馬体優先主義【1コイン版】
馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
いいね3

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014/08/21
最終更新日:2018/04/22 00:49


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
カレンダー
<  2015年10月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
紹介文
創刊もうすぐ5年目、「馬体写真」だけで予想する
メルマガ馬体優先主義の<部分配信>コンテンツ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■特徴
・「馬体写真」だけで予想~パドック不要
・「馬体限定」の評価情報~馬体レーティング、馬体短評
・これまでの「馬体の見方」とは全く異なる相馬眼
・「パドック派」が見極めるポイントの約20倍をチェック診断
・見極める「適性」は、コース、距離長さ、距離質まで
・馬体から馬を「3タイプ{A・N・C}型」に分類
・アナログな「馬体」ながら、デジタルな評価、数的実績を実現!



■対象

・重賞レース ※1~2R



■価格

――――――――――――――――――――――
1頭…100円(税込)
1R…500円(税込)※全馬対象(約8頭~)
――――――――――――――――――――――

・1章毎に1頭毎の馬体短評に掲載。
・最終結論(推奨買い目)も部分配信。



■公開日時

・重賞の前日夜8時~当日昼12時
・章(1頭)単位で随時公開
・場合によっては公開しない週もあり



■著者馬体診断の過去実績

▽馬体レーティング実績
――――――――――――――――――――――
≪2014上半期≫
TOP馬
【単回収率】126% 【複回収率】144%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】218% 【複回収率】278%

≪2013-年間≫
TOP馬
【単回収率】98% 【複回収率】99%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】111% 【複回収率】104%

※人気馬……1~4番人気馬
――――――――――――――――――――――


▽若駒の馬体評価(おすすめ指名馬)実績
――――――――――――――――――――――
≪06~11産駒-累計実績≫

■馬体おすすめ全指名馬
【勝馬率】63%(342/540頭)※デビュー未含む
【代表馬】ショウナンアチーヴ(11産駒馬体No.1)

□牡馬-総合ランキング
【勝馬率】76%(69/89頭)
【代表馬】オルフェーヴル

□牝馬-総合ランキング
【勝馬率】56%(45/81頭)
【代表馬】ジェンティルドンナ

□ディープインパクト産駒-牡馬ランキング
【勝馬率】86%(42/49頭)
【代表馬】ディープブリランテ

□ディープインパクト産駒-牝馬ランキング
【勝馬率】60%(27/45頭)
【代表馬】ヴィルシーナ

※くわしくは著者『若駒対象の馬体評価サイト』
ColtJapan;http://coltjapan.com/
――――――――――――――――――――――


▽予想他実績
・毎年、年間回収率100%超
・予想の印ベタ買いで年間回収率100%超実績あり
・ノウハウレポート数十冊配信済
・競馬最強の法則WEB、ウマニティのプロ枠等
大手競馬サイトで馬体情報を発信中
・サラブレッドのセリセール前の購入相談(馬体コ
ンサルティング)も担当


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
購入する方はこちら
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
No.448 秋華賞 馬体診断予想~ここで狙うべき最たる馬体が二頭いる
2015/10/18 10:38:11
カテゴリー: G1
▼過去予想結果 (2011~2014)

【予想】
2014|◎ハピネスダンサー|16人気14着
2013|◎デニムアンドルビー|1人気4着
2012|◎ラスヴェンチュラス|9人気10着
2011|◎キョウワジャンヌ|7人気2着


【馬体レーティングTOP】
2013|111レッドリヴェール|2人気6着
2013|113デニムアンドルビー|1人気4着
2012|112ヴィルシーナ|2人気2着
2011|112アヴェンチュラ|2人気1着



▼コース適性

【適性】N/T型-I(中立/根幹-中距離)
【ランク】G1 【コース】京都内 【距離】芝2000m



▼馬体レーティング
――――――――――――――――――――――
111|タッチングスピーチ(↓)
111|ミッキークイーン(-)
110|レッツゴードンキ(-)
111|トーセンビクトリー(↓)
111|アンドリエッテ(-)
109|シングウィズジョイ(↑)
109|クイーンズリング(-)
110|クインズミラーグロ(-)
111|ディープジュエリー(-)
111|ホワイトエレガンス(-)
111|ココロノアイ(↑)
――――――――――――――――――――――
※競馬ブック-フォトパドック掲載馬対象
※(前走比の馬体適性)


▼最終結論

馬体的に、求められる適性がどれもソコソコと中
途半端な【中立N型】の舞台であるこの秋華賞。

SP裏付けや器用さなどが有利に働きやすく、地方
ローカル戦などに近い舞台と言え、G1でも非常に
軽いレースだ。


具体的に、「スケール大、大振り」などが苦戦し
やすく「素材目立たぬ、小ぶり」など、いわゆる
馬体今ひとつな馬にもチャンスがある。

つまり、「いい馬体故に評価を下げ、今ひとつな
馬体故に評価を上げる」という判断が必要と、馬
体から予想する上で、非常に居心地の悪いレース
だ。


そんな馬体的にハンパな舞台のG1だが、馬体定石
通り、根幹戦故、ハイペースと決め打ちし<馬体
好素材、長め距離適性>を狙うのか。

一方、馬体適性を重視し、<SP裏付け、器用さを
第一に、そのなかで安定した好素材>を狙うのか
、予想の方向性も<二択>が可能。


ただ、トライアル前哨戦で<馬体好素材、長め距
離適性>のタッチングスピーチをすでに高評価し
、結果激走、かつ本番の今回人気とあれば、予想
の方向性は決まってしまう。

今回は馬券的にも、<SP裏付け、器用さを第一に
、そのなかで安定した好素材>を狙うべき時だ。



予想の大筋の次は、具体的な馬体総評として


今回馬体レーティングTOPが111ポンド止まりで、
かつ多数。昨年2014年より、好素材が出揃い相対
的なレベルは高めも、2013年以前のような、抜け
た馬が不在。

ただでさえ、馬体的にハンパ&難解なG1でもあり
今回馬体写真がある馬では、本命◎や一撃★など
自信を持って打てない。

ちなみに、通常レート111pは、本線評価できるか
どうかのぎりぎりライン。以前とレート算出基準
を少し変更しているとはいえ、単独本線評価をす
るには、やはり112pはほしい。



では以下、馬体短評


111|タッチングスピーチ(↓)
初見。前走≪ローズS≫で、デビュー前の馬体から
「最も怖い馬として一撃★指名」したのが本馬。

デビュー前と変わらずの評価となるが、前走同様
ここでも素材スケールは屈指と言える。適性もわ
かりやすく、軽い京都替わりはいいが、典型的な
【持続C型】馬で小回りでは、かなり流れがタフに
ならない限り差し込みは難しい造り。

つまり、今回は前走以上に馬体の素材スケールと
能力頼みとなり、当然評価を下げるべき。ちなみ
に、過去の秋華賞出走馬で言えばアヴェンチュラ
に近い馬体だ。

また、いつも言っているが、同馬をここで高評価
&狙うのでは遅い。
同馬の馬券的な狙い時はもう
とっくに過ぎている。



111|ミッキークイーン(-)
つづきは、プレミア記事にて完全公開


この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ