馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
馬体優先主義【1コイン版】
いいね6

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014年08月21日
最終更新日:2019年08月18日 04:28


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
基本情報を隠す

メニュー

カレンダー
<  2019年1月  >
10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
紹介文
隠す
創刊もうすぐ5年目、「馬体写真」だけで予想する
メルマガ馬体優先主義の<部分配信>コンテンツ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■特徴
・「馬体写真」だけで予想~パドック不要
・「馬体限定」の評価情報~馬体レーティング、馬体短評
・これまでの「馬体の見方」とは全く異なる相馬眼
・「パドック派」が見極めるポイントの約20倍をチェック診断
・見極める「適性」は、コース、距離長さ、距離質まで
・馬体から馬を「3タイプ{A・N・C}型」に分類
・アナログな「馬体」ながら、デジタルな評価、数的実績を実現!



■対象

・重賞レース ※1~2R



■価格

――――――――――――――――――――――
1頭…100円(税込)
1R…500円(税込)※全馬対象(約8頭~)
――――――――――――――――――――――

・1章毎に1頭毎の馬体短評に掲載。
・最終結論(推奨買い目)も部分配信。



■公開日時

・重賞の前日夜8時~当日昼12時
・章(1頭)単位で随時公開
・場合によっては公開しない週もあり



■著者馬体診断の過去実績

▽馬体レーティング実績
――――――――――――――――――――――
≪2014上半期≫
TOP馬
【単回収率】126% 【複回収率】144%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】218% 【複回収率】278%

≪2013-年間≫
TOP馬
【単回収率】98% 【複回収率】99%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】111% 【複回収率】104%

※人気馬……1~4番人気馬
――――――――――――――――――――――


▽若駒の馬体評価(おすすめ指名馬)実績
――――――――――――――――――――――
≪06~11産駒-累計実績≫

■馬体おすすめ全指名馬
【勝馬率】63%(342/540頭)※デビュー未含む
【代表馬】ショウナンアチーヴ(11産駒馬体No.1)

□牡馬-総合ランキング
【勝馬率】76%(69/89頭)
【代表馬】オルフェーヴル

□牝馬-総合ランキング
【勝馬率】56%(45/81頭)
【代表馬】ジェンティルドンナ

□ディープインパクト産駒-牡馬ランキング
【勝馬率】86%(42/49頭)
【代表馬】ディープブリランテ

□ディープインパクト産駒-牝馬ランキング
【勝馬率】60%(27/45頭)
【代表馬】ヴィルシーナ

※くわしくは著者『若駒対象の馬体評価サイト』
ColtJapan;http://coltjapan.com/
――――――――――――――――――――――


▽予想他実績
・毎年、年間回収率100%超
・予想の印ベタ買いで年間回収率100%超実績あり
・ノウハウレポート数十冊配信済
・競馬最強の法則WEB、ウマニティのプロ枠等
大手競馬サイトで馬体情報を発信中
・サラブレッドのセリセール前の購入相談(馬体コ
ンサルティング)も担当


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
購入する方はこちら
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
No.774 2019年01月27日 07:20   カテゴリー: 馬体の基本解説 G3
  • 01/27(日)
    京都11R
    シルクロードS(G3) 印・買い目を比較する レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 1 2 ダノンスマッシュ 1:08.3
    2 4 8 エスティタート 11/4
    3 8 18 ティーハーフ クビ
    払戻金
    単勝 2 200円 1番人気
    複勝 2
    8
    18
    130円
    700円
    890円
    1番人気
    10番人気
    12番人気
    枠連 1-4 1,410円 7番人気
    馬連 2-8 4,530円 15番人気
    ワイド 2-8
    2-18
    8-18
    1,520円
    2,640円
    19,490円
    14番人気
    24番人気
    104番人気
    馬単 2-8 6,610円 21番人気
    3連複 2-8-18 73,350円 179番人気
    3連単 2-8-18 248,250円 621番人気
    WIN5 1,619,250円 1番人気

    該当記事での印・予想買い目・資金配分
    着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
    1着 1 2 ダノンスマッシュ 2.0 1 56.5 牡4 北村友一 栗東安田隆行 474.0
    18着 5 10 ラブカンプー 4.3 2 54.0 牝4 M.デムーロ 栗東森田直行 444.0
    6着 7 13 ダイメイプリンセス 20.6 8 55.0 牝6 秋山真一郎 栗東森田直行 502.0
    5着 8 17 アレスバローズ 37.1 10 57.5 牡7 川田将雅 栗東角田晃一 504.0
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】京都
【距 離】1200m 芝・右
【適 性】N/T型-S(中立/根幹-スプリント)



▼馬体レーティング
―――――――――――――――――
※省略
―――――――――――――――――



▼予想印
―――――――――――――――――
※文末公開
―――――――――――――――――



▼馬体結論

※先週に引き続き、今週も<馬体レー
ティング>算出用の独自データの修正
が間に合わず、レーティング未算出。


今回<馬体写真あり>
─────────────────
アレスバローズ
前後伸び一息も、前振りの良さ、上体
の容量比、重心軸などからも、典型的
なマイラー仕様の馬体。

もう少し可動の横尺や四肢尺折があれ
ばなと思うが、癖少なくなかなかいい
馬だ。最近で言えば、好馬体マイラー
ダコールのコンパクトモデルといった
ところかな。

以上、SP絶対値も標準的な造りで、
どうしてもスプリント戦では距離不足
のため、単調な凡戦レースでは台頭し
づらいだろう。

その上、【中立N型】コースと半端な
舞台となる今回、積極的に乗る必要が
ある。仕上がりもまだ余裕ある。



ダイメイプリンセス
振り子キレあり軽量。寸詰まりも牝馬
らしい下腹ライン。

以上、【持続CN~CL型】ベース。
フラット平坦京都もいい。



ダノンスマッシュ
箱型、短背斜尻、体高あり、駆動部の
筋肉量も多めなど。いわゆる典型的な
【万能NT型】ベースの馬体マイラー
だな。

以上、本馬も先のアレスバローズ同様
、マイラーとしては抜けた造りや強み
までの馬体ではない分、距離短縮とな
るスプリント戦のほうが勝ち切る可能
性は高くなるかな。

ただ、平坦フラットとなる今回、単調
なSP勝負の凡戦では馬体を持て余す
リスクもある。



ナインテイルズ
長方形気味で前後連動甘さもあり、か
つ、振り子と可動も独立気味のバラン
スにある。

以上、【中立NL型】中距離馬でSP
裏付けも甘い。馬体を見ると、芝スプ
リント戦で評価はしづらいな。平坦は
いいが。



ラインスピリット
全体的に、胴短、可動の尺折標準なが
ら、振り尺長めで上下の軸高比重にあ
るなど、「今一つ強みの統一感に欠け
る構造」だ。

ズバリ、典型的な【中立N型】の馬体
と言えるが、このあたり、もう少し具
体的に説明すると、

本馬の馬体、その各パーツや相互関係
が、「着地から得るSPエネルギーを
その土台~上体~末端と全身に伝える
上で、SPの<伝達や振動(加速や持
続)>という点において、どちらにも
統一し切れない構造にある。

どっちつかず、中途半端な強みや適性
となる馬体と言えばいいか。

以上、ハンパな強みや適性故、小回り
平坦のローカルや今回の京都内回りは
いい。

が、同時に、SPや距離適性、心肺の
面でもハンパな評価のため、SPや短
距離適性に特化したスプリント戦では
、抜けた評価もしづらく、狙いどころ
が難しい。

(馬体ネタ)
馬体も地球も形を見極める上で大切なことは同じ
----------------------------------
後、某サイトの本馬の馬体コメントで
「胴(特に背中)が短い馬で、典型的
なスプリンター」とある。

この一文の前半、「本馬が胴(特に背
中)が短い馬」という部分まで(その
<相馬眼>)には同意する。

が、後半の、それが「典型的なスプリ
ンターだ」という判断(<馬体適性の
見極め>)には、無論、同意できず。
問題外だ。

何度も言うが、「胴が短い馬=短距離
馬」というのは、<馬体の構造>上、
決して正しいとは言えない。

それは、あくまで、単に巷に溢れてい
る<馬体の常套文句上の定義>に過ぎ
ない。

本当にもったいない。某サイトの著者
は、おそらく<相馬眼>はある(馬体
の形は認識できている)と思う。

ただ、<馬体の形から適性の見極め>
になると一転して、その判断基準が、
”サラブレッドそのもの(馬の生物的
な構造)”の観点ではなく、巷に溢れ
ている”ただの言葉”を鵜呑みにして
それに頼ってしまっている。残念だ。

いつも何度も何度も言うが、「胴長=
長距離馬」「胴短=短距離」、これら
は、あくまで<ただの言葉>だ。

その言葉の成否は、それを発した人に
もなく、それが綴られている本書籍や
サイトなどの情報元の信頼性や著名度
なども一切関係ない。

その言葉が正しいか否か、その答えは
唯一、「馬という生物の骨格構造上の
力学的な観点でどうなのか?」ここに
しかない。

以上、まぁ、馬体の見極めに限らず、
「世の中で、当たり前とされているこ
とを疑う、疑問を持つ」というのは、
心理的にとてつもなく難しいと思う。

例えば、その昔、誰もが「地球は四角
い平面だ」と信じていた時代があるが
、その時代に、「地球は本当に四角い
平面のか?」と、疑問を持ち、かつ、
「地球は丸い」という真実を見極める
まで、人は、数多の賢者と年月を有し
ている。

と、とてつもないスケールというか、
大袈裟過ぎる話となったが…、まぁ、
根本的に、馬体(適性)も地球(の形
)の見極めと同じことかな。

それを見極める上で、最大の障壁とな
るものは、知識や理論不足でもなく、
唯一、本質のみに目を向けようとする
心理になりづらい人間の性にある。

以上、馬体の適性は、

誤)胴が短い=典型的なスプリンター

では決してない。

正)胴が短い=他の馬体パーツの形状
次第では、その短さが一完歩の前後幅
を狭くする要因となりうる

これ以上以下でもない。
----------------------------------



記事全文を読む
No.773 2019年01月27日 07:10   カテゴリー: G3
  • 01/27(日)
    東京11R
    根岸ステークス(G3) 印・買い目を比較する レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 6 11 コパノキッキング 1:23.5
    2 1 2 ユラノト 3/4
    3 1 1 クインズサターン 13/4
    払戻金
    単勝 11 430円 2番人気
    複勝 11
    2
    1
    210円
    190円
    300円
    3番人気
    2番人気
    5番人気
    枠連 1-6 330円 1番人気
    馬連 2-11 1,250円 4番人気
    ワイド 2-11
    1-11
    1-2
    510円
    1,030円
    880円
    4番人気
    11番人気
    8番人気
    馬単 11-2 2,360円 9番人気
    3連複 1-2-11 5,220円 17番人気
    3連単 11-2-1 18,930円 58番人気
    WIN5 1,619,250円 2番人気

    該当記事での印・予想買い目・資金配分
    着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
    14着 2 3 サトノファンタシー 31.5 8 56.0 牡6 岩田康誠 栗東松田国英 496.0
    10着 2 4 ケイアイノーテック 18.4 7 58.0 牡4 藤岡佑介 栗東平田修 468.0
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】東京
【距 離】1400m ダート・左
【適 性】C/L型-SM(持続/非根幹-短マイル)



▼馬体レーティング
―――――――――――――――――
※省略
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
★1頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

※先週に引き続き、今週も<馬体レー
ティング>算出用の独自データの修正
が間に合わず、レーティング未算出。


今回<馬体写真あり>
─────────────────
サンライズノヴァ
振り子軽さ尺があり、いかにもダート
馬という馬体ではない。ただ、上体の
骨格構造やバランス比重に癖があり、
可動硬さがある馬体。

以上、素軽さ、振りの軽さで勝負する
馬体と言え、ここはベストに近い条件
ではある。


記事全文を読む

※この記事は2019年01月27日 15:50まで100円で販売していました。

No.772 2019年01月20日 07:10   カテゴリー: G2
  • 01/20(日)
    中京11R
    東海テレビ杯東海S(G2) 印・買い目を比較する レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 4 4 インティ 1:49.8
    2 3 3 チュウワウィザード
    3 4 5 スマハマ
    払戻金
    単勝 4 150円 1番人気
    複勝 4
    3
    5
    110円
    120円
    180円
    1番人気
    2番人気
    4番人気
    枠連 3-4 280円 1番人気
    馬連 3-4 310円 1番人気
    ワイド 3-4
    4-5
    3-5
    170円
    290円
    430円
    1番人気
    3番人気
    5番人気
    馬単 4-3 400円 1番人気
    3連複 3-4-5 750円 2番人気
    3連単 4-3-5 1,610円 2番人気
    WIN5 680,290円 1番人気

    該当記事での印・予想買い目・資金配分
    着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
    8着 1 1 グレンツェント 28.3 5 56.0 牡6 F.ミナリク 美浦加藤征弘 484.0
    3着 4 5 スマハマ 7.9 4 55.0 牡4 藤岡佑介 栗東高橋亮 538.0
    13着 6 8 モルトベーネ 184.0 11 56.0 牡7 藤岡康太 栗東松永昌博 478.0
    7着 8 13 カゼノコ 129.2 10 57.0 牡8 小崎綾也 栗東野中賢二 462.0
▼舞台適性

【クラス】G2
【コース】中京
【距 離】1800m ダート・左
【適 性】C/L型-MI(持続/非根幹-マイル中距離)



▼馬体レーティング
―――――――――――――――――
※省略
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
☆カゼノコ、グレンツェント、モルトベーネ
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

※今回<馬体写真あり>の馬がたった
の四頭、かつ、馬体レーティングの独
自算出ソフトの不具合もあり、更に、
馬体から明らかに頭一つ抜けた素材も
いるため、短評&印も最小限でいく。


今回<馬体写真なし>
─────────────────
馬体記憶あり
アスカノロマン
カゼノコ
グレンツェント
モルトベーネ



馬体記憶なし
コスモカナディアン
シャイニービーム
マイネルバサラ
メイショウスミトモ
アングライフェン



今回<馬体写真なし>の馬で、馬体が
記憶にない(ぱっと頭に浮かばない)
馬はスルー。時間的にも探さず。

残り、馬体の記憶がある四頭では…

父アグネスデジタル産駒として、実績
はアスカノロマンが上の印象も、馬体
の素材としてはカゼノコが上位。


今走適性や馬体の格やSP面含め、ト
ータルで上位評価すべきである馬体素
材のグレンツェント、モルトベーネと
言ったところ。



記事全文を読む

※この記事は2019年01月20日 16:00まで100円で販売していました。

No.771 2019年01月20日 07:00   カテゴリー: G2
▼舞台適性

【クラス】G2
【コース】中山
【距 離】2200m 芝・右 外
【適 性】A/L型-I(加速/非根幹-中距離)



▼馬体レーティング
―――――――――――――――――
※省略
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
★サクラアンプルール、1頭
☆ショウナンバッハ、マイネルミラノ
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

※今回<馬体レーティング>算出用の
独自データが上手く起動せず。まぁ、
馬体を見てエクセルに数字を入力だけ
なので、アナログに計算すれば算出で
きるが、時間が多少かかるので、今回
、レーティングは未算出。


今回<馬体写真あり>
─────────────────
サクラアンプルール
二年連続<有馬記念>で本線評価した
馬だが、今年は、結果15人気7着。
一昨年同様、レース自体は見ていない
が、着順上はまずまず。

ただ、その通過順からは、もっと前め
の位置取り、早め先行などの競馬なら
、もっとやれたのではないかと思う。
ちょっと残念だな。

以上、いつも言うが、一言で、「ノー
ザンテーストの血らしい馬体構造」に
ある中距離仕様の先行馬。あのエアシ
ェイディ?と馬体がかぶると高評価し
ていた好素材。

当然、ここはほぼベスト条件。ただ、
如何せん、加齢は多少ある中年仕様の
仕上がりである現状、SP的に、勝ち
負けまではどうか。



ショウナンバッハ
数年前の初見当時から、重賞でも本線
◎★など重い印を打った記憶にある馬
で、父サクラバクシンオーの影響か、
いわゆるSP裏付けある【持続C型】
マイル~中距離仕様で馬体好素材。

今回、仕上がり凡庸。そのあたり冬場
で年齢的にもしかたがないとは言え、
適性合う舞台である前走の重賞などで
は、人気薄ながら激走している。

正直、もう少し馬体に合ったレースや
コースを使えていれば、もう一つ二つ
上の実績を上げられたのではないか。
もったいない。

以上、馬体の構造的には、前走比で条
件暗転、かつ、今更G2で善戦しても
、素材的にも遅過ぎる感で、虚しさを
感じるだけかな。




今回<馬体写真なし>
─────────────────
アクションスター
デビュー後、これまでも再三指摘して
きたが、完全に「馬体と乗り方がミス
マッチ」な一頭。この年齢でこの戦績
では、もうどうしようもない。



シャケトラ
フェノーメノとタイプが近い馬体だっ
たと記憶。しばらく馬体見ておらず、
仕上がり不明の今回、SP面含め、タ
フな流れがほしいものの、仕上がり不
足であれば、強くは推せないと、どっ
ちつかずの評価かな。



マイネルミラノ
【万能NN型】マイル~中距離仕様で
軸やSP面でも安定した馬体だったと
記憶。もう9歳、かつ、多少加齢の影
響が出易い構造でもあり、かつ、今回
仕上がり不明とあれば、重い印は打て
ないな。

ただ、まだ昨年秋など同舞台の重賞で
あるオールカマーでは、ゼロスタート
からの逃げ先手を打てており、SP面
の劣化までの加齢パワー化は進んでい
ない可能性がある。

そのため、安定した造りからも、一発
の警戒はしてもいいかな。



ミライヘノツバサ
今走適性一息な【持続C型】構造の馬
体だったかな?。基本適性が反対でも
あり、再見はせず。



メートルダール
素材良く高評価している馬だったと思
う。ただ、どうかな、生粋の【持続C
型】構造ではないものの、適性ベスト
でなく前走比で条件暗転。タフな流れ
が良いかな。


記事全文を読む

※この記事は2019年01月20日 15:50まで500円で販売していました。

No.770 2019年01月12日 23:16   カテゴリー: G3
  • 01/14(月)
    中山11R
    京成杯(G3) 印・買い目を比較する レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 6 7 ラストドラフト 2:01.2
    2 5 5 ランフォザローゼス 11/4
    3 2 2 ヒンドゥタイムズ クビ
    払戻金
    単勝 7 510円 4番人気
    複勝 7
    5
    2
    180円
    150円
    440円
    4番人気
    1番人気
    7番人気
    枠連 5-6 670円 3番人気
    馬連 5-7 970円 2番人気
    ワイド 5-7
    2-7
    2-5
    400円
    1,670円
    1,080円
    3番人気
    22番人気
    12番人気
    馬単 7-5 1,690円 3番人気
    3連複 2-5-7 5,490円 17番人気
    3連単 7-5-2 22,140円 65番人気
    WIN5 8,800,260円 4番人気

    該当記事での印・予想買い目・資金配分
    着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
    10着 1 1 カイザースクルーン 36.6 9 56.0 牡3 石川裕紀人 美浦相沢郁 496.0
    3着 2 2 ヒンドゥタイムズ 23.6 7 56.0 牡3 中谷雄太 栗東斉藤崇史 454.0
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】中山
【距 離】2000m 芝・右
【適 性】A/T型-I(加速/根幹-中距離)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
111|2頭
110|シークレットラン、他3頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
★2頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

同週<日経新春杯>の解説が長くなっ
たこともあり、短文端的を心がける。


今回<馬体写真あり>
─────────────────
シークレットラン
初見。首差しや前後のバランス、可動
角などよいものがある。が、いかんせ
ん、現状、化骨完成度や仕上がりも甘
く幼さがあるな。

以上、今回最も目についた馬体で、素
材はいい馬。持続性能と今後の伸び代
は、今回のメンバーでは一番。だから
こそ、ここでは評価を下げたいかな。


記事全文を読む

※この記事は2019年01月14日 16:00まで100円で販売していました。

ページの先頭へ