馬体優先主義【1コイン版】
馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
いいね3

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014/08/21
最終更新日:2017/08/20 00:23


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


カレンダー
<  2017年8月  >
10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
紹介文
創刊もうすぐ5年目、「馬体写真」だけで予想する
メルマガ馬体優先主義の<部分配信>コンテンツ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■特徴
・「馬体写真」だけで予想~パドック不要
・「馬体限定」の評価情報~馬体レーティング、馬体短評
・これまでの「馬体の見方」とは全く異なる相馬眼
・「パドック派」が見極めるポイントの約20倍をチェック診断
・見極める「適性」は、コース、距離長さ、距離質まで
・馬体から馬を「3タイプ{A・N・C}型」に分類
・アナログな「馬体」ながら、デジタルな評価、数的実績を実現!



■対象

・重賞レース ※1~2R



■価格

――――――――――――――――――――――
1頭…100円(税込)
1R…500円(税込)※全馬対象(約8頭~)
――――――――――――――――――――――

・1章毎に1頭毎の馬体短評に掲載。
・最終結論(推奨買い目)も部分配信。



■公開日時

・重賞の前日夜8時~当日昼12時
・章(1頭)単位で随時公開
・場合によっては公開しない週もあり



■著者馬体診断の過去実績

▽馬体レーティング実績
――――――――――――――――――――――
≪2014上半期≫
TOP馬
【単回収率】126% 【複回収率】144%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】218% 【複回収率】278%

≪2013-年間≫
TOP馬
【単回収率】98% 【複回収率】99%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】111% 【複回収率】104%

※人気馬……1~4番人気馬
――――――――――――――――――――――


▽若駒の馬体評価(おすすめ指名馬)実績
――――――――――――――――――――――
≪06~11産駒-累計実績≫

■馬体おすすめ全指名馬
【勝馬率】63%(342/540頭)※デビュー未含む
【代表馬】ショウナンアチーヴ(11産駒馬体No.1)

□牡馬-総合ランキング
【勝馬率】76%(69/89頭)
【代表馬】オルフェーヴル

□牝馬-総合ランキング
【勝馬率】56%(45/81頭)
【代表馬】ジェンティルドンナ

□ディープインパクト産駒-牡馬ランキング
【勝馬率】86%(42/49頭)
【代表馬】ディープブリランテ

□ディープインパクト産駒-牝馬ランキング
【勝馬率】60%(27/45頭)
【代表馬】ヴィルシーナ

※くわしくは著者『若駒対象の馬体評価サイト』
ColtJapan;http://coltjapan.com/
――――――――――――――――――――――


▽予想他実績
・毎年、年間回収率100%超
・予想の印ベタ買いで年間回収率100%超実績あり
・ノウハウレポート数十冊配信済
・競馬最強の法則WEB、ウマニティのプロ枠等
大手競馬サイトで馬体情報を発信中
・サラブレッドのセリセール前の購入相談(馬体コ
ンサルティング)も担当


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
購入する方はこちら
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
No.652 レパードS 馬体診断予想~エピカリスは馬体も凄いのか?
2017/08/06 07:10:00
カテゴリー: 馬体の基本解説 G3
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】新潟
【距 離】1800m ダート・左
【適 性】C/L型-MI(持続/非根幹-マイル中距離)



▼馬体レーティング

▽分布 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
112|1頭
111|1頭
110|スターストラック、他3頭
109|1頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
☆1頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

今回<馬体写真あり>
―――――――――――――――――
スターストラック
サス尺長めで軽さあるのに、可動小ぶ
りでちと残念といった【中立NL型】
で癖がある。

いわゆるパワータイプでダートがいい
造りではなく、硬さや首位置他、サス
可動全般の硬さといったハンドリング
のリスクがあるため、SP的に緩くな
るダート戦のほうが、自分のペースで
走り易いのだろう。

ちなみに、某サイトでは本馬の馬体を
「胸前やトモの筋肉量が多いパワータ
イプの造り」などとあるが、どうかし
ている。

ズバリ、そう見えるのは馬体の<骨格
を見極めて(考慮して)いない>から
だ。

正しくは、「胸前やトモを形成する骨
格が全体(サス)比で小ぶり故、そこ
につく筋肉が膨らみ易い(量が多そう
に見える)」という造りだ。

そもそも、「トモを形成する骨格部位
がその馬自身の全体比や、他馬と比較
しても、大きい面積にある」……そう
した馬体の馬、例えば、ハープスター
などのトモこそ、「筋肉量で多い」と
いうべきだろう。

以上、某サイトの<馬体写真>は、大
きく見易く、かつ、時系列もあって、
それだけなら、とても良いコンテンツ
だと思う。

が、そこにある解説に目をやると、毎
度のことだが目もあてられない。残念
だ。



今回<馬体写真なし>
―――――――――――――――――
イブキ
確か本馬がいわゆる父ルーラーシップ
産駒の馬体上級素材。再見はしない。

つまり、ダート向きの構造ではなく、
馬体芝馬故に、SP軽さの点で今ひと
つな馬体たちが集まり易いダート戦の
ほうが、その特徴(軽さ)がマイノリ
ティ(少数派)となり、結果、アドバ
ンテージから結果が出ることもある、
そう見るのが妥当。

以上、馬体的に、未完成である3歳の
この時期でダート転向はまだ早い。長
い目で見れば、今回、下手に結果が出
ないほうが良い。ダノンリバティ?の
二の舞とならなければいいが。



以上、今回<馬体写真なし>の馬から
馬体を探し解説をはじめてしまった。

そうなると、特に2歳や3歳の若駒の
場合、一頭残らず全馬の馬体を探して
みないと気が済まなくなるのだが。

今回、予想以上に次から次へ馬体写真
が見つかり、思うがままに解説を書い
ていたら、かなり時間がかかってしま
い、G1でもないのに長々解説をして
しまっている。…つづきプレミア記事完全公開



この記事はプレミアム記事です。

300pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.651 アイビスSD 馬体診断予想~私の常識は巷の非常識
2017/07/30 07:20:00
カテゴリー: 馬体の基本解説 G3
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】中京
【距 離】1000m 芝・直
【適 性】C/L型-M(持続/非根幹-スプリント)



▼馬体レーティング

▽分布
―――――――――――――――――
※省略
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
★1頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

今回<馬体写真あり>
―――――――――――――――――
シンボリディスコ
父アドマイヤマックス産駒らしいマイ
ラーベースの上体骨格に、母父サクラ
バクシンオーらしい身詰りといった造
りで、かつ、見ての通りかなり短足。

典型的な【NL型】で、スタミナロス
し易さがある。つまり、マイペースで
走れなければ、即、距離がもたないと
いう意味での限界がある。1000、
1400向きで適性高い。

そう言えば、この馬など、「胴伸びあ
る」が長距離向きではない典型だ。

何度も言うが、「胴長(伸び)がある
故、距離がもたない」という判断もあ
る。それが私独自の馬体理論。

確かに、それは巷の馬体の見方や常識
と正反対だが、そこにこそ、サラブレ
ッドの骨格構造上の真実がある。

いつの時代も、世の常識が真実とは限
らない。特に、確固たる国家資格など
がない相馬の世界では尚更だ。



この記事はプレミアム記事です。

100pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.642 宝塚記念 馬体診断予想~<馬体診断士>国家試験の例題その1
2017/06/25 07:10:00
カテゴリー: 馬体の基本解説 G1
▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】阪神内
【距 離】2200m 芝・右
【適 性】A/L型-I(加速/非根幹-中距離)



▼馬体レーティング   ※プレミア記事完全公開

▽分布
―――――――――――――――――
112|1頭
111|シュヴァルグラン、他9頭
110|1頭
―――――――――――――――――



▼予想印   ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
★2頭
○1頭
☆2頭
―――――――――――――――――



▼馬体短評~結論   ※プレミア記事完全公開

今回<馬体写真あり> ※全馬
―――――――――――――――――
シュヴァルグラン
何度も<馬体ネタ>としての例に挙げ
てきた馬で、もし、<馬体診断士>と
いう国家試験でもあれば、是非とも、
その問題に挙げてもらいたい馬体だ。

ズバリ、「本馬の馬体の特徴を見極め
られるかどうか」で、最低限の相馬眼
の有無がわかる。

その長距離馬らしいこれまでの<実績
やローテ>から、その<馬体>も典型
的な長距離馬という先入観やとらわれ
が生じるのは、人間である以上、逃れ
られない。

が、その先入観やとらわれに負けず、
ただ「ありのままの馬体を見ているの
かどうか」それがわかる非常に特徴的
な馬体だ。

一般的に、「前高、胴長、やわらかみ
ある」などの特徴が長距離馬に多い。

が本馬は、「前低、胴短、長躯短背、
直線」などの「一般的な長距離馬らし
い造りとは真逆な部分がある」これこ
そが特徴。

以上、相馬眼を養う上で、最初の難関
は、「先入観を捨て、ありのまま馬体
を見れるか」これに尽きる。

と、話が逸れたが、今回、ここ一番の
メイチの仕上がりだ。適性一息の舞台
だが、ハイに流れれば、悲願達成勝ち
切る可能性はあるだろう。



この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.636 日本ダービー 馬体診断予想~近年最高馬体レーティング115出現!!~オフレコ解説なし
2017/05/28 12:53:43
カテゴリー: 馬体の基本解説 G1
----------------------------------
※今回、馬体を見て、週明けからテン
ションが上がり、久々、月曜から馬体
解説を書き始めたため、うっかりこれ
までオフレコにしてきた<馬体適性の
見極め>の核心を書いてしまった。が
、思い切ってそのまま公開致します。

<こちらの記事はオフレコ未公開版>
日本ダービー 馬体診断予想~オフレコ解説有
----------------------------------


▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】東京
【距 離】2400m 芝・左
【適 性】C/T型-M(持続/根幹-長距離)



▼馬体レーティング

▽分布  ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
115|1頭
113|1頭
112|1頭
111|4頭
110|レイデオロ、カデナ、他6頭
109|4頭
―――――――――――――――――



▼予想印  ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
★1頭
▲3頭
☆1頭
見レイデオロ、カデナ他
―――――――――――――――――



▼馬体結論

競馬の祭典「東京優駿日本ダービー」

毎年、デビューする馬の多くがここを
目標にするレースだけあって、ほぼ例
外なく、馬体的にもハイレベルな一戦
となる。

そんななか、今年は、全体として近年
屈指のレベルにある。


…が、そんなことよりも…つづき、プレミア記事完全公開


他、様子見
―――――――――――――――――
レイデオロ
正直、馬体的に<皐月賞>はもう少し
走れるかと思ったが。希望としては、
この馬が皐月賞馬となっていれば、こ
の<ダービー>では、予想&馬券的に
もなお良かったが。

成績を見てみたが、<皐月賞>は出遅
れでもしたのか?。さすがに、ハンド
リングの良さが強みという馬体を後ろ
からでは、なんとももったいない。

骨格の構造は抜きにして、その皮膚質
や仕上げ具合など、さすが良血&藤沢
厩舎と納得の良さだが…とまぁ、馬体
診断として、骨格を見ないわけにはい
かず。

ここは、スローで先行が活路も、そも
そも、ここが適性ベストという骨格構
造に非ず。人気どころでは、真っ先に
切るべき馬体だ。まぁ<オークス>の
ソウルスターリング同様、能力頼みの
一戦となる。



カデナ
ズバリ、今回、超スローの差し脚勝負
となれば、最も怖い馬体はこの馬だ。

その馬体、以前も解説したと思うが、
改めて今回、よくやる「バイク」に例
えて、わかりやすく?説明すると。
----------------------------------
【持続C型】ベースの上体可動部「フ
レーム」に、【加速A型】よりの駆動
部「足回りサスペンション等」を併せ
持ち、かつ、前後とも折深い造りから
、心肺機能とSP絶対値「エンジン排
気量や最大トルクの高さ」を誇る。

かつ、それらが全体として、長躯短背
で差しベター「(フロントホイール小
径化のSS系バイク)」のため、加減
速や小回りの対応も良い。

が、筋肉量(重量や)も多め、全体の
容量比からも、最高速や瞬間的なSP
が高い分、スタミナの消耗が激しくな
りがちで、「燃費効率が悪い2スト」
といった馬体。つまり、バイクでいう
NSR250Rあたりか。
----------------------------------
以上、やはり余計わかりづらく、少々
強引に例えてしまった。

が、馬体解説の部分は書いたまま誤り
なし。つまり、東京で【持続C型】戦
らしい流れとなれば、最後の直線で、
そのSPを最大限発揮できない可能性
が高い。一方で、スローで脚が溜まれ
ば、この距離でも怖い馬体というわけ
だ。

今回、本馬と真逆の強みを持つ馬体逸
材が二頭おり、それらに本線を打った
以上、本馬は様子見するしかない。



▼予想印  ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
★1頭
▲3頭
☆1頭
見レイデオロ、カデナ他
―――――――――――――――――


~これを読めば、もうパドックの無意味さを痛感する!?~
?content_type=forecast&content_id=3197&t



この記事はプレミアム記事です。

1,000pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.635 日本ダービー 馬体診断予想~近年最高馬体レーティング115出現!!~オフレコ解説付
2017/05/27 07:10:00
カテゴリー: 馬体の基本解説 G1
----------------------------------
※今回、馬体を見て、週明けからテン
ションが上がり、久々、月曜から馬体
解説を書き始めたため、うっかりこれ
までオフレコにしてきた<馬体適性の
見極め>の核心を書いてしまった。が
、思い切ってそのまま公開致します。
----------------------------------


▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】東京
【距 離】2400m 芝・左
【適 性】C/T型-M(持続/根幹-長距離)



▼馬体レーティング

▽分布  ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
115|1頭
113|1頭
112|1頭
111|4頭
110|レイデオロ、カデナ、他6頭
109|4頭
―――――――――――――――――



▼予想印  ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
★1頭
▲3頭
☆1頭
見レイデオロ、カデナ他
―――――――――――――――――



▼馬体結論

競馬の祭典「東京優駿日本ダービー」

毎年、デビューする馬の多くがここを
目標にするレースだけあって、ほぼ例
外なく、馬体的にもハイレベルな一戦
となる。

そんななか、今年は、全体として近年
屈指のレベルにある。


…が、そんなことよりも…つづき、プレミア記事完全公開


他、様子見
―――――――――――――――――
レイデオロ
正直、馬体的に<皐月賞>はもう少し
走れるかと思ったが。希望としては、
この馬が皐月賞馬となっていれば、こ
の<ダービー>では、予想&馬券的に
もなお良かったが。

成績を見てみたが、<皐月賞>は出遅
れでもしたのか?。さすがに、ハンド
リングの良さが強みという馬体を後ろ
からでは、なんとももったいない。

骨格の構造は抜きにして、その皮膚質
や仕上げ具合など、さすが良血&藤沢
厩舎と納得の良さだが…とまぁ、馬体
診断として、骨格を見ないわけにはい
かず。

ここは、スローで先行が活路も、そも
そも、ここが適性ベストという骨格構
造に非ず。人気どころでは、真っ先に
切るべき馬体だ。まぁ<オークス>の
ソウルスターリング同様、能力頼みの
一戦となる。



カデナ
ズバリ、今回、超スローの差し脚勝負
となれば、最も怖い馬体はこの馬だ。

その馬体、以前も解説したと思うが、
改めて今回、よくやる「バイク」に例
えて、わかりやすく?説明すると。
----------------------------------
【持続C型】ベースの上体可動部「フ
レーム」に、【加速A型】よりの駆動
部「足回りサスペンション等」を併せ
持ち、かつ、前後とも折深い造りから
、心肺機能とSP絶対値「エンジン排
気量や最大トルクの高さ」を誇る。

かつ、それらが全体として、長躯短背
で差しベター「(フロントホイール小
径化のSS系バイク)」のため、加減
速や小回りの対応も良い。

が、筋肉量(重量や)も多め、全体の
容量比からも、最高速や瞬間的なSP
が高い分、スタミナの消耗が激しくな
りがちで、「燃費効率が悪い2スト」
といった馬体。つまり、バイクでいう
NSR250Rあたりか。
----------------------------------
以上、やはり余計わかりづらく、少々
強引に例えてしまった。

が、馬体解説の部分は書いたまま誤り
なし。つまり、東京で【持続C型】戦
らしい流れとなれば、最後の直線で、
そのSPを最大限発揮できない可能性
が高い。一方で、スローで脚が溜まれ
ば、この距離でも怖い馬体というわけ
だ。

今回、本馬と真逆の強みを持つ馬体逸
材が二頭おり、それらに本線を打った
以上、本馬は様子見するしかない。



▼予想印  ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
★1頭
▲3頭
☆1頭
見レイデオロ、カデナ他
―――――――――――――――――


~これを読めば、もうパドックの無意味さを痛感する!?~
?content_type=forecast&content_id=3197&t



この記事はプレミアム記事です。
1,500pt(円) 売り切れ
スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ