馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
馬体優先主義【1コイン版】
いいね6

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014年08月21日
最終更新日:2020年10月18日 05:18


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
基本情報を隠す

メニュー

プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
カレンダー
<  2020年10月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
紹介文
隠す
創刊11年目を迎える、「馬体写真」だけで予想する
メルマガ馬体優先主義の<部分配信>コンテンツ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■特徴
・「馬体写真」だけで予想~パドック不要
・「馬体限定」の評価情報~馬体レーティング、馬体短評
・見極める「適性」は、コース、距離長さ、距離質、脚質まで 
・「パドック派」が見極めるポイントの約20倍をチェック診断
・馬体から馬を「3タイプ{A・N・C}型」に分類
・アナログな馬体から、デジタルな評価、数的実績を実現!



■対象

・重賞レース ※1~2R/週 
・馬体写真の数により公開しない週もあり 


■価格

――――――――――――――――――――――
1頭…100円(税込)
1R…500円(税込)※全馬対象(約8頭~)
――――――――――――――――――――――

・1章毎に1頭毎の馬体短評に掲載。
・最終結論(推奨買い目)も部分配信。



■公開日時

・重賞の前日夜8時~当日昼12時を予定



■著者馬体診断の過去実績

▽馬体レーティング実績
――――――――――――――――――――――
≪2014上半期≫
TOP馬
【単回収率】126% 【複回収率】144%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】218% 【複回収率】278%

≪2013-年間≫
TOP馬
【単回収率】98% 【複回収率】99%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】111% 【複回収率】104%

※人気馬……1~4番人気馬
――――――――――――――――――――――


▽若駒の馬体評価(おすすめ指名馬)実績
――――――――――――――――――――――
≪06~11産駒-累計実績≫

■馬体おすすめ全指名馬
【勝馬率】63%(342/540頭)※デビュー未含む
【代表馬】ショウナンアチーヴ(11産駒馬体No.1)

□牡馬-総合ランキング
【勝馬率】76%(69/89頭)
【代表馬】オルフェーヴル

□牝馬-総合ランキング
【勝馬率】56%(45/81頭)
【代表馬】ジェンティルドンナ

□ディープインパクト産駒-牡馬ランキング
【勝馬率】86%(42/49頭)
【代表馬】ディープブリランテ

□ディープインパクト産駒-牝馬ランキング
【勝馬率】60%(27/45頭)
【代表馬】ヴィルシーナ

※くわしくは著者『若駒対象の馬体評価サイト』
ColtJapan;http://coltjapan.com/
――――――――――――――――――――――


▽予想他実績
・毎年、年間回収率100%超
・予想の印ベタ買いで年間回収率100%超実績あり
・ノウハウレポート数十冊配信済
・競馬最強の法則WEB、ウマニティのプロ枠等
大手競馬サイトで馬体情報を発信中
・サラブレッドのセリセール前の購入相談(馬体コ
ンサルティング)も担当


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
購入する方はこちら
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
No.906 2020年10月04日 07:10   カテゴリー: 馬体の基本解説 G1
  • 10/04(日)
    中山11R
    スプリンターズS(G1) レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 5 10 グランアレグリア 1:08.3
    2 2 3 ダノンスマッシュ
    3 8 16 アウィルアウェイ 1/2
    払戻金
    単勝 10 220円 1番人気
    複勝 10
    3
    16
    140円
    180円
    680円
    1番人気
    3番人気
    9番人気
    枠連 2-5 570円 2番人気
    馬連 3-10 530円 1番人気
    ワイド 3-10
    10-16
    3-16
    310円
    2,120円
    3,150円
    2番人気
    21番人気
    31番人気
    馬単 10-3 790円 1番人気
    3連複 3-10-16 10,430円 32番人気
    3連単 10-3-16 22,540円 63番人気
    WIN5 58,060円 1番人気
◇2020年予想的中レース一覧 <現在54戦26的中>
------------------------------------
京都金杯|★ボンセルヴィーソ 14人気3着
フェアリ|◎ポレンティア 5人気3着
 東海S |★ヴェンジェンス3人気2着
 根岸S |★モズアスコット3人気1着
シルクS|◎アウィルアウェイ3人気1着
東京新聞|◎クリノガウディー5人気3着
きさらぎ|★ストーンリッジ3人気1着
京都記念|★ステイフーリッシュ3人気3着
中山記念|★ソウルスターリング6人気3着
 弥生賞 |◎サトノフラッグ2人気1着
阪神大賞|★トーセンカンビーナ5人気2着
 桜花賞 |◎デアリングタクト2人気1着
 皐月賞 |★ガロアクリーク8人気3着
マイラC|◎ヴァンドギャルド2人気3着
NHKC|★ギルデッドミラー6人気3着
オークス|★ウインマイティー13人気3着
マーメS|◎センテリュオ2人気2着
宝塚記念|◎キセキ6人気2着
中京記念|★ラセット6人気2着
関屋記念|◎サトノアーサー4人気1着
札幌記念|★ペルシアンナイト6人気2着
北九記念|◎アウィルアウェイ10人気3着
新潟2歳|◎フラーズダルム3人気3着
新潟記念|★サンレイポケット5人気3着
小倉2歳|★フォドラ5人気3着
セント記|◎サトノフラッグ1人気2着
オールカ|◎センテリュオ5人気1着
------------------------------------


■「スプリンターズS」馬体診断予想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼予想実績
------------------------------------
2019|不的中
2018|不的中
2017|不的中
2016|不的中
2015|不的中
2014|不的中
2013|不的中
2013|★マヤノリュウジン15人気3着
2012|不的中
2011|◎パドトロワ9人気2着
2010|不的中
1996|◎エイシンワシントン3人気2着
------------------------------------



▼舞台適性
------------------------------------
【クラス】G1
【コース】中山
【距 離】1200m 芝・右 外
【適 性】A/T型-S(加速/根幹-スプリント)
------------------------------------



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
113|1頭
112|ミスターメロディ、他3頭
111|ダイアトニック、ダノンスマッシュ、他4頭
110|レッドアンシェル、他2頭
――――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
◎1頭
★2頭
☆1頭
○ミスターメロディ
――――――――――――――――――



▼馬体診断 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
久々G1。しかもその昔、思い入れ深い
名馬とともに1cmに散ったレースでも
あり、今回は、時短や文字数短縮などを
意識せず、ありのまま一気に綴る。


今走<馬体写真あり>
――――――――――――――――――
アウィルアウェイ
ご存じ馬体お気に入り。初見は確か3歳
の<桜花賞>だったと思うが、その抜群
の後肢トモの骨格容量に一目惚れ。

それでいて、一介の短距離馬らしからぬ
上体の可動尺長や伸びもあり、いわゆる
「G1馬足りうる」馬体であり、必ずや
この先走ってくると期待していた本馬。

今年に入り、やはり「短距離マイル路線
ではこの馬が今年の主役かな」と思い、
ずっと本命◎を打ち続けてはいる。が、
今の処、<シルクロードS>勝ちのみ、
<北九記念>も人気薄とは言え3着止ま
りと、馬体的には最低限の活躍に留まっ
ている感。

確かに、中山の小回りがどうか。急坂も
ベストとは言えず。しかも今回、体調は
良さそうだが、仕上がりが少し甘い。

しかしながら、マイラーベースのフレー
ム構造とは言え、SP原動力となるトモ
の造りは、このG1スプリント路線の馬
たちを前にしても完全に一枚上だ。

以上、今風の単調なSP勝負の凡戦では
今走適性から勝ち負けまでは疑問だが、
さすがに余程消極的に乗らない限りは、
素材とSP面からも3着までには持って
くるべきだな。



ダイアトニック
ほぼダノンスマッシュだな。同父でもあ
るが、それにしてもよく似ているな。

以上、結論を言えば、二頭ともいかにも
短距離スプリンターというフレーム構造
ではなく、かつ、どちらも差しベターの
構造故、どうしても前半からSP全開の
勝負となるスプリント戦で無難に乗ると
後一押しがきかないリスクがある。

やはり、1200G1を勝ち切るには、
極端な競馬が必要だろうが、なまじ馬体
バランスなど癖がなく乗り易そうなため
今回もスタート後、無難な好位で乗って
の善戦止まりの可能性は高いかな。



ダノンスマッシュ
ほぼダイアトニックだな。今走適性や仕
上がり面でも二頭にほぼ差がなく、解説
も同じでここは省略。

以上、そうだな、厳密にはダイアよりも
本馬のほうが少し可動傾斜が緩やかで、
バイクで言えば、本馬が400ccなら
ダイアは同モデルの250ccといった
ところだ。



ミスターメロディ
やはり、この馬体を見ると大好きだった
エイシンワシントンを思い出すな。

以上、当診断で【持続C型】コースとし
ている中京G1<高松宮記念>の勝ち馬
だが、馬体そのものは、その可動&駆動
&着地など、どれも断然持続よりも加速
性能に向く骨格構造にある。小回り吉。
先行がよろし。

かつ、その筋肉量からも、燃費効率の面
でも断然、摩擦消耗の少ない単調なSP
勝負に向くとくれば、今風の上がり時計
の速いSP比べの凡戦では有力。しかも
仕上がりも良い。

ただ、どうしてもワシントンと比べてし
まう。その首差し~肩口がもう少し軽け
れば。また、前後容量も物足りなさを感
じてしまう。

つまり、主観思い入れや願望(万に一つ
の強さ勝負)を省いてしまえば、人気と
のギャップからも、本線◎★評価すべき
馬ではある。



レッドアンシェル
本馬も特徴的な骨格構造でわかり易い。
いかにも母父ストームキャットの血が色
濃いな。

具体的に、背骨の胸椎~腰椎が緩めで、
その前後起点となる肩甲骨や仙骨も小ぶ
りな”骨格”構造。

それ故、馬体の”シルエット”は見ての
通り前後の起点が間延びした(開いた)
いわゆる「胴長低重心」という当診断の
【淡泊L型】というシルエット。

以上、やはり、こうして短スプリンター
の馬体と比較すると、その「水平胴長」
という構造は、加速&加減速、急坂適性
では劣るリスクだ。

また、その特徴を補う&強みとするリタ
ーンの面でも、前後可動の骨格尺や傾斜
が小ぶり、振り子も標準では、やはり、
その特徴はリスクとして考えるべき。

まぁ、今回仕上がりはいいが。流れの外
から強みを活かし、と考えても本馬以上
の強みがある馬がおり、印が回らず。





TOP