馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
馬体優先主義【1コイン版】
いいね6

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014年08月21日
最終更新日:2020年02月16日 04:37


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
基本情報を隠す

メニュー

カレンダー
<  2020年2月  >
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
紹介文
隠す
創刊11年目を迎える、「馬体写真」だけで予想する
メルマガ馬体優先主義の<部分配信>コンテンツ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■特徴
・「馬体写真」だけで予想~パドック不要
・「馬体限定」の評価情報~馬体レーティング、馬体短評
・見極める「適性」は、コース、距離長さ、距離質、脚質まで 
・「パドック派」が見極めるポイントの約20倍をチェック診断
・馬体から馬を「3タイプ{A・N・C}型」に分類
・アナログな馬体から、デジタルな評価、数的実績を実現!



■対象

・重賞レース ※1~2R/週 
・馬体写真の数により公開しない週もあり 


■価格

――――――――――――――――――――――
1頭…100円(税込)
1R…500円(税込)※全馬対象(約8頭~)
――――――――――――――――――――――

・1章毎に1頭毎の馬体短評に掲載。
・最終結論(推奨買い目)も部分配信。



■公開日時

・重賞の前日夜8時~当日昼12時を予定



■著者馬体診断の過去実績

▽馬体レーティング実績
――――――――――――――――――――――
≪2014上半期≫
TOP馬
【単回収率】126% 【複回収率】144%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】218% 【複回収率】278%

≪2013-年間≫
TOP馬
【単回収率】98% 【複回収率】99%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】111% 【複回収率】104%

※人気馬……1~4番人気馬
――――――――――――――――――――――


▽若駒の馬体評価(おすすめ指名馬)実績
――――――――――――――――――――――
≪06~11産駒-累計実績≫

■馬体おすすめ全指名馬
【勝馬率】63%(342/540頭)※デビュー未含む
【代表馬】ショウナンアチーヴ(11産駒馬体No.1)

□牡馬-総合ランキング
【勝馬率】76%(69/89頭)
【代表馬】オルフェーヴル

□牝馬-総合ランキング
【勝馬率】56%(45/81頭)
【代表馬】ジェンティルドンナ

□ディープインパクト産駒-牡馬ランキング
【勝馬率】86%(42/49頭)
【代表馬】ディープブリランテ

□ディープインパクト産駒-牝馬ランキング
【勝馬率】60%(27/45頭)
【代表馬】ヴィルシーナ

※くわしくは著者『若駒対象の馬体評価サイト』
ColtJapan;http://coltjapan.com/
――――――――――――――――――――――


▽予想他実績
・毎年、年間回収率100%超
・予想の印ベタ買いで年間回収率100%超実績あり
・ノウハウレポート数十冊配信済
・競馬最強の法則WEB、ウマニティのプロ枠等
大手競馬サイトで馬体情報を発信中
・サラブレッドのセリセール前の購入相談(馬体コ
ンサルティング)も担当


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
購入する方はこちら
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
No.857 2020年02月09日 07:00   カテゴリー: 馬体の基本解説 G3
  • 02/09(日)
    東京11R
    東京新聞杯(G3) レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 1 1 プリモシーン 1:33.0
    2 6 12 シャドウディーヴァ 1/2
    3 7 13 クリノガウディー ハナ
    払戻金
    単勝 1 780円 4番人気
    複勝 1
    12
    13
    290円
    340円
    300円
    4番人気
    6番人気
    5番人気
    枠連 1-6 1,960円 8番人気
    馬連 1-12 7,270円 23番人気
    ワイド 1-12
    1-13
    12-13
    1,980円
    1,460円
    1,690円
    22番人気
    16番人気
    19番人気
    馬単 1-12 12,920円 41番人気
    3連複 1-12-13 19,730円 60番人気
    3連単 1-12-13 125,560円 368番人気
    WIN5 2,213,230円 4番人気
◇著者別コンテンツ紹介~ノートnote
------------------------------------
馬体&馬券のノウハウ記事など随時公開
------------------------------------

◇2020年予想的中レース一覧 <現在10戦5的中>
------------------------------------
京都金杯|★ボンセルヴィーソ 14人気3着
フェアリ|◎ポレンティア 5人気3着
 東海S |★ヴェンジェンス3人気2着
 根岸S |★モズアスコット3人気1着
シルクS|◎アウィルアウェイ3人気1着
------------------------------------

◇2020馬体診断一例~シルクロードS
------------------------------------
◎アウィルアウェイ3人気1着
適性云々以前に、素材が文句なしに今回
断然。これは3歳時から高評価している
はず。無事なら、最低重賞は勝てるはず
、否、勝たせないといけない好馬体だ。

以上、基本【持続C型】マイル~中距離
仕様がベースで、一介のスプリンターに
非ず。また、ハンパな今回の舞台では、
馬体格下相手とは言え、その差も開きに
く不安もある。

が、まぁここで勝ってしまってのG1で
は人気も出そうで狙いとして遅いかな。
馬体に限れば、ここではモノが違うな。

ちなみに、今回同日重賞の<根岸S>の
モズアスコットを【@”特徴”解説対象
馬】としているが、こうした好馬体と見
比べれば、「いかにモズアスコットが癖
ある馬体であるか」、その骨格の違い、
構造的な性能などがわかり易いはずだ。
------------------------------------



■「東京新聞杯」馬体診断予想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼過去的中実績 <4戦1的中>
------------------------------------
2019|見送り
2018|不的中
2017|不的中
2016|◎マイネルアウラート11人気3着
2015|不的中
2014|見送り
------------------------------------



▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】東京
【距 離】1600m 芝・左
【適 性】C/T型-M(持続/根幹-マイル)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
111|レッドヴェイロン、他1頭
110|3頭
109|1頭
――――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
◎1頭
★2頭
――――――――――――――――――



▼馬体診断 @特徴解説対象馬
――――――――――――――――――

▽馬体展望
舞台は、東京、根幹距離。当【適性】で
言う【持続CT型】馬体向きの一戦。

展開が、スローペースなら実施距離より
短め距離適性を持つ馬に有利、ハイなら
長め距離適性を持つ馬に有利と言える。

ちなみに、当診断では、展開など馬体以
外の要素は、基本、予想も加味もしない
ため、「非根幹はスロー、根幹はハイ」
と決め打ちして評価&予想している。

つまり、今回はハイ想定。ただ、レーテ
ィングの数値からも、傑出馬不在。


以上を踏まえて…



今回<馬体写真あり>
――――――――――――――――――
レッドヴェイロン
初見。「これはリファールがあるかな」
と思い血統を見ると、母父があのエリモ
ピクシーとある。納得だな。

母産駒と言えば、過去デビュー前の2歳
馬の馬体診断で<馬体おすすめ>に指名
した馬リディルが走り、以後も、産駒の
馬体傾向に特徴的な癖があるなど、いわ
ゆる当診断馴染みの馬体血統だ。

そこで今回、産駒の馬体傾向も踏まえ、
本馬の馬体の”特徴”を解説。

まず、母産駒の馬体には、大きく二つの
タイプに分類できる。
------------------------------------
(1)リディルやクラレントなど、長躯
短背で正方形シルエットのバランス型

(2)サトノルパン、レッドアヴァンセ
など、低重心か長手長方形シルエット型
------------------------------------
特に、(2)のタイプは、飛節の造りが
より「曲飛気味」、かつ、「ある癖」が
あることが多い。

ちなみに、この「癖」は、未だオフレコ
の独自見極め基準だが、その”特徴”は
SPの”性能”を大きく左右する。直飛
曲飛などの飛節の角度以上に重要だ。

他、両方に共通する”特徴”としては、
「皮膚の薄さ、振り子軽量」など。まぁ
これは母産駒だけでなく、芝で走り易い
馬に多く、よく「良血馬らしい」などと
表現している。

さて、「Q.本馬はどちらのタイプか?」

まず、前から一気に”特徴”を綴る。

『小顔、頸椎もやわらかみ上々、首差し
は長め。肩甲骨の傾斜上々も肩関節位置
からも長さ小ぶり。それもあり、僧帽筋
や上腕筋など駆動部の筋肉量が多め(厚
みが出ている)など、前懐浅めだな。

中駆は、まず頸椎から胸椎への起点が低
い、その分、肋骨が水平気味、前後まで
の胴長は、肩甲骨からも長め比重。その
あたりが背線アウトラインに出ている。

後、トモの形状から、座骨も癖なく標準
、股関節の位置も適度、少し大腿骨が小
ぶり。これは(2)産駒に多かった感。
そして、飛節は曲飛。また、(2)産駒
特有の「癖」も少しある。』

上記から、全体的なシルエットからも、
前駆中駆後躯のバランスは、明らかに、
(2)のタイプだ。

それでいて、つなぎ、飛節、四肢、上体
など各起点や全体的な重心は低過ぎず。
つまり、(2)でもサトノルパンよりは
長め距離適性が見てとれる。

ズバリ、そうだな

A.母産駒でも母父であるダンシングブ
レーヴ似じゃないか

ちなみに、父キングカメハメハの影響は
そうだな、まぁ”筋肉”かな。駆動部の
筋肉量などそれと言えなくもない。が、
その程度の”特徴”は、父でなくても他
の種牡馬でもいくらでも言える。

これはいつも言うことだが、

「”筋肉”の量や質感より、”骨格”の
形状を見極めてこそ、馬体から”性能や
適性”の見極めが可能となる」

だから、一にも二にも、馬体で見るべき
「骨格ファースト」なのだ。

以上、長くなったが、今回もわかり易い
馬体(骨格の”特徴”)の馬故、本馬を
取り上げてみた。

そうした”特徴”から、”性能&適性”
は、今走コース適性高い。ただ、ストラ
イド長や高速ギアの強みと、中速ギアの
甘さ、心肺淡泊さという弱みを考えると
、人気の今回、積極的に勝ちに行くよう
な乗り方は不安。

ここは、マイペース厳守、道中の頻繁な
ギアチェンジをせず、再度の持続惰性で
勝負、という乗り方がよろし。

つまり、基本、根幹よりは非根幹がベタ
ーである【CL型】だ。


※つづきプレミア記事完全公開

No.855 2020年02月02日 07:00   カテゴリー: 馬体の基本解説 G3
  • 02/02(日)
    東京11R
    根岸ステークス(G3) レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 6 11 モズアスコット 1:22.7
    2 3 5 コパノキッキング 11/4
    3 4 7 スマートアヴァロン
    払戻金
    単勝 11 990円 3番人気
    複勝 11
    5
    7
    320円
    130円
    450円
    6番人気
    1番人気
    8番人気
    枠連 3-6 1,020円 3番人気
    馬連 5-11 1,400円 5番人気
    ワイド 5-11
    7-11
    5-7
    710円
    5,900円
    960円
    5番人気
    47番人気
    10番人気
    馬単 11-5 3,300円 9番人気
    3連複 5-7-11 14,510円 48番人気
    3連単 11-5-7 69,270円 207番人気
    WIN5 433,907,040円 3番人気
【新コンテンツ】紹介
----------------------------------
~著者ノートnote~
過去から新規記事まで、馬体&馬券の
ノウハウ記事など随時公開

只今『馬券の買い方【入門編】』の内容を公開中
----------------------------------


◇2020年予想的中レース一覧 <現在8戦3的中>
----------------------------------
京都金杯|★ボンセルヴィーソ 14人気3着
フェアリ|◎ポレンティア 5人気3着
 東海S |★ヴェンジェンス3人気2着
----------------------------------


■「根岸S」馬体診断予想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼過去的中実績 <5戦1的中>
------------------------------------
2019|不的中
2018|不的中
2017|不的中
2016|★グレープブランデー10人気3着
2015|不的中
------------------------------------



▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】東京
【距 離】1400m ダート・左
【適 性】C/L型-SM(持続/非根幹-短マイル)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
112|モズアスコット、他1頭
111|2頭
110|2頭
――――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
◎1頭
★モズアスコット、他2頭
――――――――――――――――――



▼馬体診断 @特徴解説対象馬 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――

▽馬体展望
舞台は、東京、非根幹距離。当【適性】
で言う【持続CL型】馬体向きの一戦。

展開が、スローペースなら実施距離より
短め距離適性を持つ馬に有利、ハイなら
長め距離適性を持つ馬に有利と言える。

ちなみに、当診断では、展開など馬体以
外の要素は、基本、予想も加味もしない
ため、「非根幹はスロー、根幹はハイ」
と決め打ちして評価&予想している。

まぁ、芝より小回りなダート戦であり、
当然「適性の優劣差が生まれにくい」の
は言うまでもないが。


以上を踏まえて…



今回<馬体写真あり>
――――――――――――――――――
@モズアスコット
よく言う「馬体癖馬」。骨格の癖が強く
個性的な馬体であり、馬体初心者の方に
もわかり易いと思い、今週の”特徴”解
説は本馬でいく。

まず、ざっと”特徴”を一気に綴るか。

顔は少し大きめかな。首差しは短く厚み
がある。肩口は傾斜緩い。がその割りに
首差しのキレ(軽さ)一息だな。これは
肩関節の位置が高いのも影響している。

また、肩甲骨は、肩関節の位置からも、
寝ているが長さ短いのがわかる。また、
き甲付近の形状からも、おそらく肩甲骨
の形は、底辺が広めだが高さ低めという
逆三角だろう。

次は中駆。これは言わずもがなか。本馬
の最もわかり易い特徴の一つ「背たれ」
だな。

ただ、本馬の背たれは、単なる「胸椎と
腰椎の湾曲度だけではない癖」がある。
それは、先述したような背たれをはさむ
前後駆の「可動部の癖」や「前後の起点
高低差」だな。

背たれ前は、起点位置が低いき甲、傾斜
はあるが長さ一息な肩甲骨、上腕骨との
接点も高いため、どうしても、首差しの
頸椎が伸びなく、首差し自体の骨が入る
容量が狭い。

背たれ後は、トモをみると、座骨位置が
低めからも腸骨長めで横幅上々。一方、
大腿骨は標準かな。それよりも「飛節」
に注目してほしい。ここが、本馬の馬体
の第二の癖だな。

無論、よくある「曲飛or直飛」など、
「角度がどうだ?」ではない。ズバリ、
「飛節には”角度”以上に見極めるべき
基準がある」と、それはまだオフレコ。
まぁ、これまでも何となく綴っているの
でわかる人はわかるだろう。

と、長くなってきたので、最後、全体を
見てみよう。

これまで骨格細部を見てきて、その癖の
多くは、ズバリ、全て”起点位置の癖”
に通じている。

背たれも前後起点の差異が影響。可動域
が広めの割りに首差し短めで、結果、胸
が浅いのも、肩関節が高いという起点に
起因している。他、後もトモ高というよ
り、これら前起点の低さにあり、また、
、トモ自体も、股関節位置が低め、飛節
も然り。

それに加えて、全体比で「四肢が短め」
で低重心。これが第三の癖だな。結果、
前後長手なシルエットになっているわけ
だ。

以上、一気に綴ってしまいわかりづらい
と思うが、こうした癖が強い”特徴”を
力学的に考えると、

本馬の馬体は

・一完歩長は長め
・振り子の可動幅は広い
・振り子自体が短い
・一完歩の振動エネルギーは低い
・低速ギアの入りは早い
・中速ギアは遅い
・高速ギアのSP伸びは少ない
・心肺機能は一息
・長時間走行での燃費効率は悪い

などの”性能”面がわかるわけだ。

後は、これら”性能”面を考慮すれば、
本馬が「馬体的に最もパフォーマンスを
上げ易い”適性(舞台、乗り方、展開)
”が見えてくる。

ズバリ、前走の根幹マイルよりも、今回
の非根幹1400はベストの舞台。

確かに、今回仕上がり一息だが、土台の
四肢が典型的な加速構造にある点からも
ダートも走り易い構造だ。

要は、心肺淡泊で、燃費効率もいいわけ
ではなく、前後SP連動(中速ギア)も
甘いため、「道中の余計な加減速、周り
に合わせたペース、積極的な乗り方」な
どはよくない。

…と、まぁ色々乗り方に条件が付くので
基本、人気薄で狙いたい馬体と言える。


No.846 2019年12月22日 07:00   カテゴリー: 馬体の基本解説 G1
  • 12/22(日)
    中山11R
    有馬記念(G1) レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 3 6 リスグラシュー 2:30.5
    2 5 10 サートゥルナーリア
    3 4 7 ワールドプレミア クビ
    払戻金
    単勝 6 670円 2番人気
    複勝 6
    10
    7
    210円
    270円
    390円
    2番人気
    3番人気
    5番人気
    枠連 3-5 300円 1番人気
    馬連 6-10 2,990円 8番人気
    ワイド 6-10
    6-7
    7-10
    850円
    1,450円
    2,000円
    8番人気
    13番人気
    19番人気
    馬単 6-10 6,130円 16番人気
    3連複 6-7-10 10,750円 29番人気
    3連単 6-10-7 57,860円 151番人気
    WIN5 24,395,460円 2番人気
【新コンテンツ】紹介
----------------------------------
~著者ノートnote~
過去から新規記事まで、馬体&馬券の
ノウハウ記事など随時公開

只今『馬券の買い方【入門編】』の内容を公開中
----------------------------------


◇2019年予想的中レース一覧 <現在73戦28的中>
----------------------------------
みやこS|◎ウェスタールンド6人気3着
AR共杯|◎アフリカンゴールド1人気3着
秋華賞 |★シゲルピンクダイヤ10人気3着
京都大賞|★シルヴァンシャー5人気3着
神戸新聞|◎ワールドプレミア3人気
セントS|◎ファンタジスト7人気
京成AH|◎ディメンシオン5人気
小倉2歳|◎ラウダシオン4人気
札幌記念|★ブラストワンピース3人気
エルムS|◎モズアトラクション2人気
小倉記念|◎メールドグラース1人気
函館2歳|★ビアンフェ4人気★タイセイビジョン2人気
プロキS|◎ミッキーワイルド3人気
 七夕賞 |◎ミッキースワロー3人気★ロードヴァンドール12人気
ラジオN|◎ブレイキングドーン3人気
ユニコS|★ダンツキャッスル6人気
NHKマ|★カテドラル7人気
天皇賞春|◎フィエールマン1人気★グローリーヴェイズ6人気
マイラー|◎グァンチャーレ5人気
 大阪杯 |◎アルアイン9人気○ワグネリアン4人気
スプリS|◎ディキシーナイト7人気
 金鯱賞 |◎リスグラシュー5人気
 弥生賞 |★ブレイキングドーン4人気
中山記念|◎ウインブライト5人気
京都記念|★マカヒキ2人気
AJCC|◎フィエールマン1人気
 東海S |◎スマハマ4人気
 京成杯 |★ヒンドゥタイムズ7人気
----------------------------------


■「有馬記念」馬体診断予想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】中山
【距 離】2500m 芝・右
【適 性】A/L型-L(加速/非根幹-長距離)



▼的中実績 <10戦4的中>
------------------------------------
2018|不的中
2017|不的中
2016|◎サトノダイヤモンド1人気1着
2015|不的中
2014|◎トゥザワールド9人気2着
2013|不的中
2012|不的中
2011|不的中
2010|★トゥザグローリー14人気3着
2009|◎ブエナビスタ1人気2着
------------------------------------



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
113|アーモンドアイ、他2頭
112|アルアイン、フィエールマン、レイデオロ、他2頭
111|シュヴァルグラン、他6頭
110|クロコスミア
――――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
◎1頭
○アーモンドアイ
★フィエールマン、他2頭
――――――――――――――――――



▼馬体診断 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――


今回<馬体写真あり>
――――――――――――――――――
アーモンドアイ
3歳夏~秋頃にかけ、”筋肉量”の増加
よりも”骨格”に成長が見られた本馬。
そうした成長の仕方をする馬は珍しく、
印象に残っている。えてして名馬となる
馬には多い。

具体的に、3歳春当時は、父ロードカナ
ロア産駒らしく上体の筋肉比重の多さが
目についていた。

が、3歳秋を境に、上体の可動の遊び、
体高による振り子起点の上昇などの変化
があり、持続性能や中速ギア径のアップ
を思わせる仕様になってきた。

そうだな、毎度のバイクに例えるなら、
「純正ノーマルから、マルケジーニなど
社外の軽量マグネシウムホイールに変更
、倒立フォークに、リアはオーリンズの
ショックにカスタム」…そんな感じだ。

とにかく、その振り子軽さや振り起点の
充実安定など、いかにも「振りが速く、
初速から中速ギアまでの入りが抜群」と
いった構造にある。このあたりが、母父
サンデーサイレンスの影響だろうな。

その成長ぶり、人間で言えば「若い時は
父親似だった女の子が、年をとるにつれ
て母親そっくりの女性になってきた」、
そんな感じだ。

以上、今回加齢や仕上げ甘さによる重め
もなく、【加速A型】⇒【万能N型】へ
モデルチェンジされた現状、余程のハイ
ペースを強引に勝ちに行くなどしない限
り、今走適性やSP面含め、不安要素が
見当たらず。ここは勝ち負けだろう。

そういや、実績的に文句なしの現役最強
馬だが、無論、未だその走り自体、一度
も見たことがない。なので、引退する前
に一度は走りを見ておこうかな、と思う
今年の有馬記念だ。



アルアイン
毎回、仕上がり具合のブレ幅が大きい馬
だが、明らかに重めに映った前回よりは
いいかな。

ちなみに、そのブレ幅の大きさ、つまり
「なぜ、本馬はすぐ太めになり易いのか
(映り易いのか)?」…これは、骨格を
見れば一目瞭然。その上体の容量不足に
よるな。

具体的に、肩甲骨や上腕骨、大腿骨など
が小ぶり。この上体の骨格容量が小ぶり
故、少しの体重増加ですぐ太く映ってし
まうわけだ。

人間で言えば、肩幅や腰回りが小ぶりな
体型なので、少しの体重増加で、体型の
変化、ポッチャリに見えてしまう…そん
な感じだな。

以上、小回り中山はいいが、SP絶対値
や中~高速ギアも凡庸。

また、その胴長水平シルエットからの長
め完歩幅も、上体の起点低さや可動小ぶ
りな造り故、完歩長からの持続性能面の
プラス要素より、燃費効率の悪さという
マイナス面が懸念される。

やはり、スローでもハイでも、この距離
でこのメンバー相手では強みに欠ける。
「皐月賞馬らしい」馬体と評していると
おり、距離融通性が高い構造ではなく、
中距離ベストだな。



クロコスミア
牝馬らしく振り子軽量で、可動傾斜も上
々と、SP面やハンドリング性能の良さ
はあり、同じ牝馬でも先のアエロリット
よりも小回りコースでの燃費効率の低下
はないだろう。

ただ、基本【持続C型】ベースとは言え
、振り尺長や起点高さ、上体容量なども
もう一つと、アエロリットとは異なり、
古馬牡馬相手のG1で、強みというほど
のパーツやスケールがない。

以上、【持続C型】馬ではあるが、距離
適性や強みからも、スロー凡戦以外は評
価しづらい。人気薄の穴☆ならといった
ところだな。



シュヴァルグラン
これが引退ラストランらしい。

まずは、本馬と言えば、その馬体から、
「相馬の本質を学べる」とし、これまで
当診断では、何度も何度も本馬を例に挙
げ、色々と綴ってきた。

そうだな、本馬以前にも、古くはミホノ
ブルボンとライスシャワーにはじまり、
トウカイテイオーやエイシンワシントン
、そして、サイレンススズカ、エアグル
ーヴ、後は、サクラローレル、そして、
やはり、本馬に通ずるマヤノトップガン
など。

まさに、私にとっての「相馬の先生」と
言えばいいか。

ズバリ、それらの先生が教えてくれたこ
ととは、一言で言えば
------------------------------------
馬体を”ありのまま”見ることの難しさ
------------------------------------
これに尽きるな。

それを痛感させられたのが、これらの馬
たちの馬体だった。

以上、その可動広さや背筋の強さからの
振りの安定が強みで、小回り向きとは言
いづらく、タフな流れや早め先行惰性な
どのハマり待ちが吉。

まぁ、加齢の影響もあり、SP的にみて
も、本馬を狙うなら、同タイプのキセキ
がいいだろう。

後、引退レースということで、今一度
、本馬の馬体から学んでおきたい。

まず、誰が何と言おうと、物理的にわか
るレベルの特徴は、

・首は寸動形
・肩甲骨は長い、傾斜は深め
・胴は短め
・長躯短背で箱型気味のシルエット

もし、あなたがこれに同意できない場合
それは

・馬体を見る”経験数”が足りない
・馬体でなく”己の主観”を見ている

このどちらかだ。

確かに、シュヴァルグランの”実績”は
長距離馬と言えるだろう。そこから、巷
の『相馬の常套文句』の影響で

これだけの長距離実績がある馬なら
⇒『胴は長いんじゃないか!?』

という”先入観”を抱いてしまうのは、
ごく自然だ。

が、そんな”先入観”を許さないほど、
本馬の馬体は”特徴”がある。

そうだな、今回で言えば、同父のスワー
ヴリチャードと本馬を比較してもいい。
せめて、本馬の馬体、「胴が短めだな」
とわかる程度でないとシュヴァルグラン
に失礼だ。

以上、構造的なことを言えば、本馬のよ
うな「”胴が長くない”からこそ、長距
離向きの要素ともなり得る」面がある。

ちなみに、本馬同様、胴短めで正方形と
いった全体シルエットながら、抜群の長
距離実績を残した馬がいる。それこそが
マヤノトップガンである。

------------------------------------
巷の常套文句に負けず、
己の先入観に負けず、
ただ、ありのままの馬体に従え
------------------------------------
と、私ではなくシュヴァルグランやマヤ
ノトップガンの馬体が語りかけている。

長距離実績があるからと言って、何でも
かんでも「胴長な馬体だと思うなよ!」
とな。


フィエールマン
初見当時に、「父ディープインパクト似
だが、少しやわらか過ぎるかな」という
印象を持った馬で、同時に、「無事なら
G1馬になるだろう」と思った馬だ。

そのため、細かな馬体解説もしているは
ずだ。ここでは省略。

そうだな、先にも述べたが、今回いる<
菊花賞馬>三頭?では、「最も追ってか
らのSPの伸び、最高速までの伸び代」
がありそうな特徴の馬体にある。

また、他のライバル比でも、前後上下の
馬体の収縮振動においては、このやわら
かみからも屈指。そうだな、高速ギアが
一段多いと言えばいいかな。

以上、今回はやはり、適性合わない小回
りをどう乗ってくるかだろう。

ズバリ、長距離仕様だが、その振りエネ
ルギーが高そうな割りには、可動遊びが
もう一つなど、苦手な小回りを前半から
積極的に動かしていくと不安がある。

わかり易く言えば、「ギア数も多く、各
ギアの入りも良く、さらに、高速ギアの
燃費効率もいい。が、低~中速ギアでの
燃費効率は今一つであるため、高速ギア
を最大限に活かすには、適性一息な小回
りでは、前半ギアを極力上げず、燃費を
節約し、それでいて、後半の高速ギアの
走行時間を長くする」そんな乗り方がよ
ろし。うーん、余計わかりづらいか。

とにかく、長距離仕様だが、高速馬場の
スローのほうが強みが活きやすいはず。
池添騎手か、印象としては合うんじゃな
いか。



レイデオロ
今年は成績こそ奮っていないが、その馬
体は、相変わらずの上質な皮膚質、やわ
らかな背線アウトライン、首差しや四肢
など振り子の軽さは目につく。

まぁ、今回その腹回りが少し厚めかな。
仕上がり自体は良さそうで、少し加齢が
出てきたのか。

以上、その特徴からも今走コース適性は
屈指。また、いかにもマイル~中距離仕
様の造りで2500自体は長いが、そこ
は小回りコーナー6つの有馬記念。スロ
ーの凡戦ならば、問題ないだろう。

ただ、あくまでここは適性の高さとスロ
ーの凡戦頼みという馬体であり、それは
イコール、G1らしい持続や心肺も競い
合うレースでは、厳しいと言わざるを得
ない馬体でもある。

馬体を見れば、「今年の成績が奮わなか
った」というより、「それまでが出来過
ぎだった」とみるのが妥当だ。

※つづき全馬の馬体診断はプレミア記事完全公開

No.845 2019年12月14日 22:18   カテゴリー: 馬体の基本解説 G1
  • 12/15(日)
    阪神11R
    朝日フューチュリティ(G1) レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 3 6 サリオス 1:33.0
    2 4 8 タイセイビジョン 21/2
    3 5 9 グランレイ 11/4
    払戻金
    単勝 6 200円 1番人気
    複勝 6
    8
    9
    120円
    190円
    2,360円
    1番人気
    4番人気
    14番人気
    枠連 3-4 530円 1番人気
    馬連 6-8 660円 2番人気
    ワイド 6-8
    6-9
    8-9
    310円
    6,240円
    13,830円
    2番人気
    39番人気
    63番人気
    馬単 6-8 950円 2番人気
    3連複 6-8-9 38,080円 78番人気
    3連単 6-8-9 90,260円 232番人気
    WIN5 273,700円 1番人気
【新コンテンツ】紹介
----------------------------------
~著者ノートnote~
過去から新規記事まで、馬体&馬券の
ノウハウ記事など随時公開

只今『馬券の買い方【入門編】』の内容を公開中
----------------------------------


◇2019年予想的中レース一覧 <現在72戦28的中>
----------------------------------
みやこS|◎ウェスタールンド6人気3着
AR共杯|◎アフリカンゴールド1人気3着
秋華賞 |★シゲルピンクダイヤ10人気3着
京都大賞|★シルヴァンシャー5人気3着
神戸新聞|◎ワールドプレミア3人気
セントS|◎ファンタジスト7人気
京成AH|◎ディメンシオン5人気
小倉2歳|◎ラウダシオン4人気
札幌記念|★ブラストワンピース3人気
エルムS|◎モズアトラクション2人気
小倉記念|◎メールドグラース1人気
函館2歳|★ビアンフェ4人気★タイセイビジョン2人気
プロキS|◎ミッキーワイルド3人気
 七夕賞 |◎ミッキースワロー3人気★ロードヴァンドール12人気
ラジオN|◎ブレイキングドーン3人気
ユニコS|★ダンツキャッスル6人気
NHKマ|★カテドラル7人気
天皇賞春|◎フィエールマン1人気★グローリーヴェイズ6人気
マイラー|◎グァンチャーレ5人気
 大阪杯 |◎アルアイン9人気○ワグネリアン4人気
スプリS|◎ディキシーナイト7人気
 金鯱賞 |◎リスグラシュー5人気
 弥生賞 |★ブレイキングドーン4人気
中山記念|◎ウインブライト5人気
京都記念|★マカヒキ2人気
AJCC|◎フィエールマン1人気
 東海S |◎スマハマ4人気
 京成杯 |★ヒンドゥタイムズ7人気
----------------------------------


■「朝日杯FS」馬体診断予想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】阪神
【距 離】1600m 芝・右 外
【適 性】N/T型-M(万能/根幹-マイル)



▼的中実績 <10戦4的中>
------------------------------------
2018|不的中
2017|不的中
2016|◎サトノアレス6人気1着
2015|不的中
2014|◎クラリティスカイ3人気3着
2013|◎ショウナンアチーヴ6人気3着
2012|◎コディーノ1人気2着
2011|不的中
2010|不的中
2009|不的中
------------------------------------



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
113|1頭
112|2頭
111|ラウダシオン、トリプルエース、ペールエール、他3頭
110|プリンスリターン、他2頭
――――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
★ジュンライトボルト、他1頭
☆ラウダシオン、トリプルエース
▲ペールエール、他1頭
――――――――――――――――――



▼馬体診断 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――

今回<馬体写真あり>
――――――――――――――――――
サリオス
初見。「肩甲骨の傾斜深め、水平間延び
気味の胴長シルエット」などは、父ハー
ツクライ産駒らしさだな。

一方、「腹回りの厚み、平尻気味の後肢
」などは、父産駒の、特に馬体上級素材
と評価してきた馬たちにはあまり見られ
ない特徴だ。これは、本馬らしい特徴と
言えるだろう。母父が英語表記でピンと
こないが、母系の影響かな。

ちなみに、前日オッズが断然の1番人気
で、かつ小洒落た馬名からも、巷の期待
が大きい馬っぽいな。

ただ、父産駒で言えば、ジャスタウェイ
…つづきプレミア記事完全公開



トリプルエース
初見。長躯短背でバランス上々。造りは
異なるが、先のタイセイビジョンを前起
点高め、振り子質量や可動を万能適度に
した位置付けかな。

以上、根幹急坂マイルへの適性面で割り
引きはないが、規格スケール、心肺機能
、持続やSP面含め、強みに欠ける。

まぁ、乱ペースなどの混戦向きでリスク
の少なさはあるかな。

ちなみに、本馬の飛節だが「曲飛」とは
言えないな。

巷では、杓子定規に、飛節の”角度”ば
かりに注目したり、適性などを見極める
ポイントとして解説するモノばかりだ。

が、ズバリ言う。
------------------------------------
飛節には、”角度”よりも”見極めるべき特徴”がある
------------------------------------
それこそが、SPの質や適性などに最も
影響を及ぼすのだ。と、それが何か?は
未だ10年オフレコも、次の機会に解説
予定。

そもそも、本馬の飛節程度で「曲飛」と
見極めると、もうそれこそ「今回みんな
が曲飛」となってしまうぞ。そうだな、
もし、今回のメンバーで「曲飛」である
と診断するならば、ラウダシオンがわか
り易い。と、話がずれた。



プリンスリターン
初見。ちょっと記憶に自信はないが、父
ストロングリターン似ではないか。その
寸動首差し、傾斜だけあるが、短め前後
可動部など。

以上、仕上がり完成度も凡庸。現時点の
馬体をみると素通りだな。



ペールエール
父ダイワメジャー産駒らしいな。そうい
えば、最近父産駒で素軽く可動に遊びが
あるといった「父産駒らしくない馬体」
を見た記憶がある。たぶん、先週のG1
<阪神JF>を勝ったレス何とかシアだ
ったかな。まぁ、その父を調べてみてほ
しいが、父がダイワメジャーなら、かな
りいい部類の馬体だ。

以上、本馬の話に戻すと、本馬は「父産
駒らしからぬ」という造りではない。

ただ、下半身や上体の造り自体【加速A
型】よりではあるが、父産駒にしては、
なかなか四肢や首差しなど振り子長め。

その意味で万能さがあり、ここが今風の
スローな凡戦ならば、安定して走ってく
るのではないか。



ラウダシオン
ズバリ、父リアルインパクトほど「大味
&緩さ」がないのがいい。今夏<小倉2
歳>で本命◎を打ったらしいが、改めて
馬体みても、我ながら納得できる。

以上、上体可動の骨格尺は小ぶりも傾斜
角よく、前後伸びや首差しや四肢など、
振り子も素軽い。

また、心肺やSP連動など、乱戦や消耗
戦向きではないものの、典型的【持続C
L型】のなかなかいい馬だ。

今回、仕上がり完成度も良く、現時点で
馬体をもてあそぶことなく走れるのも強
みだな。

ただし、「急坂よりは平坦、根幹よりは
非根幹がベター」な構造にあり、前走の
1400よりはパフォーマンスを下げて
くる可能性が高い。好走には、流れの外
で、マイペースを厳守といった極端な乗
り方が必要だろう。

ちなみに、今回「曲飛」と言えばこの馬
だな。まぁ、この馬くらいの飛節の角度
があるならば、「曲飛」として、性能や
適性面で強み特徴と、他と差別化しても
いいが。




今回<馬体写真なし>
――――――――――――――――――
※馬体の記憶やググった馬体写真を元、
今走評価の印のみを。

ジュンライトボルト ★
グランレイ 馬体不明
カリニート 馬体不明
メイショウチタン 馬体不明



※完全公開はプレミア記事にて

No.844 2019年12月08日 07:00   カテゴリー: 馬体の基本解説 G1
  • 12/08(日)
    阪神11R
    阪神ジュベナイルF(G1) 印・買い目を比較する レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 2 4 レシステンシア レコード
    2 5 9 マルターズディオサ
    3 5 10 クラヴァシュドール ハナ
    払戻金
    単勝 4 1,120円 4番人気
    複勝 4
    9
    10
    310円
    670円
    170円
    4番人気
    6番人気
    2番人気
    枠連 2-5 600円 3番人気
    馬連 4-9 10,000円 20番人気
    ワイド 4-9
    4-10
    9-10
    2,480円
    510円
    1,210円
    19番人気
    5番人気
    10番人気
    馬単 4-9 20,410円 36番人気
    3連複 4-9-10 8,560円 22番人気
    3連単 4-9-10 86,720円 169番人気
    WIN5 8,502,510円 4番人気

    該当記事での印・予想買い目・資金配分
    着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
    4着 2 3 ウーマンズハート 4.5 2 54.0 牝2 W.ビュイック 栗東西浦勝一 470.0
    8着 3 6 クリスティ 32.4 5 54.0 牝2 福永祐一 栗東杉山晴紀 490.0
    11着 4 8 オータムレッド 290.7 12 54.0 牝2 松山弘平 美浦手塚貴久 418.0
    2着 5 9 マルターズディオサ 43.7 6 54.0 牝2 田辺裕信 美浦手塚貴久 444.0
    16着 6 11 ルーチェデラヴィタ 161.3 9 54.0 牝2 池添謙一 栗東西村真幸 438.0
    9着 7 13 ジェラペッシュ 235.2 11 54.0 牝2 幸英明 美浦尾関知人 446.0
    6着 8 15 リアアメリア 1.8 1 54.0 牝2 川田将雅 栗東中内田充正 482.0
【新コンテンツ】紹介
----------------------------------
~著者ノートnote~
過去から新規記事まで、馬体&馬券の
ノウハウ記事など随時公開

只今『馬券の買い方【入門編】』の内容を公開中
----------------------------------


◇2019年予想的中レース一覧 <現在71戦28的中>
----------------------------------
みやこS|◎ウェスタールンド6人気3着
AR共杯|◎アフリカンゴールド1人気3着
秋華賞 |★シゲルピンクダイヤ10人気3着
京都大賞|★シルヴァンシャー5人気3着
神戸新聞|◎ワールドプレミア3人気
セントS|◎ファンタジスト7人気
京成AH|◎ディメンシオン5人気
小倉2歳|◎ラウダシオン4人気
札幌記念|★ブラストワンピース3人気
エルムS|◎モズアトラクション2人気
小倉記念|◎メールドグラース1人気
函館2歳|★ビアンフェ4人気★タイセイビジョン2人気
プロキS|◎ミッキーワイルド3人気
 七夕賞 |◎ミッキースワロー3人気★ロードヴァンドール12人気
ラジオN|◎ブレイキングドーン3人気
ユニコS|★ダンツキャッスル6人気
NHKマ|★カテドラル7人気
天皇賞春|◎フィエールマン1人気★グローリーヴェイズ6人気
マイラー|◎グァンチャーレ5人気
 大阪杯 |◎アルアイン9人気○ワグネリアン4人気
スプリS|◎ディキシーナイト7人気
 金鯱賞 |◎リスグラシュー5人気
 弥生賞 |★ブレイキングドーン4人気
中山記念|◎ウインブライト5人気
京都記念|★マカヒキ2人気
AJCC|◎フィエールマン1人気
 東海S |◎スマハマ4人気
 京成杯 |★ヒンドゥタイムズ7人気
----------------------------------


■「阪神ジュベナイルF」馬体診断予想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】阪神
【距 離】1600m 芝・右 外
【適 性】N/T型-M(万能/根幹-マイル)



▼的中実績 <9戦6的中>
------------------------------------
2018|★ビーチサンバ 4人気3着
2017|◎ラッキーライラック 2人気1着
2016|◎ソウルスターリング 1人気1着
2015|◎ブランボヌール 3人気3着
2014|★ショウナンアデラ 5人気1着
2013|◎ハープスター 1人気2着
2012|不的中
2011|不的中
2009|不的中
------------------------------------



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
113|1頭
112|ウーマンズハート、他1頭
111|マルターズディオサ、他4頭
110|ロータスランド、他3頭
――――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
◎1頭
○ウーマンズハート
★1頭
------------------------------------
S☆2頭
H☆マルターズディオサ、他1頭
――――――――――――――――――



▼馬体診断 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――

今回<馬体写真あり>
――――――――――――――――――
ウーマンズハート
一目見て、「長躯短背、飛節、四肢軽量
」が目に付くな。

特に、その「後肢」が特徴的で、当診断
では、この手の造りを「ガゼルさんタイ
プ」とか「鳥足」などと表現している。
…と、そういえば、以前も本馬について
そんな話をした気がするが。

後、全体も「上下の起点高めで正方形の
箱型シルエット」にあり、「長手低重心
気味で長方形シルエット」の馬体が多い
父ハーツクライ産駒にしては、余り見な
い珍しいタイプだ。

とにかく、単純な「前後尺の長さ」では
なく、「可動域の広さと起点の高さ」か
らピッチ長を稼ぐタイプ。

加え、振り子自体も軽量、かつ、飛節な
ど後肢も「鳥足」にあるため、ズバリ、
「ピッチ走法ではないがピッチが速い」
という性能強みを持つ馬体である。

以上、ベースは【加速A型】構造ではな
いが、SP伝達、ギアチェンジの速さな
ど加速性能の良さも兼ねた【持続C型】
マイラーベースと言える。今走適性も高
いだろう。

また、前回から成長仕上がりともに良化
が見られ、現時点の完成度もライバル比
で高い。ここは、しっかりと脚を溜めて
差してくれば、勝ち負けしてくるのでは
ないか。スロー想定なら最右翼かな。

ただ、不安として、やはり振り出した後
の速さが強みの構造故に、仮に、人気馬
として、先行やまくりなど積極的に勝ち
に行くような乗り方は良くないだろう。

中速~最高速までの到達は非常に速いが
、最高速で走行できる時間はライバル比
では抜けてはいない…そんなギア比にあ
る馬体構造だ。



マルターズディオサ
初見。まず目につくのは、「首差しから
肩口周辺の可動の遊びがあり、振りエネ
ルギーの良さがある前駆」だな。後は、
やはりその「上体過多な比重にある重心
の低さや飛節」だな。

以上、いわゆる前後上下のバランスに癖
がある典型的な【持続CL型】ベースの
マイル~中距離仕様の先行ベターという
構造。

ズバリ、首差しと後肢といった両極端の
振り子それぞれに、異なる性能がある。
それを、毎度の車バイクに例えてわかり
易く言えば、「低速ギアの入りの良さ、
高速ギアの伸び」といったところだな。

ただ、前後水平気味で上体過多な重心か
らも、「中速ギアの入りは一息」と言え
、燃費効率はいいとは言えず。そのあた
り【L型】馬体らしさだな。

つまり、道中いかに無駄なギアチェンジ
をせず、マイペースの完歩を保ち、最後
に燃費を残しての、強みである前の振り
を活かせるかどうか、が好走への鍵だ。

ここは、前半無理なく先行するか、また
、流れの外から道中死んだふりで、かつ
、早めに中速から高速ギアにシフトして
の持続惰性での差しといった、どちらも
マイペース厳守が吉。リスクもありハマ
り要素が強めだな。



ロータスランド
初見。色々と微妙だな。結論から言えば
、【万能中立NN型】マイラーベースの
差しベターという構造。今走適性やSP
面から、ここはそこそこの評価止まり。

とにかく「首差し、上体容量比、飛節」
に特徴があり、それが【加速A型】より
だな。

と、疲れてきたので、この程度の解説で
終わりたいところだが、まぁ本馬で診断
が最後なので、ここは一つ、一層頑張っ
て綴ってみるか。

馬体は”シルエット(表面)”でなく”骨格(内部)”で見よ!
まず、そうだな、「首差しが台形気味と
キレ一息」なのが気になるな。よく当診
断では、「三角首差し」という表現で、
”いい首差し”を説明するが、その逆。

ちなみに、この手の寸胴体型ならぬ”寸
動首差し”は、骨格構造上、「首の頸椎
の長さ(湾曲度)が小ぶり」や、「首側
の胸椎先端がき甲側(高め)に位置して
いる」場合に、この外観シルエットにな
り易いわけだ。

と、何が言いたいかというと、要するに
、この”台形首差し”は、外観上で同じ
程度の長さに見える”三角首差し”より
、その内部の「骨格実寸の長さは短め」
と見極め診断できる。

ズバリ、
------------------------------------
首差しは、台形<三角が骨格実寸長め
------------------------------------
これは憶えておくとよい。

…と、あたかもそれが<相馬の常識>の
ように書いているが、ハッキリ言って、
こんなこと、世の中、どこの馬体関連の
書籍を探っても、おそらく一言も書いて
ないぞ!

当診断では、こうしてあたかも本当の<
相馬の常識>っぽいニュアンスで説明す
ることがあるが、それらのほとんどは、
正直なところ、「本当に馬体を見極めて
いるならば、この程度の見極めはできて
然るべき!」という願望が入っている。

この「首差し」の見極め方も、その実、
巷の相馬常識や定義には、ここまで突っ
込んだものが皆無なので、しかたなく、
私独自で、生物の骨格力学や構造比、ま
た、バイクなど乗り物の構造を通じて、
独自定義したマイルールに過ぎず。

とにかく、巷の相馬の常識同様、こうし
た私独自の見極め方なども、鵜呑みにし
てすぐ使う前に、自分でよくよく調べて
から参考にしてほしい。

後、「飛節」も独自の見極め方しており
、本馬はそれを説明し易いので、「首差
し」のついでに解説しようと思ったが、
結局、悪い癖で長々と綴ってしまった。
またの機会に。


記事全文を読む

※この記事は2019年12月08日 15:50まで550円で販売していました。

TOP