人間人形的世界~とある女の話~
人間人形的世界~とある女の話~
成人向アフィリエイトOK
発行者:彼方逝哉
価格:432円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2012/02/02
最終更新日:2012/01/20 14:35

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
432円(税込)購入する
人間人形的世界~とある女の話~ 第1章 ~第0限目~
あの日私は生まれた。
それはもうあの大きな戦争が終わる前だったのだけれど。
大きな大きな戦争で。
世界は世界ではなくなってしまった。
世界は真っ二つになって。
壊れてしまった。
修復自体絶対にありえない。
 鏡に映るのは体。
人間と同じ体。
でも私は人間じゃない。
人間と同じ体だけれど。
人間と同じではない。
それは私が兵器だと言う事で。
それは私が人形だという事で。
世界は私をそう看做して。
そうだったのだ。
あの日きっと。
あの穴に。
入らなければ。
私はずっとこのままで。
こんなに生きている事を実感する事は無かっただろうと思う。
 私は生きている事が怖かった。
生きている事を望まなかったといっても良いだろう。
優しすぎる月は真赤で。
紅い月で。
迫ってくる闇が怖くって。
それはもう無理やり眠らされるという事で。
今まで。
ただ生かされているそれだけで。
私は。
その生活に慣れてしまっていたのだろう。
それが普通だと思っていた。

 私は。
製造№aika4923。
守凪哀架(かんなぎあいか)。

 この話は私がスタークロス学園(http://star.com.comuu.jp/)に入る前の話。
この話は私が私になる前の話。
人間人形だった。
人間兵器だった。
そんな私の物語だ。
ほんのしばらくの間だけで良い。
付き合ってくれると嬉しい。


まずは何を語ろうか。
まずは何が聴きたい?
語り部がこんな事を聞くのは間違っているわね。
じゃああの話から話そうかしら。





さあ物語を始めましょう
1
次へ 1 2 3 4 第1章 第2章
ページへ 
ページの先頭へ