馬体優先主義【1コイン版】
馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
いいね3

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014/08/21
最終更新日:2017/10/15 01:49


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
紹介文
創刊もうすぐ5年目、「馬体写真」だけで予想する
メルマガ馬体優先主義の<部分配信>コンテンツ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■特徴
・「馬体写真」だけで予想~パドック不要
・「馬体限定」の評価情報~馬体レーティング、馬体短評
・これまでの「馬体の見方」とは全く異なる相馬眼
・「パドック派」が見極めるポイントの約20倍をチェック診断
・見極める「適性」は、コース、距離長さ、距離質まで
・馬体から馬を「3タイプ{A・N・C}型」に分類
・アナログな「馬体」ながら、デジタルな評価、数的実績を実現!



■対象

・重賞レース ※1~2R



■価格

――――――――――――――――――――――
1頭…100円(税込)
1R…500円(税込)※全馬対象(約8頭~)
――――――――――――――――――――――

・1章毎に1頭毎の馬体短評に掲載。
・最終結論(推奨買い目)も部分配信。



■公開日時

・重賞の前日夜8時~当日昼12時
・章(1頭)単位で随時公開
・場合によっては公開しない週もあり



■著者馬体診断の過去実績

▽馬体レーティング実績
――――――――――――――――――――――
≪2014上半期≫
TOP馬
【単回収率】126% 【複回収率】144%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】218% 【複回収率】278%

≪2013-年間≫
TOP馬
【単回収率】98% 【複回収率】99%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】111% 【複回収率】104%

※人気馬……1~4番人気馬
――――――――――――――――――――――


▽若駒の馬体評価(おすすめ指名馬)実績
――――――――――――――――――――――
≪06~11産駒-累計実績≫

■馬体おすすめ全指名馬
【勝馬率】63%(342/540頭)※デビュー未含む
【代表馬】ショウナンアチーヴ(11産駒馬体No.1)

□牡馬-総合ランキング
【勝馬率】76%(69/89頭)
【代表馬】オルフェーヴル

□牝馬-総合ランキング
【勝馬率】56%(45/81頭)
【代表馬】ジェンティルドンナ

□ディープインパクト産駒-牡馬ランキング
【勝馬率】86%(42/49頭)
【代表馬】ディープブリランテ

□ディープインパクト産駒-牝馬ランキング
【勝馬率】60%(27/45頭)
【代表馬】ヴィルシーナ

※くわしくは著者『若駒対象の馬体評価サイト』
ColtJapan;http://coltjapan.com/
――――――――――――――――――――――


▽予想他実績
・毎年、年間回収率100%超
・予想の印ベタ買いで年間回収率100%超実績あり
・ノウハウレポート数十冊配信済
・競馬最強の法則WEB、ウマニティのプロ枠等
大手競馬サイトで馬体情報を発信中
・サラブレッドのセリセール前の購入相談(馬体コ
ンサルティング)も担当


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
購入する方はこちら
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
No.598 有馬記念 馬体診断予想~もしモーリスが出ていたら…
2016/12/24 23:23:27
カテゴリー: G1
▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】中山
【距 離】2500m 芝・右
【適 性】A/L型-L(加速/非根幹-長距離)



▼馬体レーティング ※一部、プレミア記事完全公開

000…今走馬体写真なしレート未算出
***…馬体不明

▽分布
―――――――――――――――――
112|1頭
111|7頭
110|8頭
―――――――――――――――――



▼予想印  ※一部、プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
デニムアンドルビー、他1
☆3頭
▲3頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論  ※一部、プレミア記事完全公開

世間の知名度の高さやグランプリとい
う位置づけのレースながら、G1でも
<特殊でアンフェアな舞台>で行われ
るこの有馬記念。

具体的に、コーナー多数の小回り、か
つ、流れがゆるみ易い非根幹距離と、
枠順、流れ、位置取りいかんで、有利
不利の差が大きくなり易い。


過去、数多の名勝負ドラマが繰り広げ
られてきたとは言え、決して、それに
ふさわしいガチンコ実力勝負向きの舞
台ではない。

まさに、競馬の一面である博打を象徴
するような舞台設定、「年末ジャンボ
的なレース」だ。


ズバリ、強い馬が勝ち易い舞台ではな
いため、展開不問で強い馬が勝ちきる
には、かなり能力が抜けていなければ
ならない。

そのため、能力が抜けている強い馬の
場合、むしろ早め先頭など、多少強引
な競馬をしたほうが、能力でねじ伏せ
やすく安全策と言える。


また、馬体定石としては、<スローと
決め打ちし、短め距離適性やSP的に
強みがある馬体を高評価する>、これ
がよろし。

実際、過去<能力>的に格下ながら、
穴をあけた馬の多くが、この<馬体定
石>に該当するマイラーやSP面で強
みを持つ馬体だ。


さて、今年のメンバーだが、馬体を見
渡しても、すんなり印が決まらない。

レーティングの数値からも、ズバリ、
評価の差がごくわずか。非常に難解極
まりなく、本命◎以外、印が打てず、
絞るのも迷いに迷う。


先週や先々週の牡馬牝馬<2歳G1>
が、馬体的に差が明確でわかり易く、
予想も短時間で一気に書き上げること
ができたのもあり、尚更、今週のこの
有馬の古馬たちの馬体の差のなさには
、うんざり疲れてきた。

昨年、一瞬で本命◎に決まったトーセ
ンレーヴのような、まさに「有馬で激
走必至の馬体」という馬も不在。


そういえば、モーリスさえ出走してく
れていれば、本命◎指名のみで、後は
全馬お客さんでもよかったのだが。

以前も少しにおわせたが、馬体的に、
モーリスが最もレースパフォーマンス
を出せる可能性がある舞台こそ、この
有馬記念であるとみていただけに。

故に、今年がどんな結果であれ、その
勝ち馬の3馬身ほど先にはモーリスが
いる、と馬体的には思えてしまい、レ
ース観戦としても至極つまらない。

出走馬の過去レースパフォーマンスも
低い。これが有馬なのか…。


と、愚痴ってもしかたない。とりあえ
ず、本命◎だけはすんなり決まった。



本命◎…つづきプレミア記事


一撃★二頭
―――――――――――――――――
デニムアンドルビー
ご存じ、スローの決め手SP勝負にお
いて、現役馬で最も怖い馬体と言えば
この馬。

マイラーベースの【加速A型】要素に
秀でた造りで、これまで【加速A型】
コースの阪神内<阪神大賞典>や夏の
グランプリ<宝塚記念>で、馬体から
激走指名した記憶がある。

当然ながら、この有馬はうってつけの
舞台。ただ今回、筋肉量、骨筋メリハ
リが甘く仕上がりが一息と、残念なが
ら、馬体からも少なからず、故障の影
響が垣間見える



▼予想印  ※一部、プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
デニムアンドルビー、他1
☆3頭
▲3頭
―――――――――――――――――



この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.597 ホープフルS 馬体診断予想~改めて母の偉大さを痛感
2016/12/23 20:07:34
カテゴリー: G2
▼舞台適性

【クラス】G2
【コース】中山
【距 離】2000m 芝・右
【適 性】A/T型-I(加速/根幹-中距離)



▼馬体結論 ※一部、プレミア記事完全公開

以下、デビュー前の馬体あり


グローブシアター
牡馬らしい屈強雄大さがある造り。母
がシーザリオか。

兄弟との比較では、横に出た【持続C
型】エピファネイアとは異なり、どち
らかと言えば、マイラーベースの馬体
リオンディーズに近め。縦に出た。

リオンほどのSP裏付けはなく、完成
度仕上がりは劣る。が、スケール感、
伸びしろはこちらが上。

ただ、この馬が、母の馬体最高傑作…
とは言えない。改めて、母の馬体の偉
大さを感じる。



▼予想印 ※一部、プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
★1頭
―――――――――――――――――



この記事はプレミアム記事です。

100pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.596 朝日杯FS 馬体診断予想~ソウルスターリングとミスエルテの馬体の違い
2016/12/18 07:10:00
カテゴリー: G1
▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】阪神
【距 離】1600m 芝・右 外
【適 性】N/T型-M(万能/根幹-マイル)



▼馬体レーティング ※一部、プレミア記事完全公開

000…今走馬体写真なしレート未算出
***…馬体不明

▽分布
―――――――――――――――――
112|2頭
111|4頭
110|2頭
109|5頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※一部、プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
▲ミスエルテ、他1頭
★2頭
☆ビーカーリー、他2頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論

先週の2歳牝馬G1<阪神JF>同様
、全体的な馬体レベルはまずまずで、
短マイラーという馬体が多く、中距離
以上向きという馬体の参戦が少ない。

つまり、良くも悪くもマイルG1らし
いメンバー構成。善戦に限れば、チャ
ンスがある馬は多く混戦気味。

ただ、<阪神JF>同様、勝ち負けま
で期待できる馬体は限られる。四頭か
な。

うち、人気の割りにリスクが高い二頭
を押え▲、人気相応の馬体に対抗○、
そして、人気以上の期待が持てる馬体
に本命◎を打つ。



押え▲二頭
―――――――――――――――――
112|ミスエルテ 
初見。父フランケル産駒で今年初めて
馬体を見たのが本馬。その素材、完成
度、SP絶対値の裏付けなど、2歳馬
では少しモノが違うなという馬体で、
故に、前走<ファンタジーS>では、
圧倒的人気でも本命◎を打ったわけだ
が。

今回、<デビュー後>初の馬体確認と
初見となるが、結論から言えば、ここ
でも、完成度とSP絶対値の裏付けは
文句なしにメンバー屈指の造り、抜け
ている。否、<デビュー前>診断以上
に、そのトモ飛節の造りには驚いた。

がしかし、それでも今回、前走ほどの
人気でもなく期待値上昇していながら
、本命◎を打ちきれなかった。

実は、これまで父産駒で馬体を見たの
は、本馬と先週の<阪神JF>勝ち馬
ソウルスターリングの二頭だけだが、
共に、マイラー仕様の好馬体、かつ、
2歳馬離れした完成度とSP裏付けな
ど、多くの共通する部分がある。

が、人気でも文句なしに本命◎を打っ
たソウルSに対し、本馬には打てない
理由…それは、ライバル比ではなく、
二頭の馬体の違いにある。

二頭の馬体の違いは、見れば一目瞭然
レベルのため、ここでは、細かく書か
ないが、一言で言えば、「適度と過度
の違い」と言えばいいか。

前後とも、特に、後肢の容量尺など、
馬体をパーツ単位で見れば、間違いな
くソウルより本馬が上の造りを誇る。
が、それ故、全体的なバランスややわ
らかみではソウルに分があり、いわゆ
る、堅実な良さはソウル、一発の破壊
力は本馬という、異なるシルエット、
馬体タイプとなっている。

以上、いわゆる緩い造りで非根幹向き
ではないが、その後肢の破壊力を安定
して受け止めきれるほど、やわらかみ
や遊びある前駆ではないため、流れの
外などマイペースの競馬が良い。

そのため、現状、非根幹のほうが競馬
がし易く、根幹となる今回、前走比で
レースパフォーマンスを下げる可能性
がある以上、いかに抜けた強みがある
とは言え、一撃★という評価が最も妥
当。

ただ、1番人気に一撃★というのもし
っくりこないため、押え▲に。



凡穴☆三頭
―――――――――――――――――
000|ビーカーリー
<北海道市場セール>時の馬体確認。
首差しからの背線アウトライン、長方
形のシルエット、腹周り、トモなど、
父アドマイヤマックスらしい。

マイラーベースも、短~中距離までの
融通性もあり、長め距離適性、SP裏
付けまずまずと、今回馬体写真がない
馬では、この馬の名前を挙げておく。

しかし、この下腹アウトラインなど、
てっきり牡馬かなと思ったが、牝馬だ
った。




他、様子見
―――――――――――――――――
109|リンクスゼロ  
先のビーカーリー同様、父アドマイヤ
マックス産駒らしい。加え、母父ホワ
イトマズルが、父らしさに輪をかけ、
前後の連動甘さ、飛節癖などの緩さを
上乗せ。先天的な緩さ、後天的な緩さ
(仕上がり甘さ)がある現状、SP的
に厳しい。完全な能力頼み。




▼予想印 ※一部、プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
▲ミスエルテ、他1頭
★2頭
☆ビーカーリー、他2頭
―――――――――――――――――



この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.595 阪神JF 馬体診断予想~勝ち負けまでの期待ができる馬体は二頭
2016/12/11 07:10:00
カテゴリー: G1
▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】阪神
【距 離】1600m 芝・右 外
【適 性】N/T型-M(万能/根幹-マイル)



▼馬体レーティング ※一部、プレミア記事完全公開

000…今走馬体写真なしレート未算出
***…馬体不明

▽分布
―――――――――――――――――
112|1頭
111|2頭
110|4頭
109|1頭
108|3頭
―――――――――――――――――



▼予想印  ※一部、プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
★1頭
☆スズカゼ、他2頭
▲2頭
見レーヌミノル他
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※一部、プレミア記事完全公開

デビューして間もない2歳最初のG1
ということもあり、例年、ダート短距
離ベターや早熟のみという馬体の参戦
もチラホラある気がする本レース。

が、今年は、芝の短マイル向きという
馬体がほとんどで、全体的な馬体レベ
ルはまずまず良い印象。中距離以上な
ど異端派の参戦も少ない。

その意味では、善戦に限れば、可能性
がある馬は多く混戦難解。

ただ、善戦以上、勝ち負けまでを期待
できる馬体、つまり、本命◎や一発激
走の一撃★を打てる馬も限られる。

ズバリ、勝ち負けまでの期待を抱ける
馬体はたった二頭。その二頭に、本線
◎★を打つ。



凡穴☆三頭
―――――――――――――――――
000|スズカゼ
デビュー前の馬体を複数確認。父ディ
ープブリランテ同様、マイラーらしい
全体シルエットだが、各部は、前後と
も骨格容量普通、首差しのバランスや
少し間延び気味の前後連動など、SP
絶対値ややわらかみは一息。

皮膚質の良さ、骨格的な伸び代を残し
ており、適距離の今回、先行すれば、
パフォーマンスを上げてくる可能性は
ある。




他、様子見
―――――――――――――――――
108|レーヌミノル
一目見てわかる、そのチグハグな全体
のバランスは、可動部における、筋肉
量、折、尺というこの三つのバランス
の悪さにある。父ダイワメジャー産駒
でも、より短距離仕様の要素が強い造
りだ。

今回、本馬にとって、馬体マイラー相
手の1600m戦と、これまでで最も
厳しい条件となる一戦。仮に、スロー
以外で勝ち負けできるようなら、馬体
的に、能力文句なしと言えるが。

ハンドリングの良さと併せ、その可動
域の狭さを、回転数の速さという強み
に変えられる筋肉、仕上りにはある。
レースがスローに流れ、そこを先行し
て、ごまかしがきく単調なSP勝負に
なれば、好走できるだろうが。




▼予想印 ※一部、プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
★1頭
☆スズカゼ、他2頭
▲2頭
見レーヌミノル他
―――――――――――――――――



この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.594 チャンピオンズC 馬体診断予想~「胴伸び有=長距離向き』とは言えない理由とは
2016/12/04 07:10:00
カテゴリー: 馬体の基本解説 G1
▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】中京
【距 離】1800m ダート・左
【適 性】C/L型-MI(持続/非根幹-マイル中距離)



▼馬体レーティング ※一部、プレミア記事完全公開

000…今走馬体写真なしレート未算出
***…馬体不明

▽分布
―――――――――――――――――
112|1頭
111|コパノリッキー、他5頭
110|2頭
109|3頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論  ※一部、プレミア記事完全公開

G1ながら非根幹距離のため、淡泊単
調な流れのSP勝負となり易い舞台。

以前の小回り阪神?からの舞台変更が
あり、多少マシになったとは言え、そ
の昔、東京で行われていたJCダート
のようなタフで総合力が求められる、
「強い馬が勝つレース」とはなり難い
一戦。

そのため、馬体定石からは、1800
よりも短めとなる<マイル以下向きの
SP仕様の骨格、SP絶対値の高さ>
がある造りに有利となり易い。

つまり、「G1らしさや適性を求める
のか、SPを重視するのか」によって
、評価すべき馬体も180度異なって
くる。

流れ次第では、どの馬でも好走に納得
ができてしまうという、馬体的にみて
、非常にハンパな舞台である。

ただ、芝よりSPの優劣に差が出にく
いダート戦でもあり、スローと決め打
ちして評価するものの、G1という点
も加味しておきたい。

以上から、



他、様子見
―――――――――――――――――
コパノリッキー
今走適性高く、馬体定石の後押しもあ
り、無難に高評価となる。

ただ、いかにも今回仕上がりが甘い。
昨年本命◎を打ったはずだが、今年は
評価して対抗○か押え▲。人気もあり
、印の見栄えで削減。



おまけ
―――――――――――――――――
ホッコータルマエ
毎回仕上がりが良い馬だが、今回は、
前後や肋など少し余裕あり。と、ざっ
と馬体診断した後、出走表を見たが、
馬名なし。印も押え▲予定だったため
、理由も検索せず。どうしたのか。



タガノトネール
ケイムホーム産駒だが、いかにも短距
離馬という造りではなく、母父キング
カメハメハの影響が強い。否、母系に
トニービンの名があり、このサス尺や
軽さは、そこからきているのだろう。

馬名から、馬体とローテにミスマッチ
がある馬と、何となく記憶していた馬
で、今回、改めて馬体を見て、その通
りだった。ここは距離的に、もう一段
パフォーマンスを上げる可能性がある
な、とみていただけに、出走表に名が
なく、確認して予後不良というのは、
非常に残念だ。



ニホンピロアワーズ
久しぶりに馬体を確認。相変わらず。
さすが現役屈指の癖馬である。これぞ
リアル版ハリボテエナジーという馬体
だ。
----------------------------------
ハリボテエナジーを知らない方は
こちらの動画を。
----------------------------------




▼予想印 ※一部、プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
★2頭
▲1頭
☆2頭
―――――――――――――――――



この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ