馬体優先主義【1コイン版】
馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
いいね4

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014/08/21
最終更新日:2019/02/17 02:04


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


カレンダー
<  2019年2月  >
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
紹介文
創刊もうすぐ5年目、「馬体写真」だけで予想する
メルマガ馬体優先主義の<部分配信>コンテンツ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■特徴
・「馬体写真」だけで予想~パドック不要
・「馬体限定」の評価情報~馬体レーティング、馬体短評
・これまでの「馬体の見方」とは全く異なる相馬眼
・「パドック派」が見極めるポイントの約20倍をチェック診断
・見極める「適性」は、コース、距離長さ、距離質まで
・馬体から馬を「3タイプ{A・N・C}型」に分類
・アナログな「馬体」ながら、デジタルな評価、数的実績を実現!



■対象

・重賞レース ※1~2R



■価格

――――――――――――――――――――――
1頭…100円(税込)
1R…500円(税込)※全馬対象(約8頭~)
――――――――――――――――――――――

・1章毎に1頭毎の馬体短評に掲載。
・最終結論(推奨買い目)も部分配信。



■公開日時

・重賞の前日夜8時~当日昼12時
・章(1頭)単位で随時公開
・場合によっては公開しない週もあり



■著者馬体診断の過去実績

▽馬体レーティング実績
――――――――――――――――――――――
≪2014上半期≫
TOP馬
【単回収率】126% 【複回収率】144%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】218% 【複回収率】278%

≪2013-年間≫
TOP馬
【単回収率】98% 【複回収率】99%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】111% 【複回収率】104%

※人気馬……1~4番人気馬
――――――――――――――――――――――


▽若駒の馬体評価(おすすめ指名馬)実績
――――――――――――――――――――――
≪06~11産駒-累計実績≫

■馬体おすすめ全指名馬
【勝馬率】63%(342/540頭)※デビュー未含む
【代表馬】ショウナンアチーヴ(11産駒馬体No.1)

□牡馬-総合ランキング
【勝馬率】76%(69/89頭)
【代表馬】オルフェーヴル

□牝馬-総合ランキング
【勝馬率】56%(45/81頭)
【代表馬】ジェンティルドンナ

□ディープインパクト産駒-牡馬ランキング
【勝馬率】86%(42/49頭)
【代表馬】ディープブリランテ

□ディープインパクト産駒-牝馬ランキング
【勝馬率】60%(27/45頭)
【代表馬】ヴィルシーナ

※くわしくは著者『若駒対象の馬体評価サイト』
ColtJapan;http://coltjapan.com/
――――――――――――――――――――――


▽予想他実績
・毎年、年間回収率100%超
・予想の印ベタ買いで年間回収率100%超実績あり
・ノウハウレポート数十冊配信済
・競馬最強の法則WEB、ウマニティのプロ枠等
大手競馬サイトで馬体情報を発信中
・サラブレッドのセリセール前の購入相談(馬体コ
ンサルティング)も担当


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
購入する方はこちら
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
No.779 【ノウハウ初公開】馬体で”距離適性”を見極める(1)~馬体パーツには二種類ある
2019/02/17 07:00:00
カテゴリー: 馬体の基本解説
本号は、著者の≪馬体の見極め方≫に
ついて、なかでも”距離適性”を解説
した【号外記事】です。


■ 馬体で”距離適性”を見極める(1)
━━━━━━━━━━━━━━━━━

~馬体パーツには二種類ある~

一般的な相馬における
馬体からの「距離適性」とは
―――――――――――――――――
・胴が短い=短距離馬
・胴が長い=長距離馬
―――――――――――――――――
とされている。

「胴長や長方形のシルエット」など、
その表現言い回しなど色々ある。


が、要するに
―――――――――――――――――
・胴が短い=ストライドが短い=短距離に有利
・胴が長い=ストライドが長い=長距離に有利
―――――――――――――――――
<ストライド=一完歩の長さ>に着目し
その長短で「距離適性」を判断しているわけだ。

それ自体、あながち間違いではない。


後で話すが、ここは大事なところなので、
もう一度、丁寧に言おう。

<ストライド=一完歩の長さ>に
”着目している限り”においては、
その判断は、間違いではない。


ただ、これだけではダメ。不十分。
そこには、「大きな欠陥」がある。


では、ここで
―――――――――――――――――
Q1「なぜダメなのか」
Q2「何が足りないのか」
―――――――――――――――――

みなさんは、明確に答えられるだろうか?

一つ、考えてみてほしい。



巷に”あたりまえ”としてある馬体の見方

・胴の長短で「距離適性」を判断

無論、私自身はこの基準で見極めをしていない。
理由は、そこに「大きな欠陥」があるからだ。


では、具体的に…※つづきはプレミア記事完全公開



この記事はプレミアム記事です。

1,000pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.778 京都記念 馬体診断予想~巷の馬体解説の「どこが足りないのか?」を指摘
2019/02/10 07:00:00
カテゴリー: 馬体の基本解説 G2
  • 02/10(日)
    京都11R
    京都記念(G2)
    レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 6 8 ダンビュライト 2:14.8
    2 7 10 ステイフーリッシュ クビ
    3 8 12 マカヒキ クビ
    払戻金
    単勝 8 850円 6番人気
    複勝 8
    10
    12
    220円
    140円
    180円
    6番人気
    1番人気
    4番人気
    枠連 6-7 610円 3番人気
    馬連 8-10 1,510円 6番人気
    ワイド 8-10
    8-12
    10-12
    530円
    790円
    410円
    7番人気
    15番人気
    3番人気
    馬単 8-10 3,540円 21番人気
    3連複 8-10-12 2,190円 8番人気
    3連単 8-10-12 17,060円 70番人気
    WIN5 12,335,170円 6番人気

    該当記事での印・予想買い目・資金配分
    着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
    11着 1 1 ハートレー 25.2 8 56.0 せん6 川田将雅 美浦手塚貴久 474.0
    9着 2 2 ノーブルマーズ 5.7 3 56.0 牡6 高倉稜 栗東宮本博 498.0
    4着 6 7 パフォーマプロミス 6.0 4 57.0 牡7 福永祐一 栗東藤原英昭 460.0
    1着 6 8 ダンビュライト 8.5 6 56.0 牡5 松若風馬 栗東音無秀孝 492.0
    10着 7 9 カフジプリンス 137.0 10 56.0 牡6 坂井瑠星 栗東矢作芳人 538.0
    2着 7 10 ステイフーリッシュ 3.4 1 56.0 牡4 藤岡佑介 栗東矢作芳人 460.0
    8着 8 11 タイムフライヤー 6.3 5 55.0 牡4 和田竜二 栗東松田国英 466.0
    3着 8 12 マカヒキ 4.4 2 57.0 牡6 岩田康誠 栗東友道康夫 514.0
▼舞台適性

【クラス】G2
【コース】京都
【距 離】2200m 芝・右 外
【適 性】C/L型-I(持続/非根幹-中距離)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
112|マカヒキ
111|タイムフライヤー、他2頭
110|ステイフーリッシュ、他2頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
★マカヒキ
▲タイムフライヤー、他2頭
☆ステイフーリッシュ、他2頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

次号配信予定である著者オリジナル

≪馬体から「距離適性」の見極め方≫

これを読むとわかってもらえるのだが
、今回、≪某サイト≫の馬体解説へ、
一頭ずつ私見などのコメントを掲載。


≪某サイト≫~<馬体写真>参照元
----------------------------------
本文中『……(青文字)』部分は、その
馬体解説を引用掲載。

⇒○△×…その解説への著者の同意可
否の程度とコメント
----------------------------------


今回<馬体写真あり>
─────────────────
ステイフーリッシュ
前振り子尺小ぶり、上体は水平間延び
気味とやわらかみ一息、四肢は軽さあ
る。と、タイプは【中立NN型】とい
ったところ。

以上、仕上がりはよろし。が、今走適
性や素材からもパンチに欠けるな。

----------------------------------
『骨格に対して筋肉はしっかりと付い
ている。全体のバランスも良く、胴周
りも比較的ゆったりとした造り。菊花
賞では着順を下げてしまったが、距離
自体は延びて良さそうなイメージがあ
る。』

⇒×これがいわゆる巷で蔓延している
「胴の長短で距離適性を判断」してし
まう誤診の元。その理由は、次号配信
予定の【号外】を参考に。
----------------------------------



タイムフライヤー
松田国厩舎らしい【万能NT型】マイ
ラーで「ロベルトらしい」馬体だ。

以上、SP面でも伝達や絶対値などの
裏付けも確かで、心肺機能もよろし。
距離融通性があり、ここは非根幹らし
いスローとなれば走り頃かな。

----------------------------------
『折りの深い飛節は父ハーツクライと
良く似た造りで小脚が使える。小回り
向きと断言するほどでは無いが、コー
ナーでの加速は上手な部類に入るだろ
う。』

⇒×飛節の造りから加速性能を見極め
る場合、「深い」だけで判断はNG。
もう「ワンポイント」重要な見るべき
ポイントがある。

『腹周りは丸みを帯びて立派に見せる
が、これは腹袋の大きな母父ブライア
ンズタイムから受け継いだ特徴。』

⇒○同意。
----------------------------------



マカヒキ
【持続CN型】長距離仕様の差しベタ
ーといったところで、今回のメンバー
では、馬体の格や持続、長距離適性で
は最上位。やはり、ダービー馬という
素材だ。

以上、SP裏付けや仕上がりの点で、
現状、中距離戦では、差し届かない可
能性が高い。まぁ、まだまだ加齢のリ
スクがある仕上がりでもなく、ペース
次第では動けていいと思うが。

----------------------------------
『トモよりも肩周り・前腕の筋肉が目
を引くが、これは母父フレンチデピュ
ティから遺伝した特徴で、全姉のウリ
ウリも同様に前駆が発達していた。』

⇒△確かに、筋肉の質、その付き易い
構造など遺伝すると思う。が、血統的
な遺伝を馬体から見る場合、「筋肉」
そのものよりも、まずは「骨格」あり
きで見るべきであり、この場合なら、
「肩周り・前腕の筋肉が目を引く」そ
れ自体が遺伝とするよりも、「そうな
ってしまう骨格構造がどうなのか」、
これを言及して、その「特徴が父の産
駒の馬体傾向によく見られるのか?」
と考えるべきかな。
----------------------------------



[全部読む]
タグ: 未設定
(この記事は2019/02/10 15:50まで500円で販売していました。)
No.777 共同通信杯 馬体診断予想~一頭以外は全馬の馬体を確認済
2019/02/10 07:10:00
カテゴリー: 馬体の基本解説 G3
  • 02/10(日)
    東京11R
    共同通信杯(G3)
    レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 1 1 ダノンキングリー 1:46.8
    2 4 4 アドマイヤマーズ 11/4
    3 6 6 クラージュゲリエ
    払戻金
    単勝 1 420円 3番人気
    複勝 1
    4
    160円
    110円
    3番人気
    1番人気
    枠連 0- 0円 0番人気
    馬連 1-4 330円 1番人気
    ワイド 1-4
    1-6
    4-6
    150円
    280円
    160円
    2番人気
    5番人気
    3番人気
    馬単 1-4 800円 5番人気
    3連複 1-4-6 390円 2番人気
    3連単 1-4-6 2,170円 9番人気
    WIN5 12,335,170円 3番人気

    該当記事での印・予想買い目・資金配分
    着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
    4着 5 5 フォッサマグナ 4.1 2 56.0 牡3 C.ルメール 美浦藤沢和雄 468.0
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】東京
【距 離】1800m 芝・左
【適 性】C/L型-MI(持続/非根幹-マイル中距離)



▼馬体レーティング
―――――――――――――――――
111|アドマイヤマーズ、クラージュゲリエ、ダノンキングリー、フォッサマグナ
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
★1頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

こちらは、【馬体レーティング】の数
値からも、なかなかの馬体好素材が出
揃い、かつ、今走評価で差がない。

加え、同週開催の重賞<京都記念>で
通常と異なる解説方式をとって、時間
がかかったこともあり、ざっと一気に
解説する。

ちなみに、近日、公には初公開となる
著者の≪馬体から「距離適性」の見極
め方≫の配信を予定しており、もし、
それに興味がある方は、<京都記念>
の記事も参照しているといいかも。



今回<馬体写真あり>
─────────────────
アドマイヤマーズ
確か、前走G1<朝日杯>の馬体診断
で、父ダイワメジャー産駒で文句なし
の馬体上級素材と評価した馬。

今走くらいの距離延長なら、割り引く
必要はないが、良くも悪くも、父産駒
にはあまり見かけないバランス型で、
そのあたり、格下げ戦での非根幹の緩
い流れがどうか。



[全部読む]
タグ: 未設定
(この記事は2019/02/10 16:00まで100円で販売していました。)
No.775 東京新聞杯 馬体診断予想~G1激走のにおいがプンプンする!!馬体がいる
2019/02/03 07:10:00
カテゴリー: 馬体の基本解説 G3
  • 02/03(日)
    東京11R
    東京新聞杯(G3)
    レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 2 2 インディチャンプ 1:31.9
    2 4 6 レッドオルガ 1/2
    3 1 1 サトノアレス アタマ
    払戻金
    単勝 2 270円 1番人気
    複勝 2
    6
    1
    140円
    240円
    240円
    1番人気
    5番人気
    4番人気
    枠連 2-4 1,740円 8番人気
    馬連 2-6 1,840円 8番人気
    ワイド 2-6
    1-2
    1-6
    630円
    630円
    940円
    7番人気
    6番人気
    12番人気
    馬単 2-6 2,840円 12番人気
    3連複 1-2-6 4,300円 13番人気
    3連単 2-6-1 18,190円 56番人気
    WIN5 1,846,960円 1番人気

    該当記事での印・予想買い目・資金配分
    着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
    13着 4 7 ゴールドサーベラス 358.4 14 56.0 牡7 大野拓弥 美浦清水英克 458.0
    10着 5 9 ヤングマンパワー 290.8 13 57.0 牡7 F.ブロンデル 美浦手塚貴久 538.0
    14着 6 11 ジャンダルム 33.3 8 56.0 牡4 武豊 栗東池江泰寿 510.0
    7着 7 13 リライアブルエース 41.9 9 56.0 牡6 坂井瑠星 栗東矢作芳人 494.0
    11着 8 14 レアリスタ 227.3 12 56.0 牡7 石橋脩 美浦堀宣行 486.0
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】東京
【距 離】1600m 芝・左
【適 性】C/T型-M(持続/根幹-マイル)



▼馬体レーティング
―――――――――――――――――
111|インディチャンプ、レイエンダ
110|サトノアレス、ロードクエスト
―――――――――――――――――



▼予想印
―――――――――――――――――
※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

----------------------------------
※<馬体写真>参照元は以下。また、
本文中『……』部分は、その馬体解説
を引用掲載
----------------------------------


今回<馬体写真あり>
─────────────────
インディチャンプ
初見。心肺やSP絶対値の強みはある
が、上体容量が過多といった比重の癖
あるシルエット。そのため、タイプは
【万能NN型】のマイラー仕様といっ
たところ。

今回、仕上がり上々で、消しは難しい。

----------------------------------
ちなみに、某サイトの本馬解説には、
『胴が詰まって見えるように、短距離
志向の強いマイラーと考えて良い。』
とある。

いつも言うが、こうした「胴短=短距
離」「胴長=長距離」などという相馬
の言葉だけが一人歩きし、結果、巷で
は、この「胴の長短で距離適性を判断
する」といった安易な馬体の見極めが
当たり前となっている感がある

今回、当方も、本馬の馬体は「マイル
向き」と診断した。が、それは決して
『胴詰まりだから』ではない。

ズバリ、本馬の胴尺程度で、『短距離
志向が強い』と判断するのは、あまり
に強引過ぎる。

そもそも、本馬の馬体は、その胴尺な
どより、まずは目を向けるべき、目に
つくべき「大きな特徴」がある。もう
見ての通りなのであえて言わないが。

とにかく、その目立つ「特徴」故に、
<長時間走行での消耗し易さ>があり
、かつ、上体の造りから、<加速より
も持続よりの構造にある>ため、距離
適性は、短距離傾向ながら、かつ、短
スプリントよりもマイルがベターだな
と判断した。

以上、著者の≪馬体の”距離適性”の
見極め方≫については、近日【号外】
記事で配信予定。

これまで、公に綴ってこなかった部分
まで踏み込んで解説する予定のため、
興味がある方は、是非読んで頂ければ
と思う。
----------------------------------



ロードクエスト
その馬体構造から、常々<あるG1>
への出走を願っている馬なのだが、ま
ぁ、現在までのローテ選択などから、
おそらく出ることはないかなと思う。

以上、マイラー仕様だが、無論、コー
ス適性一息な舞台。スローの後押しで
どこまで。

ちなみに、出走を願っているそのG1
とは<有馬記念>。一度言ったかな。

なぜなら、<有馬>に出てくるような
馬体は、中長距離仕様の馬がメイン。
そのため、SP面とハンドリング性能
の面では、ライバル比で最右翼の評価
ができる可能性が高い。

かつ、仮に、本馬同様のマイラーベー
スの馬が出走していたとしても、そも
そも、<有馬>に出てくるほどの馬の
場合、好馬体(【持続C型】ベース)
が大半。そのため、対マイラーの馬体
でも、コース適性の面では、本馬優位
となる可能性が非常に高い。

後は、距離の不安だけだが、そもそも
<有馬>の舞台である中山2500は
、コーナーを6回もまわるコースで、
息を入れ易さがある。距離適性をごま
かし易い舞台。

以上から、生粋のマイラー仕様という
馬体ならともかく、この「振り子が軽
量で尺長もあり、かつ、重心軸高のシ
ルエット」という距離融通性の高さの
裏付けがあるこの馬体なら、ドンピシ
ャ激走のにおいがプンプンなのだ。

馬体的に、あのドリームジャーニーに
かぶる馬である。




今回<馬体写真なし>
─────────────────
 ※プレミア記事完全公開


[全部読む]
タグ: 未設定
(この記事は2019/02/03 16:00まで100円で販売していました。)
No.774 シルクロードS 馬体診断予想~馬体も地球も形を見極める上で大切なことは同じ
2019/01/27 07:20:00
カテゴリー: 馬体の基本解説 G3
いいねする
  • 01/27(日)
    京都11R
    シルクロードS(G3)
    レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 1 2 ダノンスマッシュ 1:08.3
    2 4 8 エスティタート 11/4
    3 8 18 ティーハーフ クビ
    払戻金
    単勝 2 200円 1番人気
    複勝 2
    8
    18
    130円
    700円
    890円
    1番人気
    10番人気
    12番人気
    枠連 1-4 1,410円 7番人気
    馬連 2-8 4,530円 15番人気
    ワイド 2-8
    2-18
    8-18
    1,520円
    2,640円
    19,490円
    14番人気
    24番人気
    104番人気
    馬単 2-8 6,610円 21番人気
    3連複 2-8-18 73,350円 179番人気
    3連単 2-8-18 248,250円 621番人気
    WIN5 1,619,250円 1番人気

    該当記事での印・予想買い目・資金配分
    着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
    1着 1 2 ダノンスマッシュ 2.0 1 56.5 牡4 北村友一 栗東安田隆行 474.0
    18着 5 10 ラブカンプー 4.3 2 54.0 牝4 M.デムーロ 栗東森田直行 444.0
    6着 7 13 ダイメイプリンセス 20.6 8 55.0 牝6 秋山真一郎 栗東森田直行 502.0
    5着 8 17 アレスバローズ 37.1 10 57.5 牡7 川田将雅 栗東角田晃一 504.0
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】京都
【距 離】1200m 芝・右
【適 性】N/T型-S(中立/根幹-スプリント)



▼馬体レーティング
―――――――――――――――――
※省略
―――――――――――――――――



▼予想印
―――――――――――――――――
※文末公開
―――――――――――――――――



▼馬体結論

※先週に引き続き、今週も<馬体レー
ティング>算出用の独自データの修正
が間に合わず、レーティング未算出。


今回<馬体写真あり>
─────────────────
アレスバローズ
前後伸び一息も、前振りの良さ、上体
の容量比、重心軸などからも、典型的
なマイラー仕様の馬体。

もう少し可動の横尺や四肢尺折があれ
ばなと思うが、癖少なくなかなかいい
馬だ。最近で言えば、好馬体マイラー
ダコールのコンパクトモデルといった
ところかな。

以上、SP絶対値も標準的な造りで、
どうしてもスプリント戦では距離不足
のため、単調な凡戦レースでは台頭し
づらいだろう。

その上、【中立N型】コースと半端な
舞台となる今回、積極的に乗る必要が
ある。仕上がりもまだ余裕ある。



ダイメイプリンセス
振り子キレあり軽量。寸詰まりも牝馬
らしい下腹ライン。

以上、【持続CN~CL型】ベース。
フラット平坦京都もいい。



ダノンスマッシュ
箱型、短背斜尻、体高あり、駆動部の
筋肉量も多めなど。いわゆる典型的な
【万能NT型】ベースの馬体マイラー
だな。

以上、本馬も先のアレスバローズ同様
、マイラーとしては抜けた造りや強み
までの馬体ではない分、距離短縮とな
るスプリント戦のほうが勝ち切る可能
性は高くなるかな。

ただ、平坦フラットとなる今回、単調
なSP勝負の凡戦では馬体を持て余す
リスクもある。



ナインテイルズ
長方形気味で前後連動甘さもあり、か
つ、振り子と可動も独立気味のバラン
スにある。

以上、【中立NL型】中距離馬でSP
裏付けも甘い。馬体を見ると、芝スプ
リント戦で評価はしづらいな。平坦は
いいが。



ラインスピリット
全体的に、胴短、可動の尺折標準なが
ら、振り尺長めで上下の軸高比重にあ
るなど、「今一つ強みの統一感に欠け
る構造」だ。

ズバリ、典型的な【中立N型】の馬体
と言えるが、このあたり、もう少し具
体的に説明すると、

本馬の馬体、その各パーツや相互関係
が、「着地から得るSPエネルギーを
その土台~上体~末端と全身に伝える
上で、SPの<伝達や振動(加速や持
続)>という点において、どちらにも
統一し切れない構造にある。

どっちつかず、中途半端な強みや適性
となる馬体と言えばいいか。

以上、ハンパな強みや適性故、小回り
平坦のローカルや今回の京都内回りは
いい。

が、同時に、SPや距離適性、心肺の
面でもハンパな評価のため、SPや短
距離適性に特化したスプリント戦では
、抜けた評価もしづらく、狙いどころ
が難しい。

(馬体ネタ)
馬体も地球も形を見極める上で大切なことは同じ
----------------------------------
後、某サイトの本馬の馬体コメントで
「胴(特に背中)が短い馬で、典型的
なスプリンター」とある。

この一文の前半、「本馬が胴(特に背
中)が短い馬」という部分まで(その
<相馬眼>)には同意する。

が、後半の、それが「典型的なスプリ
ンターだ」という判断(<馬体適性の
見極め>)には、無論、同意できず。
問題外だ。

何度も言うが、「胴が短い馬=短距離
馬」というのは、<馬体の構造>上、
決して正しいとは言えない。

それは、あくまで、単に巷に溢れてい
る<馬体の常套文句上の定義>に過ぎ
ない。

本当にもったいない。某サイトの著者
は、おそらく<相馬眼>はある(馬体
の形は認識できている)と思う。

ただ、<馬体の形から適性の見極め>
になると一転して、その判断基準が、
”サラブレッドそのもの(馬の生物的
な構造)”の観点ではなく、巷に溢れ
ている”ただの言葉”を鵜呑みにして
それに頼ってしまっている。残念だ。

いつも何度も何度も言うが、「胴長=
長距離馬」「胴短=短距離」、これら
は、あくまで<ただの言葉>だ。

その言葉の成否は、それを発した人に
もなく、それが綴られている本書籍や
サイトなどの情報元の信頼性や著名度
なども一切関係ない。

その言葉が正しいか否か、その答えは
唯一、「馬という生物の骨格構造上の
力学的な観点でどうなのか?」ここに
しかない。

以上、まぁ、馬体の見極めに限らず、
「世の中で、当たり前とされているこ
とを疑う、疑問を持つ」というのは、
心理的にとてつもなく難しいと思う。

例えば、その昔、誰もが「地球は四角
い平面だ」と信じていた時代があるが
、その時代に、「地球は本当に四角い
平面のか?」と、疑問を持ち、かつ、
「地球は丸い」という真実を見極める
まで、人は、数多の賢者と年月を有し
ている。

と、とてつもないスケールというか、
大袈裟過ぎる話となったが…、まぁ、
根本的に、馬体(適性)も地球(の形
)の見極めと同じことかな。

それを見極める上で、最大の障壁とな
るものは、知識や理論不足でもなく、
唯一、本質のみに目を向けようとする
心理になりづらい人間の性にある。

以上、馬体の適性は、

誤)胴が短い=典型的なスプリンター

では決してない。

正)胴が短い=他の馬体パーツの形状
次第では、その短さが一完歩の前後幅
を狭くする要因となりうる

これ以上以下でもない。
----------------------------------




[全部読む]
タグ: 未設定
スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ