馬体優先主義【1コイン版】
馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
いいね3

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014/08/21
最終更新日:2017/08/12 10:28


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


カレンダー
<  2017年4月  >
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
紹介文
創刊もうすぐ5年目、「馬体写真」だけで予想する
メルマガ馬体優先主義の<部分配信>コンテンツ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■特徴
・「馬体写真」だけで予想~パドック不要
・「馬体限定」の評価情報~馬体レーティング、馬体短評
・これまでの「馬体の見方」とは全く異なる相馬眼
・「パドック派」が見極めるポイントの約20倍をチェック診断
・見極める「適性」は、コース、距離長さ、距離質まで
・馬体から馬を「3タイプ{A・N・C}型」に分類
・アナログな「馬体」ながら、デジタルな評価、数的実績を実現!



■対象

・重賞レース ※1~2R



■価格

――――――――――――――――――――――
1頭…100円(税込)
1R…500円(税込)※全馬対象(約8頭~)
――――――――――――――――――――――

・1章毎に1頭毎の馬体短評に掲載。
・最終結論(推奨買い目)も部分配信。



■公開日時

・重賞の前日夜8時~当日昼12時
・章(1頭)単位で随時公開
・場合によっては公開しない週もあり



■著者馬体診断の過去実績

▽馬体レーティング実績
――――――――――――――――――――――
≪2014上半期≫
TOP馬
【単回収率】126% 【複回収率】144%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】218% 【複回収率】278%

≪2013-年間≫
TOP馬
【単回収率】98% 【複回収率】99%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】111% 【複回収率】104%

※人気馬……1~4番人気馬
――――――――――――――――――――――


▽若駒の馬体評価(おすすめ指名馬)実績
――――――――――――――――――――――
≪06~11産駒-累計実績≫

■馬体おすすめ全指名馬
【勝馬率】63%(342/540頭)※デビュー未含む
【代表馬】ショウナンアチーヴ(11産駒馬体No.1)

□牡馬-総合ランキング
【勝馬率】76%(69/89頭)
【代表馬】オルフェーヴル

□牝馬-総合ランキング
【勝馬率】56%(45/81頭)
【代表馬】ジェンティルドンナ

□ディープインパクト産駒-牡馬ランキング
【勝馬率】86%(42/49頭)
【代表馬】ディープブリランテ

□ディープインパクト産駒-牝馬ランキング
【勝馬率】60%(27/45頭)
【代表馬】ヴィルシーナ

※くわしくは著者『若駒対象の馬体評価サイト』
ColtJapan;http://coltjapan.com/
――――――――――――――――――――――


▽予想他実績
・毎年、年間回収率100%超
・予想の印ベタ買いで年間回収率100%超実績あり
・ノウハウレポート数十冊配信済
・競馬最強の法則WEB、ウマニティのプロ枠等
大手競馬サイトで馬体情報を発信中
・サラブレッドのセリセール前の購入相談(馬体コ
ンサルティング)も担当


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
購入する方はこちら
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
No.631 天皇賞春 馬体診断予想~印は三頭と最小限に
2017/04/30 09:25:00
カテゴリー: G1
▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】京都
【距 離】3200m 芝・右 外
【適 性】C/T型-E(持続/根幹-ステイヤー)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開

000…今走馬体写真なしレート未算出
***…馬体不明

▽分布
―――――――――――――――――
112|2頭
111|4頭
110|2頭
109|5頭
―――――――――――――――――



▼予想印  ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
★1頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

巷の人気は、キタサンブラックとサト
ノダイヤモンドの完全な二強構図だが
馬体的には、そこまで抜けた評価とは
言えない。

が、それでも、二強ともに、文句なし
に消しという馬体までになく、かつ、
先週?同様、ライバルも真新しいくも
なく毎度のメンバーが大半。印を打つ
のも味気ない。

一応、スローの単調なSP勝負の凡戦
ではなく、ステイヤー戦らしい一戦と
なることを願い、最低限の印を打つ。
今回押え▲、凡穴☆は多数打てるため
共に印無し。


とりあえず、馬体写真がある馬など、
人気順にざっと馬体短評を。



サトノダイヤモンド
この馬については、細かな馬体解説は
過去何度もしてあるはずで省略。

いわゆる「胴伸びがあるため、逆に、
長距離に少し不安がある馬体の典型。
マイル~中距離仕様の【持続CL型】
の馬体だ。

今回、京都外回り自体はベスト。とに
かく問題は距離のみだ。



キタサンブラック
3歳以降、加齢を重ねる毎にその馬体
は、可動容量の成長がありながら、サ
ス軽さを保ってきた馬で、よく言う、
「良い成長プロセス」が見られた馬。

先のサトノ以上に、距離適性の高さが
あり、また、成長の遅さからも、まだ
まだ老いるには早いだろう。

ただ、【持続C型】コースのG1で、
人気を背負っても狙える仕上がりかど
うか、これは、今回のメリハリあるが
厚みもある仕上がりから、昨年のJC
時がピークとみるのが妥当。



この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.630 フローラC 馬体診断予想
2017/04/23 07:00:00
カテゴリー: G2
▼舞台適性

【クラス】G2
【コース】東京
【距 離】2000m 芝・左
【適 性】C/T型-I(持続/根幹-中距離)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開

000…今走馬体写真なしレート未算出
***…馬体不明

▽分布
―――――――――――――――――
111|2頭
110|2頭
109|1頭
108|1頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○フローレスマジック
★ホウオウパフューム
▲3頭
☆1頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

※今週は総論にて

おそらく例年よりも馬体レベルは高め
なかなかの馬体好素材が揃っている。


まず、今回≪馬体写真がある馬≫では
ホウオウパフュームとフローレスマジ
ックの馬体が頭一つ抜けており、人気
同様、馬体も二強と言っていい。

ともに、【持続C型】ベースでコース
適性高く素材も良い。ただ、馬体のタ
イプは全く異なる。

ホウオウパフュームは、少し癖ある中
長距離仕様の【CL型】。仮に、ここ
がスローなど単調なSP勝負となると
不安だが、根幹の馬体定石の後押し、
出走メンバー内での馬体異端性では、
最右翼。リスクはあるがリターンもあ
り、人気を度外視すれば、一発一撃★
がしっくりくる。

一方、フローレスマジックは、マイラ
ーベースながら、非常にバランスのと
れた好馬体。欠点がほぼ見当たらず、
軸向きリスクの無さでは、文句なしに
最右翼だ。

二頭の比較では、勝ち切る期待はホ
ウオウ、安定感はフローレスと言った
ところだ。


二頭の次、三番手評価は、…つづきプレミア記事完全公開



この記事はプレミアム記事です。

100pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.629 マイラーズC 馬体診断予想
2017/04/23 07:10:00
カテゴリー: G2
  • 04/23(日)
    京都11R
    マイラーズカップ(GII)
    レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 8 11 イスラボニータ 1:32.2
    2 4 4 エアスピネル 1/2
    3 6 6 ヤングマンパワー 3/4
    払戻金
    単勝 11 380円 2番人気
    複勝 11
    4
    6
    140円
    130円
    370円
    2番人気
    1番人気
    7番人気
    枠連 4-8 490円 1番人気
    馬連 4-11 570円 1番人気
    ワイド 4-11
    6-11
    4-6
    250円
    1,110円
    920円
    1番人気
    15番人気
    13番人気
    馬単 11-4 1,240円 3番人気
    3連複 4-6-11 2,910円 11番人気
    3連単 11-4-6 12,430円 42番人気
    WIN5 24,658,030円 2番人気
▼舞台適性

【クラス】G2
【コース】京都
【距 離】1600m 芝・右 外
【適 性】C/T型-M(持続/根幹-マイル)



▼馬体レーティング

000…今走馬体写真なしレート未算出
***…馬体不明

▽分布
―――――――――――――――――
111|エアスピネル
111|ブラックスピネル
111|イスラボニータ
111|プロディガルサン
110|フィエロ
110|サンライズメジャー
―――――――――――――――――




[全部読む]
タグ: 未設定
No.628 皐月賞 馬体診断予想~あなたも「胴長=長距離向き」などと誤解してやしないかい?
2017/04/15 23:29:10
カテゴリー: 馬体の基本解説 G1
▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】中山
【距 離】2000m 芝・右
【適 性】A/T型-I(加速/根幹-中距離)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開

000…今走馬体写真なしレート未算出
***…馬体不明

▽分布
―――――――――――――――――
113|1頭
112|カデナ、他1頭
111|5頭
110|7頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○カデナ
▲1頭
★2頭
☆サトノアレス、他3頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

今年もなかなかハイレベルな馬体メン
バーで混戦模様。

そのなかでも、上位3頭は頭一つ抜け
ている。

また、その3頭の順位付けも明確で、
印もすんなり◎○▲。

しかも、うち1頭は、適性云々レベル
の枠を超えた馬体逸材。

つまり、馬体を見れば「3強」という
より、「1頭とその他仲間たち」とで
も言う表現がしっくりくる。今年は、
そんな皐月賞だ。


ズバリ、その1頭とは…つづきプレミア記事にて


対抗○カデナ
―――――――――――――――――
前哨戦<弥生賞>でも、確か人気でも
本命◎を打ったかと思う。

その馬体は、決してスケールややわら
かみ抜群といった骨格やアウトライン
を誇る造りではない。

が、箱型で長躯短背のシルエット、S
P絶対値の裏付け、サスの軽さあり尺
も長過ぎないなど、可動&連動&駆動
のバランスが適度な造りで、ズバリ、
今回のメンバーで、馬体的に最もリス
クが少ない馬。

いわゆる【万能NT型】チャンピオン
系、マイル~中距離仕様がベースも、
距離融通性もある。

今回の仕上がりは次第点。ただ、これ
以上の筋肉量の増加はマイナスだが、
現状、評価を落とすほどではない。

ちなみに、この父母父の掛け合わせと
と言えばマカヒキがいる。また、二頭
のここまでのローテも確か同じだった
気がする。故に、似た印象を抱くのも
至極自然、しかたない。

が、馬体は、大きくタイプが異なる。
「どう異なるのか」、さすがに、一々
説明すべきレベルでもない程で、割愛
するが、マカヒキは、<弥生・皐月賞
>ともに評価を下げ、<ダービー>で
評価した。なぜなら、一目瞭然「そう
いう馬体だったから」だ。

本馬は、<弥生・皐月賞>では評価す
べき体型(基本構造)、強み(SP絶
対値/加速要素)を誇る馬体。

ズバリ、根幹戦、中距離やスローへの
SP勝負に強く、加減速、小回りへの
負荷も少ない造り。仮に、前走トライ
アル以上にタフな流れとなっても、余
程のハイなど持続SP勝負にでもなら
ない限りは、当然ながら、今走適性で
最右翼の位置にいる。

それでも、今回本命◎は打てなかった
理由はただ一つ。「今走適性などを凌
駕する可能性がある馬体○○がいた」
それだけだ。

最後に、本馬の「肩のラインは立ち気
味…ではない」。もし、あなたがそう
見えるなら、それは<肩の骨格構造(
肩甲骨と上腕骨)>を見ているのでは
なく、おそらく、ただの<肩口付近の
皮膚のしわ>を見ているからだろう。




穴☆4頭
―――――――――――――――――
サトノアレス
初見<朝日杯FS>で本命◎を打った
のが本馬。

今回、当時からの仕上り良化は見てと
れるが、成長面では大きな変化なし。
まだ幼さがある。

以上から、やはり<朝日杯FS>同様
根幹向きなど、総合的な良さが強みで
後は、ライバル比で、印がどこかとい
うことになる。

今回、ライバルが格段に強力となり、
元々、SP絶対値も抜けた造りでもな
く、当然、当時よりも印は落ちる。

がしかし、前走比で条件好転や、もし
<朝日杯FS>が、<皐月賞>同様、
例年通りの中山開催なら、もっと自信
を以て本命◎指名した馬体で、ここは
能力を発揮し易い舞台であり、リスク
は少ない。




▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○カデナ
▲1頭
★2頭
☆4頭
―――――――――――――――――



この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.627 桜花賞 馬体診断予想~あなたも「飛節の見極め方」誤解してやしないかい?
2017/04/09 07:10:00
カテゴリー: 馬体の基本解説 G1
▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】阪神
【距 離】1600m 芝・右 外
【適 性】N/T型-M(万能/根幹-マイル)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開

000…今走馬体写真なしレート未算出
***…馬体不明

▽分布
―――――――――――――――――
113|1頭
112|3頭
111|2頭
110|ライジングリーズン、他3頭
109|2頭
―――――――――――――――――



▼予想印  ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
★2頭
▲2頭
☆ライジングリーズン、他1頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論  ※プレミア記事完全公開

凡穴☆2頭
―――――――――――――――――
ライジングリーズン
初見。上体の骨格容量など小ぶり気味
で、現状パンチに欠ける。ただ、全体
のバランス、アウトラインのやわらか
みなど、まだもう少し奥がありそうな
馬体。

たまたま、<サマーセール1歳>時の
馬体も確認できたが、やはり、現時点
の仕上がり(人為的な仕上げ)自体は
いいが、四肢からの骨格骨量や上体の
バランスなど、もう一段伸びしろを残
しているだろう。

ここで勝ち負けできるような距離適性
、SP裏付けがある馬体ではない。が
、その追って味がありそうな造りから
、根幹の馬体定石の後押しがあれば、
怖さがある素材にある。


~馬体小ネタ~
===================================
余談だが、本馬の≪某馬体コメント≫
に、「曲飛=加速力がある」という記
述が目に入ってしまったので、これに
ついて少し。

これも、よくある「胴伸び=長距離」
と同じ。

こうした安易にネットなどで転がって
いる類の「馬体の見方を解説した言葉
やフレーズ」を、そのまま鵜呑みにし
覚えてしまうのは良くない。

それでは、馬体の適性判断が、ただの
「言葉のはめ込み」となってしまう。

馬体を見て、曲飛に見えた→「曲飛=
加速向き」というフレーズを丸暗記→
結論、曲飛のため加速力があると判断

こうした見方では、判断のもととなる
裏付けがただの「言葉」でしかない。

何度も言うが、どんな分野でも小手先
の知識や基本では、すぐボロが出る。
誤診も増える。

もし、馬体から適性を見極めたい場合
、やはり、サラブレッドの骨格構造、
その力学的な面、他、それ以外の乗物
などのSPの質を生む構造など、こう
した適性の見極めで基本となる部分に
、しっかり時間をかけて学ぶことが、
結局は、最短距離だ。近道などない。


以上、「曲飛がどういった適性か?」

答え、「曲飛=加速」ではない。

ずばり、

「”どういった”曲飛なのか?」

これで「加速or持続」の判断など、
180度変わる。

ちなみに、この”どういった”の部分
を加味言及している類の馬体の見方や
馬体診断など、ネットなどで転がって
はいないだろう。個人的には、見たこ
とがない。

無論、適性の見極めでは、この”どう
いった”の部分こそが重要。と、そこ
は、企業秘密なのでまたいつか。
===================================



この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ