馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
馬体優先主義【1コイン版】
いいね6

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014年08月21日
最終更新日:2019年11月09日 17:29


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
基本情報を隠す

メニュー

プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
カレンダー
<  2019年11月  >
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
紹介文
隠す
創刊もうすぐ5年目、「馬体写真」だけで予想する
メルマガ馬体優先主義の<部分配信>コンテンツ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■特徴
・「馬体写真」だけで予想~パドック不要
・「馬体限定」の評価情報~馬体レーティング、馬体短評
・これまでの「馬体の見方」とは全く異なる相馬眼
・「パドック派」が見極めるポイントの約20倍をチェック診断
・見極める「適性」は、コース、距離長さ、距離質まで
・馬体から馬を「3タイプ{A・N・C}型」に分類
・アナログな「馬体」ながら、デジタルな評価、数的実績を実現!



■対象

・重賞レース ※1~2R



■価格

――――――――――――――――――――――
1頭…100円(税込)
1R…500円(税込)※全馬対象(約8頭~)
――――――――――――――――――――――

・1章毎に1頭毎の馬体短評に掲載。
・最終結論(推奨買い目)も部分配信。



■公開日時

・重賞の前日夜8時~当日昼12時
・章(1頭)単位で随時公開
・場合によっては公開しない週もあり



■著者馬体診断の過去実績

▽馬体レーティング実績
――――――――――――――――――――――
≪2014上半期≫
TOP馬
【単回収率】126% 【複回収率】144%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】218% 【複回収率】278%

≪2013-年間≫
TOP馬
【単回収率】98% 【複回収率】99%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】111% 【複回収率】104%

※人気馬……1~4番人気馬
――――――――――――――――――――――


▽若駒の馬体評価(おすすめ指名馬)実績
――――――――――――――――――――――
≪06~11産駒-累計実績≫

■馬体おすすめ全指名馬
【勝馬率】63%(342/540頭)※デビュー未含む
【代表馬】ショウナンアチーヴ(11産駒馬体No.1)

□牡馬-総合ランキング
【勝馬率】76%(69/89頭)
【代表馬】オルフェーヴル

□牝馬-総合ランキング
【勝馬率】56%(45/81頭)
【代表馬】ジェンティルドンナ

□ディープインパクト産駒-牡馬ランキング
【勝馬率】86%(42/49頭)
【代表馬】ディープブリランテ

□ディープインパクト産駒-牝馬ランキング
【勝馬率】60%(27/45頭)
【代表馬】ヴィルシーナ

※くわしくは著者『若駒対象の馬体評価サイト』
ColtJapan;http://coltjapan.com/
――――――――――――――――――――――


▽予想他実績
・毎年、年間回収率100%超
・予想の印ベタ買いで年間回収率100%超実績あり
・ノウハウレポート数十冊配信済
・競馬最強の法則WEB、ウマニティのプロ枠等
大手競馬サイトで馬体情報を発信中
・サラブレッドのセリセール前の購入相談(馬体コ
ンサルティング)も担当


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
購入する方はこちら
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
No.840 2019年11月09日 17:27   カテゴリー: 馬体の基本解説 G1
  • 11/10(日)
    京都11R
    エリザベス女王杯(G1) 印・買い目を比較する レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 1 2 ラッキーライラック 2:14.1
    2 3 6 クロコスミア 11/4
    3 6 11 ラヴズオンリーユー クビ
    払戻金
    単勝 2 540円 3番人気
    複勝 2
    6
    11
    190円
    330円
    140円
    3番人気
    5番人気
    1番人気
    枠連 1-3 2,600円 10番人気
    馬連 2-6 3,380円 11番人気
    ワイド 2-6
    2-11
    6-11
    970円
    430円
    940円
    11番人気
    3番人気
    9番人気
    馬単 2-6 5,440円 18番人気
    3連複 2-6-11 4,060円 9番人気
    3連単 2-6-11 26,480円 72番人気
    WIN5 8,971,910円 3番人気

    該当記事での印・予想買い目・資金配分
    着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
    15着 2 3 シャドウディーヴァ 72.4 11 54.0 牝3 松山弘平 美浦斎藤誠 474.0
    11着 2 4 ウラヌスチャーム 21.3 6 56.0 牝4 O.マーフィー 美浦斎藤誠 500.0
    16着 3 5 ポンデザール 44.3 8 56.0 牝4 藤岡康太 美浦堀宣行 484.0
    3着 6 11 ラヴズオンリーユー 2.5 1 54.0 牝3 M.デムーロ 栗東矢作芳人 472.0
    4着 6 12 センテリュオ 20.8 5 56.0 牝4 C.ルメール 栗東高野友和 464.0
    9着 7 13 サトノガーネット 84.0 12 56.0 牝4 坂井瑠星 栗東矢作芳人 442.0
    12着 7 14 ゴージャスランチ 126.7 14 56.0 牝4 幸英明 美浦鹿戸雄一 506.0
    6着 8 17 サラキア 57.1 9 56.0 牝4 川田将雅 栗東池添学 448.0
◇2019年予想的中レース一覧 <現在67戦28的中>
----------------------------------
みやこS|◎ウェスタールンド6人気3着
AR共杯|◎アフリカンゴールド1人気3着
秋華賞 |★シゲルピンクダイヤ10人気3着
京都大賞|★シルヴァンシャー5人気3着
神戸新聞|◎ワールドプレミア3人気
セントS|◎ファンタジスト7人気
京成AH|◎ディメンシオン5人気
小倉2歳|◎ラウダシオン4人気
札幌記念|★ブラストワンピース3人気
エルムS|◎モズアトラクション2人気
小倉記念|◎メールドグラース1人気
函館2歳|★ビアンフェ4人気★タイセイビジョン2人気
プロキS|◎ミッキーワイルド3人気
 七夕賞 |◎ミッキースワロー3人気★ロードヴァンドール12人気
ラジオN|◎ブレイキングドーン3人気
ユニコS|★ダンツキャッスル6人気
NHKマ|★カテドラル7人気
天皇賞春|◎フィエールマン1人気★グローリーヴェイズ6人気
マイラー|◎グァンチャーレ5人気
 大阪杯 |◎アルアイン9人気○ワグネリアン4人気
スプリS|◎ディキシーナイト7人気
 金鯱賞 |◎リスグラシュー5人気
 弥生賞 |★ブレイキングドーン4人気
中山記念|◎ウインブライト5人気
京都記念|★マカヒキ2人気
AJCC|◎フィエールマン1人気
 東海S |◎スマハマ4人気
 京成杯 |★ヒンドゥタイムズ7人気
----------------------------------


■「エリザベス女王杯」馬体診断予想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】京都
【距 離】2200m 芝・右 外
【適 性】C/L型-IL(持続/非根幹-中長距離)



▼的中実績 <10戦3的中>
------------------------------------
2018|◎リスグラシュー3人気1着
2017|不的中
2016|不的中
2015|不的中
2014|不的中
2013|◎メイショウマンボ2人気1着
2012|不的中
2011|◎アヴェンチュラ2人気2着
2010|不的中
2009|不的中
------------------------------------



▼馬体レーティング※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
112|ラヴズオンリーユー、センテリュオ、他3頭
111|クロコスミア、ラッキーライラック、他3頭
110|レッドランディーニ、他2頭
――――――――――――――――――



▼予想印※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
◎1頭
○ラヴズオンリーユー
★2頭
☆2頭
▲センテリュオ、他1頭
――――――――――――――――――



▼馬体結論※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――

今回<馬体写真あり>
――――――――――――――――――
クロコスミア
先のウラヌスチャームとは一転、こちら
は、振り子質量軽く、いかにも牝馬らし
い馬体。

若駒当時は、父が生粋の【持続C型】馬
で、やわらかみ絶品といった馬体だった
あのステイゴールド故、「もう少し上体
のやわらかみが出てくればな」と、期待
していたのだが。

まぁ、そうそう期待するほどの骨格変化
が見られるわけもなく、本馬は、無難な
成長どまりだった。このあたり、母父の
ボストンハーバーなど母系の影響もある
かな。

以上、首差し小ぶりで軽いが、同時に、
肩口も小ぶりで傾斜も浅めにあるなど、
「追って味がある」構造に非ず。むしろ
、それは「反応に敏感」な構造であり、
ハンドリング性能は高いだろう。

また、懐浅めで心肺機能の面でも強くは
推せず。

その意味で、ここは、今風のスローなど
摩擦の少ないSP素軽さ勝負となれば、
馬体を持て余すことなく堅実に走り易い
といった程度の評価かな。人気薄の穴☆
が限界。

「馬体は”筋肉”でなく”骨格”ありきで見よ!」
=====================================
ちなみに、以下サイトの解説では、本馬
の馬体は、『胸が深く前脚が短く見える
体型で、心肺機能の高さが窺える。』と
ある。

馬体フォーカス

うーん、毎度のことなのだが、ズバリ、
これ”骨格”で馬体を見てねえな。

確かに、本馬は『前肢が短め』と言える
が、この馬体で「胸が深い』と言うあた
り、どうやら”骨格”が<単体>でなく
<複数>関係してくる部位に関しては、
全く見れていないようだ。

そこで、今回本馬の「胸の”骨格”構造
やそこから想定できる心肺機能」につい
て、きちんと解説しておく。

~本馬の胸の構造、心肺機能について~
------------------------------------
肩甲骨の上部(き甲)の容量はある。が
、その傾斜角は浅めで長さ短め、上腕骨
の長さも短めにある。

結果、<き甲~肩関節(上腕先端)~肘
関節(胸骨の底)>の三点を結ぶ三角形
は、細長型となり、面積も小ぶりに。

それ故、<心臓が収まるスペース>は、
”縦”はいいとしても、”横”のスペー
スが狭めであることが想像できる。心臓
が収まる部分の前側(~上腕先端まで)
のスペースに余裕がない。

以上から、この馬体は、「心臓が収まる
上で”胸の横幅”が狭めの構造であり、
心肺機能の面で強くは推せず」、とする
のが妥当だ。

つまり、『心肺機能の高さが窺える』と
は逆の特徴がある点をしっかりと見抜く
べきだ。
------------------------------------
以上、毎度毎度しつこいくらいいってい
るが、馬体の”特徴”だけでなく、そこ
からわかる”適性”まで見極めるなら、
「骨格ファースト」、最優先で”骨格”
を見抜く必要がある。いわゆる<内部>
構造だ。

まぁ、これはサラブレッドに限ったこと
ではない。

例えば、バイクなども同じ。「走る性能
や適性」を見極めるには、<外面>見た
目の外装カウルがいかにも速そうな雰囲
気や形状に見える…云々よりも、一にも
二にも、ハンドル回り、フォーク形状、
ホイールやスプロケットの径、スイング
アームやフレーム、他キャブやギア数と
いった、あらゆる<内部>構造のセッテ
ィングや相互バランスを見るべきだ。

また、”骨格”という<内部>構造にま
で目を向けないと、<外面>の”筋肉”
だけでは見抜けない適性が多い。また、
両者では、見抜いた適性も全く正反対と
なる場合も結構多いのだ。

例えば、今回の胸なども、その”骨格”
を見れば、<内部>は心臓が収まるスペ
ースが横に狭めで「小ぶり」という評価
になる。

一方で、その<内部>が狭ければ狭い(
小さければ小さい)ほどに、そこにつく
”筋肉”は、逆に<外面>的な見た目で
立体感が出易くなり、結果、「厚く立派
で大きく感じる」といったことになる。
上記サイトは、ここを見て胸が大きいと
感じだのだろう。

とにかく、このサイトに限らず、巷の馬
体関連のメディアや評価判断と、当診断
のそれが真逆となることが多い理由は、
この見ている<視点>の違いによる。

それもあり、もう何年もこのサイトの解
説を馬体を見極める上での反面教師の例
で挙げさせてもらっている。申し訳ない
と思いつつ、最初に誰もが陥り易い見方
や誤診にあてはまる解説が多く、ついつ
い例に挙げてしまう。

しかし、今回の”心肺機能”に限らず、
ここ最近、以前にも増し、特に”飛節”
の見極め方などかなり残念、もう何でも
ありな感。

正直、このサイトは、巷の馬体パドック
派とは異なり、自分と同じ<視点>で、
馬体の見極めをするようになるのでは…
と、少し期待していただけに、余計に、
最近の解説など残念。結局、馬体派でな
くユーチューバーになってしまったな。
=====================================



センテリュオ
ズバリ、骨格的に「胸が深く心肺機能の
高さが窺える」馬体とは、こういう造り
のことを言うものだ。先のクロコスミア
などと比較すると、その差は一目瞭然。

以上、長手首差しや伸びあるアウトライ
ン、その懐深みやトモ容量など、牝馬ら
しからぬ規格スケールを誇る本馬。

ここが、G1らしいタフな「持続、心肺
、SP絶対値」など、総合力を問われる
「強さ」勝負となった際には、最も怖い
馬だな。

ただ、その容量スケールの大きさや前振
り尺の長さなどの強みが、このマイラー
色もある重心バランスでは、緩い流れの
非根幹中距離となる今回、最大限に活か
し切れるのか?という不安もある。全身
を振動し切れるのか。

やはり、スローではある程度強引に動く
必要があるだろう。が一方で、燃費効率
が抜群という造りではなく、余りタフな
流れも距離適性の面でどうかと、今回、
ちょっと乗り難しいかな。

仕上がりも少し余裕があり、ハマり要素
が強めの一戦だ。



ラヴズオンリーユー
確か、春の<オークス>で、兄リアルス
ティールと比較して馬体の特徴など細か
く解説した気がするので、今回は省略。

とにかく、兄比で「ホイールをインチア
ップ、ハンドル回りやシート位置なども
高め」にした「ツアラー仕様」のモデル
のバイク、否馬体だ(笑。

具体的に、兄より「長時間走行向きで、
燃費効率も良く、遠出ツーリングなどに
おすすめの一台♪」…などとメーカー
カタログでは謳いそうだな。

また、今回、春当時よりもき甲起点など
より軸高と「いい成長」が見てとれる。
全体比で筋肉量が低下した見栄えなど、
これはいい、素晴らしいな。牝馬らしい
良さという意味ではメンバー屈指だな。
つまり、馬体からは、素材適性含め無難
に最右翼評価ができる一頭だ。

以上、毎度の某サイトや巷の馬体常套文
句みたいに、「胴短」だから短距離仕様
などと思うなかれ。

まぁ、不安としては乗り方かな。兄以上
に距離面の不安がないとは言え、差しベ
ターの構造で、かつ、ローギアの入りも
決して速い造りではない。

また、胸や腹回りが薄手と心肺機能の面
で無難な造りであり、そのため、人気の
今回、積極的に勝ちに動く乗り方だと、
多少不安がある。

SP面の裏付けもあり、スローでも消極
的に溜めての差しに回るほうが、安定し
たパフォーマンスを出し易いと思うが。



ラッキーライラック
「胸が深く心肺機能の高さが窺える」と
言及するなら、この馬体もそうだろう。

このように、仮に、クロコスミアの馬体
の造りで「胸が深く心肺機能が高い」と
いう見方基準で診断してしまうと、もう
何でもありとなってしまう。Bカップで
巨乳なら、それこそ世の中のほとんどの
女性が巨乳ちゃんとなってしまうような
もんだ。

以上、本馬の話に戻るが、上体可動の広
さからも、持続コースへの適性も高い。

また、中距離も、非根幹らしい緩い流れ
のスローになれば、短め距離適性やSP
絶対値のアドバンテージが活きる馬体マ
イラーでもある。

が、その上体骨格の尺長や容量の大きさ
の割りに、振り子自体が短いバランスに
あるため、振りエネルギーに対し、振り
幅が狭く、長時間走行では、燃費効率が
良いとは言えず。距離融通性の面で不安
がある。ベスト距離以外は、「終い首が
上がりそうだな」…というやつだな。

ということで、この手の馬体マイラーを
狙うなら、振り子長さがあり、5速6速
とギアの伸び代もある先のセンテリュオ
をより評価すべきかな。



レッドランディーニ
ちと疲れてきたので簡潔に。短め首差し
や前後の上体も起点間延びで、可動骨格
の角や長さも小ぶり。飛節も下曲飛と、
癖が強め。軽さや遊びがない一息。

以上、非根幹はいいだろう。が、素材、
持続、心肺、SP面のどれもパンチ不足
で強みに欠ける。

おそらく、この手の「漠然と”筋肉”の
厚み目につく」タイプを、某サイトでは
「胸が深い」と思うのではないか、…と
解説をみたら、案の定、『胸が深い』と
あった。うーん、それは肉の厚みだよ。


※つづき全馬の馬体解説はプレミア記事完全公開


【新コンテンツ】紹介
----------------------------------
~著者ノートnote~
過去から新規記事まで、馬体&馬券の
ノウハウ記事など随時公開

只今『馬券の買い方【入門編】』の内容を公開中
----------------------------------



記事全文を読む

※この記事は2019年11月10日 16:00まで550円で販売していました。

No.839 2019年11月03日 07:10   カテゴリー: G2
  • 11/03(日)
    東京11R
    アルゼンチン共和国杯(G2) レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 5 7 ムイトオブリガード 2:31.5
    2 2 2 タイセイトレイル 11/4
    3 1 1 アフリカンゴールド アタマ
    払戻金
    単勝 7 480円 2番人気
    複勝 7
    2
    1
    150円
    260円
    150円
    2番人気
    6番人気
    1番人気
    枠連 2-5 3,640円 17番人気
    馬連 2-7 3,120円 14番人気
    ワイド 2-7
    1-7
    1-2
    800円
    380円
    570円
    10番人気
    1番人気
    6番人気
    馬単 7-2 5,590円 21番人気
    3連複 1-2-7 3,070円 8番人気
    3連単 7-2-1 23,070円 71番人気
    WIN5 3,234,690円 2番人気
【新コンテンツ】紹介
----------------------------------
~著者ノートnote~
過去から新規記事まで、馬体&馬券の
ノウハウ記事など随時公開

只今『馬券の買い方【入門編】』の内容を公開中
----------------------------------


◇2019年予想的中レース一覧 <現在65戦26的中>
----------------------------------
秋華賞 |★シゲルピンクダイヤ10人気3着
京都大賞|★シルヴァンシャー5人気3着
神戸新聞|◎ワールドプレミア3人気
セントS|◎ファンタジスト7人気
京成AH|◎ディメンシオン5人気
小倉2歳|◎ラウダシオン4人気
札幌記念|★ブラストワンピース3人気
エルムS|◎モズアトラクション2人気
小倉記念|◎メールドグラース1人気
函館2歳|★ビアンフェ4人気★タイセイビジョン2人気
プロキS|◎ミッキーワイルド3人気
 七夕賞 |◎ミッキースワロー3人気★ロードヴァンドール12人気
ラジオN|◎ブレイキングドーン3人気
ユニコS|★ダンツキャッスル6人気
NHKマ|★カテドラル7人気
天皇賞春|◎フィエールマン1人気★グローリーヴェイズ6人気
マイラー|◎グァンチャーレ5人気
 大阪杯 |◎アルアイン9人気○ワグネリアン4人気
スプリS|◎ディキシーナイト7人気
 金鯱賞 |◎リスグラシュー5人気
 弥生賞 |★ブレイキングドーン4人気
中山記念|◎ウインブライト5人気
京都記念|★マカヒキ2人気
AJCC|◎フィエールマン1人気
 東海S |◎スマハマ4人気
 京成杯 |★ヒンドゥタイムズ7人気
----------------------------------


■「アルゼンチン共和国杯」馬体診断予想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼舞台適性

【クラス】G2
【コース】東京
【距 離】2500m 芝・左
【適 性】C/L型-L(持続/非根幹-長距離)



▼的中実績 <6戦2的中>
------------------------------------
2018|不的中
2017|★ソールインパクト7人気2着
2016|不的中
2015|◎ゴールドアクター1人気1着★メイショウカドマツ4人気2着
2014|予想なし
2013|不的中
2012|予想なし
2011|不的中
2010|予想なし
2009|予想なし
------------------------------------



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
114|1頭
112|ルックトゥワイス、他1頭
110|2頭
――――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
◎2頭
○1頭
▲ルックトゥワイス
★2頭
――――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――

今回<馬体写真あり>
――――――――――――――――――
ルックトゥワイス
初見。父ステイゴールド産駒だが、先の
オジュウチョウサンとはまた違った造り
だな。ただ、長距離仕様という点では、
同じ。

ちなみに、同父で同じ長距離仕様のオジ
ュウと、一体「馬体の何が違うのか?」
と言えば、そりゃあ色々だ。見ての通り
「たくさん違うだろ」としか言えない。
…なんて書くと、馬体解説の意味がない
ので、一応ざっと書くか。

「まず首差し、頸椎の形状からも、胸椎
の位置が違うな。また、首差しの全体比
も違う。次に、背線アウトラインも本馬
が直線的なのは、そのき甲起点位置が前
め上方故。それによる肩甲骨の傾斜角も
浅め、上腕骨との前駆の屈曲位置もより
下側で違う」…と、中駆にいくまでに、
もう書き疲れた。

とにかく、細かく言えば、いくらでもき
りがないので、ここでは、本馬最大の特
徴的な部分を中心に、二頭の適性面での
違いを解説。

まず、本馬は、フロント側に振動エネル
ギーが偏った構造だ。よく言う「首使い
がポイント」となる馬体だな。首が振れ
切れるのかどうか。

他にも、適性面に影響する特徴の違いな
どから、二頭を総合的に診断すれば、

ズバリ、オジュウチョウサン比で、本馬
のほうが「1速2速とローギアの入りは
いい。が、5速6速などの最高速を出す
ギアが入りづらい」馬体構造だ。

以上、実績や能力などの面からどうかは
知らないが、とにかく、馬体に限れば、
後半のエンジンのかかりが遅めのリスク
がある。こちらもスローでの待ちの競馬
では厳しい馬体構造だ。


No.838 2019年11月03日 07:00   カテゴリー: G3
  • 11/03(日)
    京都11R
    みやこステークス(G3) レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 1 1 ヴェンジェンス 1:49.1
    2 2 3 キングズガード 1/2
    3 7 14 ウェスタールンド クビ
    払戻金
    単勝 1 1,870円 7番人気
    複勝 1
    3
    14
    460円
    610円
    370円
    8番人気
    10番人気
    6番人気
    枠連 1-2 2,190円 12番人気
    馬連 1-3 19,880円 48番人気
    ワイド 1-3
    1-14
    3-14
    3,770円
    2,700円
    4,070円
    44番人気
    35番人気
    47番人気
    馬単 1-3 38,350円 95番人気
    3連複 1-3-14 62,920円 158番人気
    3連単 1-3-14 473,050円 952番人気
    WIN5 3,234,690円 7番人気
◇2019年予想的中レース一覧 <現在65戦26的中>
----------------------------------
秋華賞 |★シゲルピンクダイヤ10人気3着
京都大賞|★シルヴァンシャー5人気3着
神戸新聞|◎ワールドプレミア3人気
セントS|◎ファンタジスト7人気
京成AH|◎ディメンシオン5人気
小倉2歳|◎ラウダシオン4人気
札幌記念|★ブラストワンピース3人気
エルムS|◎モズアトラクション2人気
小倉記念|◎メールドグラース1人気
函館2歳|★ビアンフェ4人気★タイセイビジョン2人気
プロキS|◎ミッキーワイルド3人気
 七夕賞 |◎ミッキースワロー3人気★ロードヴァンドール12人気
ラジオN|◎ブレイキングドーン3人気
ユニコS|★ダンツキャッスル6人気
NHKマ|★カテドラル7人気
天皇賞春|◎フィエールマン1人気★グローリーヴェイズ6人気
マイラー|◎グァンチャーレ5人気
 大阪杯 |◎アルアイン9人気○ワグネリアン4人気
スプリS|◎ディキシーナイト7人気
 金鯱賞 |◎リスグラシュー5人気
 弥生賞 |★ブレイキングドーン4人気
中山記念|◎ウインブライト5人気
京都記念|★マカヒキ2人気
AJCC|◎フィエールマン1人気
 東海S |◎スマハマ4人気
 京成杯 |★ヒンドゥタイムズ7人気
----------------------------------


▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】京都
【距 離】1800m ダート・右
【適 性】N/L型-I(中立/非根幹-マイル中距離)



▼的中実績 <6戦4的中>
------------------------------------
2018|予想なし
2017|不的中
2016|★ロワジャルダン7人気3着
2015|◎ローマンレジェンド4人気3着
2014|予想なし
2013|◎ローマンレジェンド1人気3着
2012|◎ローマンレジェンド1人気3着
2011|予想なし
2010|不的中
2019|予想なし
------------------------------------



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
111|インティ、4頭
110|1頭
――――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
▲インティ、他1頭
★アドマイヤビクター、他1頭
☆ラビットラン、キングズガード
――――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――

ダート、京都内回り、しかも非根幹戦と
ハンパな舞台設定。基本、スロー想定で
SP面や短め距離適性の裏付けある馬体
に有利になり易く、面白味に欠けるな。

解説も、端的一気にいく。


今回<馬体写真あり>
――――――――――――――――――
インティ
初見当時と変わらず、やはり、前駆の肩
口の硬さが気になるな。

以上、まぁ駆動部の筋肉量の良さや後肢
のトモ飛節の造りは良く、SP面の裏付
けは確か。



今回<馬体写真なし>
――――――――――――――――――
※今回参考にしたデビュー前などの馬体
写真を元、今走評価一言や印など公開。


ヴェンジェンス 馬体不明
アドマイヤビクター ★
ラビットラン ☆
アングライフェン 馬体不明
ウェスタールンド
ノーヴァレンダ 
キングズガード ☆
リアンヴェリテ 馬体不明
テーオーエナジー
ロードアルペジオ 馬体不明
メイショウスミトモ 馬体不明
メイショウウタゲ 馬体不明



以上、レーティングの数値からも、差が
なく混戦難解気味。

舞台設定もハンパであり、総合的な良さ
やリスクの低さより、明確な強みがある
馬を本命◎にしてみる。


No.837 2019年10月27日 07:00   カテゴリー: G1
  • 10/27(日)
    東京11R
    天皇賞(秋)(G1) レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 1 2 アーモンドアイ 1:56.2
    2 5 9 ダノンプレミアム
    3 3 5 アエロリット クビ
    払戻金
    単勝 2 160円 1番人気
    複勝 2
    9
    5
    110円
    260円
    270円
    1番人気
    4番人気
    5番人気
    枠連 1-5 220円 1番人気
    馬連 2-9 920円 2番人気
    ワイド 2-9
    2-5
    5-9
    400円
    400円
    1,740円
    3番人気
    4番人気
    17番人気
    馬単 2-9 1,170円 4番人気
    3連複 2-5-9 3,210円 10番人気
    3連単 2-9-5 8,860円 26番人気
    WIN5 844,300円 1番人気
【新コンテンツ】紹介
----------------------------------
~著者ノートnote~
過去から新規記事まで、馬体&馬券の
ノウハウ記事など随時公開

只今『馬券の買い方【入門編】』の内容を公開中
----------------------------------


◇2019年予想的中レース一覧 <現在64戦26的中>
----------------------------------
秋華賞 |★シゲルピンクダイヤ10人気3着
京都大賞|★シルヴァンシャー5人気3着
神戸新聞|◎ワールドプレミア3人気
セントS|◎ファンタジスト7人気
京成AH|◎ディメンシオン5人気
小倉2歳|◎ラウダシオン4人気
札幌記念|★ブラストワンピース3人気
エルムS|◎モズアトラクション2人気
小倉記念|◎メールドグラース1人気
函館2歳|★ビアンフェ4人気★タイセイビジョン2人気
プロキS|◎ミッキーワイルド3人気
 七夕賞 |◎ミッキースワロー3人気★ロードヴァンドール12人気
ラジオN|◎ブレイキングドーン3人気
ユニコS|★ダンツキャッスル6人気
NHKマ|★カテドラル7人気
天皇賞春|◎フィエールマン1人気★グローリーヴェイズ6人気
マイラー|◎グァンチャーレ5人気
 大阪杯 |◎アルアイン9人気○ワグネリアン4人気
スプリS|◎ディキシーナイト7人気
 金鯱賞 |◎リスグラシュー5人気
 弥生賞 |★ブレイキングドーン4人気
中山記念|◎ウインブライト5人気
京都記念|★マカヒキ2人気
AJCC|◎フィエールマン1人気
 東海S |◎スマハマ4人気
 京成杯 |★ヒンドゥタイムズ7人気
----------------------------------


■「天皇賞秋」馬体診断予想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】東京
【距 離】2000m 芝・左
【適 性】C/T型-I(持続/根幹-中距離)



▼的中実績 <10戦4的中>
------------------------------------
2018|◎キセキ6人気3着、★サングレーザー4人気2着
2017|不的中
2016|不的中
2015|不的中
2014|不的中
2013|不的中
2012|◎ルーラーシップ2人気3着
2011|◎ペルーサ6人気3着
2010|◎ペルーサ4人気2着
2009|不的中
------------------------------------



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
113|1頭
112|アーモンドアイ、マカヒキ、他4頭
111|アルアイン、他2頭
110|1頭
109|1頭
――――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
◎1頭
★マカヒキ、他1頭
☆1頭
――――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
<的中実績>から、昨年まで五連敗中だ
った模様の本レース。

ただ、個人的なおおよその的中率を25
%あたりとみており、6、7連敗などは
10%前後の確率で起こると思うので、
無難な成績かな。「相性普通のレース」
だな。

まぁ、秋天と言えば、その昔、馬体が大
好きだったあのステイゴールド絡みで、
万馬券を二年連続で本線的中した記憶が
ある。

ただ、結果的に、あのサイレンススズカ
の結末を、馬券的にも完全的中させてし
まった後味の悪さがあり、以後、あのレ
ースは一度も観返せずにいる。

と、思い出に耽っている場合ではない。

先週同様、今週も今し方、妻の実家から
高速をぶっ飛ばして帰宅したところだ。
眠気も襲ってきつつあり、しかもすでに
23時を回っている。

出走メンバーは、見慣れた馬体ばかりと
顔なじみ。馬体解説は、過去記事をみて
もらうとして省略。今走評価のみを一気
に綴る。


今回<馬体写真あり>
――――――――――――――――――
アルアイン
いかん。ついつい馬体を見ると、色々書
きたくなってくるが、端的にいく。

加齢もあるのか、これはちと重い。

以上、今春の<G1大阪杯>で本命◎を
打ったように、構造的に、土台可動共、
【加速A型】よりの構造。東京では評価
を落とすべき。

確かに、静止時は、一完歩のストライド
が長めと見える全体フレームだが、やは
り、その細部、骨格の構造自体が、持続
よりではなく、動作時は、ストライドの
伸びや持続振動が一息と推測できる。

仮に、スローの高速馬場で、持続勝負と
ならず、ラストも摩擦少ないSP勝負に
なったとしても、SP絶対値の裏付けも
凡庸と、先行惰性でも勝ち負けまでは、
残れないのではないか。



アーモンドアイ
いかん。短文で終わらせられず。眠気が
増している。短くまとめるのも頭が疲れ
る。もう思うがまま綴るか。

確かに、骨格構造は、振り子軽さや尺長
があり、重心軸位置も高さがあるなど、
全体バランスも良く、父ロードカナロア
似でもなく、父産駒らしい馬体に非ず。

また、それでいて、筋肉量(質)などは
父の影響を”適度”に受けている。その
駆動部周辺の身詰まりなど素晴らしく、
それが、本馬の骨格的な強みである振り
子の速さと安定を生んでいるのだろう。

いかん色々と書いてしまうな。とにかく
、スローのSP勝負で強く、かつ、万能
さ、距離融通性も兼ねている。似た馬体
を思いつかないが、うーん、そうだなぁ
、しいて言うなら、懐と可動を少しコン
パクトにしたナリタブライアンと言った
印象かな。

が、やはり、上体可動など【加速A型】
ベースにあり、ここがハイペースの持続
勝負となった際には、懐深みも抜群では
なく、強気な競馬では乗り切れるのか、
というは不安ある。

以上、成績を見ると、昨年<ジャパンカ
ップ>など、レコード勝ちしているが、
それは全体的に上がり時計が早いレース
であり、摩擦が少ない馬場だったのでは
ないか。

もし、前半ハイペースでかつ、上がりが
多少かかる時計の馬場などでは、持続よ
りや心肺抜群というモデルではないため
、仮に、≪レース診断≫としてみても、
現時点のパフォーマンスでは、まだ本当
の「強さ勝負」では不安があるかな。

と、まぁレースは一度も観たことがない
く、無論、<レース(能力)診断>自体
も評価に加味せず。とにかく、人気ほど
ライバル比で馬体は抜けておらず。



マカヒキ
【持続C型】中長距離仕様の差しベター
であり、この馬はダービー馬らしい。

以上、ここは少し距離&SP不足。が、
ハイペースでの一発の怖さは当然屈指の
一頭なのだが。

ただなぁ、この秋天で「本馬激走のシナ
リオを馬体から思い描く」時、その昔、
生涯唯一本命◎を打ったスペシャルウィ
ークのことを思い出すのだが。

生粋の【持続C型】長距離ステイヤーと
いったスペシャルウィークとは異なり、
どうしても、本馬は、上体可動、腹回り
肋骨の造りが、「硬く浅く厚い」のよ。

これは、3歳時から思っていることだが
母父フレンチデピュティの影響だろう。
仕上がり完成した今、それがさらに顕著
になっている。

良い意味で、「薄く、やわらかく、ふに
ゃふにゃ」だったスペシャルとは異なり
「厚みがあり、やわらかみに欠け、硬さ
もある」ため、どうしても軽い高速馬場
でのSP勝負では、キレ負けしそうだ。

とりあえず、明らかに前走比で条件好転
、かつ、規格スケールもあり、加齢によ
る重めのリスクも見られないので、ここ
は無難に高評価すべきなのだが。

ただ、いくらハイペースでも、上がりが
速いと厳しいかな。ハイで上がり時計が
多少でもかかる馬場となれば良いが。

お、武豊が乗るのか。これは興味深い。
本馬は、スペシャルよりもギアの入りが
重たいぞ。


No.836 2019年10月20日 08:04   カテゴリー: 馬体の基本解説 G1
  • 10/20(日)
    京都11R
    菊花賞(G1) レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 3 5 ワールドプレミア 3:06.0
    2 7 14 サトノルークス クビ
    3 7 13 ヴェロックス
    払戻金
    単勝 5 650円 3番人気
    複勝 5
    14
    13
    180円
    390円
    120円
    2番人気
    8番人気
    1番人気
    枠連 3-7 610円 2番人気
    馬連 5-14 4,680円 17番人気
    ワイド 5-14
    5-13
    13-14
    1,460円
    320円
    720円
    17番人気
    1番人気
    7番人気
    馬単 5-14 7,640円 29番人気
    3連複 5-13-14 3,070円 9番人気
    3連単 5-14-13 23,510円 70番人気
    WIN5 48,750円 3番人気
【新コンテンツ】紹介
----------------------------------
~著者ノートnote~
過去から新規記事まで、馬体&馬券の
ノウハウ記事など随時公開

只今『馬券の買い方【入門編】』の内容を公開中
----------------------------------


◇2019年予想的中レース一覧 <現在63戦26的中>
----------------------------------
秋華賞 |★シゲルピンクダイヤ10人気3着
京都大賞|★シルヴァンシャー5人気3着
神戸新聞|◎ワールドプレミア3人気
セントS|◎ファンタジスト7人気
京成AH|◎ディメンシオン5人気
小倉2歳|◎ラウダシオン4人気
札幌記念|★ブラストワンピース3人気
エルムS|◎モズアトラクション2人気
小倉記念|◎メールドグラース1人気
函館2歳|★ビアンフェ4人気★タイセイビジョン2人気
プロキS|◎ミッキーワイルド3人気
 七夕賞 |◎ミッキースワロー3人気★ロードヴァンドール12人気
ラジオN|◎ブレイキングドーン3人気
ユニコS|★ダンツキャッスル6人気
NHKマ|★カテドラル7人気
天皇賞春|◎フィエールマン1人気★グローリーヴェイズ6人気
マイラー|◎グァンチャーレ5人気
 大阪杯 |◎アルアイン9人気○ワグネリアン4人気
スプリS|◎ディキシーナイト7人気
 金鯱賞 |◎リスグラシュー5人気
 弥生賞 |★ブレイキングドーン4人気
中山記念|◎ウインブライト5人気
京都記念|★マカヒキ2人気
AJCC|◎フィエールマン1人気
 東海S |◎スマハマ4人気
 京成杯 |★ヒンドゥタイムズ7人気
----------------------------------


■「菊花賞」馬体診断予想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】京都
【距 離】3000m 芝・右 外
【適 性】C/l型-E(持続/非根幹-ステイヤー)



▼的中実績 <10戦3的中>
------------------------------------
2018|★フィエールマン7人気1着
2017|不的中
2016|不的中
2015|不的中
2014|不的中
2013|不的中
2012|◎ゴールドシップ1人気1着
2011|不的中
2010|不的中
2009|◎フォゲッタブル7人気2着
2009|★スリーロールス8人気1着
------------------------------------



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
113|1頭
112|2頭
111|サトノルークス、他5頭
110|1頭
109|ニシノデイジー
108|ユニコーンライオン
――――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
▲1頭
★1頭
☆サトノルークス、他1頭
――――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
JRAのG1レースのなかでは、「最も
相性がいいレース」だったこの菊花賞。

…というのは昔の話だな。

無論、この菊花賞が「馬体が最も結果に
影響し易いレース」であること自体に、
なんら変わりはない。

※その理由は過去何度も解説済で省略


ただ、ここ数年、この菊花賞にも時代の
変化というか「競馬のスピード化の影響
が顕著に現れている」と感じる。

それは、一つに”好走馬の馬体”かな。


昔は、この菊花賞、馬体マイラーの好走
などほぼ記憶にない。

例外は、あのミホノブルボンくらいだ。

実際、過去30年ほど菊花賞1~3着馬
を眺めてみたが、2015年のキタサン
ブラックが勝った年以前には、違和感が
ある馬は、ゼロではないがほぼいない。

が、ここ数年では、サトノダイヤモンド
、リアルスティール、エアスピネルとい
ったマイラーベースの馬体が三頭。しか
もサトノは勝馬だ。

他、ポポカテペトル、クリンチャーなど
も重めの馬体と、距離適性も含め、過去
の好走馬たちとはちょっと種が異なる。


まぁ、こうした要因は、サラブレッドや
馬場のスピード化だけでなく、レースの
流れがスローの上がり勝負となり易い面
も多少は影響しているかな。

また、ステイヤー不遇の時代というだけ
でなく、長距離ステイヤータイプの馬体
の馬の出走数自体が少なくなってきてい
るのもあるだろう。


とにかく、この菊花賞、年々「馬体が長
距離ステイヤー仕様である」ことの優位
性が薄れており、昔ほど、予想に自信を
もてなくなってはいる。

が、個人的には、ヒシミラクル、ナムラ
クレセント、スリーロールスと、大きな
的中を三度経験した思い出深いG1。

また、過去30年近く”勝馬”に限れば
、違和感がある馬体は、サトノダイヤモ
ンド、アサクサキングスくらいで、その
二頭とも、タイプは【持続CL型】と、
距離以外は適性が完全一致している。

その意味で、好走馬までは予想しづらく
とも、

----------------------------------
馬体的に、”勝馬”として違和感があり
かつ、【持続CL型】ベースでない馬体
----------------------------------

こうした馬では勝てないんじゃないか。


そんなこと考え、週末、出走馬の馬体を
見てみようと思う。


※今週末は、私用でいつも以上に時間も
なく眠気におそわれている。

気分転換に、先に<馬体写真がない馬>
から診断し解説を綴ったが、それで疲れ
てしまった。

今すでに深夜を回っており、ここからの
解説は一気端的に行く。



今回<馬体写真あり>
――――――――――――――――――
サトノルークス
以前も指摘したと思うが、全姉のタッチ
ングスピーチと、「毛色、皮膚質、首差
しや手脚など末端軽さ」など”雰囲気”
は似ている。

が、「骨格の可動傾斜、前後比重、上体
比重、起点位置」などの”骨格構造”は
異なる。

ちなみに、馬体を”雰囲気”で見るのと
”骨格構造”で見ることの違いを、毎度
のバイクで例えるなら、

同じ車種でも年式が変わり、外装全般の
カラーリングは似ているが、フォーク長
やホイール径、スイングアームの変更等
、大きく構造上の変化があり、走行性能
が変わっている。こんな感じだな。

以上、【持続C型】長距離砲の好馬体で
ある姉タッチングスピーチなら、ここで
本線◎★を打てる。

が、”雰囲気”は似ていようと、”馬体
の構造強み”が異なる以上、本馬の評価
は、スローでのSP勝負となった際の怖
さかな。

ただ、馬体の成長と仕上がりの良さなら
今回では一番。人気薄なら穴☆は打って
もいい。



ニシノデイジー
ハービンジャー産駒らしい。その癖も強
めと、菊花賞向きではない。

以上、SPと心肺の裏付けは上々だが、
マイラーベースにあり、かつ、癖も強く
、芝の軽い馬場や、長時間走行で狙いた
い造りではない。馬体を見ると素通り。




ユニコーンライオン
これが「胴伸びあるが故に、長距離向か
ない」という馬体の典型。

このあたりは、当診断の独自の基準では
あるが、これまで何度も解説済のため、
省略。後日、時間がある時にでも、著者
『新コンテンツのノート』にでも、過去
記事を抜粋して公開でもしておく。

以上、こうした「長距離向きでないリス
クがある」造りの【持続CL型】ベース
の馬体も過去走ってはいる。

が、本馬は、それらサトノダイヤモンド
やアサクサキングスのような京都向きの
振り子軽さがない。馬体をみれば、素通
りとなる。



今回<馬体写真なし>
――――――――――――――――――
※今回参考にしたデビュー前などの馬体
写真を元、今走評価一言や印など公開。


ディバインフォース☆ ※デビュー前
全体フレームは、中長距離向きの仕様に
ある。が、いかんせん、懐深み、軽さ、
可動が一息の造り。G1の、しかも京都
の軽い馬場では強くは推しづらい。

以上、今回で言えば、先のヒシゲッコウ
とタイプが近いかな。まぁ、本馬のほう
が長距離適性で劣り、かつ現時点の馬体
&仕上がりも不明と、ヒシの番手妥当。



メロディーレーン ※デビュー前
マイル~中距離仕様の差しベター。タイ
プとしてよく言う「デニムアンドルビー
系」というやつだ。

以上、ただ、スローの上がり勝負想定で
も怖さあるSP面での裏付けまでには。
さすがに、現時点の仕上がりなど不明で
、菊花賞で印を打つ馬体に非ず。



カウディーリョ ※デビュー前
前の振り子や可動肩口は小ぶり、一方、
折深い後肢の造りなど、骨格のパーツ単
位に癖があり、かつ、箱型水平胴など、
上体全体フレームにも癖があるな。

以上、母があのディアデラノビアとあり
納得。また、いかにも父キングカメハメ
ハの牡馬らしく屈強重めな造りで、さす
がに、今回馬場悪化でも、ちょっと京都
のステイヤー戦で印を打ちたいタイプで
はない。



シフルマン☆ ※神戸新聞杯時
父ハービンジャーにしては、起点位置高
さがある。振りの軽さもいい。が、規格
スケール、心肺機能、SP面の裏付けは
どれも凡庸。

以上、コース適性高めだが、それ以外、
うーん、これといったパンチに欠ける。
この馬体を狙うなら、今回馬体写真あり
のメイショウテンゲンでいいんじゃない



ナイママ
残念だが、馬体を見るとここは素通り。
SP連動甘めの、よく言う「長時間走行
でスタミナロスし易い」造りで、長距離
戦では、燃費効率の面でリスクが内存。
同様のリスクは、今回で言えば、ヴェロ
ックス、ユニコーンライオンなどの馬体
も該当。

以上、距離適性からも、マイル~中距離
を先行ベターがよろし。まぁ、SP面の
裏付けは上々であり、成績や地方馬とい
うイメージからも、人気が出にくい馬だ
ろう。別条件なら狙い時はくるかな。



馬体不明
ヴァンケドミンゴ




以上、馬体を見れば、本命◎は一択と、
他の印は極力少なめに。



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
▲1頭
★1頭
☆サトノルークス、他1頭
――――――――――――――――――

TOP