馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
馬体優先主義【1コイン版】
いいね6

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014年08月21日
最終更新日:2021年01月17日 01:53


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
基本情報を隠す

メニュー

プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
月別アーカイブ
2021年 1月 (6)
2020年 12月 (5)
2020年 11月 (7)
2020年 10月 (5)
2020年 9月 (8)
2020年 8月 (7)
2020年 7月 (6)
2020年 6月 (5)
2020年 5月 (5)
2020年 4月 (5)
2020年 3月 (6)
2020年 2月 (9)
2020年 1月 (8)
2019年 12月 (4)
2019年 11月 (5)
2019年 10月 (5)
2019年 9月 (9)
2019年 8月 (8)
2019年 7月 (7)
2019年 6月 (7)
2019年 5月 (7)
2019年 4月 (5)
2019年 3月 (7)
2019年 2月 (8)
2019年 1月 (8)
2018年 12月 (4)
2018年 11月 (7)
2018年 10月 (5)
2018年 9月 (9)
2018年 8月 (7)
2018年 7月 (9)
2018年 6月 (6)
2018年 5月 (4)
2018年 4月 (5)
2018年 3月 (7)
2018年 2月 (8)
2018年 1月 (7)
2017年 12月 (7)
2017年 11月 (6)
2017年 10月 (6)
2017年 9月 (10)
2017年 8月 (8)
2017年 7月 (9)
2017年 6月 (6)
2017年 5月 (5)
2017年 4月 (6)
2017年 3月 (8)
2017年 2月 (9)
2017年 1月 (10)
2016年 12月 (5)
2016年 11月 (10)
2016年 10月 (10)
2016年 9月 (9)
2016年 8月 (8)
2016年 7月 (9)
2016年 6月 (7)
2016年 5月 (12)
2016年 4月 (11)
2016年 3月 (14)
2016年 2月 (13)
2016年 1月 (10)
2015年 12月 (12)
2015年 11月 (15)
2015年 10月 (15)
2015年 9月 (15)
2015年 8月 (17)
2015年 7月 (20)
2015年 6月 (40)
2015年 5月 (26)
2015年 4月 (32)
2015年 3月 (30)
2015年 2月 (28)
2015年 1月 (21)
2014年 12月 (12)
2014年 11月 (44)
2014年 10月 (49)
2014年 9月 (71)
2014年 8月 (33)
カレンダー
<  2015年10月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
紹介文
隠す
創刊11年目を迎える、「馬体写真」だけで予想する
メルマガ馬体優先主義の<部分配信>コンテンツ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■特徴
・「馬体写真」だけで予想~パドック不要
・「馬体限定」の評価情報~馬体レーティング、馬体短評
・見極める「適性」は、コース、距離長さ、距離質、脚質まで 
・「パドック派」が見極めるポイントの約20倍をチェック診断
・馬体から馬を「3タイプ{A・N・C}型」に分類
・アナログな馬体から、デジタルな評価、数的実績を実現!



■対象

・重賞レース ※1~2R/週 
・馬体写真の数により公開しない週もあり 


■価格

――――――――――――――――――――――
1頭…100円(税込)
1R…500円(税込)※全馬対象(約8頭~)
――――――――――――――――――――――

・1章毎に1頭毎の馬体短評に掲載。
・最終結論(推奨買い目)も部分配信。



■公開日時

・重賞の前日夜8時~当日昼12時を予定



■著者馬体診断の過去実績

▽馬体レーティング実績
――――――――――――――――――――――
≪2014上半期≫
TOP馬
【単回収率】126% 【複回収率】144%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】218% 【複回収率】278%

≪2013-年間≫
TOP馬
【単回収率】98% 【複回収率】99%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】111% 【複回収率】104%

※人気馬……1~4番人気馬
――――――――――――――――――――――


▽若駒の馬体評価(おすすめ指名馬)実績
――――――――――――――――――――――
≪06~11産駒-累計実績≫

■馬体おすすめ全指名馬
【勝馬率】63%(342/540頭)※デビュー未含む
【代表馬】ショウナンアチーヴ(11産駒馬体No.1)

□牡馬-総合ランキング
【勝馬率】76%(69/89頭)
【代表馬】オルフェーヴル

□牝馬-総合ランキング
【勝馬率】56%(45/81頭)
【代表馬】ジェンティルドンナ

□ディープインパクト産駒-牡馬ランキング
【勝馬率】86%(42/49頭)
【代表馬】ディープブリランテ

□ディープインパクト産駒-牝馬ランキング
【勝馬率】60%(27/45頭)
【代表馬】ヴィルシーナ

※くわしくは著者『若駒対象の馬体評価サイト』
ColtJapan;http://coltjapan.com/
――――――――――――――――――――――


▽予想他実績
・毎年、年間回収率100%超
・予想の印ベタ買いで年間回収率100%超実績あり
・ノウハウレポート数十冊配信済
・競馬最強の法則WEB、ウマニティのプロ枠等
大手競馬サイトで馬体情報を発信中
・サラブレッドのセリセール前の購入相談(馬体コ
ンサルティング)も担当


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
購入する方はこちら
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
No.453 2015年10月31日 12:01   カテゴリー: G2
▼馬体レーティング プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
***|フィエロ
112|アルビアーノ
***|サトノルパン
***|オメガヴェンデッタ
***|ベルルミエール
111|サンライズメジャー
110|フミノムーン
***|ティーハーフ
***|コパノリチャード
***|ダイワマッジョーレ
112|ローブティサージュ
***|エーシントップ
***|バクシンテイオー
***|リトルゲルダ
―――――――――――――――――
※人気順

▼馬体短評
上記馬体レーティングは、<人気順>
に並べており、「馬体に限れば今走い
いが、巷の評価は低い」「巷の評価は
高いが、馬体に限ればそこまで疑問」
など、<馬体と人気のギャップ>がわ
かりやすいと思う。



レーティングからも本命◎はまずプレミ
ア記事公開
が無難。馬体からは1強だ。
この条件でG1があれば、G1馬になれる
馬体の素材と造りにある。


…つづきプレミア記事公開


▼印
―――――――――――――――――
◎1頭
★1頭
○不在
☆ローブティサージュ、他2頭
▲アルビアーノ、他2頭
―――――――――――――――――


No.452 2015年10月25日 01:22   カテゴリー: 馬体の基本解説 G1
▼コース適性

【適性】C/L型-E(持続/非根幹-ステイヤー)
【ランク】G1 【コース】京都外 【距離】芝3000m



▼馬体レーティング ※プレミア記事で完全公開
――――――――――――――――――――――
112|1頭
111|リアルスティール、他4頭
110|3頭
109|2頭
--------------------------------------------
111|リアルスティール(↓)
――――――――――――――――――――――
※ 競馬ブック-フォトパドック掲載馬対象
※ (前走比の馬体適性)


▼最終結論(2)~各馬短評

まず、最初に今回<馬体写真がある馬>で
---------------------------------------------
馬体を見れば、評価を下げるべき馬↓
馬体を見れば、評価を上げるべき馬↑
---------------------------------------------
それぞれ挙げておきたい。


評価を下げるべき馬↓
---------------------------------------------
リアルスティール
プレミア記事公開
プレミア記事公開
---------------------------------------------

評価を上げるべき馬↑
---------------------------------------------
プレミア記事公開
---------------------------------------------

根本的な意味でのこの四頭の評価は、馬体がわか
る人なら、必ず共通するはずだ。

また、レーティングの数値からもわかるように、
もう答えは出ている。


今回の菊花賞、本命◎はプレミア記事公開となる。



以下、各馬の馬体短評 ※プレミア記事で完全公開


111|リアルスティール(↓)
上質の皮膚質、均整のとれた骨格バランス、トモ
容量他、筋肉身詰まりなど、いかにも良血という
雰囲気があり、誰がみてもわかる好馬体。

春先から指摘している通り、その馬体は完成度が
高く、東京・京都向きの【持続C型】ベース。また
、完全に馬体マイラーながらダービー馬となった
兄ディープブリランテ以上の距離融通性がある。

が、あくまでそれは兄比。本馬も完全にマイラー
の造りで、距離融通性があるとは言え、中距離や
長距離馬のそれではない。

故に、ここは評価して押え▲が限界。距離(尺)が
唯一の不安だが、その距離適性こそが、JRAレース
のなかで最も要求され易いのがこの菊花賞。距離
不安に目をつむり、他の素晴らしさから本馬に何
らかの印を打ってしまうと、そもそも、馬体を見
ている意味がなくなる。



***|リアファル
---------------------------------------------
余談だが、…
公に話せない苦言を掲載 ※プレミア記事公開
---------------------------------------------



以下、馬体写真ない馬


スピリッツミノル
やわらかみ一息で、四肢サス長さを上体の硬さが
活かしきれないという骨格構造のアンバランスさ
がある。いわゆる、非根幹の中長距離で先行がベ
ターという馬体で、レースぶりとのミスマッチが
ない点はいい。

過去、勝ち切ったすみれSの2200mが距離尺として
ベスト。つまり、そこでの圧勝は、馬体的な必然
であり、同時に、その圧勝は、能力的に鵜呑みに
はできないと言える。




▼予想印  ※プレミア記事で完全公開
――――――――――――――――――――――
◎1頭
○不在
★不在
▲3頭
☆3頭
――――――――――――――――――――――


No.451 2015年10月24日 17:00   カテゴリー: G1
▼過去実績 (2011~2014)

【馬体レーティングTOP】
2014|111トーホウジャッカル|3人気1着
2013|113エピファネイア|1人気1着
2012|115ゴールドシップ|1人気1着
2011|112オルフェーヴル|1人気1着


【予想】
(ネット公開)
2014|◎ショウナンラグーン|6人気5着
2014|○トーホウジャッカル|3人気1着

2013|◎テイエムイナズマ|16人気11着

2012|◎ゴールドシップ|1人気1着
2012|○ユウキソルジャー|7人気3着
2012|★ベールドインパクト|10人気4着

2011|◎ハーバーコマンド|14人気4着

2010|◎レーヴドリアン|5人気4着

2009|◎フォゲッタブル|7人気2着
2009|★スリーロールス|8人気1着
2009|▲セイウンワンダー|6人気3着

…………

(ネット公開前)
2008|◎ナムラクレセント|9人気3着
2008|○フローテーション|15人気2着
2008|▲ヤマニンキングリー|16人気9着
2008|見オウケンブルースリ|1人気1着

2004|◎デルタブルース|8人気1着

2003|◎マッキ―マックス|8人気5着

2002|◎ヒシミラクル|10人気1着
2002|○メガスターダム|3人気3着
2002|★ファストタテヤマ|16人気2着

1999|◎ナリタトップロード|3人気1着

1997|◎メジロブライト|2人気3着
1997|○ステイゴールド|10人気8着



▼コース適性

【適性】C/L型-E(持続/非根幹-ステイヤー)
【ランク】G1 【コース】京都外 【距離】芝3000m



▼馬体レーティング
――――――――――――――――――――――
112|1頭
111|4頭
110|3頭
109|2頭
――――――――――――――――――――――
※競馬ブック-フォトパドック掲載馬対象



▼最終結論

新潟2歳Sと並び「JRAレースのなかで個人的に最も
得意としている」のがこの菊花賞。

過去、ネット上で馬体診断予想を開始した2009年
~のみならず、記憶をたどってみても、それ以前
から、予想&馬券の相性が抜群で大好きなレース
である。



では、そもそも「なぜ、菊花賞が得意なのか」…
これは毎年述べているが、ズバリ、「レース結果
への馬体の影響度が、他のどのレースよりも大き
くなり易い」故。

ざっくり言えば、馬体がわかりさえすれば「最も
予想&穴馬的中し易い」それがこの菊花賞だ。


事実、馬体を見れば、
---------------------------------------------
評価を下げるべき馬↓
評価を上げるべき馬↑
---------------------------------------------
これが一目瞭然。

加え、前者に人気馬、後者に超穴馬が該当するケー
スが多い。


例えば、前者↓の例なら
---------------------------------------------
昨年なら人気トゥザワールド(2人気16着)
一昨年ならマジェスティハーツ(2人気13着)など
---------------------------------------------
馬体を見れば、絶対に本線で買えない。


一方で、後者↑の例では
---------------------------------------------
近年で最も自信の本命◎ハーバーコマンド(14人気
4着)や、メルマガ創刊当初に完全的中したスリー
ロールス(8人気1着)、フォゲッタブル(7人気2着)
、他、ナムラクレセント(9人気3着)、フローテー
ション(15人気2着)、ヒシミラクル(10人気1着)、
ファストタテヤマ(16人気2着)、古くは、◎メジロ
ブライト(2人気3着)、ステイゴールド(10人気8着)
など
---------------------------------------------
馬体を見れば、絶対に本線評価すべき馬たちだ。


もちろん、現実のレース結果は水もの、予想や馬
券の当たりハズレも、別次元の話だが、とにかく
---------------------------------------------
馬体から評価すべきでない馬↓の凡走
馬体から評価すべき馬↑の好走
---------------------------------------------
人気問わず、これが通常のレースと比較にならな
いくらい高いと言える。

菊花賞だけは、「馬体から予想すべき、馬体派の
ためにあるレース」と言っても過言でない。



その要因は、大きく以下<4つ>挙げられる。
---------------------------------------------
<1>菊花賞がマイノリティな距離である
<2>ステイヤーがマイノリティな馬体である
<3>3歳三冠レースという特殊なレースである
<4>馬体は、巷のほとんどの人がわからない
---------------------------------------------


<1>菊花賞がマイノリティな距離である

世界的にみても、近年競馬はあらゆる面でスピー
ド重視の傾向にある。日本も例外ではなく、その
影響はレース番組体系にも表れている。

ただでさえ3000mという距離はマイノリティー。現
在は、その傾向がより一層強くなっている。


<2>ステイヤーがマイノリティな馬体である

種牡馬(実績の評価)においても、スピード優先の
傾向が強くなっており、当然、生産されるサラブ
レッド全体も、より短距離スピードよりにシフト
した血統や馬体となっている。

3000m戦に向くようなステイヤーといった馬体の個
体数自体が非常に少なくなってきている。


<3>3歳三冠レースという特殊なレースである

先のスピード優先の競馬全体の背景がありながら
未だ、三冠レースという特別な位置づけにあるの
がこの菊花賞。まだ3歳若駒という意味でベスト
な距離条件を模索している馬も多く、とりあえず
三冠最後なので参戦…という「専門外だが参戦す
る馬」が、デビュー直後の2歳戦並みに多い傾向
にある。

古馬戦の場合、ほぼ適距離条件が固まり、それに
合うレース選びを行うため、特に、重賞G1では、
その距離の専門スペシャリストという馬たちによ
る「スペシャリスト同士の戦い」となる。馬体的
にも、評価の差が開きにくい。

が、菊花賞はそれとは全くの正反対。その距離に
向かない「専門外、ド素人同士の戦い」となる。
だからこそ、万が一、馬体ステイヤーの馬が出走
してくれば、他馬と違い過ぎ目立つに目立ってし
まう。


<4>馬体は、巷のほとんどの人がわからない

馬体を見れば、これほど本命◎(高評価)や消し(低
評価)の判断が簡単なレースもない。が一方で、世
のなか、馬体の見極めができる人はごく一握り。
そのため、菊花賞もいつもと変わらず、馬体以外
の能力、近走成績、調教など、総合的な評価がい
い馬が人気を占める。

結果、馬体有力馬は、どのレースよりも好走し易
い条件ながら、巷の評価さえ低ければ、期待値は
通常以上、爆発的に高くなる。


これら<4つ>の要因が重なるレースだからこそ、
馬体的に菊花賞は特別なのであり、結果、馬体だ
けで予想する著者は、菊花賞が得意(恩恵を受けや
すい)となっているわけである。


では、ここから具体的な今年の馬体結論へ。例年
同様、今年も馬体から一目瞭然だ!


▼予想印
――――――――――――――――――――――
本命◎1頭
対抗○不在
一撃★不在
押え▲3頭
凡穴☆3頭
――――――――――――――――――――――


記事全文を読む
No.450 2015年10月24日 13:21   カテゴリー: G3
▼馬体レーティング
―――――――――――――――――
112|サトノアラジン(↓)
111|ロゴタイプ(↓)
***|フルーキー(↓)
***|ダノンプラチナ(-)
***|クラリティスカイ(-)
***|グランシルク(↑)
110|ヤマカツエース(↓)
111|ヤングマンパワー(↑)
112|シャイニープリンス(↑)
111|カレンブラックヒル(-)
***|ワールドエース(-)
***|シェルビー(↑)
109|アルマワイオリ(-)
109|マイネルホウオウ(↓)
111|ブレイズアトレイル(-)
―――――――――――――――――
※上から人気順に馬体診断
***…プレミア記事完全公開
()…(馬体的な前走比)


▼馬体短評
この富士ステークスと東京新聞杯は、
過去、まずまず馬体相性がいい印象が
ある。

これは、JRAレースのなかでも、菊花賞
と並び、馬体相性抜群の新潟2歳Sと同
じ舞台、【持続CT型】向きコースとい
うのもあるだろう。


ただ、デビューしたての若駒による新
潟2歳Sとは異なり、古馬マイル戦と、
スペシャリストが揃う一戦で、これは
メンバーの馬体を見渡してもわかる。
新潟2歳Sと同じ条件だが、馬体的には
格段に差がつけづらいのは言うまでも
ない。


古馬戦ということもあり、馬体不明は
アルバタックスの一頭のみ。馬体的に
専門外という馬も、サトノアラジン
らいなものか。後、*******
成長次第だが、実績に反し、馬体マイ
ラーという造りではない。



ぱっと見て、シャイニープリンスの名
前がある時点で、まぁいつも通り、東
京マイルならこの馬が妥当といきたい
ところだが、もう何度か馬券孝行済で
年齢と面割れ的にも、この馬本線予想
は卒業したいところ。



サトノアラジンは、…つづきプレミア記事公開


▼印
―――――――――――――――――
◎1頭
○シャイニープリンス
★2頭
☆ヤングマンパワー、ブレイズアトレイル
▲サトノアラジン、クラリティスカイ
―――――――――――――――――


No.449 2015年10月24日 11:54   カテゴリー: 馬体の基本解説
▽過去実績-デビュー前2歳馬体診断
―――――――――――――――――
<馬体おすすめ指名馬>勝馬率
【全馬】64%
【牡馬】79%
【ディープI牡馬】80%
<06~12産駒累計>

<馬体おすすめ指名馬>代表馬一例
06産駒|ランフォルセ
07産駒|リディル
08産駒|オルフェーヴル、マイネイサベル
09産駒|ディープブリランテ、ジェンティルドンナ
10産駒|アユサン、カミノタサハラ
11産駒|ショウナンアチーヴ、ハープスター
12産駒|ドゥラメンテ、ミッキークイーン
―――――――――――――――――


▼馬体レーティング
―――――――――――――――――
***|アタンドリール
***|タイセイヴィクター
***|マウントロブソン
***|ロジインパクト
111|リスペクトアース
109|ゴッドテンス
―――――――――――――――――
***プレミア記事で公開


▼印
―――――――――――――――――
★1頭
☆リスペクトアース
―――――――――――――――――


▼馬体短評
プレミア記事にて公開

TOP