短編小説-福の神-ばあちゃんのみかんの木-
短編小説-福の神-ばあちゃんのみかんの木-

発行者:言葉配達人 あき
価格:540円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:短編小説

公開開始日:2012/07/11
最終更新日:2012/07/01 17:39

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
540円(税込)購入する
短編小説-福の神-ばあちゃんのみかんの木- 第1章 帰って来ーい!福の神
「あたしゃ、きれいなとこはきらいだね。

ぴっかぴかのゆかとか、ぴかぴかのトイレなんてとんでもない。

トイレはきたないもんですぅ。

みんなの不幸がわたしゃの幸せなんですぅ。

家がきたなければ、みんなイライラしますやろ」

厄の神の目はパンにくぎづけ。

よだれをたらしながら、どんどん話してくれた。

「じゃぁ、福の神さんは、きれいにしたらやってくるんだね」

ぼくはパンをえさに厄の神に聞いてみた。

「あぁ、そうだね、そうだね」

厄の神は、ごちそうに夢中になって、まんまと答えてくれた。

「じゃ、あげる」

厄の神をおい出す方法を聞き出したぼくは、

よだれをたらす厄の神に持っていたパンをぜんぶわたした。

「あぁ、あぁ、久しぶりだ。このカビのにおい。いたんだにおい。

あぁ、あぁ、うまい、うまい」
11
前へ 次へ 1 ... 9 10 11 12 13 ... 29
ページへ 
ページの先頭へ