回った。
2
前へ 次へ 1 2 3 4 ... 29
ページへ 
ページの先頭へ