馬体優先主義【1コイン版】
馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
いいね3

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014/08/21
最終更新日:2017/10/21 23:45


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


カレンダー
<  2017年9月  >
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
紹介文
創刊もうすぐ5年目、「馬体写真」だけで予想する
メルマガ馬体優先主義の<部分配信>コンテンツ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■特徴
・「馬体写真」だけで予想~パドック不要
・「馬体限定」の評価情報~馬体レーティング、馬体短評
・これまでの「馬体の見方」とは全く異なる相馬眼
・「パドック派」が見極めるポイントの約20倍をチェック診断
・見極める「適性」は、コース、距離長さ、距離質まで
・馬体から馬を「3タイプ{A・N・C}型」に分類
・アナログな「馬体」ながら、デジタルな評価、数的実績を実現!



■対象

・重賞レース ※1~2R



■価格

――――――――――――――――――――――
1頭…100円(税込)
1R…500円(税込)※全馬対象(約8頭~)
――――――――――――――――――――――

・1章毎に1頭毎の馬体短評に掲載。
・最終結論(推奨買い目)も部分配信。



■公開日時

・重賞の前日夜8時~当日昼12時
・章(1頭)単位で随時公開
・場合によっては公開しない週もあり



■著者馬体診断の過去実績

▽馬体レーティング実績
――――――――――――――――――――――
≪2014上半期≫
TOP馬
【単回収率】126% 【複回収率】144%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】218% 【複回収率】278%

≪2013-年間≫
TOP馬
【単回収率】98% 【複回収率】99%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】111% 【複回収率】104%

※人気馬……1~4番人気馬
――――――――――――――――――――――


▽若駒の馬体評価(おすすめ指名馬)実績
――――――――――――――――――――――
≪06~11産駒-累計実績≫

■馬体おすすめ全指名馬
【勝馬率】63%(342/540頭)※デビュー未含む
【代表馬】ショウナンアチーヴ(11産駒馬体No.1)

□牡馬-総合ランキング
【勝馬率】76%(69/89頭)
【代表馬】オルフェーヴル

□牝馬-総合ランキング
【勝馬率】56%(45/81頭)
【代表馬】ジェンティルドンナ

□ディープインパクト産駒-牡馬ランキング
【勝馬率】86%(42/49頭)
【代表馬】ディープブリランテ

□ディープインパクト産駒-牝馬ランキング
【勝馬率】60%(27/45頭)
【代表馬】ヴィルシーナ

※くわしくは著者『若駒対象の馬体評価サイト』
ColtJapan;http://coltjapan.com/
――――――――――――――――――――――


▽予想他実績
・毎年、年間回収率100%超
・予想の印ベタ買いで年間回収率100%超実績あり
・ノウハウレポート数十冊配信済
・競馬最強の法則WEB、ウマニティのプロ枠等
大手競馬サイトで馬体情報を発信中
・サラブレッドのセリセール前の購入相談(馬体コ
ンサルティング)も担当


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
購入する方はこちら
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
No.669 スプリンターズSの馬体診断予想~馬体的にエイシンワシントンとフラワーパークの再現か!?
2017/09/30 19:07:28
カテゴリー: 馬体の基本解説 G1
▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】中山
【距 離】1200m 芝・右 外
【適 性】A/T型-S(加速/根幹-スプリント)



▼馬体レーティング

▽分布 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
113|1頭
112|3頭
111|3頭
110|ダイアナヘイロー、他5頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
★シュウジ、他1頭
☆1頭
▲2頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

その昔、大好きだったエイシンワシン
トンがフラワーパークに僅か数センチ
差で敗れたこのスプリンターズS。

後楽園のウインズで、エイシンの単勝
を握り締め、写真判定の行く末を祈る
ように待っていた…その情景や感覚は
いまだ鮮明に蘇る。

それが今もって、人生最初で最後の大
博打かな。

毎年、このレースがくるたびに、当時
をふと思い出すのだが。


今回、出走メンバーを見渡し、馬体的
にも、そのエイシンとフラワーの構図
がかぶる二頭がいる。

SP絶対値&【加速A型】性能抜群で
バリバリの短マイル仕様のエイシン

スプリンターよりマイラー仕様で軽さ
も素晴らしい【持続C型】のフラワー

どの二頭がそうなのか…一目瞭然だ。



今回<馬体写真あり>
―――――――――――――――――
ダイアナヘイロー
父系の<リファール~>というのは、
当馬体診断でよくその名が解説に出て
くるかと思う。

その血統は、ダンシングブレーヴ然り
、ホワイトマズル然り、非常にわかり
易い馬体の特徴がある。

仮に、その血が3代以内に入っている
馬なら、馬体を見ただけで大体わかる
もので、その傾向は、馬体上級素材に
なればなるほどより顕著な印象だ。い
わゆる「遺伝力の強さがある種牡馬」
と言えるかな。

以上をふまえて、本馬の場合は、その
リファールの血があるとは、馬体を見
ただけでは正直わからなかった。実際
、父系らしい良さより、母方ロベルト
系の影響のほうが強い馬体だ。

話が逸れたが、今走については、素材
(馬体の格)やSP絶対値において、
G1勝ち負けまでは疑問。適性の高さ
で善戦ならといったところ。



今回<馬体写真なし>
―――――――――――――――――
シュウジ
ネロ同様、典型的な【加速A型】短距
離馬という馬体。かつ、【加速A型】
馬特有の骨格癖が強過ぎず、バランス
の良さもある馬。

昨年も言ったかと思うが、初見の2歳
時の時点で、中山根幹1200がベス
トの馬体で、「このスプリンターズに
出たら狙いたいな」と思った馬。

今回、仕上がり不明。馬体の素材スケ
ールやSP絶対値もこのクラスでは標
準レベルのため、いかにここがベスト
な舞台とは言え、パンチに欠けるのは
否めない。

ただ、近走の大敗凡走は、馬体的にみ
ると、その「乗り方」にも問題あり。

本馬は、【加速A型】馬に多い先行(
ゼロスタート)向きに偏った骨格構造
ではない。そもそも、そうでない骨格
バランスの良さが強みでもある。

また、先行して押し切れるほどの持続
や心肺機能を兼ね備えている造りでも
ない。

つまり、同じスプリントのスペシャリ
スト相手なら、SP絶対値が抜群の造
りでもない以上、前半から負荷をかけ
る逃げ先行より、差しに徹するほうが
、レースパフォーマンスを上げられる
可能性が馬体から推測できる。

以上、まだ4歳馬と加齢の影響でSP
絶対値が低下して走れなくなったとは
考えにくい。

馬体的には、ぜひここで差しに徹して
の競馬をみたいところだ。




以上、エイシンワシントンとフラワー
パークの馬体&決着に思いを馳せて、
印を打ってみた。



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
★シュウジ、他1頭
☆1頭
▲2頭
―――――――――――――――――



この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.668 オールカマー 馬体診断予想~懐かしい昔話を少ししてみる
2017/09/24 07:10:00
カテゴリー: G2
▼舞台適性

【クラス】G2
【コース】中山
【距 離】2200m 芝・右 外
【適 性】A/L型-L(加速/非根幹-中距離)



▼馬体レーティング

▽分布 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
112|ステファノス、他1頭
111|4頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
☆2頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

その昔、私自身が本格的に競馬にのめ
りこむきっかけとなったのが、このオ
ールカマーでの「ある馬」の走りだっ
た。

その馬の名は、ハシルショウグン。

ツインターボの大逃げに沸き、東の横
綱ライスシャワーが伸びあぐねたレー
スと言ったほうがわかり易いか。


とにかく、個人的に非常に思い入れが
あり、実際、その名の通り、単に関東
&関西馬が集結するだけでなく、その
メンツは、中距離馬からステイヤー、
マイラーからダート馬、ひいては普段
は馴染みの無い地方馬までと、多種多
彩だった。

が、それもその時代がなせた業とでも
言えるか。


今は、レースも距離別に体系化され、
関東馬VS関西馬といった対抗意識も
薄れ、中央と地方の交流もハードルが
下がり、良くも悪くも、「体系利便化
された時代」になった。

今はもうこのレースにあったワクワク
感やドラマ性などは昔話。空しく名前
だけ残っている。

実際、今年も代わり映えのない、ドラ
マ性など微塵も無いメンバー構成。


以上、自分はいい時代に競馬と出会え
たなと本当に思う。

人生においては、「死ぬこと」以外、
すべてが不平等。生きる時代によって
「味わえる感動、幸福、不幸」も決し
て平等ではない。

だからこそ、自分が生きる時代に流さ
れず、その時代だけにとどまらず、過
去の歴史の「感動、幸福、不幸」にも
目を向けなさい。

それこそが、その人の「情熱、やさし
さ、使命感」を育む。そんな類のこと
を亡き祖母がよく言っていた。


と、何だか色々と昔に思いをはせて話
が変な方向に。予想に戻す。



今回<馬体写真あり>
―――――――――――――――――
ステファノス
もう今年は本馬の出番はいいだろう。
今年のG1で、馬体的に最も自信があ
った本命◎と言えば、やはり、「日本
ダービーのアドミラブル」と「本馬の
大阪杯」だ。

----------------------------------
2017 大阪杯 馬体診断予想~馬体的に千載一遇のチャンス有!に本命◎~
----------------------------------

今回、素材格上、コース適性も屈指と
無論有力だが、ここで勝てなければし
かたないほど、文句なしのベスト条件
だった<大阪杯>と比較すれば、「距
離質適性、仕上がり、期待値」の三拍
子で落ちる。

3歳時の皐月賞でのミス騎乗の借りは
大阪杯で十分返してもらった。ここは
走っても走らなくてももういいかな。



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
☆2頭
―――――――――――――――――


この記事はプレミアム記事です。

300pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.667 神戸新聞杯 馬体診断予想~とりあえず全馬の馬体確認を試みたが…
2017/09/23 17:14:41
カテゴリー: G2
▼舞台適性

【クラス】G2
【コース】阪神外
【距 離】2400m 芝・右 外
【適 性】N/T型-L(万能/根幹-長距離)



▼馬体レーティング

▽分布   ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
111|3頭
110|ダンビュライト、他2頭
―――――――――――――――――



▼予想印
―――――――――――――――――
※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――



▼馬体結論   ※プレミア記事完全公開

馬体的に、「アドミラブルロス」の影
響絶大な現3歳世代。

その様は、ボルト不在のオリンピック
100m決勝、清宮がいない甲子園、
ダルビッシュや大谷翔平不在の野球の
侍ジャパン日本代表といったところ。

決して、例年比で馬体小粒な世代では
ないが、馬体を見る者としては、馬体
診断のモチベーションは激減。

それでも馬体を見れば、色々と伝えた
いことが出てきて、自然と筆が進む。
不思議なものだ。

ただ、各馬の<基本仕様や今走適性>
からの評価結論以外となる、そもそも
の各馬の細かな<馬体の特徴>解説ま
では、書くモチベーションが保てず。
そのあたりは、過去の以下≪ダービー
馬体診断≫バックナンバーを参考に。

----------------------------------
≪日本ダービー 馬体診断予想≫~近年最高馬体レーティング115出現~
----------------------------------



今回<馬体写真あり>
―――――――――――――――――
110|ダンビュライト
春の時点ですでに、馬体の成長良化を
指摘した馬で、父ルーラーシップとの
比較から、良くも悪くも、「思ってい
た以上に成長が早いな」という印象の
本馬。

今回、さらに成長&仕上がりの良化が
見てとれるが、父産駒らしい軽い造り
がベースも、父比で小ぶりにまとまっ
た骨格の可動容量からも、今後、古馬
となり父ほどの馬体スケールとなるこ
とはないだろう。万能堅実さがあり、
外回りでは押さえ▲は必要だろう。



▼予想印
―――――――――――――――――
※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――



この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.666 セントライト記念 馬体診断予想~馬体をみればその馬主の好みがわかるもの
2017/09/18 07:10:00
カテゴリー: G2
▼舞台適性

【クラス】G2
【コース】中山
【距 離】2200m 芝・右 外
【適 性】A/L型-I(加速/非根幹-中距離)



▼馬体レーティング

▽分布
―――――――――――――――――
   ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――



▼予想印   ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
★1頭
▲サトノクロニクル、他2頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論   ※プレミア記事完全公開

前号で話したが、ダービー以降、特に
現3歳世代の馬たちの馬体解説をする
モチベーションが低下している。

そもそも、馬体を見れば、<特徴から
適性まで>は、瞬時(約1秒程度)で
わかる。

故に、予想配信の時間短縮を考えると
、その<適性やタイプ>など、結論だ
けを述べたいところなのだが。

が、これまでは、結論である<適性>
だけでなく、<特徴>の解説も細かく
書いていた。馬体の「良し悪し」関係
なく、純粋な馬体を見るワクワク感が
そうさせていたのだと思う。

残念ながら、今は、そのワクワク感が
ほとんどない。「アドミラブルロス」
とでも言ったらいいか。


以上に加え、明日は、台風&変則開催
でもありできる限り簡潔&結論のみで
一気につづってみる。



今回<馬体写真あり>
―――――――――――――――――
サトノクロニクル
父ハーツクライ産駒の上級素材らしい
シルエット。そう、ジャスタウェイを
万能型にシフトした構造って以前話し
たような気がする。他、血統構造は違
うが、同馬主のサトノダイヤモンドに
も似たシルエットにある。

細かな特徴から、【持続C型】ジャス
タウェイ>サトノダイヤモンド>本馬
【万能N型】という感じだ。中距離非
根幹はベストと言ってよい。



この記事はプレミアム記事です。

300pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.665 ローズS 馬体診断予想~今年はあのサイレンススズカ以上の衝撃の年と言える
2017/09/16 23:42:30
カテゴリー: G2
▼舞台適性

【クラス】G2
【コース】阪神
【距 離】1800m 芝・右 外
【適 性】N/L型-MI(万能/非根幹-マイル中距離)



▼馬体レーティング

▽分布   ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
112|ファンディーナ、他1頭
110|3頭
―――――――――――――――――



▼予想印   ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○ファンディーナ
★2頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論   ※プレミア記事完全公開

少し話を。

現3歳世代の牝馬として屈指、かつ、
これまでみた数世代の父ハーツクライ
産駒の牝馬でも1、2と言っていいほ
どの馬体素材だったアドマイヤミヤビ
が故障で不出走。

今年は、牡馬に「十年単位でも出会え
るかどうか」というほどの馬体超逸材
アドミラブルがダービー馬になれない
という、まさに「競馬(馬体)の歴史
的事件(汚点)」が起こり、それだけ
に終わらず、先頃アドミラブルも故障
しているのを知った。

私自身、競馬を始めてもう彼是二十数
年となるが、これほどの失望感、絶望
的な結末は、あのホクトベガのドバイ
やサイレンススズカの天皇賞秋以上の
ものがある。


かろうじて、ファンディーナが健在な
のは馬体的にもお慰みだが、それでも
今の競馬(馬体)の世界、例えるなら

オリンピックの男子100m決勝で、
全盛期のボルトが故障で棄権…どころ
か、黒人&白人選手が全員棄権、黄色
アジア人のみで世界一を競っている

サッカーで世界選抜チームを結成しよ
うとしたものの、メッシやネイマール
など超一流選手はクラブチームの試合
を優先し棄権、かろうじて欧州クラブ
でレギュラーをはっている選手や日本
の本田、香川がスタメンとして名を連
ねている

…そんな様相だ。出ている彼らを責め
る気は全くないが、最上級の舞台とし
て、メンバーの質はみるに耐えない。
まさに今の3歳世代がそんな感じだ。

実際、ダービー以来、馬体を見ても、
以前のような期待わくわく感がない。
やはり、「この先数十年近くは、アド
ミラブル同等の逸材には出会えない」
という意識、経験則が重くのしかかっ
ている。


話がまとまらないが、とにかく、今年
のダービーを境に、良くも悪くも馬体
診断自体にさめた自分がいる。特に、
現3歳馬に関してはそれが顕著。

これまでは、「素晴らしい馬体の馬と
いつか出会えるだろう」…その期待感
があったからこそ、日々の馬体診断で
ありきたりな馬体の馬でも、その特徴
を淡々と解説できた、その原動力だっ
たのだなぁ、と今つくづく痛感してい
る次第だ。



今回<馬体写真あり>
―――――――――――――――――
ファンディーナ
今世代の牝馬では、本馬かアドマイヤ
が馬体的には頭一つ抜けている。牝馬
の好馬体には大きく2タイプあるが、
本馬は牝馬らしからぬ、牡馬顔負けと
いうタイプだ。

具体的に、その造りを解説する必要が
あるのか、それほどまで他馬と全体&
部分どちらも規格が違う造り。故に、
馬体の特徴解説は省略。

結論だけ述べるが、今回素材No1&
適性屈指。ただ、顔立ちから、気性的
リスクが垣間見え、その雄大な馬体が
諸刃の剣となる可能性がある。それで
も勝ち負けすべき馬体素材で、能力が
試される一戦だ。



今回<馬体写真なし>
―――――――――――――――――
まだ3歳若駒たちと、巷に面が割れて
いない馬が馬体から見つかりそうだが
さすがに、今週は馬体を探すテンショ
ンにない。

…と思ったが、一頭気になる馬名をグ
グってしまい、なかなかどうしていい
馬体だったため、そうなると、名前を
挙げざるを得ず。

とりあえず、今回<馬体写真なし>を
全馬馬体確認してみた。気になった馬
など簡単にコメントをしておく。   ※つづきプレミア記事完全公開



▼予想印   ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○ファンディーナ
★2頭
―――――――――――――――――



この記事はプレミアム記事です。

300pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ