馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
馬体優先主義【1コイン版】
いいね6

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014年08月21日
最終更新日:2021年01月24日 04:09


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
基本情報を隠す

メニュー

プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
月別アーカイブ
2021年 1月 (8)
2020年 12月 (5)
2020年 11月 (7)
2020年 10月 (5)
2020年 9月 (8)
2020年 8月 (7)
2020年 7月 (6)
2020年 6月 (5)
2020年 5月 (5)
2020年 4月 (5)
2020年 3月 (6)
2020年 2月 (9)
2020年 1月 (8)
2019年 12月 (4)
2019年 11月 (5)
2019年 10月 (5)
2019年 9月 (9)
2019年 8月 (8)
2019年 7月 (7)
2019年 6月 (7)
2019年 5月 (7)
2019年 4月 (5)
2019年 3月 (7)
2019年 2月 (8)
2019年 1月 (8)
2018年 12月 (4)
2018年 11月 (7)
2018年 10月 (5)
2018年 9月 (9)
2018年 8月 (7)
2018年 7月 (9)
2018年 6月 (6)
2018年 5月 (4)
2018年 4月 (5)
2018年 3月 (7)
2018年 2月 (8)
2018年 1月 (7)
2017年 12月 (7)
2017年 11月 (6)
2017年 10月 (6)
2017年 9月 (10)
2017年 8月 (8)
2017年 7月 (9)
2017年 6月 (6)
2017年 5月 (5)
2017年 4月 (6)
2017年 3月 (8)
2017年 2月 (9)
2017年 1月 (10)
2016年 12月 (5)
2016年 11月 (10)
2016年 10月 (10)
2016年 9月 (9)
2016年 8月 (8)
2016年 7月 (9)
2016年 6月 (7)
2016年 5月 (12)
2016年 4月 (11)
2016年 3月 (14)
2016年 2月 (13)
2016年 1月 (10)
2015年 12月 (12)
2015年 11月 (15)
2015年 10月 (15)
2015年 9月 (15)
2015年 8月 (17)
2015年 7月 (20)
2015年 6月 (40)
2015年 5月 (26)
2015年 4月 (32)
2015年 3月 (30)
2015年 2月 (28)
2015年 1月 (21)
2014年 12月 (12)
2014年 11月 (44)
2014年 10月 (49)
2014年 9月 (71)
2014年 8月 (33)
カレンダー
<  2020年11月  >
10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
紹介文
隠す
創刊11年目を迎える、「馬体写真」だけで予想する
メルマガ馬体優先主義の<部分配信>コンテンツ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■特徴
・「馬体写真」だけで予想~パドック不要
・「馬体限定」の評価情報~馬体レーティング、馬体短評
・見極める「適性」は、コース、距離長さ、距離質、脚質まで 
・「パドック派」が見極めるポイントの約20倍をチェック診断
・馬体から馬を「3タイプ{A・N・C}型」に分類
・アナログな馬体から、デジタルな評価、数的実績を実現!



■対象

・重賞レース ※1~2R/週 
・馬体写真の数により公開しない週もあり 


■価格

――――――――――――――――――――――
1頭…100円(税込)
1R…500円(税込)※全馬対象(約8頭~)
――――――――――――――――――――――

・1章毎に1頭毎の馬体短評に掲載。
・最終結論(推奨買い目)も部分配信。



■公開日時

・重賞の前日夜8時~当日昼12時を予定



■著者馬体診断の過去実績

▽馬体レーティング実績
――――――――――――――――――――――
≪2014上半期≫
TOP馬
【単回収率】126% 【複回収率】144%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】218% 【複回収率】278%

≪2013-年間≫
TOP馬
【単回収率】98% 【複回収率】99%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】111% 【複回収率】104%

※人気馬……1~4番人気馬
――――――――――――――――――――――


▽若駒の馬体評価(おすすめ指名馬)実績
――――――――――――――――――――――
≪06~11産駒-累計実績≫

■馬体おすすめ全指名馬
【勝馬率】63%(342/540頭)※デビュー未含む
【代表馬】ショウナンアチーヴ(11産駒馬体No.1)

□牡馬-総合ランキング
【勝馬率】76%(69/89頭)
【代表馬】オルフェーヴル

□牝馬-総合ランキング
【勝馬率】56%(45/81頭)
【代表馬】ジェンティルドンナ

□ディープインパクト産駒-牡馬ランキング
【勝馬率】86%(42/49頭)
【代表馬】ディープブリランテ

□ディープインパクト産駒-牝馬ランキング
【勝馬率】60%(27/45頭)
【代表馬】ヴィルシーナ

※くわしくは著者『若駒対象の馬体評価サイト』
ColtJapan;http://coltjapan.com/
――――――――――――――――――――――


▽予想他実績
・毎年、年間回収率100%超
・予想の印ベタ買いで年間回収率100%超実績あり
・ノウハウレポート数十冊配信済
・競馬最強の法則WEB、ウマニティのプロ枠等
大手競馬サイトで馬体情報を発信中
・サラブレッドのセリセール前の購入相談(馬体コ
ンサルティング)も担当


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
購入する方はこちら
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
No.917 2020年11月29日 10:00   カテゴリー: G1
▼馬体優先主義【完全版】▼ 第502号

武虎です。
ジャパンカップ 馬体診断【訂正版】です。

※ユーキャンスマイルの診断解説で間違
った【正反対の記述】を見つけたので、
訂正。【本編】は前号配信済


▼馬体診断
――――――――――――――――――

------------------------------------
※【訂正箇所】
------------------------------------

ユーキャンスマイル
今回、「最も<静止時>での一完歩スト
ライドが長い馬体構造」と言えば本馬。

ただ、それは「あくまで<静止時>であ
り、<動作時(走行中)>ではない」点
が本馬の馬体の特徴を言い表している。
ズバリ、といかんそれを具体的に説明し
たくなるが長くなるのでここは堪える。

簡単に言うと、本馬の<起点位置(関節
位置)>を見ればわかるぞ。
------------------------------------
例えば、<前後>は、先のコントレイル
と比較して【短い】。<上下>は、次の
ワールドプレミアと比較して短いのだ。

※【誤×】短い。⇒【正○】長い。
------------------------------------
そうした構造故、あくまで「<静止時>
に限り最もストライドが長い」などと表
現したわけだ。

そして、その特徴から、性能面で「心肺
&振動性能が凡庸な評価」とすることが
できる。

以上、距離適性やSP面から、当然スロ
ーなど「速さ勝負」では厳しいだろう。

とは言え、万に一つの「強さ勝負」でも
、心肺&振動&ギア比から、あまりタフ
過ぎる流れや勝ちに行く乗り方は不安。

ズバリ、「摩擦が少ない馬場や流れで、
燃費に気を付けて無駄なギアチェンジを
極力避け、我関せずのマイペースの完歩
厳守」できれば、適性合う舞台と一発を
秘める。



ジャパンカップ馬体診断【本編】は以下
==================================
==================================


記事全文を読む
No.916 2020年11月29日 07:10   カテゴリー: 馬体の基本解説 G1
  • 11/29(日)
    東京12R
    ジャパンカップ(G1)
    レース結果・払戻金を見る
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 2 2 アーモンドアイ 2:23.0
    2 4 6 コントレイル 11/4
    3 3 5 デアリングタクト クビ
    払戻金
    単勝 2 220円 1番人気
    複勝 2
    6
    5
    110円
    110円
    120円
    1番人気
    2番人気
    3番人気
    枠連 2-4 350円 1番人気
    馬連 2-6 330円 1番人気
    ワイド 2-6
    2-5
    5-6
    170円
    190円
    220円
    1番人気
    2番人気
    3番人気
    馬単 2-6 610円 1番人気
    3連複 2-5-6 300円 1番人気
    3連単 2-6-5 1,340円 1番人気
    WIN5 3,155,170円 1番人気

    該当記事での印・予想買い目・資金配分
    着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
    6着 2 3 ワールドプレミア 45.4 7 57.0 牡4 武豊 栗東友道康夫 482.0
    8着 3 4 キセキ 44.6 6 57.0 牡6 浜中俊 栗東角居勝彦 508.0
    3着 3 5 デアリングタクト 3.7 3 53.0 牝3 松山弘平 栗東杉山晴紀 474.0
    13着 6 11 クレッシェンドラヴ 432.9 14 57.0 牡6 内田博幸 美浦林徹 500.0
    9着 7 12 マカヒキ 226.1 11 57.0 牡7 三浦皇成 栗東友道康夫 502.0
    12着 7 13 ユーキャンスマイル 101.1 8 57.0 牡5 岩田康誠 栗東友道康夫 498.0
◇2020年予想的中レース一覧 <現在64戦31的中>
------------------------------------
京都金杯|★ボンセルヴィーソ 14人気3着
フェアリ|◎ポレンティア 5人気3着
 東海S |★ヴェンジェンス3人気2着
 根岸S |★モズアスコット3人気1着
シルクS|◎アウィルアウェイ3人気1着
東京新聞|◎クリノガウディー5人気3着
きさらぎ|★ストーンリッジ3人気1着
京都記念|★ステイフーリッシュ3人気3着
中山記念|★ソウルスターリング6人気3着
 弥生賞 |◎サトノフラッグ2人気1着
阪神大賞|★トーセンカンビーナ5人気2着
 桜花賞 |◎デアリングタクト2人気1着
 皐月賞 |★ガロアクリーク8人気3着
マイラC|◎ヴァンドギャルド2人気3着
NHKC|★ギルデッドミラー6人気3着
オークス|★ウインマイティー13人気3着
マーメS|◎センテリュオ2人気2着
宝塚記念|◎キセキ6人気2着
中京記念|★ラセット6人気2着
関屋記念|◎サトノアーサー4人気1着
札幌記念|★ペルシアンナイト6人気2着
北九記念|◎アウィルアウェイ10人気3着
新潟2歳|◎フラーズダルム3人気3着
新潟記念|★サンレイポケット5人気3着
小倉2歳|★フォドラ5人気3着
セント記|◎サトノフラッグ1人気2着
オールカ|◎センテリュオ5人気1着
スプリS|◎アウィルアウェイ10人気3着
 秋華賞 |◎デアリングタクト1人気1着
天皇賞秋|★フィエールマン5人気2着
AR共杯|★サンアップルトン9人気3着
みやこS|◎クリンチャー1人気1着★エイコーン9人気3着
------------------------------------


■「ジャパンカップ」馬体診断予想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼予想実績
------------------------------------
2019|不的中
2018|◎アーモンドアイ1人気1着
2017|不的中
2016|★シュヴァルグラン6人気3着
2015|不的中
2014|★エピファネイア4人気1着
2013|不的中
2012|◎ルーラーシップ2人気3着
2011|不的中
------------------------------------



▼舞台適性
------------------------------------
【クラス】G1
【コース】東京
【距 離】2400m 芝・左
【適 性】C/T型-L(持続/根幹-長距離)
------------------------------------



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
113|マカヒキ、他3頭
112|コントレイル、他3頭
111|アーモンドアイ、カレンブーケドール、他1頭
――――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
★マカヒキ、他1頭
☆2頭
――――――――――――――――――



▼馬体診断 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――

今走<馬体写真あり>
――――――――――――――――――
アーモンドアイ
バイクで言えば、いわゆる完全な「倒立
フォーク」で、軽量「社外ホイール」を
搭載したモデル。しかも、その上腕筋&
大腿筋の充実も素晴らしい。四肢の振り
の速さはメンバー屈指の構造だ。

逆に言えば、この馬体でG18冠馬とな
ったことこそ、今の”日本競馬の特異性
(SP至上主義)”を表している。

以上、持続&心肺&振動性能と言った面
では抜けた造りではなく、かつ、距離尺
適性からも、王道と言える長距離戦での
「強さ勝負」では不安がある。

また、生粋の【加速A型】モデルにない
起点位置にあるものの、ここ最近、また
3歳春当時の骨筋バランスに戻ってきて
おり、いわゆる「無難な加齢」が垣間見
える。

やはり、昨年の<有馬記念>のように、
馬体を見ると、「強さ勝負」ではあっさ
り負けてもおかしくない。相手も強力な
今回、勝ち切るには、上がりの速いSP
勝負の流れは必須。



カレンブーケドール
これは、基本構造が先のアーモンドアイ
と似ている。いわゆる加速性能の良さが
ある(【加速A型】よりの)マイル~中
距離仕様だ。

まぁ、厳密に言うと、二頭の比較でまず
目につく違い(特徴)と言えば、「首差
し、上体の肩甲骨や寛骨、飛節比」だ。

ズバリ、本馬のほうが「上半身の傾斜角
がきつく&長く、下半身は下部が短い」
と言った骨格構造。…と、書いたところ
で「それがどういう”性能適性”面での
違いを生むか?」を説明しないといけな
いか。

結論のみを言うと、本馬のほうがギア比
がアンバランスで癖がある。具体的に、
「初速ギアが入り易くと高速ギアが入り
づらい」…そんな感じだ。適脚質で言え
ば、本馬がより「先行ベター」な構造に
ある。

以上、いかん説明短文で行こうと思って
いるのに、いざ馬体を見ると、骨格構造
から細かく書いてしまいたくなる。気持
ちをおさえねば。

そういや、アーモンドアイと同厩舎なん
だな。確かに国枝厩舎で思い出す馬アパ
パネとも馬体がかぶる。どうやらこの手
の馬体が調教師の好みなんだろう。



コントレイル
一言で、今回「最も軽く&華奢で&振り
比重が長く軽量な馬体」は本馬。三冠馬
では最も好みかな。

ちなみに、本馬もアーモンドアイ同様、
バイクで言う、完全な「社外ホイール」
と言った足回り軽量化モデルである。

ただ、二頭には”明確な違い”がある。

それは”振り子を振る起点構造の違い”
だ。ズバリ、走る上で脚を動かす際に、
その”エネルギー源と可動幅”などが違
うのだ。

うーん、もう少しわかり易く言うなら、
------------------------------------
アーモンドアイ…「肩や尻の筋肉の力」
で速く脚を動かす
コントレイル…「肩や腰回り周辺の関節
柔らかさや全身運動」で速く脚を動かす
------------------------------------
そういう馬体構造の違いがある。

こうした違い故、【持続C型】コースに
おいては、やはりアーモンドアイよりも
明らかに本馬が上の評価が妥当だ。

そうだな、こうした違いから、バイクに
例え、アーモンドアイがレーサーレプリ
カで、コントレイルがストリートファイ
ター系と言った感じかな。



マカヒキ
本馬は、いつも言っているが、いかにも
「ダービー馬らしい」馬体。

この「らしい」という意味だが、ズバリ
「全体の骨格構造比が2400m向き」
と言えばいいかな。いわゆるクラシック
や古馬中長距離の王道路線の名馬の馬体
の黄金比に近い。…と言っても、それは
昔の話になりつつある。

ここ数年ずっと言っているが、私が競馬
をはじめた四半世紀前とは、日本の競馬
の世界全体が大きく様変わりしている。

例えば、「馬場環境の進歩、高速馬場、
騎手の稼ぎ方の変化(雇用状況の変化~
フリーランス化)、それによる騎手心理
の保守思考、レースでのスローペース&
SP優位性、血統生産面でのSP重視」
など。

まさに、「近年の日本競馬は、馬の生産
現場から、レース、競馬場、騎手など、
あらゆる要因環境までもが、”SP至上
主義”を誘発する方向に向かっている」
と言える。

そして、それは”馬体”も例外に非ず。
残念ながら、昔で言う「強い馬体」より
も「速い馬体」の形(構造比)の馬が、
G1で猛威を奮っている。

と、いかん話が逸れたので、とにかく、
本馬は「強さ」の裏付けはある中長距離
仕様の【持続C型】馬体。言い換えれば
、ここが今時の「速さ」比べのレースと
なれば、「速さ」ある馬体にはSP面で
見劣りする。しかも今回仕上がりがちょ
っと緩いかな。


記事全文を読む

※この記事は2020年11月29日 15:50まで550円で販売していました。

No.915 2020年11月22日 07:10   カテゴリー: 馬体の基本解説 G1
  • 11/22(日)
    阪神11R
    マイルチャンピオンS(G1)
    レース結果・払戻金を見る
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 2 4 グランアレグリア 1:32.0
    2 4 8 インディチャンプ 3/4
    3 4 7 アドマイヤマーズ クビ
    払戻金
    単勝 4 160円 1番人気
    複勝 4
    8
    7
    110円
    190円
    200円
    1番人気
    3番人気
    4番人気
    枠連 2-4 370円 2番人気
    馬連 4-8 620円 2番人気
    ワイド 4-8
    4-7
    7-8
    280円
    320円
    830円
    2番人気
    3番人気
    9番人気
    馬単 4-8 790円 2番人気
    3連複 4-7-8 1,610円 4番人気
    3連単 4-8-7 4,480円 10番人気
    WIN5 2,820,180円 1番人気

    該当記事での印・予想買い目・資金配分
    着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
    13着 2 3 ケイアイノーテック 157.7 10 57.0 牡5 津村明秀 栗東平田修 480.0
    12着 6 12 アウィルアウェイ 289.0 14 55.0 牝4 藤岡康太 栗東高野友和 488.0
    7着 8 15 ペルシアンナイト 165.8 11 57.0 牡6 大野拓弥 栗東池江泰寿 500.0
    5着 8 17 サリオス 4.1 2 56.0 牡3 M.デムーロ 美浦堀宣行 538.0
◇著者別コンテンツ紹介~ノートnote
------------------------------------
馬体&馬券のノウハウ記事など随時公開
------------------------------------

◇2020年予想的中レース一覧 <現在63戦31的中>
------------------------------------
京都金杯|★ボンセルヴィーソ 14人気3着
フェアリ|◎ポレンティア 5人気3着
 東海S |★ヴェンジェンス3人気2着
 根岸S |★モズアスコット3人気1着
シルクS|◎アウィルアウェイ3人気1着
東京新聞|◎クリノガウディー5人気3着
きさらぎ|★ストーンリッジ3人気1着
京都記念|★ステイフーリッシュ3人気3着
中山記念|★ソウルスターリング6人気3着
 弥生賞 |◎サトノフラッグ2人気1着
阪神大賞|★トーセンカンビーナ5人気2着
 桜花賞 |◎デアリングタクト2人気1着
 皐月賞 |★ガロアクリーク8人気3着
マイラC|◎ヴァンドギャルド2人気3着
NHKC|★ギルデッドミラー6人気3着
オークス|★ウインマイティー13人気3着
マーメS|◎センテリュオ2人気2着
宝塚記念|◎キセキ6人気2着
中京記念|★ラセット6人気2着
関屋記念|◎サトノアーサー4人気1着
札幌記念|★ペルシアンナイト6人気2着
北九記念|◎アウィルアウェイ10人気3着
新潟2歳|◎フラーズダルム3人気3着
新潟記念|★サンレイポケット5人気3着
小倉2歳|★フォドラ5人気3着
セント記|◎サトノフラッグ1人気2着
オールカ|◎センテリュオ5人気1着
スプリS|◎アウィルアウェイ10人気3着
 秋華賞 |◎デアリングタクト1人気1着
天皇賞秋|★フィエールマン5人気2着
AR共杯|★サンアップルトン9人気3着
みやこS|◎クリンチャー1人気1着★エイコーン9人気3着
------------------------------------


■「マイルCS」馬体診断予想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼予想実績
------------------------------------
2019|不的中
2018|不的中
2017|不的中
2016|◎イスラボニータ2人気2着
2015|不的中
2014|◎グランデッツァ9人気3着
2013|不的中
2012|◎グランプリボス1人気2着
2011|不的中
2010|◎ゴールスキー6人気3着
2009|不的中
------------------------------------



▼舞台適性
------------------------------------
【クラス】G1
【コース】阪神
【距 離】1600m 芝・右 外
【適 性】N/T型-M(万能/根幹-マイル)
------------------------------------



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
113|1頭
112|インディチャンプ、ヴァンドギャルド、グランアレグリア、ケイアイノーテック、ペルシアンナイト、他3頭
111|3頭
――――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
★1頭
☆ケイアイノーテック
――――――――――――――――――



▼馬体診断 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――

今走<馬体写真あり>
――――――――――――――――――
インディチャンプ
以前から指摘している通り、”骨格”が
「父ステイゴールドとは正反対な構造比
にある馬体」の本馬。それは、ただ馬体
シルエットだけを見てもわかるほど。

例えて、人で言う「上半身に対し下半身
の骨格尺が短くいわゆる短足」。まぁ、
厳密には「ひじとひざ先の先端が短い」
かな。以前、バイクで例え「旧車400
にモンキーのホイールをはかせた」感じ
とか例えたかと思う。

以上、先のアドマイヤとは逆で「加速S
P性能」の面では最上位とスローの凡戦
向き。



ヴァンドギャルド
そうだな、ざっくり一言で言うなら、先
の「インディチャンプをより中距離仕様
にしたモデル」と言えばいいか。

具体的に、インディチャンプの「ミッシ
ョン5速6速ギアを大径化、ホイールも
純正に戻した」…そんな感じの違いだ。

以上、馬体マイラー多数が相手となる今
回、さすがにスローでは厳しいだろう。

そうだな、今回のなかではペルシアンナ
イトと距離適性や強みが近く、それとの
比較になる。



グランアレグリア
一言で、「縦比重が長い」馬体。ズバリ
、馬体の深みはあるが、可動の傾斜角は
浅め、土台振り子の起点位置も低めと、
いわゆる「SPシフトしたモデルにおけ
る深みを持つ馬体」だな。

それ故、スプリントやマイルなど短距離
路線の馬にしては「幅が薄い」馬体だろ
う。まぁ、実際に正面から馬体を見たこ
とは一度もないが、間違いないはずだ。

加え、「振りの軽さやいわゆるキレもあ
る」造りだ。後、そうだ「若駒当時より
も上背が出ている」のも感じる。上体の
化骨が大きくなっている証拠だな。

以上、こうした造り故、先のインディチ
ャンプなどとは異なり「加速SP性能が
高いながらも、振り子軽さや筋肉厚みも
少なく燃費効率も高い仕様」と言える。

ただ、今回も前回同様仕上がりは一息。
重いまでにはないが、本来、骨格からは
もう少し絞れていい。その分、前走より
距離延長のマイル戦となる今回、タフな
流れとなった際には、燃費の面で不安が
ないとは言えず。



ケイアイノーテック
まさに、今回なら「先のヴァンドギャル
ドをよりSPマイル仕様」にしたモデル
(骨格構造)と言えばいいか。

具体的に、リアというか後駆骨格の尺長
比&骨量が断然こちらが上。まぁ、筋肉
を見ても、その上腕三頭筋や大腿二頭筋
もモリモリ。

ズバリ、本馬は、馬体の”部分的(パー
ツ単位)”でのSP原動力には素晴らし
いものがある。

ただ、やはりトータルでは、振り子のお
もりが前首差し&土台四肢ともに重めな
のが目に付く。

以上、あくまで先のヴァンドギャルドよ
りは、SP面で上&今走適性でも勝る。
今風のスローな凡戦もいい。

ただなぁ、本馬はバイクで例えるなら、
「馬力は高く、加速も良く、ギア数も多
い2ストだが、一方で車重も重く、タイ
ヤもオフロード仕様」…そんな馬体だ。

故に、やはり他ライバル比で考えると、
本馬の馬体では、「スローでは間に合わ
ず、かと言って、単純なタフな流れでは
燃費が不安」となる。今回の相手に好走
するには、どうしても「馬場悪化」など
の特殊なタフな条件がほしい…となって
しまうかな。



ペルシアンナイト
通称「兄貴」と呼んでいる本馬。今回で
言えば、やはり先のヴァンドギャルドが
最も近いタイプだな。

ということで、二頭を比較すると、まぁ
確かに、兄貴のほうが「中年らしい重め
(振り子周辺の重め)がある」ものの、
「四肢振り子尺長&起点高さ」では断然
兄貴に軍配。持続&高速ギアの破壊力は
上だな。

以上、残念なのは、兄貴今回少し前回の
<安田記念>よりは仕上がりが甘い点。

が、まぁ馬体の構造的には、例年の平坦
フラット京都外より、急坂の阪神となる
今年は「強さ勝負向き」の兄貴にとって
好条件。

後は、その強みが諸刃の剣故に、乗り方
次第。その長い振り子首差しは、スムー
ズに振れれば破壊力となる反面、決して
ハンドリングの面ではいいとは言えず。

つまり、馬体の構造的には、インコース
や馬群密集は決して得意(プラス)では
ない。もし、過去そうしたレースぶりが
あったとしても、それはあくまで結果論
に過ぎない。

とにかく、兄貴の馬体は、構造的には、
「一度追い出したら最後、決してブレー
キや減速をせず、最高速まで一気にアク
セルを吹かす」乗り方がベストだ。

そのためには、インコースや馬群などで
ブレーキや加減速をするリスクを避ける
のが良く、それ故、騎手は「剛腕かつ、
不利を予知(回避)できる名手」が吉。


記事全文を読む

※この記事は2020年11月22日 15:50まで550円で販売していました。

No.914 2020年11月15日 07:00   カテゴリー: G1
  • 11/15(日)
    阪神11R
    エリザベス女王杯(G1)
    レース結果・払戻金を見る
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 8 18 ラッキーライラック 2:10.3
    2 7 13 サラキア クビ
    3 6 11 ラヴズオンリーユー クビ
    払戻金
    単勝 18 330円 1番人気
    複勝 18
    13
    11
    150円
    280円
    200円
    1番人気
    5番人気
    4番人気
    枠連 7-8 1,260円 5番人気
    馬連 13-18 2,290円 7番人気
    ワイド 13-18
    11-18
    11-13
    930円
    490円
    1,460円
    10番人気
    2番人気
    16番人気
    馬単 18-13 3,610円 13番人気
    3連複 11-13-18 4,260円 10番人気
    3連単 18-13-11 21,050円 51番人気
    WIN5 2,574,490円 1番人気
◇2020年予想的中レース一覧 <現在62戦31的中>
------------------------------------
京都金杯|★ボンセルヴィーソ 14人気3着
フェアリ|◎ポレンティア 5人気3着
 東海S |★ヴェンジェンス3人気2着
 根岸S |★モズアスコット3人気1着
シルクS|◎アウィルアウェイ3人気1着
東京新聞|◎クリノガウディー5人気3着
きさらぎ|★ストーンリッジ3人気1着
京都記念|★ステイフーリッシュ3人気3着
中山記念|★ソウルスターリング6人気3着
 弥生賞 |◎サトノフラッグ2人気1着
阪神大賞|★トーセンカンビーナ5人気2着
 桜花賞 |◎デアリングタクト2人気1着
 皐月賞 |★ガロアクリーク8人気3着
マイラC|◎ヴァンドギャルド2人気3着
NHKC|★ギルデッドミラー6人気3着
オークス|★ウインマイティー13人気3着
マーメS|◎センテリュオ2人気2着
宝塚記念|◎キセキ6人気2着
中京記念|★ラセット6人気2着
関屋記念|◎サトノアーサー4人気1着
札幌記念|★ペルシアンナイト6人気2着
北九記念|◎アウィルアウェイ10人気3着
新潟2歳|◎フラーズダルム3人気3着
新潟記念|★サンレイポケット5人気3着
小倉2歳|★フォドラ5人気3着
セント記|◎サトノフラッグ1人気2着
オールカ|◎センテリュオ5人気1着
スプリS|◎アウィルアウェイ10人気3着
 秋華賞 |◎デアリングタクト1人気1着
天皇賞秋|★フィエールマン5人気2着
AR共杯|★サンアップルトン9人気3着
みやこS|◎クリンチャー1人気1着★エイコーン9人気3着
------------------------------------


■「エリザベス女王杯」馬体診断予想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼予想実績
------------------------------------
2019|不的中
2018|◎リスグラシュー3人気1着
2017|不的中
2016|不的中
2015|不的中
2014|不的中
2013|◎メイショウマンボ2人気1着
2012|不的中
2011|◎アヴェンチュラ2人気2着
2010|不的中
2009|不的中
------------------------------------



▼舞台適性
------------------------------------
【クラス】G1
【コース】阪神
【距 離】2200m 芝・右
【適 性】A/L型-IL(加速/非根幹-中長距離)
------------------------------------



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
113|1頭
112|3頭
111|ウインマイティー、ウインマリリン、サトノガーネット、サラキア、他4頭
110|シャドウディーヴァ
――――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
◎1頭
★2頭
☆ウインマイティー、ウインマリリン、カーロバンビーナ
――――――――――――――――――



▼馬体診断 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――


今走<馬体写真あり>
――――――――――――――――――
ウインマイティー
牝馬らしい素軽いがあり、全体シルエッ
トも長躯短背で前後上下比のバランスも
良い。

かつ、首差しや後肢などの振り子構造が
「可動起点が広めで末端の重りも軽い」
造り。こうしたパーツのことを、以前は
よく「三角首差し」「下腹アウトライン
にキレがある」などと表現していたが。
まぁ、最近は「社外ホイール」とかバイ
クに例えてみたりしているかな。

以上、いわゆる個人的に好みの馬体タイ
プである典型的な【持続C型】中長距離
仕様の差しベター。それ故、春は人気薄
の<オークス>でも一撃★指名した馬で
ある。

まぁ、もう少し前は肩甲骨の比重が長く
懐深みがあり、背線アウトラインももう
少し柔らかみがあれば尚いいかな。と、
いかん好み故、話が長くなっている。

とにかく、構造に癖がなく小回りや急坂
での割り引きも不要。がやはり、今年の
舞台では、「強さ勝負」のタフな流れが
ほしいと、春の<オークス>以上にハマ
り要素が強めと、評価としては一段下げ
た穴☆あたりが妥当かな。



ウインマリリン
本馬は、とにかく春と馬体が変わってき
た。その化骨成長がグット。

そうだな、同じウインでも先のマイティ
ーちゃんとは、全体シルエットからして
全く異なる。

例えば、本馬は前振り子の尺長や背骨尺
が過多気味、かつ、肋骨から後肢起点の
構造も真逆…と、いかん色々説明したく
なってしまうので自粛。

とにかく、マイティーちゃんよりミッシ
ョンギア比のバランスに癖があり、高速
ギアの馬力は断然こちらが上だが、その
ギアまでのスピード乗りが遅く、また、
燃費効率もマイティーのようにエコ仕様
の馬体に非ず。つまり、さらにハイリス
クハイリターンな馬体構造。

以上、さらに言えば、春からの”骨格”
の成長面では明確に良化も、現時点での
”筋肉脂肪率”と言った仕上がり面では
まだ緩めと、それもリスク。

ただ、距離が延びることで、前半のペー
スが緩み、マイ完歩で無理なく先行でき
るならば、燃費の悪さを最小限に抑えて
、後半に強み(高速ギア)を活かすこと
ができる。その意味で非根幹は吉。



サトノガーネット
これまた一転して少し癖がある(前後上
下比のバランスに偏りがある)全体シル
エットだ。

加え、パーツ単位も癖が強め。具体的に
振り子の尺長&軽さはありながら、その
可動起点(肩甲骨など)は傾斜きつめ&
尺長小ぶりなど。

以上、いわゆる骨格的に「一完歩のスト
ライドの”打点”は高いが”可動幅”は
狭い構造」にある。おそらく、少し走り
に硬さがある馬ではないか。

いわゆる【単調L型】仕様であり非根幹
はベスト。かつ、小回りもストライドが
伸び切らない分、大きなリスクにはなら
ないが、まぁ、G1で重い印を打つには
強みが一息。あくまで今走適性にマッチ
する馬体モデルの分類にいる一頭という
評価止まりかな。



サラキア
本馬も、先のウインマイティ―ちゃんと
同じ「振り子にキレある」馬体だ。より
SPシフトしたモデルだな。

以上、小回りで上がり時計がかかる今回
の阪神よりも、例年の平坦フラット京都
外での上がり時計が速い競馬がより吉。
後、差しマストの構造。



シャドウディーヴァ
本馬も、先のサラキア同様【持続C型】
ベースだが、本馬は、ハーツクライ産駒
らしく前後の振り子起点間が長い胴長な
シルエットで、典型的な【単調L型】。

ただ、先のサトノガーネットと同じ【L
型】構造で、今回の非根幹距離自体ベス
トだが、本馬の場合、中速ギアに癖(径
大きめ)があり、サトノ以上に「走行中
の加減速が苦手なギア比」であり、小回
り&急坂はリスク高と、評価としては、
サトノの番手が確定。

以上、強み適性がわかり易く、ベスト条
件で狙いたい。



今走<馬体写真なし>
――――――――――――――――――
※馬体の記憶やググった過去の馬体写真
を元、今走評価や印のみなど公開

リュヌルージュ
ロサグラウカ
カーロバンビーナ ★
エスポワール


馬体不明
ミスニューヨーク


No.913 2020年11月07日 23:36   カテゴリー: 馬体の基本解説 G2
  • 11/08(日)
    東京11R
    アルゼンチン共和国杯(G2)
    レース結果・払戻金を見る
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 8 18 オーソリティ 2:31.6
    2 1 2 ラストドラフト 11/2
    3 5 10 サンアップルトン クビ
    払戻金
    単勝 18 530円 3番人気
    複勝 18
    2
    10
    270円
    460円
    540円
    3番人気
    5番人気
    7番人気
    枠連 1-8 2,040円 10番人気
    馬連 2-18 6,680円 23番人気
    ワイド 2-18
    10-18
    2-10
    2,630円
    2,620円
    5,440円
    26番人気
    25番人気
    50番人気
    馬単 18-2 9,590円 33番人気
    3連複 2-10-18 48,220円 136番人気
    3連単 18-2-10 202,520円 570番人気
    WIN5 4,403,170円 3番人気
◇著者別コンテンツ紹介~ノートnote
------------------------------------
馬体&馬券のノウハウ記事など随時公開
------------------------------------

◇2020年予想的中レース一覧 <現在60戦29的中>
------------------------------------
京都金杯|★ボンセルヴィーソ 14人気3着
フェアリ|◎ポレンティア 5人気3着
 東海S |★ヴェンジェンス3人気2着
 根岸S |★モズアスコット3人気1着
シルクS|◎アウィルアウェイ3人気1着
東京新聞|◎クリノガウディー5人気3着
きさらぎ|★ストーンリッジ3人気1着
京都記念|★ステイフーリッシュ3人気3着
中山記念|★ソウルスターリング6人気3着
 弥生賞 |◎サトノフラッグ2人気1着
阪神大賞|★トーセンカンビーナ5人気2着
 桜花賞 |◎デアリングタクト2人気1着
 皐月賞 |★ガロアクリーク8人気3着
マイラC|◎ヴァンドギャルド2人気3着
NHKC|★ギルデッドミラー6人気3着
オークス|★ウインマイティー13人気3着
マーメS|◎センテリュオ2人気2着
宝塚記念|◎キセキ6人気2着
中京記念|★ラセット6人気2着
関屋記念|◎サトノアーサー4人気1着
札幌記念|★ペルシアンナイト6人気2着
北九記念|◎アウィルアウェイ10人気3着
新潟2歳|◎フラーズダルム3人気3着
新潟記念|★サンレイポケット5人気3着
小倉2歳|★フォドラ5人気3着
セント記|◎サトノフラッグ1人気2着
オールカ|◎センテリュオ5人気1着
スプリS|◎アウィルアウェイ10人気3着
 秋華賞 |◎デアリングタクト1人気1着
天皇賞秋|★フィエールマン5人気2着
------------------------------------


■「アルゼンチン共和国杯」馬体診断予想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼予想実績
------------------------------------
2019|◎アフリカンゴールド1人気3着
2018|不的中
2017|★ソールインパクト7人気2着
2016|不的中
2015|◎ゴールドアクター1人気1着★メイショウカドマツ4人気2着
2014|予想なし
2013|不的中
2012|予想なし
2011|不的中
2010|予想なし
2009|予想なし
------------------------------------



▼舞台適性
------------------------------------
【クラス】G2
【コース】東京
【距 離】2500m 芝・左
【適 性】C/L型-L(持続/非根幹-長距離)
------------------------------------



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
113|1頭
112|2頭
111|サトノルークス、メイショウテンゲン、他1頭
――――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
◎1頭
★2頭
☆ミュゼエイリアン
――――――――――――――――――



▼馬体診断 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――

今走<馬体写真あり>
――――――――――――――――――
サトノルークス
確か姉がタッチングスピーチかな。姉は
【持続C型】長距離砲の好馬体で高評価
してきた馬だが、本馬はタイプが違い…
と、過去解説した気がするので省略。

以上、とにかく、姉と馬体の”雰囲気”
は良く似ている。が、”構造”は明確に
異なる。

端的に言えば、本馬は”脚”が短いな。
”足”の大きさはそこそこだが。後、肩
関節位置からも、おそらく姉より可動の
傾斜も立気味。

つまり、本馬は、姉よりも加速&SP(
短め距離適性)にシフトしたモデルだ。
ここが上がり時計が速いスローなら吉。



メイショウテンゲン
見ての通り、「長躯短背、かつ首や脚が
長い」馬体。

これぞ、≪当診断≫でよく言う「短背だ
からこそ長距離がいいんだよ」といった
お手本的な馬体構造だ。

いわゆる、猫も杓子も「胴長=長距離」
と一律で判断する<巷の馬体の見方>で
は決して見極められない馬体と言えばい
いか。

ズバリ、<動作(走行)時>のストライ
ド幅が長い馬体構造である。

以上、省エネ&追ってこそが強みの造り
であり、そのSP要素を見ても、まさに
「現代競馬のトレンドと逆行している」
馬体と言ってもいいかな。

まぁ、長距離は安定した評価ができるが
、やはりその個性故、馬場悪化や急坂な
ど、今回よりさらに「消耗し易い要素が
ある条件」が尚よろし。



今走<馬体写真なし>
――――――――――――――――――
※プレミア記事完全公開



馬体総評 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――

後、一頭気になる馬としてミュゼエイリ
アン。

これもダービー時の馬体写真ともう何年
も前だが、その馬体は明確な強みがあり
普通に好馬体。成績は、近走など大敗続
きだが、馬体からは、重賞の一つ二つは
獲ってしかるべき。今走ベストではない
が、馬体からはこのまま終わるのはもっ
たいない。どこかで一発あっていい。




TOP