月ノ夜
月ノ夜

発行者:宮迫 深月
価格:324円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ホラー・オカルト

公開開始日:2012/06/01
最終更新日:2012/05/18 18:42

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
324円(税込)購入する
月ノ夜 第1章 夕暮れ時 転入生
……翌朝。佐崎の死体が発見された。場所は、あの自販機の前。

佐崎の身体には無数の刺し傷があったらしいが、直接の死因は、頸動脈を切られた事による失血死だそうだ。ニュースや新聞で得た情報によると、最初に喉を切られて殺され、その上で身体中を刺されたのだという。

つまり、あの時……佐崎の声が止まった時、佐崎の命脈まで止まっていたという事だ。

きっと、あの時佐崎が話していた誰かが犯人だろう。佐崎の身体に隠れて見えなかったという事は、犯人の体格は佐崎より劣っているという事だろうか?

佐崎は、こう言っては何だが男子の中ではひょろい方で、でも流石に女子と比べれば……という感じの体格だった。

そういえば、佐崎の声に混じって聞こえて来たのは、女の声だったなと思ったけど、私はそれを聞き込みに来た警察に言う気には無かった。

だって、面倒だからね。いろいろと。

佐崎が全く警戒せずに話をして、しかも佐崎の身体に隠れるくらいの体格とくれば……多分、私と同年代の女子が犯人だろうし、それに……電話も掛かって来たし。

『話すと、次は貴女よ』

って、一言言って切れちゃった。……あれが、きっと犯人。やっぱり女子の声だった。

私の電話番号を知っていたという事は、ひょっとしてクラスメイトだろうか?

ああ、きっとそうね。なら、佐崎が警戒しなかった理由も分かる。

でも、ここで一つ疑問。電話を掛けてきたという事は、犯人は私があそこに居た事に気付いてたはず。ならどうして、追いかけて私も殺さなかったんだろう?

私がその疑問の答えを知ったのは、次の被害者が出た時だった。
3
前へ 次へ 1 ... 2 3 4 5 ... 57 第1章 第2章
ページへ 
ページの先頭へ