短編小説-福の神-ばあちゃんのみかんの木-
短編小説-福の神-ばあちゃんのみかんの木-

発行者:言葉配達人 あき
価格:540円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:短編小説

公開開始日:2012/07/11
最終更新日:2012/07/01 17:39

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
540円(税込)購入する
短編小説-福の神-ばあちゃんのみかんの木- 第1章 帰って来ーい!福の神
お母さんの顔はやさしくて、まん丸だった。

それから三日後。

トントン。
げんかんをたたく音がした。

「お母さん、だれか来たー!」

ぼくがそう言うと、

「そお?何にも聞こえなかったよ」

「福の神さまだ!」

ぼくはすぐにそう思った。

げんかんに行ってみると、

「小沢さんのお宅ですね。なつかしいですね。またお世話になりますね」

“福の神さまが来た!”
ぼくは「どうぞ」と言ってお母さんには見えない
福の神さまを家にまねき入れた。

その夜、ぼくはお父さんとおふろに入って、
家族三人でお母さんの作ったご飯を食べた。

福の神さまは、
今もぼくの家のすみっこでやさしく笑って座っている。
15
前へ 次へ 1 ... 13 14 15 16 17 ... 29 第2章
ページへ 
ページの先頭へ