アフィリエイトOK

馬体優先主義【1コイン版】

いいね6

発行者:武虎
価 格:記事別課金
特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬


公開開始日:2014/08/21
最終更新日:2021/02/28 01:51

外部サイト・ブログ等に埋め込む
マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
基本情報を隠す

メニュー

プロフィール

武虎

武虎

おいおい執筆

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

<  2021年3月  >
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

こんな商品も発行しています

No.479 2015年12月27日 07:03   カテゴリー: 馬体の基本解説 G1

▼コース適性

【適性】AL型-L(加速/非根幹-長距離)
【ランク】G1 【コース】中山 【距離】芝2500m



▼馬体レーティング

有馬記念 馬体診断予想-後編で公開



▼最終結論~馬体総評

過去、数々の名勝負&名ドラマを生んできたこの
年の瀬グランプリ有馬記念。


秋の古馬王道G1最終戦という位置付けとは裏腹に
馬体からみた舞台適性は【加速非根幹のAL型】
という王道と真逆、邪道&特殊なレース。

故に、能力、馬体からみてガチンコ勝負ではなく
運次第。まさに、年の瀬最後のラッキーチャンス
といった「競馬の年末ジャンボ」的なレースであ
るのが現実だ。

ちなみに、同じ春のグランプリ宝塚記念も、この
【AL型】の舞台設定。運次第の要素が強い。


と、ここで、馬体から「運」とは何か?…無論
---------------------------------------------
運=適性
---------------------------------------------
結果に対し、「適性(運)」が占めるアドバンテー
ジが非常に高い
一戦である。


そのため、過去の勝ち馬には、錚々たるメンバー
がいる一方で、ここでしか輝けなかった馬なども
多い。

単純な、能力の高さ、馬体の良さだけはいかんと
もしがたい舞台、それが有馬記念。



レースの大筋解説はこのくらいで、具体的に

ズバリ、馬体からみて、その決着は大きく二つ。
---------------------------------------------
ハイの持続SP(C型)戦で「名馬/長距離」馬体決着
ローの加速SP(A型)戦で「癖馬/短距離」馬体決着

---------------------------------------------
このどちらか。


過去の有馬記念の結果を眺め、顕著な例として、
---------------------------------------------
前者は、トウカイテイオー復活、2着ビワハヤヒデ
の年。近年ならゴールドシップオーシャンブル
の年など。

一方で後者は、オグリキャップの引退レースや、
オルフェーヴルの初勝ち(2011)、ドリームジャー
ニー
ブエナビスタを破った年など。
---------------------------------------------


結論として、有馬記念は
---------------------------------------------
舞台を覆す馬体「素材」が求められるのか
舞台通りの馬体「適性」が求められるのか
---------------------------------------------
それぞれ、評価すべき馬体は180度正反対となる。


無論、競馬は馬体だけで結果が決まるわけでもな
く、馬体的な意味で、きれいなワンツー決着など
は稀だが。

とは言え≪過去馬体診断≫においても
---------------------------------------------
近年で、牝馬として最高&理想的な馬体と評した
お気に入りブエナビスタの評価を落とし、なぜ、
ドリームジャーニーに本命◎を打ったのか?

昨年なども、ダービーや菊花賞のクラシックでは
ほぼ素通りレベルの低評価だったトゥザワールド
に、なぜこの大一番で本命◎を打ったのか?
---------------------------------------------
この答えこそが、馬体「適性」にある。


ということで、特別な人気の偏り、個人的な期待
、思い入れがある馬(馬体)がいない限りは、

<馬体の定石>通り
---------------------------------------------
中山2500に向く馬体、つまり、加速SP(A型)ベース
で「癖のある造り/より短めが適距離」の馬体の馬

---------------------------------------------
これを高評価。自然と印は決まってしまう。


ちなみに、今回は馬体以外の「展開」も加味して
予想すれば、
---------------------------------------------
【持続C型】ベースの馬体リアファルが、ある程度
速い流れを作りそうで、今年は、有馬記念の舞台
本来のスローの【加速SP(A型向き)】戦にはならな
い年である可能性が高い…
---------------------------------------------
と、<馬体の定石>の真逆、ハイと決めうち【持続
C型】馬を高評価すべき…となってしまう。


が、ここは馬体でなく<博打の定石>として
---------------------------------------------
明らかに、スローとならない「展開」が見えても
一貫して、スローと決め打ちし「馬体」で予想
---------------------------------------------
人気、馬体だけの優位性が【加速A型】馬にあるな
らば、それに従い予想、印を打ち馬券を買う。


確かに「展開」をも加味すれば、もちろん予想と
して、的中率はあがる。

が、競馬は控除率が破滅的に高いギャンブル故
---------------------------------------------
<的中率>が上がるということは、イコール
致命的に<低い期待値>を拾い続けることになり
結果、長期的な<回収率>が下がる
---------------------------------------------
的中率が高い予想では、競馬で回収率100%を超え
られないのが現実だ。


と、馬体から常勝の話に逸れたが、とにかくいつ
も通り、

有馬記念も「当てたい」人は、
予想の印は参考にしないように。
診断の内容を参考に。

馬体短評~最終結論は有馬記念 馬体診断予想-後編で。



▼予想印
――――――――――――――――――――――
◎2頭
○1頭
★1頭
▲2頭
☆2頭
見ゴールドシップ
――――――――――――――――――――――


~推奨買い目/D~

◎単複
★複単
◎◎、◎○、◎★⇒三連
見送り
☆複

Dキタサンブラック



▼馬体短評 ※一部

ゴールドシップ
初見の若駒3歳当時より【持続C型】のお手本的な
造りとして現役屈指の評価をしてきた本馬。

戦績を振り返ると、馬体と一致した実績やパフォ
ーマンスとは言えないレース(皐月賞やこの有馬、
阪神内回りでの圧勝)も多く、その意味で、馬体的
にみて本当に能力の高さを実感できる馬だった。

その馬体は好みの部類に入るが、偏り過ぎておら
ず王道過ぎる造りと、大好きな馬体というまでに
なく、ここが引退レースだからと言え、「今年の
私の夢はゴールドシップ」…と、思い入れ予想や
馬券を買うまでには至らなかった。では、最後で
もあり馬体の細かな診断を。

ここ最近、前走も指摘したが、首差し(ノド回り)
、肩甲骨と胸前の上(肩口)の厚みが増している。
「増している」と書けば聞こえはいい、この厚み
は、相馬として【加速A型】馬なら良しも、本馬
など【持続C型】や3歳若駒の場合は、マイナスに
こそなれ、プラスには働きにくい。

いわゆる、若駒当時よりパワフルになっているが
、パワフルとは本馬本来の最大の強み、稼働域、
心肺機能の裏付けを軽減する要素。加齢により、
特に牡馬の場合、この首差しや肩口に脂肪が付く
ことが多く、これがよく言っている「中年化」。

根幹向きの前後骨格の安定良さがあり、元々が、
【持続C型】の馬体でも、緩い、軽い、薄いという
偏りがない万能さがある馬体で、加え、母父メジ
ロマックイーン同様の長直飛という良さもあり、
【持続C型】馬でも中山対応は高いだろうが、若い
時分と同様にここで動けるのか。思い入れと能力
なども無視すれば、動けないとみるのが妥当だ。

馬体から適性合わない中山皐月賞で本命◎を打っ
たのが懐かしい。


記事全文を読む
No.467 2015年11月28日 21:58   カテゴリー: G3

▼コース適性

【適性】N/T型-S(中立/根幹-スプリント)
【ランク】G3 【コース】京都内 【距離】芝1200m



▼馬体レーティング~人気順に表示
―――――――――――――――――
113|ビッグアーサー
***|ベルカント
111|エイシンブルズアイ
***|サトノルパン
***|アースソニック
***|フミノムーン
***|サドンストーム
***|ベルルミエール
***|コパノリチャード
000|ウイングザムーン
000|メイショウツガル
***|ワキノブレイブ
111|スマートギア
***|レンイングランド
***|アミカブルナンバー
―――――――――――――――――
000…馬体不明
***…プレミア記事公開


▼最終結論

圧倒的な1番人気のビッグアーサーだが、残念なが
ら、本命◎を打たざるをえない馬体逸材。前回も
述べた通り、馬体お気に入りだったエーシンW(※
ワシントンではない)
によく似ている。

今回と全く同条件となる初見≪北九州記念≫でも
本命◎を打たざるをえないとしたが、ただ、今回
の本命◎とはニュアンスが違う。


初見時は、その馬体を見た瞬間、モノが違い過ぎ
て文句なしの評価。本命◎を打つのに抵抗があっ
たが、それは初重賞でも人気しそうな「いかにも
巷も好みそうな馬」という心理的な意味でのみ。

が、今回は馬体写真なく仕上り不明。これは全馬
に言えるとは言え、明らかに初見≪北九州記念≫
よりも馬体的リスクは高まる。


加え、前日オッズからも間違いなく期待値は初見
当時より下がっている。同じ1番人気でも≪北九州
記念≫は複勝140円。今回それ同等以上は難しいの
ではないか。

今回もライバル比でしかたなく本命◎を打つが、
ズバリ、本馬の馬券は単複連式に限らず、期待値
100%超の買い目はほぼ皆無だろう。


以上「実際に強い馬だと確認裏付けがとれてから
勝負」
…こんなことをしていては、競馬では長期
回収率を100%超えにすることなどほぼ不可能。

競馬は「的中率が上げれば上がるほど、***
*********」
してくる。この理は、馬券
を買った瞬間、何人たりとも逃れられない。

そんなわけない!…と思った方、この理ルール
例えるなら、サッカーで言えば、手を使ったらNG
(ハンド)、ボクシングで蹴りはダメ…これと同じ
くらい絶対的な基本ルール。…とたまには馬体で
なく馬券の話を書いてみた。



他…つづきはプレミア記事公開




▼予想印
――――――――――――――――――――――
◎ビッグアーサー
★2頭
☆3頭
――――――――――――――――――――――


No.451 2015年10月24日 17:00   カテゴリー: G1

▼過去実績 (2011~2014)

【馬体レーティングTOP】
2014|111トーホウジャッカル|3人気1着
2013|113エピファネイア|1人気1着
2012|115ゴールドシップ|1人気1着
2011|112オルフェーヴル|1人気1着


【予想】
(ネット公開)
2014|◎ショウナンラグーン|6人気5着
2014|○トーホウジャッカル|3人気1着

2013|◎テイエムイナズマ|16人気11着

2012|◎ゴールドシップ|1人気1着
2012|○ユウキソルジャー|7人気3着
2012|★ベールドインパクト|10人気4着

2011|◎ハーバーコマンド|14人気4着

2010|◎レーヴドリアン|5人気4着

2009|◎フォゲッタブル|7人気2着
2009|★スリーロールス|8人気1着
2009|▲セイウンワンダー|6人気3着

…………

(ネット公開前)
2008|◎ナムラクレセント|9人気3着
2008|○フローテーション|15人気2着
2008|▲ヤマニンキングリー|16人気9着
2008|見オウケンブルースリ|1人気1着

2004|◎デルタブルース|8人気1着

2003|◎マッキ―マックス|8人気5着

2002|◎ヒシミラクル|10人気1着
2002|○メガスターダム|3人気3着
2002|★ファストタテヤマ|16人気2着

1999|◎ナリタトップロード|3人気1着

1997|◎メジロブライト|2人気3着
1997|○ステイゴールド|10人気8着



▼コース適性

【適性】C/L型-E(持続/非根幹-ステイヤー)
【ランク】G1 【コース】京都外 【距離】芝3000m



▼馬体レーティング
――――――――――――――――――――――
112|1頭
111|4頭
110|3頭
109|2頭
――――――――――――――――――――――
※競馬ブック-フォトパドック掲載馬対象



▼最終結論

新潟2歳Sと並び「JRAレースのなかで個人的に最も
得意としている」のがこの菊花賞。

過去、ネット上で馬体診断予想を開始した2009年
~のみならず、記憶をたどってみても、それ以前
から、予想&馬券の相性が抜群で大好きなレース
である。



では、そもそも「なぜ、菊花賞が得意なのか」…
これは毎年述べているが、ズバリ、「レース結果
への馬体の影響度が、他のどのレースよりも大き
くなり易い」故。

ざっくり言えば、馬体がわかりさえすれば「最も
予想&穴馬的中し易い」それがこの菊花賞だ。


事実、馬体を見れば、
---------------------------------------------
評価を下げるべき馬↓
評価を上げるべき馬↑
---------------------------------------------
これが一目瞭然。

加え、前者に人気馬、後者に超穴馬が該当するケー
スが多い。


例えば、前者↓の例なら
---------------------------------------------
昨年なら人気トゥザワールド(2人気16着)
一昨年ならマジェスティハーツ(2人気13着)など
---------------------------------------------
馬体を見れば、絶対に本線で買えない。


一方で、後者↑の例では
---------------------------------------------
近年で最も自信の本命◎ハーバーコマンド(14人気
4着)や、メルマガ創刊当初に完全的中したスリー
ロールス(8人気1着)、フォゲッタブル(7人気2着)
、他、ナムラクレセント(9人気3着)、フローテー
ション(15人気2着)、ヒシミラクル(10人気1着)、
ファストタテヤマ(16人気2着)、古くは、◎メジロ
ブライト(2人気3着)、ステイゴールド(10人気8着)
など
---------------------------------------------
馬体を見れば、絶対に本線評価すべき馬たちだ。


もちろん、現実のレース結果は水もの、予想や馬
券の当たりハズレも、別次元の話だが、とにかく
---------------------------------------------
馬体から評価すべきでない馬↓の凡走
馬体から評価すべき馬↑の好走
---------------------------------------------
人気問わず、これが通常のレースと比較にならな
いくらい高いと言える。

菊花賞だけは、「馬体から予想すべき、馬体派の
ためにあるレース」と言っても過言でない。



その要因は、大きく以下<4つ>挙げられる。
---------------------------------------------
<1>菊花賞がマイノリティな距離である
<2>ステイヤーがマイノリティな馬体である
<3>3歳三冠レースという特殊なレースである
<4>馬体は、巷のほとんどの人がわからない
---------------------------------------------


<1>菊花賞がマイノリティな距離である

世界的にみても、近年競馬はあらゆる面でスピー
ド重視の傾向にある。日本も例外ではなく、その
影響はレース番組体系にも表れている。

ただでさえ3000mという距離はマイノリティー。現
在は、その傾向がより一層強くなっている。


<2>ステイヤーがマイノリティな馬体である

種牡馬(実績の評価)においても、スピード優先の
傾向が強くなっており、当然、生産されるサラブ
レッド全体も、より短距離スピードよりにシフト
した血統や馬体となっている。

3000m戦に向くようなステイヤーといった馬体の個
体数自体が非常に少なくなってきている。


<3>3歳三冠レースという特殊なレースである

先のスピード優先の競馬全体の背景がありながら
未だ、三冠レースという特別な位置づけにあるの
がこの菊花賞。まだ3歳若駒という意味でベスト
な距離条件を模索している馬も多く、とりあえず
三冠最後なので参戦…という「専門外だが参戦す
る馬」が、デビュー直後の2歳戦並みに多い傾向
にある。

古馬戦の場合、ほぼ適距離条件が固まり、それに
合うレース選びを行うため、特に、重賞G1では、
その距離の専門スペシャリストという馬たちによ
る「スペシャリスト同士の戦い」となる。馬体的
にも、評価の差が開きにくい。

が、菊花賞はそれとは全くの正反対。その距離に
向かない「専門外、ド素人同士の戦い」となる。
だからこそ、万が一、馬体ステイヤーの馬が出走
してくれば、他馬と違い過ぎ目立つに目立ってし
まう。


<4>馬体は、巷のほとんどの人がわからない

馬体を見れば、これほど本命◎(高評価)や消し(低
評価)の判断が簡単なレースもない。が一方で、世
のなか、馬体の見極めができる人はごく一握り。
そのため、菊花賞もいつもと変わらず、馬体以外
の能力、近走成績、調教など、総合的な評価がい
い馬が人気を占める。

結果、馬体有力馬は、どのレースよりも好走し易
い条件ながら、巷の評価さえ低ければ、期待値は
通常以上、爆発的に高くなる。


これら<4つ>の要因が重なるレースだからこそ、
馬体的に菊花賞は特別なのであり、結果、馬体だ
けで予想する著者は、菊花賞が得意(恩恵を受けや
すい)となっているわけである。


では、ここから具体的な今年の馬体結論へ。例年
同様、今年も馬体から一目瞭然だ!


▼予想印
――――――――――――――――――――――
本命◎1頭
対抗○不在
一撃★不在
押え▲3頭
凡穴☆3頭
――――――――――――――――――――――


記事全文を読む
先週の的中報告~シリウスS
いいねする
No.442 2015年10月10日 10:30   カテゴリー: 先週の的中報告

□ 先週の的中一覧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 馬体診断予想
シリウス|◎ナムラビクター|2人気3着|複勝130円


▼ 馬体レーティングTOP馬
シリウス|113ナムラビクター|2人気3着|複勝130円


▼馬体診断公開など~著者コンテンツ
----------------------------------
『馬体優先主義』【1コイン版】 …本コンテンツ/1R単位でピンポイント
『馬体優先主義』【完全版】…メルマガ/重賞1R~
『馬体優先主義』【最強版】…WEB閲覧/全レース対象
『馬体INDEX2013』…今年の2歳馬のデビュー前馬体評価レポート(約800頭程度)
--------------------------------------------



□ 過去の的中一例-2015年度
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 馬体診断予想
――――――――――――――――――――――
(近走重賞) ※大穴的中一例
セント記|◎ミュゼエイリアン|9人気2着|複勝820円
セント記|◎ジュンツバサ|10人気3着|複勝920円
ローズS|★タッチングスピーチ|7人気1着|単勝1,220円複勝300円
新潟記念|★ファントムライト|13人気3着|複勝1120円
札幌記念|◎ディサイファ|5人気1着|単勝1,110円複勝290円
札幌記念|◎ダービーフィズ|4人気3着|複勝330円
関屋記念|◎マジェスティハーツ|6人気2着|複360円
エルムS|★エーシンモアオバー|7人気3着|複870円
函館記念|◎ヤマカツエース|7人気3着
プロキS|◎ベストウォーリア|4人気1着
函館スS|◎アースソニック|14人気2着|複1380円
函館スS|◎ティーハーフ|4人気1着|単630円複250円
マーメS|◎パワースポット|10人気3着|複430円

(G1)
宝塚記念|◎ラブリーデイ|6人気1着|単1420円複470円
宝塚記念|★デニムアンドルビー|10人気6着|複640円
宝塚記念|◎★|馬連12900円馬単19250円
宝塚記念|◎★☆ショウナンパンドラ|三複157770円三単528510円
安田記念|◎ヴァンセンヌ|3人気2着|複240円
安田記念|◎○モーリス|馬連1740円馬単2,680円
安田記念|◎○クラレント|三連複40690円
オークス|◎ミッキークイーン|3人気1着|単680円複210円
オークス|◎○ルージュバック|馬連1160円馬単3030円
オークス|◎○☆クリミナル|三連複4140円三連単20150円
 桜花賞 |★クルミナル|7人気2着|複610円
フェブS|★インカテーション|5人気2着|複300円


記事全文を読む
No.436 2015年09月26日 12:44   カテゴリー: 先週の的中報告 G2

□ 先週の的中一覧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 馬体診断予想
セント記|◎ミュゼエイリアン|9人気2着|複勝820円
セント記|◎ジュンツバサ|10人気3着|複勝920円
セント記|◎◎▲キタサンブラック|三複125,690円
ローズS|★タッチングスピーチ|7人気1着|単勝1,220円複勝300円
ローズS|★○ミッキークイーン|馬連1,760円馬単4,640円
ローズS|★○☆トーセンビクトリー|三複3,670円三単25,340円


▼ 馬体レーティングTOP馬
ローズS|112ミッキークイーン|1人気2着|複勝190円


▼ 馬体診断バックナンバー ※一部
<セントライト記念>予想印
――――――――――――――――――――――
◎ジュンツバサ、ミュゼエイリアン
○1頭
★1頭
▲キタサンブラック、他2頭
☆レッドライジェル、他1頭
――――――――――――――――――――――


<ローズS>予想印
――――――――――――――――――――――
◎1頭
○ミッキークイーン
★タッチングスピーチ
▲2頭
☆トーセンビクトリー
――――――――――――――――――――――

タッチングスピーチ
デビュー前の馬体を確認。現時点で完成度など間
に合うのかという不安はある。が、素材と適性含
め怖いのはこの馬だろう。レースが流れたときの
一発なら差し届く可能性を秘める。


▼予想公開の著者コンテンツ一覧
----------------------------------
『馬体優先主義』【1コイン版】 …本コンテンツ/1R単位でピンポイント
『馬体優先主義』【完全版】…メルマガ/重賞1R~
『馬体優先主義』【最強版】…WEB閲覧/全レース対象
『馬体INDEX2013』…今年の2歳馬のデビュー前馬体評価レポート(約800頭程度)
--------------------------------------------


□ 最近の的中一覧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 馬体診断予想
新潟記念|★ファントムライト|13人気3着|複勝1120円
新潟2歳S|◎ロードクエスト|1人気1着|単勝360円複勝190円
キーンC|◎ティーハーフ|1人気3着|複勝170円
札幌記念|◎ディサイファ|5人気1着|単勝1,110円複勝290円
札幌記念|◎ダービーフィズ|4人気3着|複勝330円
札幌記念|◎○ヒットザターゲット|馬連14,080円馬単27,030円
札幌記念|◎◎○|三連複33,670円三連単233,540円
北九州記|◎ビッグアーサー|1人気2着|複勝140円
関屋記念|◎マジェスティハーツ|6人気2着|複360円
エルムS|★エーシンモアオバー|7人気3着|複870円
函館2歳S|◎ブランボヌール|1人気3着|単320円複150円
函館2歳S|◎○メジャータイフーン|馬連1390円馬単2210円
函館2歳S|◎○ヒルダ|三連複9610円
函館記念|◎ヤマカツエース|7人気3着
プロキS|◎ベストウォーリア|4人気1着
宝塚記念|◎ラブリーデイ|6人気1着|単1420円複470円
宝塚記念|★デニムアンドルビー|10人気6着|複640円
宝塚記念|◎★|馬連12900円馬単19250円
宝塚記念|◎★☆ショウナンパンドラ|三複157770円三単528510円

記事全文を読む
No.433 2015年09月20日 08:49   カテゴリー: 先週の的中報告

□ 先週の的中一覧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 馬体診断予想
(重賞)
なし


▼ 馬体レーティングTOP馬
(重賞)
なし


▼ 馬体診断バックナンバー 京成杯AH※一部

☆フラアンジェリコ
例年言っているが、「馬体的にみて紛れが生じや
すいレースの代名詞」的なレース。短マイル向き
ならまだしも、マイル以上、中長距離向きの馬体
好素材が参戦してしまうと、「その後の活躍が約
束されない」と言ってもいいほどだ。


そのため、例年「この後王道を歩めるレベルの馬
体素材
が参戦してこないかどうか」注目している
が、今年は結論から言えば…一頭参戦してしまっ
ている。

どの馬か、馬体を見れば一目瞭然。もちろんその
馬はフラアンジェリコ。馬体的に完全に一頭だけ
ういている。人間でいう、陸上100mのレースに、
マラソンランナーが出走している…そんな状態。
違和感あり過ぎだ。

ただ、同馬の場合、馬体的に適性合わない舞台へ
の参戦が珍しいわけでもない。むしろ、馬体から
適性合う舞台への参戦は<過去36戦中、たったの
一度>のみ。しかもその一度は不良馬場と馬体に
合わない条件。もうここまでくれば不運などとい
うレベルではないだろう。

つまり、この馬はデビューして一度も「馬体に合
う舞台を使われることなくオープンまで上り詰め
ている」
と言え、裏を返せば「能力」は確か。仮
に、このレースが東京2400で行われるなら、馬体
から圧倒的に一強
と言える造り、素材だ。

ただ、今回のメンバーでは、マイノリティとなる
【持続C型】馬の筆頭であり、レースが流れて超タ
フな競馬となれば、コース距離の不利を克服して
差し込みの可能性は秘める。


▼馬体診断公開など~著者コンテンツ
----------------------------------
『馬体優先主義』【1コイン版】 …本コンテンツ/1R単位でピンポイント
『馬体優先主義』【完全版】…メルマガ/重賞1R~
『馬体優先主義』【最強版】…WEB閲覧/全レース対象
『馬体INDEX2013』…今年の2歳馬のデビュー前馬体評価レポート(約800頭程度)
--------------------------------------------
記事全文を読む
No.430 2015年09月12日 10:24   カテゴリー: 先週の的中報告

▼ 馬体診断予想
(重賞)
新潟記念|★ファントムライト|13人気3着|複勝1120円


▼ 馬体レーティングTOP馬
(重賞)
札幌2歳S|112アドマイヤエイカン|2人気1着|単勝570円複勝160円
札幌2歳S|112プロフェット|2人気1着|複勝140円
小倉2歳S|111シュウジ|1人気1着|単勝150円複勝110円


▼ 馬体診断バックナンバー 新潟記念※一部

今回個人的に最も注目したいのがファントムライ
ト。
本命◎を打つか迷ったが、デビュー前の馬体
しか知らない、馬体写真がある馬で本命◎を打て
る馬がいる(しかも二頭)と、一撃★にとどめる。
この血統らしい馬体の良さがあり、まだまだ馬体
>実績。前走の結果から「能力」は一息の可能性
は高いが、根幹ベストで前走比でもう少し条件好
転する。


▼馬体診断公開など~著者コンテンツ
----------------------------------
『馬体優先主義』【1コイン版】 …本コンテンツ/1R単位でピンポイント
『馬体優先主義』【完全版】…メルマガ/重賞1R~
『馬体優先主義』【最強版】…WEB閲覧/全レース対象
『馬体INDEX2013』…今年の2歳馬のデビュー前馬体評価レポート(約800頭程度)
--------------------------------------------

記事全文を読む
TOP